二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *12000参照感謝!!
日時: 2017/09/24 10:04
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

お知らせ>>438
天乃ちゃんに返信>>352

12000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441

《2018年版》
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: ヒビキたちの物語 ( No.22 )
日時: 2016/05/05 12:00
名前: ゆーい

前回→>>21


12話:罰ゲーム!! シルバー編 (他?)

まだ俺たちの戦いは終わっていなかった。少し悪いけど…コトネがじゃんけんが弱くて話にならない。
別にコトネのことを悪く言っている訳じゃない。ただ…コトネは昔からじゃんけんが弱いからなぁ…


ヒ「レッドさーん…、もう終わりにしませんかー?俺もう疲れました…コトネしかビリになってませんし…
  それと、コトネがかわいそうになってきたというか…俺もつまんないですし…」


言っておいた方がいいよな、と思い俺はレッドさんに言った。
するとレッドさんは少しばかり考えたあと、口を開けた。


レ「そうだな、じゃあコトネちゃんがビリになったとしても三番目の人が罰を受けるってことにしようか。
  確かにコトネちゃんがかわいそうだしね。と、いうことは…」


そう言うと俺とコトネとレッドさんはシルバーの方を向いた。


シ「…え!? いやいや、んなわけないって! だって…」


そこまで言うとシルバーは、言葉がつまってしまった。


レ「だって?」

「え、いや……わかりました、わかりました。罰を受ければいいんだよな。そうすれば満足だよな」


と嫌々そうに言った。レッドさんは顔を明るくしてこのカードから選んでというように、
三枚のカードをババ抜きのように差し出した。すっとシルバーがカードを引き抜く。


シ「…これでいいか」


適当に抜いたようには思えなかったがセリフ的に適当に抜いたように聞こえた。
すると、シルバーの表情が変わった。


レ「シルバーくん、残念。悪いの引いちゃったな」


ちょこっとコトネ覗いた。コトネは苦笑いした。そして、


コ「ドンマイ、シルバー」


俺もなんだ、なんだと思い、覗いてみた。書いてあったことは…


[みんなと別れるまで、語尾に「にゃん」をつけること]


…なんだこれ。レッドさんの悪趣味か? そしたらレッドさんってそうとう…いや、止めておこう。
シルバー、本当ドンマイ。シルバーの方を見たら泣きそうになっていた。


シ「やんなきゃダメ?」

レ「うん、ダメ」

シ「そんなぁぁぁぁぁー!!」

レ「もう始まってるぞ」

シルバー「…ニャン」


やりとりが…


コ「シルバー、意外にツンデレだからなー」


いつまで続くんだろ、これ。


レ「ヒビキくん、今日泊まっていい?」

ヒ「え?」

レ「泊まっていい?」


どうしたらいい? どうしたらいい? どうしたらいい? どうしたr…
そんな単刀直入に言われても困るんだけど…


ヒ「い、いいですよ。親いませんし」


まぁ親がいないし、寂しいし、しょうがないから…


コ「じゃあじゃあ!! 私たち二人も泊まっていい!?」


…絶対言うと思った。俺は頷いた。


コ「やったー!! シルバー、泊まるよ!!」

シ「はいはい、ニャン」


なんかやばいかも…



続く


次回→>>23

Re: ヒビキたちの物語 ( No.23 )
日時: 2016/02/06 20:03
名前: ゆーい

前回→>>22


200参照ありがとうございます!
それと、本っっっ当に!遅れてすいません!!><

13話:お腹空いた〜! (ちなみに今回はおまけ回です。罰ゲーム編は次回…ですかね。)

コトネ、シルバー、レッドさんが泊まることになったんだけど…


コ「何これールーレット壊れてるの? それとも私が変なだけ? うわ〜、腹立つ〜!
  8以上しか出ないじゃん!」


グリコに飽きて、人生ゲームで遊んでいる。
しかし、コトネの言ったように(コトネしか)8以上しか出ないことが問題ではない。
じゃあそれが問題じゃないなら何が問題なんだって思う人もいると思う。
実は今12時30分。それで…お昼ご飯を食べていないわけなんだ。
結構お腹も空いてきて、俺たちはぐったりしている。
(コトネは無理して頑張ってるけどね、お腹ペコペコ状態なんだよね)
んで…


レ「なぁ、ヒビキくん、コトネちゃん、シルバーくん。俺、もうお腹空きまくってるんだけど…
  どうしたらいい?」


と、言われてもな〜。困るんだよな〜。俺もよくわかんなくなってきてるし。お腹空きすぎて。


シ「ラーメン屋行こうぜ? もうどこでもいいってわけではないんだけどさ。
  まぁ美味しいところならいいか。ニャン」

コ「シルバー、そんなこと言ってるけどさ〜、私、お腹へって歩けないよ? 無理だよ?」


やっぱりな。それじゃあ…


「待ってて。探せばなんかあるかもしれないし」


そのあと、パンがあったのでツナとハムをのっけて食べました。



おまけ回終わり(続きます!)


ゆーいから!!

すみません、短くて。しかも投稿が遅くて。><
でも頑張りますよ!(次回も多分遅くなると思いますけど…。)
ではさいなら!


次回→>>24

Re: ヒビキたちの物語 ( No.24 )
日時: 2016/02/06 20:01
名前: ゆーい

前回→>>23


13話:罰ゲーム!! レッド編 (他?)

あ!!俺、ゴール!!よっしゃ。これで俺、何勝だろ?
多分今、人生ゲームを十何回かやってるから…その半分以上は勝っているかも。
でも…さっきからコトネちゃんのやるルーレットが8以上しか出ていない。
そして今、コトネちゃんは勝ち続けている。何故だかあんまり分からないが、少しだけ…分かった。
先程までコトネちゃんはビリになりまくっていた。それで誰かが…
いや、ヒビキくんかシルバーくんしかいないかな。そのどちらかが、ルーレットに細工をした…
と、俺は考える。考えたのは、それしか無い気がしたからだ。
別にまぁ、コトネちゃんとシルバーくんはもう罰ゲームを受けてるからいいんだけど…
あとは俺ヒビキくんだけだ。今勝っているが、勝ちきることは不可能だからな…
罰ゲームを受けないなんてなんか面白くないし。しかし、絶対俺は負けない。

               *

……今の状況をよく考えてみる。確かこうなったのは…ヒビキくんが俺を抜かして…
シルバーくんが俺を抜かして…コトネちゃんが勝ち抜きして…、俺…負けた。やばいよ、やばいよ!
今回のターンは俺のプライドにかけたのに…でも負けは負けだ。
ヒビキくん達からどんな罰ゲームを言われるのか…


ヒ「んー…、じゃーレッドさん! 女の子の喋り方で喋ってください!!」


は…?女の子の喋り方で喋る?無理×∞絶対無理なんだけど!
俺そんなに可愛い喋り方なんてできないし!


シ「あの、レッドさん。俺だって語尾につけてるんですよ。…ニャン」

コ「私だって!! あんな恥ずかしい服着たし! シルバー!」

シ「分かってるって! さぞ恥ずかしかっただろうな〜って!」

コ「本当〜? …まぁいいや。と、いうことでレッドさん! 頑張って下さいね!
  罰ゲームは絶対ですから!」

レ「…どうすればいいの? これ…」

コ「結構可愛い喋り方するじゃないですか〜! レッドさん!」

レ「でも…コトネちゃん。お、俺こんな恥ずかしい思いしたの初めてなんだけど…
  それよりも俺って言っていいの?」

コ「確かに…でもそうなったらなんかオカマっぽくなって気持ち悪くなりそう…うえぇぇ」

ヒ「ちょっ! コトネ!! そういうこと言ったらレッドさんが怒るぞ!」

コ「ご、ごめんなさい! レッドさん!」

レ「別にいいよ。俺も悪かったと思ってるし…ね」

ヒ「うーん。そうだ! なんか動きも女の子っぽくしてみてくださいよ!」

レ「え! 嘘でしょ!? 無理無理!」

ヒ「駄目ですよ〜? レッドさん。逃げられませんよ、この罰ゲームからは。
  じゃあよろしくお願いします」

レ「嘘ー!! 嫌ぁぁぁぁぁ!!」



続く


次回→>>25

Re: ヒビキたちの物語 ( No.25 )
日時: 2016/02/06 20:01
名前: ゆーい

前回→>>24


14話:罰ゲーム!! ヒビキ編! (他?)

はぁ、疲れた。もうやめたい。まぁね、俺一度も罰ゲーム受けてないけどね。どうしたらいいんですか。
みんなもぐだぐだしてるし、もうやめてもいいと思ってる。
しかし!そんなこと、レッドさんが許すわけないのだ。レッドさんにはバトルで勝ったことがあるけど、
気では勝てない。初めてあった時なんて目付きが悪すぎて俺、怖かったし。
今じゃ結構調子良くなって…目付きも良くなった。(と思う。俺的に☆)
もう16時か…よし、はっきりやめたいって言おう。


コ「レ、レッドさん。俺もう飽きたんでやめたいんですけど…」

レ「やめたい? 駄目に決まってるでしょーまだヒビキくん、罰ゲーム受けてないんだから。
  まだやるよ!!」

コ「で、でもレッドさん! 私も飽きました! 人生ゲーム! ババ抜きとか別の遊びしましょうよ!
  もう限界です!」

レ「…そう、だね。じゃあババ抜きをしよう! はいはいはい!」


…結局こうなるのかよ。まぁ分かってたことだけど。やりたくないなぁ…ん! そうか!
抜け出せばいいのか!


ヒ「う…レ、レッドさん。ト、トイレ行ってきても良いですか?お腹痛いんで…」

レ「う、うん。大丈夫? 早く行ってきなよ。顔色もあんまりよくないよ」

ヒ「あ、ありがとうございます…」


よし、やったぞ! 逃げる!


               *

…逃げてきた。んだけど…なんか嫌な予感がする。う、後ろに誰かいるような気がする。……!!??


コ「ヒビキくん? 嫌ならさ、ちゃんと嫌って言わないと…駄目じゃない?
  勝手に一人で抜け出すとはいい度胸よ」

ヒ「ごごごめんな…さい!! わ、悪気はなかったんだよ俺! あ、飽きたし、どんな罰ゲームくるか
  怖かったし」

コ「じゃあもう罰ゲームね。」ガシッ

ヒ「い、痛い痛い!! 痛いってコトネ!! 分かったから放してくれ〜!」

コ「レッドさん。ヒビキくんに罰ゲームを」

レ「な、なんでヒビキくんに罰ゲームを? わけが分からないんだけど…」

コ「トイレで悪いことしていたんで。罰ゲームを」

ヒ「(コトネ…俺が抜け出したこと言わないのか…?)」チラッ

レ「う〜ん。じゃあこの紐で縛って動けないようにしようかな」

ヒ「えぇぇぇー!? な、なんで縛るんですか!?」


レッドさんまたなにかたくらんでるのかな…!?


レ「ヒビキくん逃げそうなんだもん。だから、逃げられないように」


…マジかよ。もう抜け出すことができなくなっちゃったよ。これで、俺たちの罰ゲーム大会(?)が終わった。



続く


次回→>>26

Re: ヒビキたちの物語 ( No.26 )
日時: 2016/02/07 10:04
名前: ゆーい

前回→>>25


遅れてすいません…

15話:謎の電話 ~初のホラー編!~

俺たちの罰ゲームが終わり、みんなは普通に戻った。シルバーも、もういいよと言い終わった。
みんなでごろごろ漫画とか、本を読んでた。
俺は普通に面白い漫画を読んでいて、ギャグが入るとくすりと笑ってしまう。
みんなも同様、たまにくすりと笑い声が聞こえた。
今気づいたが、少しずつコトネとシルバーも仲良くなってきているみたいだし、よかった。
少し安心した。…だけど、心配なことがただひとつ。レッドさんが2人に何か言わないかだ。
まあ、確かにレッドさんなら言わないとは思うけど、心配だ。

ぷるる…ぷるるるるる

ん?電話?母さんかな…?いやでも…、家の固定電話だし…

「はい、もしもし。ヒビキですけど」

『………死ね』

「え…?」

『……死ね、死ね』

「だ、誰ですか?」

『……………』ブチッ

……な、なんだ?い、今の電話…
コトネ、シルバー、レッドさんが俺の方を向いていた。

「どうしたの?ヒビキくん。なんか震えてるけど…」

心配そうにコトネが言う。すると、シルバーも

「お前が震えるなんてらしくないじゃん。どうしたんだよ」

と言った。レッドさんの方をちらっと見る。何か考え込んでいるようだった。
すこしたち、レッドさんが口を開けた。

「なぁ、みんな知ってるか?」

「「「な、何ですか?」」」

「噂っていうか、都市伝説っていうかなんというか…わからないけど、一応、話すよ」


あるとこにまさきくんっていう男の子がいたんだ。まさきくんは普通に生活していたんだ。
でも…ある日突然、知らないやつから電話がかかってきたんだよ。
まさきくんはすこし動揺した。
「誰?」
ってな。そして、電話の向こう側から声が聞こえた。
『………死ね』
と。まさきくんは怖くて、
「誰っ!?」
って叫んだんだ。
また
『……死ね』
って聞こえた。ここでまさきくんは電話を切ればよかったんだよな。
でも切らずに
「誰なんだよ!?」
と言った。電話は
『………ブチッ』と切れたんだ。
まさきくん、怖さのあまり、そのあと何も口を開けなかったんだ。

そして、次の日も次の日も、電話はかかってきた。もういやだと思いダメもとで親友に、
「せいくん。少しの間、僕の家に泊まってほしいんだ」
と頼んだんだ。ちゃんと理由もつけて。
せいくんはホラー系なんかが大好きだもんで、快くOKしてくれたんだ。

…電話がかかってきた。まさきくんとせいくんで、二人で出たんだ。
すると、
『あははははははははははははははははは』
狂った笑い声が聞こえた。
これを聞いたまさきくんも
「あはは…アハハハハハハハハハハ」
と、とうとう狂ってしまった。
まさきくんはせいくんによって精神病院に送られた。しかしその後、まさきくんは亡くなった。

せいくんはとても悲しんだんだ。それからせいくんは、どうしてこんなことになったのか考えてみた。
けどなんもわかんない。…すると、電話がかかってきた。
「はい、もしもし?」
せいくんは、その電話に出たんだよ。
「アハハハハ、せいくんも僕と同じになろうね。
 アハハハハ…アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ」
せいくん、耐えられなくて狂っちゃって、その後自殺したんだ…
電話の声の主は…死んだまさきくんだったんだよ。
だけどまだ、まさきくんに電話をかけた声の主は謎のままらしい。


コトネは、口をぽかーんと開けていた。シルバーは、難しい顔をしていた。
俺はその話を聞いていて、背筋がゾクゾクっとした。まさか、さっきかかってきた電話は…

ぷるるるるる…ぷるるるるる

誰一人、この電話の音に気づかなかった。



続く


次回→>>27

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。