二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 vsR団 ( No.108 )
日時: 2016/01/01 09:35
名前: 天乃

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!!
ゆーいさん更新頑張って下さいね!!ゆっくりでいいんですよ〜急がなくたってね。
これからもよろしくお願いします!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 vsR団 ( No.109 )
日時: 2016/01/12 20:53
名前: ゆーい
参照: http://alikotoyui.hatenablog.com/

>>97
人に破壊光線はかなり危ないね☆
マイペースで良いって言ってくれてめっちゃ嬉しい( ´ ▽ ` )ノ
これからも頑張るね!雑談の方にも行かせてもらいます!!


>>98
全部読んでくれてありがとー!!! 全部読むの、絶対大変だったよね…本当にありがとう!!
もしかしたらテスト関係で更新遅れちゃうかもしれないけど、できる限り頑張るよ!!
こちらこそよろしくお願いします!( ̄^ ̄)ゞ


>>102
おはようございます、お久しぶり!シロマルさん!
気持ちをわかってくれる人がいて、きっと今頃、ワタルさんはイブキに話してると思うよ!((

今日で2015も終わりだねー…早かったなー…来年もよろしくお願いします!( ̄^ ̄)ゞ
小説見に行くからねー!!


>>104
雪ちゃんありがとう!!雪ちゃんの小説も面白くて好きだよ!!( ´ ▽ ` )ノ
2016年もよろしくお願いします!( ̄^ ̄)ゞ

次回話いつ出せるかな……


>>106
あけおめ!!
今年もよろしくね!((お前もことよろって言えよ

2016年も小説の更新頑張ろう!!仲間さ☆((
こちらこそよろしくお願いします!!

シルマルさんもfight!!


>>108
明けましておめでとう!今年もよろしくね!!
まあ、頑張って投稿しようと思うよ!応援ありがとう!!
これからもよろしくね〜!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 vsR団 ( No.110 )
日時: 2016/02/07 15:14
名前: ゆーい
参照: http://alikotoyui.hatenablog.com/

前回→>>80


55話:ヒビキVSルイ&ケイ 1


ヒ「地図を見ると…ここの部屋だよな…」


地図を見ながら辺りを見回す。俺の持っている地図には印がついている。
その印は、したっぱの中でもチャンピオンレベルと言われる強さの双子のいる部屋を指している。


ヒ「双子って……まさかさっきの…?」


そっと、部屋のドアを開ける。部屋の中は真っ暗で、明かりがないと見えないくらいだ。


パチッ


ヒ「……!?」


?「地下道、長かったでしょ? お疲れさま」


?「ルイ、驚かしちゃダメだろ」


ル「あー、ごめんね、ケイ。許して! …いやー、またヒビキくんに会えて光栄だよ。
  僕嬉しくて舞い上がっちゃったもん。ね、ケイ?」


ケ「お前はいつも舞い上がってんじゃねーか」


ル「そうかなあ? …まあいっか。とりあえずヒビキくんに会えたってことで…歓迎会でもしようか!」


そう言うと、側にあった棚から箱を取り出した。何を出すのかと思えば、モンスターボールだった。


ヒ「モンスター…ボール? …勝負って事か?」


ケ「勿論。俺らはポケモントレーナーでもあるからな。かつ、ロケット団したっぱ」


ル「僕ら二人、拾われたんだよ。ロケット団にね」


ヒ「ひ、ろわれた!?」


ル「あんまり話したくはないけどね。…拾われてから、強くなるために、僕らは特訓した。
  ボスに褒めてもらえるように。でも、仕事は無くて…役立たずだったんだよね。
  でも漸く仕事がやってきたからね。力を尽くさなきゃ」


ケ「さあて、この勝負はダブルバトルといこうか。俺とルイ。お前は一人。
  俺たちダブルバトル専門だから。…二人で合わせて六体しか持ってないんだ。これが、ハンデな」


ヒ「は? な、なにバカなこと言ってんだよ! 俺が一人で勝負するだと? ふざけるのも大概に…」


ル「え〜? まさか…自信ないの? チャンピオンなのに? だっさいね。こんな一般のポケモン
  トレーナーに負けると思ってるの? ちょっと、考え変わっちゃったなー?」


ヒ「ちっ……負けるなんて思ってるわけないだろ!? ああ、やってやるよ! ダブルバトル!!」


ケ「その意気じゃなくちゃあな。つまんねーし」


ル「やったあ!! ヒビキくんと戦えるなんて…夢みたいだよ!! やばいー興奮してるーふふふ……
  いってこーい! ハッサム!!」


ケ「いってこい、エアームド!」


ヒ「いってこい! スターミー!! カイリュー!!」


ル「へえ……スターミーとカイリューかあ…でも…強いからって、簡単に勝てるとか思わないでよ?
  ハッサム! つるぎのまい!!」


ケ「エアームド、まもる!!」


ヒ「なっ…くそっ……スターミー! リフレクター!! カイリュー! そらをとぶ!!」


ル「避けたか…まあ、予想はしてたけどね。絶対カバーするなってね。ハッサム! おんがえし!」


ケ「…エアームド、こらえる!! 」


ヒ「スターミー!! 10まんボルト! カイリュー!! ハッサムにそらをとぶ!」


ハッサムにそらをとぶは効果抜群ではないが、エアームドにやるよりはいいだろう。
だが、余裕で耐えている。これは長期戦になりそうな予感がする。


ル「…ハッサムには効果抜群じゃないからね。残念でした!
  エアームドに10まんボルトは効果抜群だけど……耐えてるかな?」


もちろん、こらえるを使ったエアームドは耐えていた。その隙にスターミーが攻撃されていた。
しまったと思ったが、リフレクターのおかげで助かった。結構くらったらしいが。


ヒ「すげー腹たつ……! こりゃ本当に長期戦の予感……」


ケ「エアームド! きずぐすりだ!!」


ル「回復かあ……僕の方は回復しなくても楽勝だけどね。ハッサム! もう一回おんがえし!!」


ヒ「スターミー! エアームドに10まんボルト! カイリュー! ハッサムにかえんほうしゃ!」


かえんほうしゃとおんがえしがぶつかり合うのは同時だった。黒い煙が立ち上る。


ル「ハッサム!! ……予想外だよ。まさか…カイリューがかえんほうしゃをもっているとは…
  思わなかった。でも…でも僕らだってそんな弱くない。ハッサムは強いよ?」


ヒ「それはどうかな。エアームドが倒れれば展開だって変わってくるぜ?」


ケ「そりゃこっちの台詞だよ。エアームドは耐えてる」


ヒ「……? …あ! …た、耐えてる!!」


ケ「展開は意外とわからないもんさ。それに…おんがえし二発はきつかったみたいだけど。どうだ?」


ヒ「カっ…カイリュー!! 耐えてくれるとは思ったけど…やっぱり無理は良くなかったな…大丈夫か?
  カイリュー。ゆっくり休んでくれ。これで数は同じだな」


ル「…やっぱ、ハッサムも耐えられなかった…ごめんね、ハッサム。…後は、負けないから。
  いって! メガヤンマ!!」


ヒ「いってこい! エレキブル!!」


この勝負、結構楽しいかもしれない。



続く


あとがき

やっと投稿できました!!もうね、やる気が出ないとできないよ。あ、因みにバトル編は、
ルイとケイで終わりです。シルバーとは戦いません。時間がないからね(言い訳乙)

次回は…早く投稿できたら頑張ります。でも、テスト近いからわからないかも……
ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>113

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 vsR団 ( No.111 )
日時: 2016/01/02 19:09
名前: シロマルJr.


ついにヒビキが、例の双子と激突ですな。
勝負が楽しいか・・・そりゃヒビキに勝っては欲しいけど、その気持ちがポケモン勝負には一番
大切なんだと思う。・・・と、とにかく頑張れヒビキ!

そしてゆーいさんも自分のペースで頑張れ!応援してるよ^ ^ d

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 vsR団 ( No.113 )
日時: 2016/05/05 11:32
名前: ゆーい
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427

前回→>>110


56話:ヒビキVSルイ&ケイ 2

現在、ヒビキと相手二人の手持ちの数は同じだ。


ル「……メガヤンマ! スターミーにむしのさざめき!!」


ケ「エアームド! こらえる!!」


ヒ「スターミー! 避けて、エアームドに10まんボルト! エレキブル! メガヤンマに10まんボルト!
  できればメガヤンマの攻撃を防いでほしい!!」


ル「だいたい素早さは同じだけど、防げないよ!!」


ヒ「スターミー!! …先制攻撃でもダメか…! …くっ……! やられた!」


ケ「ルイ。お前さっきむし攻撃しなかったな。なんでだ?」


ル「どうしてもメガヤンマでスターミーを倒したかったからだよ。こだわりってものがあるのさ」


ケ「変なこだわりだな。って、おい! ケイ! メガヤンマやられてるぞ!」


ル「あっ! メガヤンマ!!」


ヒ「エレキブル、よくやったよ。…絶対許さない。お前の変なこだわり、おかしいぜ。
  なんで倒すポケモンにこだわり持つんだよっ。おかしいだろ!」


ル「そんなの決まってるじゃん。そういう計画だからだよ」


ヒ「計画?」


ル「そ。計画さ。ケイと、ちゃんと考えてあるんだよ?」


ケ「馬鹿か。計画なんてほとんどしてねえだろ」


ヒ「嘘じゃねえかよ!!」


ル「う、嘘じゃないもん! 半分嘘で、半分本当なんだよ!?」


ヒ「結局嘘じゃんか」


ル「僕なりの考えがあるの!! もー! いってこい! アーマルド!!」


ケ「ヒビキ、あんまりイラつかせんなよー? 結構厄介なとこあるから!」


ヒ「わかってるっての! いってこい! オーダイル!!」


ル「そうきたか…困ったなあ…これじゃあ考えと違くなっちゃうよ。…まあ、なんとかなるかな」


ルイは、チラッとケイの方を見た。ケイはルイと目を合わせて、「わかった」と、目で合図した。
俺は、この瞬間を見逃さなかった。何かがくると思って、ちゃんと考えを練ったが、まとまらない。

ル「…アーマルド! じしん!!」


ケ「エアームド!! まもる!!」


ヒ(きたっ……!!)「オーダイル!! まもる! エレキブル!! いやなおと!」


ル「まもる!? ええっ!?」


ケ「ヒビキ、やっぱお前予想外の攻撃してくるよな」


ヒ「これが俺らの戦法だよ。負けないように頑張ってんだ!」


ル「今度こそ! アーマルド!! じしん!」


ケ「エアームド! エレキブルにはがねのつばさ!!」


ヒ「オーダイル! アーマルドにアクアテール! エレキブル! エアームドに10まんボルト!」


ル「あ。…アーマルド!!」


オーダイルの一撃で、アーマルドが倒れた。ルイのポケモンは、全滅した。エアームドも10まんボルトで
倒れて、ケイの残りのポケモンは、2体となった。


ル「うっそお!! 負けちゃったよ!」


ケ「エアームド、戻れ。あと、俺だけじゃねえかよ…って、そういえばお前…」


ヒ「お前のポケモン、いなくなったぜ。あとはケイだけだ! ……ルイ?」


ルイがくすくすと不気味に笑い出す。笑いが止まらないのか、俯いてしまった。
ルイの様子を見ていると、ポケットから何かを取り出した。その何かとは…モンスターボールだった。
俺は思った。こいつもアポロと同じ感じかと。


ヒ「一体…残ってる!?」


ル「危うく笑いが収まらなくなるところだったよ。危ない、危ない」


ケ「いつも思うけど…お前、本当にその戦法好きだよな」


ル「だってー、これ使うとぞくぞくしない? なんかぞわぞわするんだよね、僕」


ヒ「アポロと似た者同士ってことかよっ…!!」


ケ「全くだ」


ル「ふふふ、いってこい!キノガッサ!!」


ヒ「キノガッサ!? …なんだ、お前の事てっきりむしタイプ使いかと思った」


ル「前までくさタイプ使いだったんだよ。キノガッサはその時の、僕の一番のパートナーだったんだ。
  今はむしタイプ使いに染まってるけど。ね、ケイ」


ケ「俺はくさタイプ使ってた方がよかったと思ってるけどな。いってこい、ボスゴドラ!!」


ヒ「なんか厄介なポケモン出してきたな…」


こっちもとっておきのポケモンを繰り出そうと思ったが、やめることにした。
今ここで出したら、後々困るかもしれないから。いいものは、あとに残す派だし。


ヒ「オーダイル、戻って来い。…へラクロス! 頼んだ!」


ル「いいポケモン出してきたね。ちょっと、ボスゴドラに対しては相性悪いかな。
  僕には1倍の効果だけどね〜キノガッサ! へラクロスにしびれごな!!」


ケ「ボスゴドラ! かたくなる!!」


ヒ「エレキブル! キノガッサにいやなおと! へラクロス! ボスゴドラにインファイト!」


ル「…防御下がっちゃったよ。どうしよ」


ケ「……やっぱり…四倍はきつかったか?戻れ、ボスゴドラ。お疲れ」


ヒ「キノガッサに一発かますにも…へラクロスの防御力が危ないからな…」


ケ「いってこい、メタグロス!! へラクロスにサイコキネシス!!」


ル「キノガッサー! へラクロスにスカイアッパー!」


ヒ「まずいっ…! エレキブル! メタグロスに10まんボルト! へラクロス! こらえる!」


ル「こらえるが使えるのもこのターンだけだね!」


ヒ「やっぱ、倒せないか…っ」


ル「キノガッサ! もう一度へラクロスにスカイアッパー!」


ケ「メタグロスももう一回へラクロスにサイコキネシス!」


ヒ「エレキブル! メタグロスに10まんボルト! 攻撃をカバーしてくれ!
  へラクロスはメタグロスにメガホーン!」


だが、こんなのは無茶ぶりだったと思い知らされた。メタグロスに攻撃を与えられたのはいいものの、
このメタグロスはかなり防御力が高いらしく、耐えやがった。

エレキブルがへラクロスを守り、へラクロスがメタグロスに攻撃を与えるところまではうまくいっていたのだ。
俺は、そこから先を考えていなかった。キノガッサの攻撃をカバーできていなかった。
砂ぼこりのようなものが辺りを包んだ後、ポケモンたちの姿が見えた。へラクロスは、瀕死状態だった。


ヒ「そんなっ……へラクロスっ! …へラクロス、お前はよく頑張ったよ。お疲れさん」


ル「ヒビキくんは、もうエレキブルのほかに出すポケモンはいないのかな?」


ヒ「……っ…」


俺の隠しポケモンを出すにも、「そいつ」が出てくれるかだ。
モンスターボール入れから、すちゃっと、隠しポケモンのモンスターボールを取り出した。



続く


あとがき

長い…長いよ今回。
ごめんなさい。今回長いですね。はい。文字数は…約2476文字くらいでしょうか。
本当にごめんなさい。やる気になっちゃうと長くなっちゃうんですよ。
次回も早く投稿できたら投稿します。たぶん難しいと思いますが…(´・ω・`)

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>115

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存