二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: ヒビキたちの物語 ( No.16 )
日時: 2016/02/06 19:38
名前: ゆーい

参照100サンキュー!!
それと、遅れてすみません。

前回→>>14


9話:友達に


マ「僕はずっと1人で生きてきた。親はいるかどうかも分からない。僕を捨てたのかもしれないし、
  死んでしまったのかもしれない…この家はたった1つの家族。8年間以上共に過ごしてきている。
  僕はね、たまに外に散歩に行くんだ。その半分が買い物だけど。行くと、公園とか通るわけね。
  そういうところにお母さんやお父さんと楽しそうに遊んでる子がいるだ。羨ましくなるんだよね、
  親がいて。僕には家族がこの家しかないんだ。誰でもいいから家族がほしくなる…!
  わかってくれる…?」

ヒ「…………」

コ「…………」


そう言われてもヒビキは、どうも答える事ができなかった。


マ「あはは…わかるわけないよね。だから…だからコトネちゃんを拐ったんだ。お母さんみたいな、
  そんな存在がほしかった。いや、お母さんじゃなくてもお姉ちゃんでもいい…」

ヒ「……そうか…」

マ「ごめんね…コトネちゃん…嫌な思いをさせて…」

コ「………」

マ「でも僕は、拐うのが誰でもよかったわけじゃないんだ」

ヒ「誰でもよかったわけじゃない…?」

マ「コトネちゃんのことは前から知っていた。ヒビキくん。君がコトネちゃんと仲がよかったこともね」

ヒ「……?」

マ「君と話しているコトネちゃんの姿を見て…惚れたんだ。笑っている姿が可愛くて…もう帰っていいよ…
  一人は寂しいけど、僕には家があるから。じゃあね」

コ「…待って! 一人じゃ寂しいんでしょ!? 私たちと友達になろうよ! そうすればもう寂しくないよ!」

マ「え…?」

ヒ「コトネの側にいたいんじゃないのか?」

マ「……そうだけど…僕はひっそりと暮らすよ…」

ヒ「バカ! お前の寂しそうな姿を見るとあいつを思い出すんだよ! 友達になるって素直に言えよ!」

マ「……!! ……いいの?」

コ「いいよ」ニコッ

マ「…よろしくね」

こうしてヒビキたちは友達になった。本名は内緒だから、マフラーって呼んでって言ってた。
マフラーは少しあいつと似たようなとこがある。寂しそうにしているところとか。

コトネが見つかって帰ると、ジムリーダーやチャンピオンリーグの人、町の人、家族たちが集まった。
いなくなった理由を嘘をついて、「ずっと向こうで倒れてたんだ。」って言ったら心配されまくった。
本当に見つかってよかった。



続く


次回→>>17

Re: ヒビキたちの物語 ( No.17 )
日時: 2016/02/06 19:40
名前: ゆーい

前回→>>16


10話:シルバーとコトネ


ヒ「はぁぁぁ…眠い…」


それもそうだった。昨日は夜遅くにこの町に帰ってきて、そのあと色々面倒くさいことになって…
結局寝たのは…遅すぎて覚えていなかった。もしかしたら昨日ではないかもしれない。


ヒ「…眠いから散歩にでも行こうかな」


ヒビキはベットから飛び出し服を着て、外に出た。母の置き手紙を読み、おにぎりを頬張った。
何日もご飯を食べていなかったようにお腹がすいていた。


コ「ヒビキくんじゃん、どうしたのこんなとこで」

ヒ「シルバーに会ったか? あいつお前の事心配して探してたからなー!」

コ「あはは、そーなんだ。会ったとき、お礼…言っとくね…それじゃあ」

ヒ「…うん」


何を言ったらいいのか分からなかったから、返事をすることしかできなかった。このときに、

「あの時のように戻ろうぜ」

と、言えばよかった。言えば何かが変わったはずなのに…


マ「ヒビキくんじゃん」

ヒ「…あ、マフラー…買い物帰り?」

マ「どうしたの?落ち込んで…」

ヒ「落ち込んではないよ、考え事してただけ」

マ「そっか!! なんか悩みごととかあるなら言ってね。なんでも相談にのるから!」

ヒ「…ありがとう。」


昨日友達になったばかりなのに…マフラーのこの一言で心が軽くなった。マフラーは帰っていった。
ヒビキも帰ろうか悩んだ。

シロガネ山で出会った最強のポケモントレーナー『レッド』に会ったあと、
そのレッドとポケモンについて話したりしていた。色々悩みごととかあったとき、聞いてもらっていた。
なんか…レッドと仲良くなったときと同じ感覚になった。


ヒ「シルバーはコトネが見つかったこと…知ってるのかな?」


なんとなく気になったヒビキ。


ヒビキ「よし! 会いに行こう!」


眠気が少しあったが、目を擦って立ち上がりシルバーに会いに行くことにした。


ヒ「う…ん。眠い…」


歩いてると睡魔が襲ってきた。足がふらふらと思い通りに動かない。


ヒ「あっ…」


体が倒れ…

横を見るとシルバーが支えていた。


シ「おい、大丈夫かよ。しっかりしろ。…さっきコトネに会ったぞ」

ヒ「そうか、コトネなんて言ってた?」

シ「心配してくれてありがとうって言ってた。でも表情的にあんまりいい感じはしなかったが。
  お前は前より俺に優しくなったよな。なんか変な感じだ」

ヒ「…えー? そんなに優しいかー?」


笑いながら言った。自然にシルバーに優しくなってたのか。
シルバーとコトネはまだ関係が嫌な感じだが、話すには話している。


シ「眠いならちゃんと睡眠とれ…」


シルバーはそう言ったが、途切れた。後ろを振り返る。コトネがいた。


コ「…ヒビキくん、あのとき何か言いたかったんだよね? 私はそれを聞きに来たの。
  別に、シルバーに会いに来たわけじゃないけどね」


機嫌が悪そうに言った。ヒビキは「なんかあったのか?」と聞いた。その途端、コトネが睨みつけてきた。


コ「うるさい。何か言おうとしたんでしょ?」


そう言ったコトネの体は、カタカタと震えていた。コトネの機嫌は良くないときに出会ってしまった…


ヒ「え? …べ、別に…」

コ「…はぁ。…シルバー、私は昔みたいに弱くないの。今度こそ勝つから。しょ…」

シ「おい! 待てよ! なんでいきなり勝負なんだよ! また今度でいいだろ!?」

コ「何それ! ただ戦いたくないだけじゃないの!?」

ヒ「……やめろ! コトネ! 俺がさっき言いたかったことを言う!」

コ「……」

ヒ「…あの時みたいに戻ろうぜ…」

シ「……!!」

コ「……まだ時間が欲しいの。今の私たちじゃあの時のように仲を取り戻すことはできない…
  ごめんね…ヒビキくん。それと…すこし気が悪かったよね。本当にごめんね。
  またいつか、あの時みたいに」

ヒ「コトネ!! まっ…」

シ「ヒビキ」

ヒ「……帰ろうか。また会いに来るよ。俺が来るときはいつもここに来るから。じゃあ…!」

シ「待ってる」


昔みたいに戻りたい。あの時みたいに…だけど今の俺たちじゃ仲を取り戻せないってどういうことだ…

ヒビキはコトネを追いかけることもできずに、とぼとぼと歩いて帰った。



続く


次回→>>20

Re: ヒビキたちの物語 ( No.20 )
日時: 2016/02/06 20:07
名前: ゆーい

前回>>17


【中編】

11話:レッドさん登場!!

コトネはまた、あの頃みたいに3人で笑って仲良く過ごしたいと思っているのかな。
でも自分ではまだ駄目だって否定してるのかもしれない…


 ヒ「そうだ!暇だし、コトネっちに行くか!でも、もしかしたらまた睨みつけられるかも…」


    プルルル プルルル


ヒ「ん、何だ?電話か?ピッ もしもし。」

レ『ヒビキくんか?よかったでてくれて…今からそっちに遊びに行くところなんだ。
  もちろん一人で、だけどな。ぼっちとか言うなよ。1人で来るのは誰も誘いたくないから、
  って理由で。まぁ遊びに行くとか言ってるけど、違う意味で遊びに行くってことだからさ』

ヒ「…グリーンさんを誘えばいいじゃないですか…」

レ『グリーンも最初誘ったんだけどさ、用事あるから無理って断られたんだ。そーゆーことでよろしく』

ヒ「……」



一時間後…



レ「よぉ、ヒビキくん」

ヒ「いらっしゃい…レッドさん…実はコト…」

レ「そういえばコトネちゃんは?」

ヒ「レッドさん来るって言ったら、おおはしゃぎで遊びに来ましたよ…じゃあどうぞ」

レ「お邪魔します」


レッドさんが遊びに来た…んだけど、何か色々ありそうな予感が…



続く


次回→>>21

Re: ヒビキたちの物語 ( No.21 )
日時: 2016/05/05 11:59
名前: ゆーい

前回→>>20


12話:罰ゲーム!! コトネ編


レ「じゃあコトネちゃん、これ着てみて」

コ「レ、レッドさん! 無理に決まってますよ! し、しかも私! 似合いませんから!」

シ「しょうがないだろ、ゲームなんだから。でもレッドさん。コトネ本当にそういうの似合わないんですよ。
  だから別のにしてやってください」

コ「ちょ、ちょっと! シルバー! なんてこと言うの!」

シ「せっかく俺が別のにしてもらおうとしてんのに。ま、似合わないのは 本当のことだけどな」

コ「もー! ヒビキくん! 何か言ってあげてよ!」

ヒ「言ってあげてって言われてもなぁ…」


なんでこんなことになってんだ…まぁ何を言ってるのかよくわからないだろ?
よし、今に至るまでを教えてあげるよ。


ー・・・


コ「最初はグー! じゃんけん、ポイ! …えー!?嘘!?」

ヒ「勝ちっ! パ、イ、ナ、ツ、プ、ル!」

コ「むー! 最初はグー!じゃんけん、ポイ! あ…負けた…」

シ「よっしゃ! チ、ヨ、コ、レ、イ、ト!」

レ「ギリー…チ、ヨ、コ、レ、イ、ト」


と、いうことなんだ…一応説明はしとくけど…まぁ、おわかりの通りかもしれない。

俺たちはグリコをしていたんだ。しかも罰ゲームあり! 真剣勝負ってことで、ビリになった人が、
一位になった人の言うことを何でも聞くっていうことになったんだが…

それで、俺たち3人が勝ったんだよ。コトネが負け。勝った順にいくと…
1位はレッドさん、2位は俺とシルバー、3位はコトネ。
それで、1位になったレッドさんがかわいい服をコトネに着せる! って言ったんだ。
…で、今に至るって訳さ!
しかし、レッドさん! いいセンスしてるじゃないですか!
こんなかわいい服を着たコトネを見たら、どうすればいいんだ。
倒れるぞ!? シルバーもあんなこと言ってるけど,
内心ではうきうきなんだよな。バレバレだよ、シルバー。


ヒ「コトネ、絶対似合うから大丈夫だって! シルバーは見たらヤバイことになるからそう言ってるんだよ。
  だから大丈夫だ!」

レ「そうだよ、コトネちゃん。シルバーくんはツンデレなんだよ。それこそ許してあげて欲しい!」

シ「………」

コ「…いいんですか? 似合わなくても笑わないで下さいよ?」

レ「おー! やる気になってくれたのか」

ヒ「何を言おうと絶対に着させるつもりだったんですよね?」

レ「まぁね」


レッドさんは面白そうに言った。


お着替え中……


コ「着替え終わったんですけど…こんなんですよ…?」


恥ずかしそうに言う。


レ「可愛いー! 似合ってる、似合ってるよ! うん! やっぱり俺の思った通りだ」

コ「そ、そうですか…?」


コトネは確かに似合ってるし可愛い。しかし、レッドさん。
俺にはその言葉、お世辞にしか聞こえなくなってきてるんですけど…


ヒ「コトネ…、やっぱり似合ってるじゃんかよ…」


やばい、こっちまで恥ずかしくなってきた…チラッてコトネを見てみたら、めっちゃ赤くなってた。
白いワンピース…似合いすぎじゃん。そうだ、シルバーは…って、
シルバァァァー!! 顔だけじゃなくて手まで真っ赤じゃんかよ!


コ「じゃあもう脱ぎますから!! レッドさん!」

レ「似合ってたからもう少し着てればいいのに」

コ「…! やめてくださいよ!」タッ


お着替え中…


コ「も、もう罰ゲームなしでやりましょうよ! レッドさん!」

レ「じゃあコトネちゃんがビリになっても罰ゲームは無しってことでいいかな? 俺も入れてあと3人、
  まだ罰ゲーム受けてないからね」

ヒ「え…」

シ「え…」

まだまだグリコは続きそう…やめてくれぇぇぇ…



続く


次回→>>22

Re: ヒビキたちの物語 ( No.22 )
日時: 2016/05/05 12:00
名前: ゆーい

前回→>>21


12話:罰ゲーム!! シルバー編 (他?)

まだ俺たちの戦いは終わっていなかった。少し悪いけど…コトネがじゃんけんが弱くて話にならない。
別にコトネのことを悪く言っている訳じゃない。ただ…コトネは昔からじゃんけんが弱いからなぁ…


ヒ「レッドさーん…、もう終わりにしませんかー?俺もう疲れました…コトネしかビリになってませんし…
  それと、コトネがかわいそうになってきたというか…俺もつまんないですし…」


言っておいた方がいいよな、と思い俺はレッドさんに言った。
するとレッドさんは少しばかり考えたあと、口を開けた。


レ「そうだな、じゃあコトネちゃんがビリになったとしても三番目の人が罰を受けるってことにしようか。
  確かにコトネちゃんがかわいそうだしね。と、いうことは…」


そう言うと俺とコトネとレッドさんはシルバーの方を向いた。


シ「…え!? いやいや、んなわけないって! だって…」


そこまで言うとシルバーは、言葉がつまってしまった。


レ「だって?」

「え、いや……わかりました、わかりました。罰を受ければいいんだよな。そうすれば満足だよな」


と嫌々そうに言った。レッドさんは顔を明るくしてこのカードから選んでというように、
三枚のカードをババ抜きのように差し出した。すっとシルバーがカードを引き抜く。


シ「…これでいいか」


適当に抜いたようには思えなかったがセリフ的に適当に抜いたように聞こえた。
すると、シルバーの表情が変わった。


レ「シルバーくん、残念。悪いの引いちゃったな」


ちょこっとコトネ覗いた。コトネは苦笑いした。そして、


コ「ドンマイ、シルバー」


俺もなんだ、なんだと思い、覗いてみた。書いてあったことは…


[みんなと別れるまで、語尾に「にゃん」をつけること]


…なんだこれ。レッドさんの悪趣味か? そしたらレッドさんってそうとう…いや、止めておこう。
シルバー、本当ドンマイ。シルバーの方を見たら泣きそうになっていた。


シ「やんなきゃダメ?」

レ「うん、ダメ」

シ「そんなぁぁぁぁぁー!!」

レ「もう始まってるぞ」

シルバー「…ニャン」


やりとりが…


コ「シルバー、意外にツンデレだからなー」


いつまで続くんだろ、これ。


レ「ヒビキくん、今日泊まっていい?」

ヒ「え?」

レ「泊まっていい?」


どうしたらいい? どうしたらいい? どうしたらいい? どうしたr…
そんな単刀直入に言われても困るんだけど…


ヒ「い、いいですよ。親いませんし」


まぁ親がいないし、寂しいし、しょうがないから…


コ「じゃあじゃあ!! 私たち二人も泊まっていい!?」


…絶対言うと思った。俺は頷いた。


コ「やったー!! シルバー、泊まるよ!!」

シ「はいはい、ニャン」


なんかやばいかも…



続く


次回→>>23

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存