二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *12000参照感謝!!
日時: 2017/09/24 10:04
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

お知らせ>>438
天乃ちゃんに返信>>352

12000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441

《2018年版》
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 2000参照感謝! ( No.143 )
日時: 2016/01/18 16:24
名前: シロマルJr.

参照2000突破おめでとー!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
まぁゆーいさんならいけると思ってたよ!ゆーいさんなら絶t((ry


僕はやっとテストが終わったよ・・・まだ返ってきてないけど。

・・・にしても、やっぱりコトネちゃん人気だなw 袖掴み最強説wwww
よし、シルバー代われ!!僕がコトネちゃんをこのt((うるせぇ

これからも更新頑張れ!!(^・v・)d

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 2000参照感謝! ( No.144 )
日時: 2016/01/18 19:31
名前: 雪

参照2000凄いね!おめでとう*(^o^)/*
おい!シルバー変われ!よし、今から私がはかいこうせんしてくるから待ってろよ。

漢検一級合格してみたいけどきっと無理だな。コトちゃんの写真眺めながらだったら...出来るかもしれないけどね。

70話楽しみにしてるよ!共に頑張ろう!ρ(′▽`o)ノ゙ガンバレー!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 2000参照感謝! ( No.145 )
日時: 2016/02/07 15:21
名前: ゆーい
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427

>>140
もう作者の私もコトネちゃんの可愛さを中心にこの章を書いてるからね〜((
コトネちゃんの人気が増えることを祈りつつ…みんなのコトネ人気度を上げていこうと思うよ!
袖掴みは最高!なんで…コトネちゃんにやらせてみたww
こりゃ…惚れてまうやr((ry


>>141
初めましてだね!よろしく! 最初から読んでくれたとは…感謝感謝です……
私が男だったら完全に惚れてる…ポケモン女主人公で一番好きなのがコトネなんだよね〜

シルバーくん、そこを退くんだ(真顔)
これからも更新頑張るよー!!


>>143
ありがとう!!2000参照突破したのは、みんなのお陰だからね…感謝の気持ちでいっぱいだあっ!
いやー、テストお疲れ様!私は一ヶ月後にテストがあるよ\(^o^)/
袖掴みは男女シチュランキングのトップら辺には入っている筈…!
シルバー場所変わりなさい((
更新頑張ります!!


>>144
2000参照本当に感謝してるぅううう!!次は2500参照を目指して頑張るよー!
はかいこうせん…ワタルさん連れてきまーす((
漢検一級は…無理かもだなあ…でも諦めず勉強してれば受かるよ!
私っちの国語の先生は漢検二級まで受かってるらしい…
そうだね!共に頑張っていこう!!( ´ ▽ ` )ノ



前回→>>139


65話:お願い

(シルバー目線)

 今、俺はコトネのおでこに軽くキスをした。コトネは困ったような顔をした。


コ「なっ、何してっ…!」


シ「お前をそんな顔で帰らせる訳にはいかないだろ」


コ「……酷い顔してるからでしょ?」


シ「今にも泣きそうな顔してる。お前、何かあっただろ」


 驚いた表情に変わる。迷っているみたいだが、すぐに話してくれた。


コ「その…言いずらいんだけど…」


 ヒビキと喧嘩した…簡単にまとめるとこうだ。大体の予想はついていたが。


コ「原因は私なんだけどね……」


シ「そんなこと無いさ、お前は悪くない。俺、ヒビキのとこ行ってくるから」


コ「……私、ヒビキくんにはもう会えないよ」


シ「大丈夫だから、心配すんな。俺が何とか言ってくるから」


 コトネに背を向けて、ヒビキの家の前に行く。
ドアをノックすると、中から足音が聞こえた。ゆっくりとドアが開く。


ヒ「…シルバーか。丁度いいところに来てくれた。今お前に電話しようとしてたところなんだ。
  ちょっと、中に入ってくれないか? 相談したい事があるんだ」


 中に入り、椅子に座る。


ヒ「実は、さっきコトネと喧嘩した。まあ喧嘩の原因は全部俺なんだけどね」


 こいつら…二人して同じこと言ってるよ。どっちが悪いのかわからなくなる。


ヒ「それで、アイに会ってきてほしいんだ」


 アイって誰だよ…さっきの奴か?


シ「アイって…」


ヒ「あ、お前知らなかったよな。アイってのは今日の昼に俺と居た女の子」


シ「ああ、そうなのか。それで、そいつに会って来いと? 別に文句は言わないけどな…」


ヒ「はい、これアイの連絡先。勝手に登録されただけなんだけどな」


 そう言うと最新型の携帯を渡してきた。コトネと同じ機種、スマートフォンだ。
画面は「アイ」と名前が大きく書かれており、今連絡できる状態となっている。


シ「こいつに連絡すればいいんだよな」


 連絡というボタンをタッチし、スピーカーモードにする。
わざとスピーカーモードにしたのは、ヒビキにも内容を聞かせるためだ。


ア『もしもし? ヒビキくんだよね!』


シ「いや、俺ヒビキの友人。お前に用があって連絡した」


ア『ふーん、そうなんだ。じゃあ何の用か言ってね』


シ「お前に会いたい、コガネのポケモンセンターで待ってろ」


ア『へえ、貴方って引っ張ってくタイプなのね。カッコいいじゃない』


シ「すぐ行くから待ってろよ」


ア『わかってるわ! それじゃあね!』


 ツーツーと音がして、連絡が途切れた。ヒビキに携帯を返す。


シ「お前のお願い聞いてやるよ」


ヒ「シルバー…ありがとな、本当に。でもな、くれぐれも気をつけろよ」


シ「わかってる。じゃあ」


 クロバットに乗り、ワカバタウンからコガネシティへと向かった。



続く


あとがき

悲しいときー!悲しいときー!連絡先を勝手に登録されたときー!
…悲しいというか、ハ?ってなるよね(笑)

…んっ?( ^ω^ )
シルバーが優しいだと…?キャラ崩壊かな?まあいいよね!キャラ崩壊でもいいよn((
次回はシルバーがアイの家に行きます。さあ、シルバーは無事に帰ってこれるのかな?

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>147

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 2000参照感謝! ( No.146 )
日時: 2016/01/20 18:31
名前: 雪

アイ...シルバーには冷たいんだな。シルバー泣いちゃうよ((泣かねーよ
コトちゃん可愛すぎもう一日一回写真見ないと生きていけないくらい可愛いな...!

崖から落ちた時がめっちゃ可愛かったけど今回はやばい。鷲掴み...死んでまうやr((
七十話(じゃないかもだけど)がめっちゃ楽しみですな(´∀`)

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.147 )
日時: 2016/02/07 15:22
名前: ゆーい
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427

>>146
私はコトネちゃんの画像を毎日のように見ています((きもっ
アイにとってはシルバーは単なるヒビキの友人としか思ってないからねー冷たいんだろうねー…((悲しい

コトネちゃんに心を鷲掴みされました。ずるいよコトネー!
アイの秘密が明かされるのは72話に決まったよ!計画的に行けばだけどね…



前回→>>145


ヒビキたちの物語、一周年!!


66話:双子さん

 コガネシティへと到着する。今日見た少女がポケモンセンターの前に立っていた。


シ「待たせては、ない筈だ。お前アイだよな? ヒビキから色々聞いた」


ア「ヒビキくん、私の話してくれたんだ…嬉しいなあ…」


 自意識過剰なのか? と思いながら、話を続ける。


シ「お前の家に行っていいか? 話したいことが沢山ある」


 少し迷ったような顔をしたが、頷かれる。ついてきてと言われ、ついて行く。
ついて行って、着いた場所は普通の民家だった。中に入るとしんみりしている。


ア「ご飯食べた? 食べてなかったら、私っちで食べていきなよ、今から夕食だから」


シ「ん、じゃあ食べさせてもらう」


 アイは階段の近くによると、上に声をかけた。


ア「マイー!! ご飯だから下りてきてー!」


 マイとはアイの姉妹だろうか。
声をかけてから少し経つと、上からストストと小さく足音がした。
 俺は棚にあった写真を見つめる。二人の少女と男性、女性が仲良く座っている。
一人の少女はアイに似ている。もう一人の少女はアイに似ているが、少し違った。


?「…誰?」


 いや、お前が誰だよ。って、え?
階段に目を向ける。アイにそっくりな少女が怪訝そうにこちらを見つめている。
 数秒経つと俺から目を逸らし、席へと座った。俺も席へと座る。
マイ…? は愛想のないやつだと感じた。俺が言えるようなことじゃないけどな。


シ「………………」


 暫く無言が続く。誰一人喋りやしない。今更だけど、アイとマイは双子だろう。
すると、アイが料理を持って来た。意外に旨そうな野菜炒めだ。
一口食べてみると、結構美味しい。


ア「どう? 美味しいでしょー! 因みにそれ、私の自信作ね」


シ「自信作、なぁ……」


ア「マイ、どう? 気持ち悪かったら食べなくていいのよ」


 だがマイは食べ残さなかった。皿を台所に戻すと、とっとと部屋へと戻ってしまった。


ア「……マイ」


 アイは眉をヘの字にした。
俺は、マイから視線をずらした。なにかに気づく。
 皿のとなりには折り畳んである紙が置いてあった。紙を開くと、文字が書いてあった。


二階に来て


 マイからだろうか。すぐに夕食を食べ終わると、階段を上って二階に行く。
「マイ」と書いてある部屋のドアを開ける。なんとも女らしい部屋だ。


マ「来てくれたのね」


シ「………何の用だよ」


マ「…立ってないで座って。話すことがあるの」


 マイが椅子に指を指す。指された椅子に腰をおろした。


マ「…貴方、ヒビキの友人ね」


シ「それがどうしたんだよ」


マ「…ヒビキに言っておいて……アイの言いなりになるなって」


 怒ってるのか何なのか感情が複雑そうな顔をした。


シ「お前、今日の出来事知ってんのかよ」


マ「アイから散々聞かされたから知ってる。ヒビキを助けるのに、協力してあげる」


 ヒビキを助けるのに? アイから助けるってことか?


シ「協力って?」


ア「連絡先、登録して。大丈夫、悪いようには使わないから」


 マイが悪用するとは思えない。俺は同意して、連絡先を交換しあった。


マ「…私はアイを止める。心配な事とかあったら連絡してきて」


シ「じゃあ、二人で協力して止めるぞ」


マ「そのつもり。さ、早く帰って。アイに変な目で見られるから」


 マイの部屋から出る。玄関に行くと、アイに止められた。


ア「帰るの? ヒビキくんに変な事言わないでね。嫌われちゃうからね」


 もうとっくに嫌われてるんじゃないのか?
アイを見ると、なにも答えずに外へと出た。早く帰ろう。
 ヒビキをアイから救わなければ…マイとどういう計画を立てようか。



続く


あとがき

やっとシルバーが動き出しました。これでヒビキが救われる!?
ああ…登場人物欄修正しなきゃ…でもまだ良いよね。この章が終わってからにしよう、うん。

因みにマイはめっちゃ性格良い子ですよ!Aliceが凄く気に入ってるキャラです。
でもやっぱヒロインのコトネが一番可愛いと思ってます。
次回はどうなるんでしょうかねえ…

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>149

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存