二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編【一周年】 ( No.149 )
日時: 2016/02/07 15:23
名前: ゆーい
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427

>>148
コメントありがとー!! やっと一周年だよー! 文字化けしてないから大丈夫だよ!
マイは良い子なんだよね。そのかわり愛想はないけど…
アイちゃんとマイは仲が良いのか仲がよくわかりませんけどねー…(⌒-⌒; )
これからも頑張るよ!



前回→>>147


67話:ケイ登場!!

(コトネ視点)

 事の起こりは何だったのだろうか。そんなの聞かれなくたってわかりきっている。
 私がヒビキくんに変なことを言ったのがきっかけだったのだ。
自分で歯止めが効かなかったのはよく知っている。
 ヒビキくんに謝ろうかと携帯の連絡帳を見るが、どうしてもその気になれない。

 そんなことが続き、数日が経った。ヒビキくんはアイちゃんと一緒にいるみたいだし、
こうやっているのは私だけだ。まるで、私だけ時間が止まったみたい。
 そんなこんなで、私は気晴らしにコガネシティのカフェに来た。ここは落ち着く。


コ「…本当にバカだな、私」


 後になれば後になるほど、時間が経てば時間が経つほど、傷口が深くなっていく。
カフェオレを飲みながら考え込む。謝っても、許してもらえないかもしれない。
 ぼーっとしてると、隣から声が聞こえた。どこかで聞いた事のある声だ。


?「…コトネ、何ぼーっとしてるんだよ。しっかりしろ」


コ「……誰? 何のようですか…って!! あなたはっ!」


 隣に立っていたのはあの時出会った、ケイだった。
どこにいたのかわからないけど、コガネシティにはいるんじゃないかと予想はついていた。
まさか本当にいるとは…


ケ「久し振りだな、コトネ。元気にしてたか」


コ「ま、まあ…元気にはしてたよ」


ケ「今は元気ないけどな」


コ「………!?」


 気持ちを見透かされたの!? 表情には出してない筈だけどっ…!


コ「顔に出てた?」


ケ「じっと見つめたらわかる。でも、そんな見つめてないとわかんないかもな


コ「そりゃあ…そうだろうけど…」


 私を見つめて良いことなんて一つも無いと思うけどな…
でもケイはたまたまここに来たのかな?意図があって来たのかもしれない。


コ「ケイは何でここに来たの?」


 質問してみると、思わぬ返答がきた。


ケ「いやー…ルイ、俺の双子いるだろ? そいつが彼女つくりやがって…な。
  そういうわけさ。だから、一人だからここに来た」


 まるで私と同じだ。私もヒビキくんがいないからいるだけ…


コ「あー! その気持ちわかるよー! 一人になっちゃたときね〜」


 同感してくれたことが嬉しかったらしく、沈んでいた表情が笑顔に変わる。


ケ「なあ、コトネは何でここにいんだ? いつものあいつがいないし……」


 あいつって……


コ「ち、ちょっと色々あってねー。あははは」


ケ「へえー、それが原因かー…」


 また分かっちゃったのかな。鋭い……


コ「シルバーはどっか行っちゃったし…暇だからここにいる。只それだけの事」


ケ「本当にそれだけの事かとは聞きたいけど、あえて聞かないことにする。
  なあ、お前今度から暇? 今日からって言っても変では無いけどさ。」


コ「何が言いたいの?」


ケ「んー…連絡先交換しねえ? なんか暇なときに連絡欲しいしさ。良いか?」


 そうだ、ケイもルイくんがいなくなっちゃって暇なんだ。それなら…


コ「良いよ。私も暇だし!」


ケ「じゃあ決まりな。はい、今から交換するぞ」


 連絡先交換なんて久し振りだ。なんか楽しみが増えそうで、気分が弾む。
ケイくんって…クールで、意外に明るい一面もあって、結構カッコイイかもな。
 胸が少し高鳴った気がした。



続く


あとがき

ケイくんご登場ですね。…コトネちゃん、ケイくんに心奪われるなんてこと…ないよね?
67話かー…あと5話とか6話くらいで恋愛章は終わりかな。書いてて楽しいから終わりたくない気も…
そして!!最終編まであと2編しかない件について…

次回はアイちゃんを倒しまーす!!

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>151

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.150 )
日時: 2016/01/22 19:33
名前: 雪

ケイ、さっさと其処から退きなさい(・∀・)
コトちゃんが君のことを好きになったらどうするんだ。コトちゃんが好きになっていいのはヒビキだけだ!!

毎日来ちゃってすみませんm(_ _)m恋愛章、終わって欲しくないなぁ...
ヒビキくんはコトちゃんを取り戻せるのかな...ヒビキ頑張れ〜 私もライバルには負けられないがな(´nωn`)

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.151 )
日時: 2016/02/07 15:24
名前: ゆーい

>>150
もし、このまま一緒にいてしまうと好きになっちゃうかもしれないね…
でもコトネちゃんにはヒビキしか恋愛対象に入ってないから、安心してて良いよ!

いやー、毎日来てくれるなんて嬉しいよー!! 私は来れない時はあるけど、来れる時は
行くつもりだからよろしくね!恋愛章…なんかどんどん最終編に近づいてって悲しい…
ヒビキならコトネちゃんの気持ちをゲッツしてるから大丈夫だ!(^-^)/



前回→>>149


68話:打倒、アイ 1

(シルバー視点)

 今日、計画を実行すると決めた。
俺とマイはこの数日間一緒に、ヒビキをアイから助けるために計画を立ててきた。
マイはアイの事を少し変わってると言っている。俺から見てもアイが変わっているというのはわかる。

 コトネも計画の一環に入れようかと思ったが、俺が止めようと言った。
そう、マイはコトネちゃんも一緒に計画を立てようと言った。だが、俺が阻止したのだ。
 でも、コトネは一人になってしまったと思う。ヒビキもいない、俺もいない。
いつも一緒にいるメンバーが集まっていないとつまらない。寂しいだろう。

 しかし、まずはアイを止めるのが先だ。
そうしないといつまで経ってもヒビキは自由になれない。ヒビキも自由になればコトネも自由になれる。
 だが、そんなコトネにも嬉しい事があったという。メールで届いた。
俺は最近ケイに会った。ケイの最初の発言は、


「コトネとあった! しかもコトネと連絡先交換したぜ」


だった。わけがわからない…本当に意味不明だった。
 ケイはクールで、見た目は結構なイケメン。女子からの人気は勿論高い。
コガネでもカッコイイやらイケメンやらで有名だ。
クールの反面、明るいところもあったりするから、ギャップが最高との事。
 因みにケイは双子で、双子のもう一人はルイという。
ルイはケイとは違い、女の子のように可愛らしく、童顔。女子からの人気は意外に高い。
反応としては、めっちゃ可愛いけど、クールなところもあったりする…って感じ。

 まあ、その二人をとるには厳しい。だが、ルイは彼女ができたという。しかも男らしい女。
女子からの人気が高い女子だ。バレンタインにも貰うという。
 …そろそろ本題に入ろうか。計画について説明する。


1.アイとヒビキを一緒にさせる
2.俺とマイは二人を観察する
3.様子を見て二人の前に行く
4.二人を引き離す
5.その後は自分で考える


という風にやっていこうと思っている。只…アイにばれずに観察を続けられるか、だ。
 アイは視線を彼方此方にやる為、長い観察は難しいとマイが言っていた。

 そんなんでもやめるわけにはいかない。今俺とマイは観察しているわけだし。
観察の場所は、悲劇が起こったしぜんこうえん。


シ「なあ、マイ。俺らのしてる事ってさー…」


 俺が不満そうに呟くと、もうわかってますよと言うように、


マ「リア充を見て僻んでる男女って言いたいの?」


と言った。 ああ、そうだよ。僻んでるようにしか見えねーよ。
さっきから街の奴の変な視線しか感じねーし。一体なんなんだっての。


シ「…その通りだよ。いつ終わるんだ?」


マ「二人が変なことし始めたらね。止めに入るつもり」


シ「本当に入れんのか…?」


マ「様子見てれば…入れると思うけど」


 やはり無愛想。いつもテンション低そうに見えるから高いのか低いのかわからない。
だいたい一定のテンションだという事は分かっているが。


マ「見てると腹立ってくるものね…コトネちゃんの気持ちもわかる気がする」


シ「コトネ……コトネは今きっと他の奴と一緒にいるんだろーな…」


マ「嫉妬してるの?」


シ「バーカ、嫉妬なんてしてねーよ」


 嘘つかないと、顔でばれてしまう。
なんとなくヒビキと視線が合ってしまったのは気のせいなのか?



続く


あとがき

…ばれてしまったか!?
ちょいと時間がないんであとがきはここまでです!!

次回、ヒビキは解放されるのかな?

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>153

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.152 )
日時: 2016/01/23 16:04
名前: 天乃

こんにちは〜!長い間来ていなかったら、こんなに話が進んでました…!

コトネ可愛いのに…なんだこの悲劇は…
ヒビキー!君は可哀想だ!わたしが助けてあげよう←

投稿頑張ってくださいー!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.153 )
日時: 2016/02/07 15:24
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>152
久しぶりー!来てくれてありがとう!すぐにコメントできなくてごめんね。
悲劇に見せかけていて恋愛表現を…((

更新頑張るね!ありがとう!


前回→>>151


69話:打倒、アイ 2

(シルバー視点)

 いつまで経っても変な雰囲気にはならない。おかしい、いつもだったらなるのに。
もしかしたらばれたかもしれない。嫌だな、ばれたら。
 変な雰囲気になんねーかなと思い込んでいると、その思いが通じたのか、
アイがヒビキにボディタッチをする。結構激しいな。本当、コトネがいなくて良かった。


シ「おい、アイがボディタッチ始めたぞ、どうする?」


マ「もうちょっとだけ様子見てみる」


 マイが言うもんだから、もう少しだけ様子を見る事にした。
様子を見ていると、更にボディタッチが激しくなる。流石のヒビキも抵抗をし始める。
見ていてヒビキのイヤーな気持ちがわかる。相当キツイよな。


ア「ねえ〜ヒビキくん、最近あの幼馴染といないねえ。どうしたの?」


ヒ「えっ、いや、別に何にもない。気にすることはない」


 実は心の中では罪悪感でいっぱいなのに、我慢しなくても良いじゃねーか。


ア「そっかあ…それじゃあ、あの子が一方的に諦めたんだね!
  私は幼馴染に勝利したって事だよね! それならヒビキくんは私のものって事で良いよね?」


ヒ「…………そういうわけでも…」


ア「抵抗したって無駄だよ。あの幼馴染がいない限り私のものって事なんだから!
  その為に…ちゃんと証拠をつけておかないとね」


ヒ「証拠?」


 アイがヒビキの顔に急接近した。マイが飛び出る体勢に入る。
口をくっつけようとしている。


マ「出るよ…!」


 マイの声で飛び出た。ヒビキの体を引っ張って、アイの行動を阻止する。
その上に、マイがアイの体を拘束し、マイが何も出来ない状態となった。
これで、計画の四つを全て行った。後は計画の五つ目だ。
 しかし、アイの力は強いらしく、じたばたしてる。俺もマイに加算したが、強い。
鳥ポケモンのチルタリスを出し、アイを無理矢理乗せ連れて行った。

 その場に俺とヒビキの二人だけが残った。


ヒ「…なんか、解放された感が凄いある。ありがとな、シルバー」


 俺の顔を見ながらヒビキは言う。自由になれたって事で、嬉しく思う。


ヒ「コトネに、謝る事にした。いつまでもぐずぐずしてたら男じゃないもんな。
  ほんとに助けてくれてありがとう。それじゃあ、俺、行ってくるよ。コトネのところに」


 そう言うとヒビキは俺の横を通って、しぜんこうえんの出口へと向かう。
その時、ある事を思い出した。ケイが確か…言っていた筈だ。
 ヒビキの歩く後ろ姿を見ながら、ケイの言っていた事を言うか言わないか迷った。



続く


あとがき

昨日はごめんなさい。ちょっと時間が無くて朝しかカキコに来れませんでした…
今回からトリップを付ける事にしたよー!ま、まあなんとなくだけどね…

いやー、やっとヒビキが解放されたね!シルバーとマイちゃんNice!
というかケイの言っていた事って何だ!?

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>155

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存