二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *13000参照感謝!!
日時: 2018/01/01 08:46
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

クリーミィに返信>>359

13000参照ありがとうございます!!!
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441
†12月    【>>443

《2018年版》
†1月〜2月   【>>444
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 13000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 vsR団 メリクリイブです ( No.86 )
日時: 2016/01/12 20:41
名前: ゆーい
参照: http://alikotoyui.hatenablog.com/

>>83
雪さん、こんばんは!!コメントありがとうございます!!!毎度毎度お世話になってます!!
面白いと言ってもらえて大変嬉しく思ってます!!
雪さんの小説大好きです!雪さんも頑張って下さい!!私も頑張ります!!

>>84
シロマルJr.さん、どもです!!コメントありがとうございます!!!こちらこそお世話になってます!!
ポケモン最高なんで楽しく書かせてもらってます!シロマルJr.さんの小説も面白いです!!
応援ありがとう!お互い更新頑張りましょー!!


【クリスマス番外編】クリスマスは大騒ぎ!? 前編



今日は12月の一大イベント!!




―――クリスマスである!!




ヒビキ達はクリスマスパーティーの準備で大忙しだ。



ヒ「コトネー!こっち来て手伝ってくれないかー?」


コ「ちょっと料理の準備で手が離せないから無理!!ごめんねー!」


ヒ「わかった〜!!ウツギ博士!手ぇ空いてますかー?」


ウ「ごめんよヒビキくん。ポケモンたちの世話で忙しいんだ!!こら!」


ヒ「……シルバー!お前こそ手ぇ空いてるだろ!?」


シ「えっ…俺も無r…」


ヒ「無理とは言わせねーよ!?無理矢理にでも手伝ってもらうからな。」


シ「幾らなんでも俺だって忙しい時があるから無理なんだよ!やめてくれよ。」


ヒ「どうせお前殆ど仕事無いだろ?」


シ「…………!!」ギクッ


ヒ「…図星だな…?よし、じゃあこれでクリスマスツリーに飾り付けして。
  俺、あっちやるから。」



ヒビキはシルバーに飾りつけの道具を渡した。



シ「本当に…お前って奴は……」


ヒ「そう言ってやってくれるシルバーくんだぁい好き(ハート)」(めっちゃ裏声)


シ「…………キモッ…」


ヒ「…とっととやれよ。」


シ「はいはい、わかりましたよーっと。」


ヒ「…はあぁ……さて、俺はこっちの飾りつけをするか。」



本当はクリスマスイブに準備をするはずだったのだが、色々時間がなくて
パーティー当日にやることになってしまったのだ。
ヒビキは溜め息をつきながら壁などに飾りつけをした。



ヒ「あ、母さん。料理っていつ作り終わる?」


母「そうね…多分もう少しで作り終わると思うわよ?コトちゃーん!この料理
  運んでもらえるかしら!!」


コ「はい、わかりました!!」


母「ごめんねコトちゃーん…大変なのにねぇ…」


ヒ「おい母さん!その呼び方止めろって!!」


母「あら、どうしてそんなこと言うのよ。ヒビキだって昔こう呼んでたじゃない。」


ヒ「それ俺にとっての黒歴史みたいなもんだから止めてくれよ!」


母「全く、顔赤くしちゃって〜。恥ずかしがりやなんだからっ!」


ヒ「母さん!!」


母「わかったわよ!ほら、準備しなさい!」



ヒビキの母さんは話を逸らし、ヒビキの背中を押した。



ヒ「母さんったら…いっつもあんな調子なんだから……」


コ「ヒビキくんのお母さん、やっぱり優しいよね!!いいな、いつも居て。」


ヒ「コトネこそ父さんいるだろ?俺だって羨ましいよ。」


コ「……うん。…ヒビキくん、その話、していいの?」


ヒ「…別にもういいんだよ。」


コ「そっか!!…あ、シルバー!!クリスマスツリーが酷いことになってるよ!?
  シルバー!!飾り付けるところはそこじゃないってば!!」


ヒ「おい、シルバー!お前本当にバカだろ!!どうして星をぶら下げるんだよ!!」


シ「いや、星ってこういう風にぶら下げるものじゃないのか?」


ヒ「ちげーよ!!!」



シルバーの飾りつけたクリスマスツリーは酷いことになっていて、肝心の星が
一番下にぶら下がっていた。ヒビキとコトネは急いでシルバーのところへと
行き、一緒に飾りつけをしてやった。



―――――・・・


漸くクリスマスパーティーの準備が終わり、皆ぐったりしていた。ウツギ博士は
未だに研究所の中を暴れまわっているポケモンを追いかけていた。
ヒビキの母さんは、ケーキに最後の仕上げをしていた。


ピンポーン


ヒ「おっ?コトネ、母さん来たんじゃないか?」


コ「お母さんが?んー…確かに今日行くねって連絡来たけど……どうだろう?」



コトネの母さんは仕事で忙しく、暇がない。だから、このワカバタウンにあんまり帰って
来れない。でも、稀に帰ってくるから、コトネは父さんと母親の帰りを待っているのだ。



コ「…はい。…お、お母…さん!!お母さんお帰り!!」


母「コトちゃんママ!!お帰りなさい、仕事どうだったかしら?忙しかった?」


マ「ただいま…!!ヒビくんママもただいま。仕事はいつも大変よ。」


母「そうよね、4時30分からパーティーが始まるわ。今8時だし、パーティーが始まる迄
  ゆっくり休んでいてちょうだい。仕事で疲れてるでしょ?」


マ「ありがと。コトネ、1月4日迄ワカバタウンにいるからそれまで楽しみましょ。」



コトネは嬉しそうに頷いた。ヒビキもコトネの母さんのことは好きだから、嬉しかった。
こんなに皆で集まって楽しむことができるのは、12月〜1月くらいしかない。
12月25日、クリスマスはまだ始まったばかりだ―――!!


                                後編へ続く



サンタからプレゼント貰いましたヽ( ´¬`)ノ  皆さんはサンタからプレゼント貰いましたか?

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 クリスマス番外編! ( No.87 )
日時: 2015/12/25 10:45
名前: シロマルJr.


ハハハwwww
クリスマスの話、凄く面白いです!!
シルバーの飾ったツリーが酷いことになってたトコ、地味にツボったw
いかに普段仕事してないか分かるねw

後半も楽しみにしてます、頑張って!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 クリスマス番外編! ( No.88 )
日時: 2015/12/25 11:36
名前: 雪

クリスマス番外編面白いっすね!またコメントをありがとうございます。
ヒビキにあんな頼まれ方されたらクリスマスツリー蹴っ飛ばすかも...

コメント数多いのがうらやましいです!頑張ってください!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 クリスマス番外編! ( No.90 )
日時: 2015/12/25 14:13
名前: 天乃

番外編面白かったです!!
シルバーがキモッ・・・って言ったところが一番面白かった!!

雑談の方にも行かせてもらいました!
後編楽しみにしてます、がんばってください!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 クリスマス番外編! ( No.91 )
日時: 2016/04/18 14:55
名前: ゆーい
参照: http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=56413630

嬉しいことに友達(知り合い)から絵を描いてもらったよ!!
信じていた甲斐があった!!ありがとう!!
絵の観覧は上のURLからどうぞ!!

皆様!1500参照突破しました!!ありがとう!!!読んでくれている皆さんがいてくれているので
私も頑張ることができます!本当にありがとうございます!!これからも頑張ります!!

>>87
いつもコメントありがとう!!お世話になってまーす!
シルバーは器用じゃないのよ(´∀`) でもなんだかんだ言ってやってくれるツンデレです!w
シロマルJr.(呼び捨てでいいかな?)の小説面白かった!後編楽しみにしてるね!!
私も後編頑張るよ!!

>>88
こちらこそコメントありがとう!!お世話になってまーす!
ヒビキに言われたらキモくて気絶するかもw コトネに言われたら可愛すぎて失神しちゃうなww
いつもコメントしてくれている皆さんには感謝の気持ちでいっぱいだよ〜!
後編頑張るよ!!

>>90
いつもコメントありがとう!!!雑談の方にも来てくれてありがとう!!
シルバーは可愛い系のがちょっと…ね? ※コトネのだったら許せるらしい
これからも頑張るよ!!



クリスマス番外編↓


【クリスマス番外編】クリスマスは大騒ぎ!? 後編


楽しみにしていた4時30分になった。研究所にクラッカーの音が響いた。
皆の声でガヤガヤし始める。パチンパチンと手の合図がし、部屋が静まり返る。



ヒ「メリークリスマス!!…えっと、今日は皆が楽しむクリスマス!!喧嘩や言い争いは
  せず、皆で楽しいひとときを!!カンパーイ!!」


『カンパーイ!!!!!』


コ「…ゴク…ゴク……ぷはあ!!流石サイダー!!この日に飲むのといつも飲むのとじゃ
  味が違うね!!最高だあ!!」


シ「味は変わんねーよ。格が違うんじゃないのか?」


コ「……そうだった…」



コトネの表情とシルバーのツッコミに、皆が大爆笑した。ヒビキの母さんなんてお腹を
抱えて笑っていた。ウツギ博士もソファーに寝転がって笑っていた。



母「そうだわ!!皆、食事をしたら皆でTVゲームをしない?きっと楽しいわ!!」


ヒ「母さんわかってる!そうだよ!皆でゲームしようぜ!!」


シ「いいな、ゲーム。こうやって皆が集まってる日は定番だよな。」


コ「やったあ!!それじゃあごはん食べたらやろ!!」


マ「まずはそこからね。」



みんなは一斉に皿を持ち、好きな料理を取っていった。バイキング風に料理を配置して
自分の好きな料理を取れるように工夫したのだ。この料理を作って並べるのも大変な
作業なことを、ヒビキは知っていた。母さんやコトネの働く姿を見ていれば分かる。



コ「あっ!ヒビキくん私が取ろうと思ってたお肉取らないでよ!」


ヒ「ははっ、これ俺の狙ってた肉だもーん。先に取った方が勝ちなんだよー」


母「ちょっとヒビキ!コトネちゃんにお肉あげなさいよ!全く意地悪な子なんだから。」


ヒ「ちぇーっ、しょうがないからコトネにあげるよ。ほらよっと。」


コ「ん……あ、ありがとう。ヒビキくん、優しいね。」


マ「やっぱりヒビくん優しいのねえ。あーいう男の子はすっごいモテるのよね。」


母「そうなのかしらね〜。時折見せる優しさってやつかしら?」


マ「それよ。ヒビくんママ流石。わかってるわよねえー」


コ「お母さんたち何話してるの?」


マ「ママさんトークよ。さあさあ、早く食べてゲームやるわよ!!」


コ「はーい。」


ワイワイしながら食べるクリスマス料理はやっぱり違う。素晴らしいほどに楽しい。

少し休んだ後に、ヒビキたちはゲームの準備を始めた。今からやるのは超有名ゲーム、
マリオだ。交代制でやろうという事になった。
1Pヒビキ、2Pコトネ、3Pシルバー、4Pヒビキ母…という順番。ウツギ博士と
コトネママは仮3P、4Pと決まった。マリオだったらみんなで出来るから最高に良い。



ヒ「よーし!じゃあ俺マリオな。ってもう決まってるけど…コトネは何にする?」


コ「えーっと…やっぱりルイージかな。シルバーは?」


シ「俺毎回キノピオじゃんか。コトネはイメージ的にマリオの方が良かったんじゃ?」


コ「しっ、失礼な!別にマリオを気にしてこの服装になったんじゃないんだから!」


母「それじゃ、私は青いキノピオにしよかしら。これでみんな決まったわね。」


ヒ「ステージはクッパの出てくる場所にするか。協力プレイでな。」


コ「いきなりそこ行くっ!?」


シ「俺らの仲が試されるステージだろ?結構良いじゃねーか。」


母「なるほどねえ。じゃあ協力プレイでクリアしてやろうじゃないの!」


シ「これ終わったら大乱闘やろうぜ。」


ヒ「クリア出来たらだけどな。ウツギ博士、ゲームパッドで邪魔してください。」


ウ「おお、そりゃあ良い考えだね。コトネちゃんのお母さん、邪魔してやりましょう。」


マ「良いわよー。」


ヒ「協力プレイ!レッツァゴー!」



聴き慣れたクッパの城のBGMが流れる。一瞬、またこれかと思ってしまった。
ゲームが始まった途端、みんなが動き出す。



コ「ちょっとシルバーうろちょろし過ぎじゃない?それじゃあすぐ敵に捕まっちゃうよ?」


シ「こうやって動くのが一番良いんだよ。」


母「ひっさしぶりにやるから操作方法がイマイチねえ。」


ヒ「やっばい、Jr.クッパが追いかけてきたっ!」


コ「だーかーらー!シルバーそこ邪魔!どいてよ!」


シ「邪魔なんかしてねーよ!行くルート一緒なんだから仕方ねーだろ!」


ヒ「おいシルバー!操作下手くそ過ぎ!!そこ通られると行くルート無いから退け!」


母「本当にあなたたち仲が良いのね〜。そういう喧嘩はいいんじゃない?」


ヒ「よくない!!てかやばいって!ウツギ博士の邪魔が凄いんだけど!」


ウ「素晴らしいだろう?僕のスーパー邪魔操作。息子とやったからね、これぐらいは…」


コ「ウツギ博士、自慢はやめてくださいね!!ウツギ博士が自慢話始めると長いですから!」


ウ「ひどっっっ!!」


母「もうすぐでクッパと戦うけど大丈夫ー?あんまり長く喧嘩してる場合じゃないのよー?」


ヒ「な、なんとかゴールまでたどり着いたっ…」


コ「ここまでで死にそうになったし…!」


シ「俺のせいじゃねえからな。怒るとか勘弁してくれよ?」


コ「大体シルバーのせいでしょーが!!」


ヒ「大体シルバーのせいだろーが!!」


シ「なんで2人同時に言うんだよ。」


ヒ「まあいいや。とりあえずクッパ倒しに行くぞ。」



言い争いをしながらも協力プレイでなんとかクッパを倒し、終わることができた。



コ「終わったあ!!もう疲れちゃったよー…」


母「終わったから私は片づけして来るわね。」


シ「次、大乱闘やろうぜ、大乱闘。」


ヒ「お前昔っから大乱闘好きだよなあ…よく飽きずにいられるよ。」


シ「大乱闘好きなやつがよく言うよ。」


ヒ「好きで悪かったな。コトネ、大乱闘やるから起きろ。」


コ「強制ですか…ま、私も大乱闘好きだからやるけどね。」


ヒ「さっすがコトネさん!わかってらっしゃる!!シルバー、絶対負けねえからな!!」


シ「こっちのセリフだ。」


コ 「私だって負けないから!!」



皆大騒ぎしながらも、真剣に大乱闘をやった。ワカバタウンに大きな笑い声と言い争いを
している声が響き渡る。やっぱりクリスマスは賑やかでなくちゃあ勿体ない!!

来年も、良いクリスマスになりますように……!!



・。・゜゜・☆彡*:.。.:*・゜Merry*Christmas. ☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜




                                    おしまい



あとがき

皆さんコメントありがとう!!嬉しい気持ちで見させてもらってます!!
…改めまして、メリークリスマス!!ゆーいです!!長くなってしまったので、
前編と後編に分けました。前編=午前投稿 後編=午後投稿 って気づきましたか?
今日は部活の始まる時間が遅かったので、朝投稿頑張ってみました。

因みに、前編と後編の文字数をスペースを含む数えてみると(スペースを含む)
4219文字でした。1編につき約2110文字くらいです。(事実2109.5文字です)

最初はpixivに投稿した方がいいかなーと思っていましたが、こちらに投稿しました。

本編は次回から再開したいと思います!本編を待っていた方申し訳ありませんでした!
結構早く投稿したいと思います!お楽しみに!!

ではまた次回!!さよなら!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。