二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.154 )
日時: 2016/01/24 20:48
名前: 雪 ◆jYj5cLSwSw

トリップかぁ...私も付けたよ!雪っていう人なかなかいるみたいだから(^_^;
ゆーいさんは付けた方がいいね〜

コトちゃん可哀想だな。助けられるものなら助けたい!!命を捨ててでも!!!((馬鹿
コトちゃんが許してくれることを祈るよ、頑張れヒビキ。
ついでにケイに彼女ができることも祈るよ。ついでに。
次回楽しみにしてるよ、ゆーいさんも頑張ってね!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.155 )
日時: 2016/02/07 15:25
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>154
私は命を捨ててでもコトネちゃんを助けに行っちゃうぞ!!!((バカ
コトネちゃん、優しいから許してくれるとは思うけど…どうだろうなー
じゃあ私もケイに彼女ができる事を祈ってr((蹴り飛ばされ
ついでにねww
更新頑張るよ!!雪ちゃんも頑張ってねー!♪( ´▽`)



前回→>>153


70話:衝撃の告白

(ヒビキ視点)

 シルバーが助けてくれて、本当に助かった。ここ毎日、ずっとアイに縛られていた。
束縛されていたのだ。その束縛の縄を解いてくれた感覚がした。
だから、俺はコトネに謝る事にしたのだ。少しずつしぜんこうえんの出口へと近づく。

 あと一歩で出口に踏み込むところでシルバーの声が聞こえた。


シ「ヒビキ、待て! 言いたい事があるんだ!!」


ヒ「…なんだよシルバー、言いたい事って」


 シルバーは苦い顔をすると、予想もできない話をしだした。


シ「今日、ケイがコトネと一緒にいると思う。それでコトネに…告白するらしいんだ」


ヒ「は…? 何言って…」


 告白ってなんの事だよ。俺がいない間に仲が深まってたって事かよ…


ヒ「そんなの信じられない。そんなに仲が良いってわけでもなかっただろ?」


シ「ここ最近で仲が良くなったんだ。俺もお前も知らないうちに…」


 そんな事言われても…時間がない。それを知ったのは前の事だろう。
今言われても間に合わない。告白されてしまっている。


ヒ「無理だよ、絶対間に合わない。もう夕方だろ。間に合うわけが…」


シ「そんな弱気でどうするんだよ」


 まっすぐな眼で、俺を見つめる。告白は阻止したい。でも…
すると、シルバーはそのまっすぐな眼差しのまま、言葉をつなげる。


シ「お前がそんな弱気じゃ、コトネはすぐにとられる。あいつは、真っ直ぐな奴で、
  人に好かれる。心変わりは早くないとは思うが、ケイの印象じゃあ…とられる。」


ヒ「そりゃあ…そうなんだけど…」


シ「だからこそ、こっちが先に奪ってやらなきゃなんねーだろ? 負けちゃダメだろ!」


 俺は、何を弱気になっていたのだろう。こんな弱気じゃコトネだってすぐに離れてく。
負けちゃいけないんだ。相手がどんなにカッコ良くたって。簡単に諦めちゃいけないんだ。
恋って。諦めたらそこで試合終了だ…!


シ「行って来い、お前ならいけるよヒビキ。場所はスズのとうの前だ」


ヒ「…シルバー、俺行ってくる。告白を阻止してくる…!」


 シルバーの微笑みを見て、しぜんこうえんを飛び出した。スズのとうに急げっ…!


(コトネ視点)

 ここはスズのとう。ケイくんに、今日はここに行きたいと言われ来た。
なんか少し懐かしい。ここには随分と来ていなかった。
 ケイくんが空を見上げ、こう呟いた。


ケ「…ここ、綺麗だよな。この景色、好きかもしれない」


 ケイくんの言う通り、オレンジ色に染まった空はとても美しかった。


ケ「コトネは、この景色どう思う?」


 唐突に言われ、一瞬なんと言って良いか悩む。


コ「そうだねー…オレンジ色で、キレイだと思うよ」


ケ「そうか…」


 夕焼けを二人で並んでみていると、まるで彼氏と彼女みたいだ。…そういえば昔、
ヒビキくんと良くここに来てたな…だから懐かしく感じたのかな。


ケ「あのさコトネ、伝えたい事がある」


コ「伝えたい事…?」


 今度は二人の目が合った。なんだか恥ずかしくて、逸らしてしまう。
ケイくんの口から『その言葉』が出たのはその時だった。


ケ「俺夕焼けよりも、お前の笑顔の方が眩しくて好きだ。なんかくさい台詞だけど、
  お前の事が好きだよコトネ。俺と付き合ってほしい」


コ「…えっ…?」


 なんと言われたのか…これは世に言う告白というものだろう。
私の頭の中はその言葉で真っ白になってしまった。ただ、前髪のはねた少年が私の心にいた。



続く


あとがき

あれ?カキコのデザイン変わった?と思ったゆーいです。ちょっとはてなマークでいっぱいです。
私のiPadが悪いだけなのかな…?

前髪のはねた少年…あの方しかいませんね!( ´ ▽ ` )ノ
えっ…よくよく考えてみるとこの風景やばくないですか!?

次回、コトネどうする!?

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>159

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.156 )
日時: 2016/01/25 06:20
名前: 雪 ◆jYj5cLSwSw

|・д・)チラッ Σ(☆ェ◎^;)ガビーン!!Σ(☆ェ◎^;)ガビーン!!Σ(☆ェ◎^;)ガビーン!!Σ(☆ェ◎^;)ガビーン!!Σ(☆ェ◎^;)ガビーン!!
ケイ...いくら彼女ができないからってコトちゃんに告白するのはやめて...

コトちゃんは悩んでるけどヒビキくんは間に合うのかな...サナのファイアロー呼んでくるね!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.158 )
日時: 2016/01/25 22:56
名前: シロマルJr. ◆o7yfqsGiiE

ヒビキイイィィィィィィィィィィィィィ!!!Σ(((・□・;)))))))))))っ
頑張れ・・・間に合ってくれええええい!!諦めたら試合終りょ((うるさい

やっぱりコトネちゃん人気だな・・・何でだろ?/_(・ω・)?

さあヒビキは間に合うのだろうか!?僕は応援してるぞい!
ヒビキの事もゆーいさんの事もね☆

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.159 )
日時: 2016/02/07 15:26
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>156
ケイくんもコトネちゃんの虜に…
まあ私はとっくのとっくにコトネちゃんの虜になってるんだけどね(^_^)
本当に彼女出来てないからね…もう一人の双子のルイは彼女いるのに…ケイくんイケメンなのに…

ヒビキ!間に合ってくれ…!あ!じゃあサナのファイアローを呼んで来てくれると嬉しいn((


>>158
コメント返し遅くなっちゃってごめんね!!
そこだそこだ!!諦めちゃダメだ!諦めたらそこで試合終りょ((ただのバカです

コトネちゃんにはねー…きっと人を惹き付ける力があるんだね、うん。
ヒビキが間に合わなければコトネちゃんは……ヒビキ頑張れ!
応援ありがとう!!私も頑張るよ!



前回→>>155


コメント返し遅れました…すみませんでした


71話:仲直りしようよ

(コトネ視点)

 「好きだよ」
この言葉を聞くと、なんとなく心の奥がぐっと引き締まる気がしてた。
 好きってものには色んなものがある。友情とか、恋とか、家族愛とか…
そんな私は今、人生初の告白をされた。


ケ「お前の事が好きだよコトネ。俺と付き合ってほしい」


コ「…えっ?…」


 スズのとうに来てって言われたから来たのだけれど…
私はてっきり夕焼けを見たいだけなんじゃないかと思っていた。でも全然違った。


コ「えっ…好きって…えっ?」


ケ「俺はお前と話すたび、好きになっていったんだ。
  俺の事を最優先してくれるお前の優しさに、俺は惚れたんだよコトネ」


コ「………っ…」


 なんて答えて良いのかわからなくて、考えが纏まらない。
どうしよう…私にはヒビキくんという存在がある。その存在は誰にもかき消せれない。
 だけど、その幼馴染という証拠がアイちゃんによって消されてしまった。
でも、そんな事があっても、幼馴染なのは変わらないじゃない。


コ「私はっ…」


 その時、風が吹いた。髪が靡く(なびく)。人の気配がした。不意に、首に腕が回る。
吃驚して声を上げてしまった。


ヒ「ごめん、ケイ。こいつ、俺の幼馴染だからさ」


コ「ヒビっ…!?」


ケ「ヒビキっ!! お前、いつから!」


ヒ「さっきから! コトネ、行くぞ!」


 ぐいっと引っ張られてカイリューに乗せられる。そのままスズのとうを離れた。
後でケイくんには謝っておこう…

 いつの間にかしぜんこうえんの人目のつかない場所に着いていた。
カイリューから降りる。そこで、ヒビキくんは腕を私の肩にまわし、顔を埋めた。
 頭の中がぐちゃぐちゃで、かなり混乱していた。


コ「あのっ、ヒビキくんっ?! どうしたのいきなり!」


ヒ「…その…この間はごめんな。自分勝手な事言っちゃって。悪かった…ごめん」


 ヒビキくんが謝ることないのに…


コ「私も悪かったと思ってる…それにね、ヒビキくんが悪いわけじゃないんだよ?」


ヒ「そうかもしれないけど…俺が原因をつくった張本人だから。俺さ、焦ったんだ。
  お前がケイに取られると思ったら。だから、間に合って良かった」


 そんな風に思っててくれてたんだ…そんな簡単に考えてなかったんだ。
ヒビキくんは自分なりに考えてたんだ……


コ「私も、ヒビキくんがアイちゃんに取られるかもしれないって焦ってたよ。
  でも…取られなくて嬉しい。安心したよ」


 取られる前に、きてくれて良かった。
もしかしたら…もう少し遅かったら気持ちが揺らいでたかもしれないから。


ヒ「許してくれるか…? 仲直り、しようぜ」


 手を差し出してくる。私はそれに応えた。


コ「そうだね、仲直りしよう」


ヒ「これで、また元に戻れるな。…俺、アイのところに行かなきゃなんないんだ」


コ「どうして行かなきゃならないの?」


ヒ「話すことがいっぱいあるからだよ、コトネもついて来てくれるか?」


 一瞬だけ迷ったけど、たったその一瞬だけだった。私は快くOKをする。


コ「私も話したい。今から行くの?」


ヒ「勿論今から行く。カイリューに乗って」


 カイリューに乗って、コガネシティに行く。
このヒビキくんの背中を見るのは久し振りな気がした。
 それでも、仲直りできて良かったよ。シルバー…



続く


あとがき

始めに…コメント返し遅くなってすみませんでした。ここで謝罪させていただきます…

ええっと、ヒビキが間に合いました!!流石だね!ヒビキなら間に合うと思ったよ!
因みに、ヒビキとコトネの会話を聞いて「あれ?これってヒビキ告白してるの?」って思った方。
ヒビキがコトネに告白するのは先の話となるので、楽しみにしててください!!

ああ…恋愛章もあと2話で終わりかー…早いなあ…

次回は、雪さんの楽しみにしているアイマイの秘密がわかります!…真実…かな?

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>161

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存