二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *13000参照感謝!!
日時: 2018/01/01 08:46
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

クリーミィに返信>>359

13000参照ありがとうございます!!!
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441
†12月    【>>443

《2018年版》
†1月〜2月   【>>444
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 13000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.161 )
日時: 2016/02/07 15:26
名前: ゆーい
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>160
いつもコメントありがとう!!感謝してるよー!Google(笑)

やっぱ主人公は間に合わなきゃダメだね!
作者の私としてはヒビキはお気に入りだから間に合わせてあげたいという気はあるのさ!
シルバーは素直になれないだけで、めっちゃ優しいです。そしてカッコ良いのに…モテてない…
ケイくんにはまた頑張ってもらおう。これからも出すつもりだからね!

いやー、私よりも恋愛描写上手い人いるからなー…でもそう言ってくれてめっちゃ嬉しいよ!ありがとう!



前回→>>159


72話:昔の双子

(ヒビキ視線)

 コトネを連れて、アイの家に来た。


コ「結構普通の家なんだね。もっと大きいかと思った…」


ヒ「普通こんな感じだろ。…えっと、ヒビキなんだけど…」


 俺がドアに向かって言うと、ドアが開いてマイが出てきた。


マ「はい、入って良いよ」


 中では、椅子に座ってしょんぼりしてるアイの姿があった。マイに指された椅子に座り、
今から会議をするかの状態になる。マイが席に着くと、話し出した。


マ「本当にごめんね…こんな困らせるような事しちゃって」


 マイは深く頭を下げ、謝罪した。アイもペコッと小さく頭を下げる。


コ「良いの良いの! もう過ぎた事だし…」


マ「勝手で本当に悪いんだけど…私たちの事を話したいと思う。聞いてくれる?」


 俺たちが頷くと、視線を真っ直ぐにしながら話を始めた。


 あれはね…もう四年も前の事だっけかな…
私は無愛想かもしれないけど、昔はこんな無愛想なんかじゃなかったの。
もっと愛想が良くて、明るい女の子だったと思う。
 そんな私にはずっと一緒にいる、親友とも呼べる存在の子がいたの。
私はその子といつも一緒に遊んでた。遠くにだって遊びに行った。それだけ仲が良かったんだ。

 でも…そんなある日、すべてを壊すような事故が起きたの。
その日、私とその子は変わらずに一緒にいた。そして、道路を歩いてたの。
 そうしたら…車が物凄い勢いで私たちにぶつかってきた。
幸い私には命に別条はなくて、骨折だけで済んだ。
私の親友は…その事故で、亡くなっちゃったけどね…

 悔しくて。生きた自分が嫌で。
その事故がきっかけとなって、明るい私は心を閉ざして部屋に閉じこもるようになっちゃった。
その時に、勇気をくれたのはアイだった。私の代わりに、自分が外に出てくるって言ってくれて…
とても嬉しかった。
 昔のアイは今のアイとは違ってね、大人しくて物静かな子だったよ。
アイも色々悩んでてね。周りのみんなから虐められて、外に出れなくなってた。

 でもね、ある子がアイに勇気をくれた。それは…あなただよ、ヒビキ。
あなたの言った事が、アイに勇気を与えてくれたの。それからアイはあなたにメロメロ。
 それでも…自分とは真剣に向き合ってたよ。


ヒ「……アイ、そうだったのか…なんか、ごめんな」


コ「そんな事があったなんて…ごめんね、アイちゃんと…ごめんね」


 アイは首を振ると、こう言った。


ア「あの時、テレビでヒビキくんを見てから憧れたの。その憧れが好きになっちゃって…
  運が良い事にやっと会えたから一人占めしたくなっちゃって…」


コ「アイちゃん、あなたは良い子だよ。その気持ちを大切にして? とっても素敵だよ」


 コトネが微笑むと、アイも微笑んだ。
この二人の双子にはこんな悲しい過去があったけど、これからも頑張ってほしい。


ヒ「それじゃあ、帰るよ。元気でな、二人とも」


コ「また会おうね」


 その言葉を言うと、家から出た。そういえば…明日は久しぶりに雨らしいな。



続く


あとがき

今回の話がよく分からなかった人の為に、簡単に説明したいと思います。

アイとマイは、昔と性格が変わっている。そして、辛い過去があった…

って感じですね。えっ?君の説明は分からない?やだなあ〜そんなこと言わないd((
…本文を読み返してみると良いと思います。うん。

次回は恋愛章最終話です!!恋する乙女は可愛いと思う(私を抜いて…)
私もこう見えて恋してますよー!…片思いですけど…

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>163

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.162 )
日時: 2016/01/29 06:30
名前: 雪 ◆jYj5cLSwSw

そうだったんか...かなしぃ(  ´ ・ω・ `  )
アイちゃん、君はやはりいい子だ!前にそう宣言したとおり!((いつしたよ

えと...すみません。
いやー次最後か!最終回待ってるよ!!(*´∇`)ノ ではでは〜

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.163 )
日時: 2016/02/07 15:27
名前: ゆーい
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>162
そうだったんだよ…
アイちゃんがこうなったのはヒビキくんの発言からだからね。何を言ったのかはわからないけどね。
私も前に宣言した!((お前はしてない
王道の相合傘で最後を締めることにしたよ!!


前回→>>161


73話:相合傘

(ヒビキ視点)

 もう戻れないかとも思っていたけれど…無事、元の生活に戻ってくる事ができた。


ヒ「母さん、いるか…?」


 スイーツ探しに旅やらなんやらに行ってしまっていて、いなかったが、最近帰ってきた。
でも予想通り、また置き手紙が置いてある。


ヒビキへ

お母さんちょっと出掛けてくるわ!
私の代わりに買い物に行ってきてほしいんだけど…良いわよね!
近くに紙が置いてある筈だから、その紙に書いてあるものを買って来てくれれば良いわ。

それじゃあよろしくねー!


                                 母さんより


ヒ「またかよ…天気予報、晴れになってたから傘は要らないよな」


 コガネのデパートにある食べ物売り場へ行き、紙に書いてある野菜を買う。
こんないっぱい買わせる母さんは鬼だ…
 そういえば昔、俺の貯金で勝手に買われたことあったなー


ヒ「さてと! 帰るかな」


 買うものも全部買ったし、ワカバに帰ることにした。
しかし、外に出た途端、雨がポツポツと降ってきた。小降りな為、大丈夫かなと安心して家に帰る。
途中までカイリューに乗って、キキョウシティからは歩いて帰る事にした。

 …騙された。小降りで安心していたらいつの間にか大降りになっているではないか。
でも、ここまで来てカイリューを出して帰るわけにはいかない。自分の足で帰ろう。


ヒ「本当に雨…凄いなっ! 気象士も天気予報士もマジでしっかりしてくれ…」


 すると、突然雨が止んだ。いや、違うな…雨を防いでるんだ。


?「雨、酷いから…傘、貸してあげる」


ヒ「……えっ…!? いでっ!」


 振り返った途端、傘の持ち主とぶつかる。頭が痛い。
その傘の持ち主は…コトネだった。


コ「ふふっ。全くもー、びしょ濡れじゃない! こんな雨の中帰るなんて危険だよ。
  途中で事故でもあったら危ないなんてものじゃない…死ぬよ?」


 そんな事よりなんでここにいるのかがわからない。


ヒ「なんでここにいるんだよ…」


コ「家に行ったらいないんだもん! 心配して行っちゃうに決まってるでしょー
  それじゃ、帰ろう。風邪引いちゃうよ」


 そう言うと、振り返らずに歩き出した。俺はその隣を歩く。
結構歩いた頃、ワカバタウンに着いた。


ヒ「ここまで送ってってくれてありがとな。雨凄いから気をつけて帰れよ。転ぶぞ」


コ「転ばないよ! それじゃあね!」


ヒ「ったく。素直じゃないんだから…また、傘持って来ないようにしよっかな…」


 ボソッと呟いて、コトネと反対方向に帰る。相合傘も悪いものじゃない。
ちらっとコトネの方を見てみると、耳まで赤く染まっていた。
 顔の熱さが消えないのは、コトネのせいかもしれない。

 恋って病気だと思う。なんでかって? だってさ、一回かかったら重症で治らないもんな。


恋の病気は重症!!編 おわり


あとがき

なんか最終話なのに変な感じで締めちゃったよ…
やっぱり相合傘は良いなあ!私もコトネちゃんに相合傘してもらいに行ってこよっと((殴
痛い痛い、ヒビキくん痛いよやめてください死んでしまいます

ごめんなさい。
次回からはなんとも長くなる長編、ポケモン×東方編に入りたいと思います。結構長くなります。
この章についてはまた説明、注意をしようと思っています!キャラさえ知っていれば多分大丈夫…

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>165

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.164 )
日時: 2016/01/31 08:12
名前: 天乃

れ、恋愛章が終わっちゃった!!!(◎_◎;)
いや、反対にわたしがコトネちゃんに相合傘を((
こんな可愛い子に相合傘させてもらったらわたし失神しそうです
確かに恋は重症ですね…かかったら治りませんもんね

そして次回からは…ポケモン×東方編!?
めっちゃ嬉しいです。東方はキャラぐらいしか知らないけど楽しみです!

投稿待ってます!がんばってください!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.165 )
日時: 2016/02/07 15:28
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>164
恋愛章が終わっちゃったよ…
なんか長かったような早かったような感覚になるね。
そ、その手があったか!よし、私もコトネちゃんに相合傘を((パンチ
止めて止めてヒビキくん今度やったら死んじゃうからマジで死んじゃうから

投稿頑張るね!ありがとう!!


前回→>>163


ポケモン×東方編開幕!!

まえがき

どもです、ゆーいです。えーっと、今回から新編に入るわけですが…
注意!この章には、

・東方projectのキャラが入ってくる
・キャラ崩壊が激しいかもしれない
・東方project知らない方はWikiを見てからの方が良いかも…
・とにかくこの章は長い…と思う
・いつもと書き方が違う

以上の事が許せる方はゆっくりしていってね!


74話:幻想郷から

ここは幻想郷

妖怪や妖精…人間の住む世界

大きな湖…

大きな山…

入ったら出て来れなくなるかもしれない森…

そんな中でも、幻想郷の中心となっているのが、「博麗神社」

これは、幻想郷の世界の者とポケモンの世界に住む者のとある突飛な話である──



?「ねえねえポケモンって知ってる?」

?「なんだそりゃ。聞いた事がないな」

白黒の服を着た魔法使いらしき少女と、その隣には背の高いスラッとした女性が居た。

?「魔理沙、貴方なら知ってると思ったのだけれど…駄目だったわね」

スラッとした女性は残念そうに首を床に向けると、持っていた紅茶を置いた。
魔理沙と呼ばれた白黒の少女は不機嫌そうに言い返した。

魔「そんな事言わないでくれよアリス。私だって知らない事は沢山あるんだから。というか…
  幻想郷に住んでる奴らにそれを言ったって知ってる奴はいないと思うが」

アリスは首を傾げて魔理沙に問う。

ア「パチュリーなら知ってるんじゃないかしら。あそこの図書館大きいしね。資料の宝庫だわ」

パチュリー…幻想郷にある館の図書館の主である。

魔「あのなぁ…幾らあそこが資料の宝庫だからって簡単に見つかるわけがないだろ?それより、
  なんでお前がそんな事知ってんだよ。誰から聞いたんだ?」

ア「…ニトリよ」

ニトリとは、幻想郷の機械弄りの河童である。

魔「ニトリィ? 何でニトリがそんな事を…」

ア「なんかね、ポケモンってのがいる世界に行けるマシンを造ってるらしいのよ。
  それが今日出来上がるから、ポケモンっていうのが気になってね〜」

そんな適当な考えで良いのだろうかと魔理沙は呆れた。

ア「そうだ…ねえ魔理沙。誰か誘ってニトリのとこに行かない?」

はあ? とは言いながらも、仕方なく人を誘いに行く事にした魔理沙だった。



──────・・・

ニ「おー、結構集まったね! こりゃ研究のし甲斐がありそうだよ!」

ニトリの家には魔理沙、アリス、霊夢、紅魔館の住人、早苗が集まっていた。
大好物の胡瓜をくわえながら傍にあった機械を弄り始めた。

魔「本当に別世界に行く事なんて出来んのか?」

すると、自信あり気に答えた。

ニ「勿論さ盟友! 出来るに決まってるじゃないか! あ、そろそろ心の準備しておいてね。
  体が引っ張られるような感覚になると思うから」

しかし、言うのがちょっと遅かった。言った途端、体が引っ張られるような感覚になる。
その後、意識は暗闇の中へと消えていった。


魔理沙が居た場所は、知らない何処かの叢(くさむら)だった。
隣には、赤と白のボールと「ポケモンマニュアル」と書かれた本が置いてあった。
周りを見回し、アリスや霊夢達を探したが、何処にも居なかった。
マニュアルを開いて覗いてみると、ポケモンの名前やタイプ等が載っていた。
魔理沙はモンスターボールを握ると、叢の中を駆け出した。


続く


あとがき

少し書き方が変わったこと…わかったでしょうか。
この章は、視点小説ではなくて、第三者から見ている小説となります。
そして、108話くらいまで続く予定なのでよろしくお願いします。

次回は、お馴染みのあの子が登場します!!
そろそろテスト期間突入か…投稿数がぁああ…
投稿が遅くなってしまうかもしれませんが、気長にお待ちください!

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>171

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。