二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.120 )
日時: 2016/01/11 10:54
名前: 雪

雑談掲示板と二次小説でお世話になってます!
コトネちゃん可愛い(人・ω・)☆超可愛い☆(・ω・人)。コトネが出てる回凄く見ちゃうよ〜
更新頑張ってね!これからもよろしく!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.122 )
日時: 2016/01/11 19:17
名前: そぴあ ◆.....GXai.

今まで直接的な恋愛描写は少なかったけど..
ついにラブラブ展開が来るのかああああああああ!!!!!!うあああああ!!!
コトネちゃんヒビキ君連れてかれて早くも妬いてんじゃんうああああ!!!ぎえええええry

あ^〜展開考えただけでもドキがムネムネするんじゃ^〜



..ハイ、失礼致しました。
応援してます。頑張ってくださいノ

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.124 )
日時: 2016/01/11 21:22
名前: ヒトミ

小説面白かったです!これからの楽しみが増えました!小説書くの頑張ってください!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.126 )
日時: 2016/01/13 16:19
名前: 雪

昨日来れなかったんできましたよ〜!
やっぱりコトネ可愛いなぁ〜 おいヒビキ!シルバー!位置変われ!!!!!狡いぞー

はっ、もう四時半近い。では失礼します( ̄^ ̄)ゞ

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 恋の病気は重症!!編 ( No.127 )
日時: 2016/02/07 15:18
名前: ゆーい
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode

>>120
ども!雑談と二次小説でお世話になってます!!
ハルカちゃんとかヒカリちゃんとかも好きなんだけど、一番はコトネちゃんなんだよねえ〜
セレナももちろん好きだけどね!(≧∇≦)
更新ガンバるよ!!これからもよろしくね!♪( ´▽`)


>>122
本当に今まで恋愛描写は書かなかったけど、
やっと書く展開がきたよおおおおおおおおおおおああああああああああ!!!!!!!
本当にコトネちゃんヒビキくんのことが大切なんだあああああああああヒビキ場所かわれええええええ
うわあああああああああああああああ((ry

ごめんなさい、狂ってました。
きっと今回はめっちゃ恋愛描写増えると思うんで頑張ります\(^o^)/


>>124
初めまして!…じゃないね(^_^;)
小説面白いって言ってもらえて嬉しいです!!ありがとうございます!
これからの楽しみか〜 めちゃくちゃ嬉しいです〜(T □ T)

ありがとうございます!頑張ります!!
ヒトミさんの小説の方にも行かせてもらいます!!


>>126
来てくれてありがとー!!!嬉しいよ!!
ヒビキとシルバー邪魔だっ!退くんだ!私はコトネちゃんと結婚するんd((
また雪ちゃんの方にも行かせてもらうね!!(´∀`)/


前回→>>119


60話:カフェであのコと

(コトネ視点)

 ヒビキくんが変な女の子に連れて行かれたあと、私は近くのカフェの中に入った。


コ「なんなの、なんなの…!? 全く訳がわからないっ…!」


 飲んでいたカフェオレを乱暴に置く。こんなに暇そうにしているのなんて、
私以外いないんじゃないかな。本当に寂しい。イライラするし。


コ「誰か暇そうな人いないかなあ……」


 最新の携帯機(スマホ?)の電話帳から暇そうな人を探す。
画面をスライドしていると、いつも一人でいる人が見つかった。…あいつだ。

 こんな日に会いたくはないけれど、この人しか、暇そうにしている人はいないだろう。


コ「……もしもし? コトネだよ。…うん、そう。ねえねえ、今暇?
  私コガネのカフェにいるんだけど……うん、そこそこ。暇だったら来てくれないかな?
  …ごめんって。うん、うん…わかった、待ってるね。…うん、バイバイ」


 予想通り暇だった。すぐに来てくれるだろう。なんとなくコップに入ったカフェオレを眺めた。
カフェオレはゆらゆらと揺れている。
 …最近寒くなってきたと感じる。持ってきたマフラーをぎゅっと握り締めた。


(シルバー視点)

カラン カラン


店「いらっしゃいませー」


 カフェの店員が凄いスマイル顔で声をかける。俺はそれを横目で見ながら、店内を見回した。
見た場所には、白い帽子を被っている少女が此方に手を振っていた。その少女の方へと向かう。


シ「…コトネ。」


コ「シルバーくん、遅いではないか。」


シ「気にすんな。」


 時間をかけて服装を決めていたとは、決して言えない。
座ると、店員が側に近寄ってきた。


店「ご注文は何にしますか?」


シ「ホットコーヒー、一つ」


店「かしこまりました」


 いつも飲んでいるコーヒーを頼む。これが俺のポリシーだ。まあ、これしか飲まないし。
待っていると、コーヒーはすぐに来た。


コ「ねえ、シルバーってこの店の常連だったりするの?」


シ「……………」


 無言で返答する。コトネはこの無言で理解したようだ。


コ「ふーん。コーヒー苦くないの?」


シ「…慣れてくれば飲めるもんだ」


 短めの言葉で答えても、こいつは何も言わない。ただニコッと笑うだけ。
こいつのこういうところに俺は目を逸らしてしまう。この笑顔に弱いのだ。俺にとっての弱点。


コ「本当はヒビキくんと来る筈だったんだけどなー…暇になっちゃった」


シ「暇になった…?」


コ「ヒビキくん、変な女の子に連れてかれちゃったの。それで私は一人なんだ」


 不満そうに呟いた。相当嫌だったのだろう。


シ「俺も暇だからいいよ」


コ「いいよって何がいいの…?」


 顔を近づけられる。二重の大きな瞳が俺を見つめた。


シ「べ、別に何でもねぇー…」


 思わず顔を背けてしまった。着けてきたマフラーに顔を埋める。


コ「あっ。シルバー、マフラーにゴミついてるよ」


シ「えっ…」


 コトネがマフラーについていたゴミを見せる。


シ「…ありがとう」


コ「どういたしましてっ」


 礼を言われたことに照れたのか、頭を撫でた。


コ「…これ飲んだら…どこ行く?」


 窓を眺めながら聞いてくる。俺はそれに答える。


シ「…しぜんこうえんでも行こうぜ」


 今度は…こいつの前じゃなくて、隣に座りたいと感じた。


続く


あとがき

はい、こんばんは!!
文章はAliceに編集してもらってました。シルバー視点は書いてもらいましたけどね、ハハハ
多分私の書く文と違う点が幾つかあるかと思います。

今回はカフェであのコと過ごしている話です。
可愛く書きたかったけど、やっぱり今回も駄目だったよ…
次回はヒビキ視点でも書こうかなー…あれ、私投稿するだけ?嘘…マジか。

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>130

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存