二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *12000参照感謝!!
日時: 2017/09/24 10:04
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

お知らせ>>438
天乃ちゃんに返信>>352

12000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441

《2018年版》
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: ヒビキたちの物語 ( No.4 )
日時: 2016/04/21 20:12
名前: ゆーい

前回→>>3


【過去編】 2話

 ーコトネターン!

「ふぅー…!結構拾ったなぁー…あれっ?あんなのところに綺麗な貝殻が…」

その貝殻がある場所は崖の断崖絶壁と言えるギリギリの場所にあった。
しかしそれは、誰もが見惚れるダイヤのような輝きをした貝殻だ。コトネもその貝殻に
一瞬で目を奪われた。

「あの貝殻欲しい!でもあんな高いとこ登りたくないしなー…どうしよう。
…よしっ!勇気を出して頑張って登ろう!」

何事にも挑戦が大事だとコトネは思っている。体を縮ませながらだが、ゆっくりと
その貝殻に近づいていった。

「…よいしょ、よいしょ!やったぁ、着いた〜!…遠くで見るのもいいけどやっぱり近くで見るのも最高!
 …本当に綺麗…じゃ、ありがたく貰います!」

美味しいものを見るように、ペロッと舌舐めずりをした。

そのとき、後ろから鳥肌が立つような声がした。

「アハハッ!うまく引っ掛かかってくれたね、コ・ト・ネ・ちゃん?」

「…!!だ、誰っ!?…あっ!ヤバッ…!うああっ!」

コトネは振り向いた瞬間、バランスを崩し崖から落ちた。岩を掴もうとするが、
その手は空振りし、宙を舞う。

(嘘っ…嘘でしょ!?誰あの子!引っ掛かったねってどゆこと!?ヤバイ、死ぬっ…)

コトネの身体は海へと真っ逆さまに落ちていった。


          
続く


次回→>>5

Re: ヒビキたちの物語 ( No.5 )
日時: 2016/02/06 19:27
名前: ゆーい

前回→>>4


【過去編】 3話

「たっ、助けっ…!かはっ…誰か…あっ…!」

(マズいっ…泳げない…!苦しい…っ!ヒビキくん、シルバーくん…っ!)

海がコトネの体を欲しがるように襲ってくる。さっきまで波は激しくなかったのに、 
流れが早くなっていた。

「ヒビッ…くん…シル…」

できる限り声を出して助けを読んだが、くらくらしてきてしまい力が出ない。
もう駄目かと諦めかけた。そのときだ…

「コト!!」

「コトネ!!」

助けてくれという願いが通じたのか、ヒビキとシルバーがコトネを助けに来た。

「待ってなよ!今助けてあげるから…!」

「溺れ死ぬなよ…っ!」

コトネは二人に引き上げられ、無事助かった。

「けほ…っ!かは…っ!はぁ…はぁ…」

「コトネ!!何でこんなことになったんだ!!」

シルバーはコトネを睨み付けた。コトネもその目線に気づき、落ち着きを取り戻した。

「綺麗な貝殻があったからとろうとしたらね、後ろから変な声が聞こえて…
 振り向いたらバランス崩して落ちちゃった…」

「…そうか。ヒビキ、早く帰るぞ…ここは危険だ。」

「…わかった。コト、立てる?」

ヒビキはコトネを立ち上がらせた。その場にいた3人、全員濡れていた。
荷物を持ち、帰ることにした。

(コトに声をかけたのは誰だ?そいつを突き止めないと……)

ヒビキは焦りながらも考えた。

「まさか落ちるとは思わなかったな。でもまぁいいか。結構面白いもの見れたし!クススッ」

コソッと誰かが呟いた。ヒビキはそれに反応した。

「ん?なんか言った?」

「どうした、ヒビキ?」

「声が…いや、なんでもないよ。早く帰ろうか。」

「お、おう。なんかよくわかないけど帰るか。」

(幽霊…?いや、そんなわけないか。…変なの…)



過去編 ー終わりー


次回→>>6

Re: ヒビキたちの物語 ( No.6 )
日時: 2016/02/06 19:27
名前: ゆーい

過去編→>>5


【本編】 

1話:帰って来たぜ

太陽が眩しく照らすなか、1人の少年が帰ってきた。…ここに帰って来たのは何ヶ月ぶりだろうか。


?「いや〜帰って来たぜ、ワカバタウン…!」ワクワク


黄色と黒の混ざった帽子が特徴的だった。


?「コトネ…元気かな」


コトネ…この少年の旅に猛反対した少女だ。


?「あっ…! …ヒビキくん!」

ヒ「コトネ…! 元気だったか!」

コ「…ヒビキ…くん。私さ…すごい怒ってるよ?」

ヒ「お、俺だってお前が俺のあとを追って旅に出たこと、ものすごく怒ってるぜ?」

コ「それは…ごめんなさい。でも…ヒビキくんが無事に帰って来てくれただけでいいかな。クスス」

ヒ「…! な、何笑ってんだよ…///」

コ「べーつにっ! お帰り!」

ヒ「…ただいま!」


                    
続く


次回→>>7

Re: ヒビキたちの物語 ( No.7 )
日時: 2016/02/06 19:29
名前: ゆーい

前回→>>6


2話:幼馴染みと親友(ライバル)


コ「えへへっ! もーらいっ!」

ヒ「うわっ、コトネに金取られた!」


今俺はコトネの家に来てて、2人で人生ゲームをしている。人生ゲームは楽しいけど、色々精神的にくる…


ヒ「……」

コ「ヒビキくん? どうしたの?」

ヒ「そう…いえばさ、コトネ。…シルバーは、元気か?」

コ「え…? …どう…だろうね。私にも分かんないや…」


シルバーの話になると、コトネはいつも切れ切れな声で話す。昔、俺たち仲にも色々あった。
それで、俺たちの関係は壊れ始めた。今も壊れてからまだなおらない。
…もしかしたらもう二度となおらないかもしれない。俺はそんなこと望んでいない。


コ「ま、まぁそんなことよりどんどん進めちゃお?」

ヒ「そんなことって…進めようか」


 ー・・・一時間後。


ヒ「いやー! 楽しかったな、人生ゲーム!」

コ「そうだね! また一緒にやろ!」

ヒ「いいぜ! 今度こそ勝つからな!」

コ「あはは! かかってきなよ! 絶対負けないか…え?」


コトネの顔から笑顔が消える。


ヒ「どうしたんだよ。コトネ…」

コ「シ、シルバー…?」


俺はその名前を聞いてすぐさま後ろを振り向く。そこには…赤い髪をした少年が立っていた。


シ「久しぶりだな。…ヒビキ」

ヒ「シ…ルバー」


風が吹きはじめた。俺たちの関係がまた幕をあける。


       
続く


次回→>>8

Re: ヒビキたちの物語 ( No.8 )
日時: 2016/02/06 19:30
名前: ゆーい

前回→>>7


3話:シルバーとの再会


シ「あはは、お前何してたんだよ。結構待ってたんだが」

ヒ「…何だよ。別に待ってないだろ」

シ「ひどいな。待ってたんだぜ?」

ヒ「そうかよ。だから何だよって言ってんの」

シ「あの時より強くなったお前が見たかったんだよ」

ヒ「…まぁ、お前のそういう元気な顔が見れてよかったよ」


今はシルバーに素直になれない。それがヒビキだった。そんなヒビキにシルバーは、


シ「…昔からお前のそういうところマジで嫌いなんだよ…!」

ヒ「…は? ってお前っ! やめろ!」


いきなり襲いかかった。ヒビキはそれをギリギリ避けた。しかし避けたといっても、完全には避けきれない。
ヒビキの頬っぺたに爪で引っ掻いたような傷ができた。すこしばかり血が流れる。
コトネは驚いたあまり、尻餅をついた。


ー・・・シルバーは暴力を振るうような奴だったか…?
ヒビキは自分のことよりもコトネが尻餅をついたことに気が触れた。


ヒ「お前…やんのか…?」

シ「お前がやるって言うならやるぜ?」

ヒ「ふざけんな!! お前のそういうふざけたようなところ…本当にイラつくんだよ!!」


お前がやるって言うならやるぜ?

その発言に怒り、ヒビキはシルバーに殴りかかった。シルバーは「いつでも来い」と言うように、体勢を変えた。
取っ組み合う2人の姿を見てコトネは怒り出した。


コ「やめてよ! もうやめて! こんなことやったって意味ないじゃん!…やめてって言ってるでしょ!!」


この声に反応したようにヒビキは喧嘩を止める。しかし、シルバーはまだやろうとしていた。


ヒ「そうだよな…ごめん、コトネ。シルバーも…ごめん」

コ「分かってくれればいいの。私はもう関係をこれ以上悪化させたくないからさ…」

シ「…ごめん。悪かった、もう帰るよ」


シルバーは背を向けると、帰って行った。もう少し素直になればよかったと思うヒビキだったが、
その思いはシルバーに届きそうにもなかった。



続く



次回→>>9

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存