二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.133 )
日時: 2016/01/15 20:32
名前: 天乃

ずいぶん来てませんでした…

コトネちゃんやばい、本当に可愛すぎる。この子ほしいな…
私女だけど…この子ください、お嫁さんにくださ((
ヒビキ意外に人気ある(笑)
アイは危険です、すぐに逃げるんだ。

投稿頑張ってー!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.134 )
日時: 2016/02/07 15:19
名前: ゆーい
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427

>>131
コトネちゃんは、もう可愛すぎて失神してしまうくらい可愛い(二回言う)
顔近づけられて見つめられたら…一体どうなるのかな!?シルバーはいい度胸だよ。
私もこの章は正常ではないから気をつけてね。


>>132
アイちゃんはヒビキくんの熱狂的な気持ち悪いファンだかr((
ファンって怖いね〜次はマルマインが参戦してきますね☆
ヒビキくんがきっと参戦してくるよ、きあいのタスキを持っt((


>>133
お久しぶりだね天乃ちゃん!
コトネは駄目だ、私のお嫁さんだからね((
ヒビキくんやコトネちゃんは隠れた熱狂的なファンがいるんだよ。意外な人気ってすげー
さて、ヒビキくんはアイから逃げられるのかな?



前回→>>130


62話:ばったり会った悲劇

(シルバー目線)

 カフェから出て、コトネと一緒にしぜんこうえんへと向かった。
しぜんこうえんは、カップルの間では有名だという。
 人目を気にしてはベンチに集まったり、しぜんこうえんの中を一緒に散歩したりするらしい。


シ「しぜんこうえんに来たはいいけど、何するか」


コ「ベンチにでも座る? でもこのお昼の時間帯、ベンチ満席なんだよね〜」


 不満そうに顔を歪める。しぜんこうえんで弁当を食べる奴が多いのだろう。
俺にとって、今日は素晴らしい日だ。ヒビキはいないし、コトネと二人きり。最高だ。
 こんな事言うのは恥ずかしい。やっぱり無しな。


シ「どっか空いてるベンチは……ん?」


 近くから話し声が聞こえ、話し声のした方向へと行く。…よく聞く声だと思った。
コトネは近くをうろちょろしてるし、そっと見てみることにした。


シ「ここか…?」


 木が沢山あり、そこの隙間から覗く。
そこには、前髪が特徴的な少年と見知らぬ少女が座っていた。


ア「あ! もうお昼だね。私ね、お弁当持ってきたんだ。二人で食べよ?」


ヒ「…箸、二つあるのか? てか俺は食べなくてもいいんだけどなー…」


 予想通りの人物だ。いつも面白いぐらいに前髪はねてるあいつ。ヒビキ…だな。
ヒビキの顔を見てみると、凄く嫌そうな顔をしている。女子の方は知らない奴だ。


ア「うわあ! 崩れてなかったよ、ヒビキくん!」


ヒ「………ああ、そうだな」


 なんとも薄い反応。きっとヒビキは反応に困っている筈だ。


コ「あ、いたシルバー。なにやってるの?」


シ「静かにしろ…! こっち来んな…!!」


 まずい、まずい。コトネが来てしまった…こんなとこ、見たらショック受けるだけだ。


コ「何?」


ア「……ふふっ、ヒビキくん、はい、あーん」


ヒ「…えっ!?」


コ「……!?」


シ「……!?」


ヒ「ち、ちょっと、それは…やめてほし、んぐ」


ア「どう? 美味しい?」


 ヒビキは凄い頑張った。頑張って阻止しようと思ったのは知ってる。
でも…なんでこんな場面に遭遇してしまったんだ。しかも俺、目ー合っちゃったし。


コ「……そん、な……嫌だ!」


シ「コトネ…!」


 やばい、ヒビキにばれたか!? でも今はそんなこと気にしてる場合じゃない。
コトネが逃げていってしまった。早く、捕まえなきゃいけない。


ヒ「シ、シルバー!? おっ、おい待て! シル―」


ア「ヒビキくん? ダメだよ逃げちゃ。夕方になるまで逃がさないからね」


ヒ「……っ…」


 ヒビキ達の会話が聞こえる。
でも俺は、目の前のコトネから目を背けなかった。



続く


あとがき

合作になってから投稿ペースが早くなってる…あ、テストが一ヶ月後だからか。
はい、こんばんは、ゆーいです。コトネちゃんが可愛すぎて辛いです。
次回も早く投稿したいなあ……眠いww

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>137

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.135 )
日時: 2016/01/15 23:02
名前: シロマルJr.

何か人が随分集まってるなww
あ、Aliceさんかな?はじめまして!
ちゃんと挨拶するのは初めてだと思うから、色々よろしく!(・ω・)d

アイって子・・・・・・なかなかやりよるな・・・。
この子はちょっと危険人物というものじゃないだろうか!?Σ(・□・;)

>>132 そして雪さん、何か怖いよ!!
気持ちは分かるが落ち着いて!!


更新頑張ってね!・・・コトネちゃん可愛いなあ<(//-//)>

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.136 )
日時: 2016/01/16 13:27
名前: 雪

>>135 すみません!もう無理だ!コトちゃんがぁぁぁ!オーバーヒートだぁぁぁぁ!!
...よし、燃え尽きた

おーいヒビキ!コトネ>>>>>>>>>>>>>>>アイ くらいコトちゃんの方が明らかに可愛いんだから。
このまんまじゃコトちゃんにもセレナにも嫌われちゃうね!逃げ切れるように頑張ろう。

ヒビキもコトちゃんもゆーいさんもAIiceさんも頑張れ!応援してるよ〜!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.137 )
日時: 2016/02/07 15:20
名前: ゆーい
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427

>>135
Aliceの代わりに挨拶します!Aliceが、よろしくお願いしますって言ってたよ!
またAliceにも挨拶させに来させます^ ^
今の展開では少しおかしな女の子とでも思っててね。これからの展開でわかるからね!((多分
コトネちゃんの可愛さは異常です(^ q ^)


>>136
ヒビキくんはコトちゃん(コトネの愛称)が一番可愛いんだよね、そりゃそうだよね)^o^(
コトネちゃんの可愛さはやばいっす。天乃ちゃんが言ってたようにやばいっす。
ヒビキくんが嫌われないように、展開をできる限り練っていきたいと思いまーす\(^o^)/
これからも頑張るよ!\ガンバリマース/


前回→>>134


63話:約束

(コトネ視点)

 嫌な気持ちと辛い気持ちとかが混ざりあって苦しい。ここから逃げたい一心で走る。
後ろからシルバーが追いかけて来るのはわかっているけど、止まれない。


シ「コトネ…!」


コ「………きゃあ!」


 体の体勢が崩れて倒れる…というか転ぶ。足がズキズキとしてくる。
シルバーは私に追い付いていた。


シ「コトネ…辛いのはわかる。自分の前で幼馴染みが…ああいう風にされたら傷つくよな」


コ「……離してよ…」


シ「駄目だ、怪我してんじゃねーか。ポケモンセンターに行くぞ」


 シルバーに身体を起こされ、立ち上がる。もう身体も心も鎖に締められた感じがする。
こんなんじゃだらし無さすぎて、呆れられちゃうよ。


コ「ごめんね、シルバー…呆れちゃうよね、こんな奴」


シ「別に呆れない。今空飛べるポケモンいないから歩いていくぞ。…歩けるか?」


 なんか今日のシルバー、自棄に優しいなあ。なんだろ。


コ「歩けるよ。…シルバー?」


 シルバーが私を持ち上げて、おんぶする形になる。とてつもない羞恥心に襲われる。


コ「シルバー!! 恥ずかしいからやめて! 降ろしてよ!」


シ「怪我して惨めに歩いてる方が恥ずかしい。大人しくしてろ。すぐ着くから」


 恥ずかしい気持ちを堪えて、シルバーの背中に顔を埋める。
こうしないと顔が熱いのばれちゃうもん。
 コガネシティにはすぐにではないけれど、着いた。途中町の人に見られたけど、気にしない。
ポケモンセンターの中に入ると、シルバーは私を椅子へとおろした。


シ「ごめん、ちょっとしみるかもしれねー」


 そう言うと消毒液をバックの中から出して、 怪我したところにかけた。
シルバーの言った通りちょっとしみる。


コ「ありがとうシルバー」


シ「…ああ。なあコトネ、あの時ヒビキが困ったの見ただろ?」


 もしかしたら全てお見通しだったりするのかな…?


コ「……あのね、シルバー。私とヒビキくんはね、小さい頃、ある約束したの。
  ヒビキくんがあの時止まったのは、私との約束があったからじゃないかなって思ったの」


シ「約束…ってなんだ?」


コ「…私とヒビキくんが…お弁当を食べてたのかな?
  その時、私がヒビキくんにあーんってやった。そしたら、吃驚した顔してたんだ。
  私はね、ヒビキくんにこう言った。
  
  『これをやるのはわたしたち二人だけね。
   この二人だけの約束がわたしたちがおさななじみっていう、しょうこだからね』

  ってね。
  だから…あれをヒビキくんにされた時は、幼馴染っていうものが壊された気分だったんだ。
  …逃げるしかなかったの、あの場から」


 ダメ、泣いちゃダメだよ私。ここで泣いたら負けだよ。
しばらく無言の時間が続く。顔を上げようとしたら、シルバーの手が目の前にきてた。
何かと思い、体を硬くするけど、シルバーは私の頭をくしゃくしゃとした。


シ「お前が辛いなら、一緒にいてやるから。きっとヒビキもショック受けてるぜ。
  ショック受けてるのはお前だけじゃないんだよ、コトネ」


コ「……………」


 …一緒にいてくれる…?


コ「じゃあ、夕方になるまで一緒に居よ?」


 シルバーの袖をキュッと掴んでみる。私にはシルバーが珍しく微笑んだように思えた。



続く


あとがき

コトネちゃんに袖を掴まれたいです((
私が男だったらコトネちゃんと付き合ってまーす( ^ω^ )

なんとなく最近シルバーが紳士になってきた気がした。気のせいか?
意外にシルバーもカッコいいから頑張ってほしいんですよね、うん。
次回は大展開!?なんか色々起きます。楽しみにしててね☆

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>139

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存