二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: ヒビキたちの物語 ( No.10 )
日時: 2016/02/06 19:33
名前: ゆーい

前編→>>9


4話:コトネは何処へ? 後編

ポケモンにのってあちこちコトネを探しに行ったが、全く見つからないし、手がかりもない。
探しの途中でジムリーダーさんたちに頼んだ。すぐに探しに行ってくれて楽になったが、
手がかりが何にも無いため、時間がただただ過ぎてゆくだけだった。でも希望はまだある。
ヒビキは一人の少年に頼みに行った。


ヒ「シルバー…!」

シ「なんだよヒビキ。諦められなくて来たのか?」


シルバーは少しキレ気味に言った。やっぱりやめようかと思ったけど、今頼れるのはシルバーだけだ。


ヒ「コトネがいないんだ! 一緒に探してくれ!」

シ「コトネがいない? ははっ、嘘つくなよ。昔からお前は嘘をつくときにコトネを使うんだから」

ヒ「本当にお願いだ…! 探してくれよ…」

シ「……ちっ、しょうがないな。分かった、探してやるよ。嘘だったら招致しないからな」


いやいやながらもシルバーは引き受けてくれた。そこがシルバーの優しさでもあった。
手がかりは無いけどシルバーが探してくれているおかげで、探すのが楽になった。
しかし見つかると言うわけでもない。いつの間に22時になっていた。疲れもでてきて、くたくただ。


シ「嘘だと思って探したけど、本当だったとはな」

ヒ「…嘘だったらあんなに焦ってないし…」

シ「いつものお前じゃないみたいだな」

ヒ 「…………」

シ「はぁ…元気出せよ。コトネならきっと大丈夫だ。明日も一緒に探してやるからさ」


泣きそうになる。シルバーがヒビキの前で微笑むのはいつぶりだろうか。


ヒ「……」

シ「…じゃあな、また明日」


シルバーはそう言って帰っていった。

また明日…また明日……

どんどん日は進んでいく。それなのに手がかりすら掴めない。みんなは諦めかけていた。


ワ「ヒビキくん、今日は遅いからまた明日だ。絶対見つかるよ」


ワタルさんが言う。コトネはもう見つからないのか……?


『ヒビキくん! 諦めちゃ…諦めちゃ駄目だよ! 絶対勝てるよ!』


勝負に勝てなくて諦めていたとき、元気を与えてくれた。今まで頑張ってこれたのはコトネがいたからだ。
諦めちゃ駄目…

そうだ、諦めちゃ駄目だ…!
一人でも探しに行かなければ…!

ヒビキは走り出した。



続く



あとがき

私にとって今回の話は、長かった気がします!ここからだんだん中編に入っていきますよ〜(`・ω・)
コトネが見つからないのでまだですけど…(´・ω・`)
ヒビキが見つけてくれます!絶対!ではまた〜^^


次回→>>11

Re: ヒビキたちの物語 ( No.11 )
日時: 2016/02/06 19:34
名前: ゆーい

前回→>>10


5話:ツインテールの女の子

転んで傷だらけになってもヒビキは諦めなかった。

…諦めたらコトネがまた怒るよな。

しかし見つからずに、あっという間に朝を迎えた。


シ「ヒビキ! お前どこ行ってたんだよ!!」

ヒ「探しに…行ってたんだ…」

シ「だからって何でそんな格好してんだよ!!」


戻ってきたヒビキにシルバーは怒鳴った。それもそうだ。
この傷だらけの人を見てびっくりしない人なんていないだろう。


シ「はぁ…とにかく風呂に入ってこい。貸してやるから。そんな格好で親の前に行ったら怒られるぞ」

ヒ「……サンキュー…」


お風呂に入ってさっぱりしたヒビキはシルバーにお礼を言ってまた探しに行こうとした。しかしシルバーが、


シ「少し休んだらどうだよ。疲れてるだろ?」


と言う。だけど休んでいる暇なんて無かった。


ヒ「ごめん…俺は休んでられないんだ…本当にごめん」


すぐに探しに行かないと。


シ「全く…しょうがないな…」


シルバーはヒビキを行かせることにした。でも心配だった。ヒビキはふらふらした足で探しに行ったからだ。
あんなのいつ倒れるか分からない。




ヒ「疲れた…眠いし…」


疲れはててベンチに座った。そんなヒビキに知らせがきた。


女「あのー…女の子を探しているんですよね…?」

ヒ「え…? コトネのことですか…?」

女「うーん、名前は分からないんですけど…この写真のー…この子ですよね?」

ヒ「は、はい…そうですけど…」

女「実はこの子のことなんですけど、何時間か前に見たんです。マフラーをした少年が
  この子を連れて東に走って行ったんですよ」

ヒ「……!? どこでですか!?」

女「え…!? ここです…けど…」

ヒ「あ、ありがとうございます! 本当に!」

女「いいんですよ。探すの頑張って下さいね」

ヒ「はい!」


こんな嬉しいことはない。確か、マフラーをした少年…

絶対許さない。

ヒビキは東に向かった。



続く


次回→>>12

Re: ヒビキたちの物語 ( No.12 )
日時: 2016/02/06 19:35
名前: ゆーい

前回→>>11


6話:マフラーをした少年

こっちに来てみたが、家がぽつんと一軒建っているだけ。ヒビキは今まで旅をしてきたが、
ここに来たのは初めてだった。それよりもこんなところがあったのかわからない。
しかし、行く場所はここしかない。


ヒビキはゆっくりとドアを開けた。


ヒ「なんだよ。真っ暗で何にも見えないじゃないか」


呟いた瞬間、ドアが勝手に閉まった。


ヒ「うわっ! ……。心臓がつぶれるかと思ったぜ…」


ため息をしてもう一度ドアを開こうと、ドアノブに手をかけた。

ガチャガチャ ガチャガチャ

何度か回して引っ張ってみたが、ドアは開かない。


ヒ「嘘だろ…? 閉じ込められた…?」


ヒビキは焦った。キョロキョロ周りを見たがやはり何も見えない。


?「どうしたの? ヒビキくん」

ヒ「…!? コトネ!?」


コツコツと足音はした。だけど何も見えないため、本当にコトネが来たかどうかが分からなかった。
…どうして? どうして怖いんだ…この状況が怖くてたまらない。


?「もー!何で勝手に人の家に入ってんのー」

ヒ「…!?!?」

?「あー…見えないんだ…ちょっと待ってて」


すると明かりがつき、見えるようになった。


ヒ「あ…」


あまりに驚いてその場に立ちすくんでしまった。そこにいたのは……


ヒ「コ…コトネ……」

コ「だからぁー、どうしたのー?」


笑いながらコトネは言った。だけどいつものコトネじゃない気がした。
だって、いつものコトネだったらもうすこし笑いかたが大胆だからだ。


ヒ「お前…、誰だよ…」


ヒビキが怪しそうに言うとコトネは少し考え込んだがすぐに、


コ「何言ってるのー? ヒビキくんー」

ヒ「お前はコトネじゃない。だから誰だって聞いてんだよ」


イライラさせながらヒビキは言った。コトネはさっきからずっとクスクス笑っている。


ヒ「何が可笑しい!」


そう言って少したった後、コトネの笑い声が止んだ。


?「……さすがだねぇ、ヒビキくん」

ヒ「…!? マフラー…」

マ「ま、分からないと幼馴染みとして恥ずかしいよねぇ」


ニヤリと笑った。ヒビキは立ち尽くしたまま、マフラー少年を見つめていた。

                    

続く


次回→>>13

Re: ヒビキたちの物語 ( No.13 )
日時: 2016/02/06 19:36
名前: ゆーい

前回→>>12


7話:鎖に繋がれたコトネ


マ「なぁーに、つったってんのー?」


何を言われようがどうでもよくなっていた。ヒビキはどうしてコトネになることができたのかが不思議だった。


ヒ「コトネはどこだよ」

マ「あはははは!」


何かがぶち切れる音がした。気づいたときにはもうマフラー少年の胸ぐらを掴んでいた。


ヒ「うるさいんだよ! 早く言え! コトネはどこだ!」

マ「あはは…はぁ。しょうがないなぁ。コトネちゃんなら」


マフラー少年はそう言って背を向けて歩き出した。その様子を見ていると、とんでもないものを取り出してきた。


ヒ「うわっ! やめろ! なんてものを持ってんだ!」


マフラー少年が持っていたものはチェーンソーだった。


マ「少しうるさいからさ、黙ってついて来てくれる?」

ヒ「…っ…分かった…」


あのチェーンソーで殺られるより、素直にこいつについて行った方がいいと思った。
少し歩くと1つのドアが見えた。


マ「入って。ここで僕が何をしようとしていることも、コトネちゃんがどこにいるのかも、全て分かるさ」

ヒ「………」


ヒビキは黙って頷くとドアノブをひねって、ゆっくりドアを開いた。


ヒ「……何もな…!?」


コトネが鎖に繋がれ、ベッドに寝ていた。所々に擦り傷、切り傷があった。


ヒ「お前……コトネに何をした?」

マ「何って…色々さ。分かるでしょ?」

ヒ「コトネの鎖を外せ。今すぐに」

マ「駄目だよー暴れて危ないからねー」

ヒ「それはお前が…!!」

マ「ヒビキくん。コトネちゃんを助けたいなら、この鎖を自分でどうにかするんだね。
  この部屋の物は好きに使っていいからさ。じゃあ頑張れ〜」


バタン


マフラー少年がドアを閉めた。

……鎖をどうすればいいんだよ。コトネ、何があったんだ、教えてくれ。

ヒビキは心の中でひっそり呟いた。



続く


次回→>>14

Re: ヒビキたちの物語 ( No.14 )
日時: 2016/02/06 19:37
名前: ゆーい

前回→>>13


8話:はずれた鎖


ヒ「くっそーはずれない。チェーンソー…あいつ持ってたな。あれなら一発だと思うんだけどな」


なかなか鎖が離れなくてヒビキはイラついていた。何でやってもできない。コトネはまだ起きない。


ヒ「あーあ。なんかヒントないかなー」


そう言いながら近くにあった本棚を漁る。ヒントなんて無いと思った。だが、あるものが目に入った。


ヒ「ん? なんだこの本。面白そうだな。見てみるか」


パラパラとページをめくる。中身は物語本だ。


『しょうねんは、ふしぎなやつについていった。すると、さがしていたしょうじょがくさりでつながれていた。
 ふしぎなやつは「とればいいさ」といい、とびらをしめた。
 しょうねんは、なんとかしてしょうじょのくさりをはずしたかった。そのとき、あることをおもいついた。
 「そうだ、いろいろためそう。もしかしたらはずれるかもしれない」
 しょうねんはそこらへんにあるものでガチャガチャと、くさりをはずそうとしていた。
 すると、ガチャンというおとがし、みたらくさりがはずれていた。……』


長い…


ヒ「なんか今の状況と一致してるな。そこら辺にある物で…よし、やってみるか」


ヒビキは本のように、そこら辺にある物で試してみた。

ガチャガチャ ガチャガチャ ガチャン


ヒ「あ! はずれた!! よっしゃー!!」

コ「ん…? う…ヒビキ…くん…?」

ヒ「コトネ! 起きたか! よかったー…」

コ「もう! 何泣いてるのー! 泣かないでよー」

ヒ「だって…ようやく…はずれたから…」

コ「ヒビキくん…」


ヒビキの涙はどんどん流れてきた。コトネは、ヒビキの手を優しく握っていた。


マ「おー! やったの ヒビキくん」

ヒ「…!! お前…」

マ「せっかく…逃げられないようにしてたのになぁ。やられちゃったよ」

ヒ「…どうしてこんなことをしたのか言ってもらうぜ」

マ「…はぁ、やっぱり君には敵わないよ。……寂しかったんだよね、僕」

ヒ「え…? 寂しかった…?」


マフラー少年は寂しく笑って、ヒビキとコトネを見つめていた。



続く


次回→>>16

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存