二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: ヒビキたちの物語 登場人物・あらずし ( No.2 )
日時: 2016/04/20 20:53
名前: ゆーい
参照: http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6620338

-あらずし- ヒビキ紹介
やあ、俺はヒビキ。ジョウト地方とカントー地方を制覇したトレーナーだぜ。
ライバルも多…くはないかもしれない。
でもな、これでもまだまだ未熟な14歳!俺の旅…俺たちの旅は終わる気がしないぜ!
暗い事も、怖い事もたくさんあるけれど、楽しい事だってたくさんあるから人生退屈しない!
人生山あり谷ありだからな!
さあ…今日は何が起こるんだろうな!


性格とかの設定は上のURLからどうぞ!ちょくちょく修正していきます
キャラクター設定の方はネタバレが含まれるのでご注意ください
>>○○は、キャラクターの(本編での)登場話です
ここで今紹介している登場話は 恋の病気は重症!!編 までとなってます

※マリについては、日記で出てきているので>>57です

修正者:Alice ※詳しくは>>0を観覧ください


《登場人物》

【本編色々】※どこかの編で2回以場登場していた場合はここにいます
・ヒビキ >>6
・コトネ >>6
・シルバー >>8
・レッド >>20
・ワタル >>68
・ルイ >>72
・ケイ >>72

【本編≫前編】
・マフラー少年 >>12

【ホラー編】
・イツキ >>36
・キイ >>39
・アオ >>46
・シオリ >>46
・ヤマシロウ >>30
・アキヒト >>51
・マリ >>57

【R団再復活!?編】
・ヨシノリ >>70
・アポロ >>6
・アテナ >>75
・ランス >>75
・ラムダ >>73

【恋の病気は重症!!編】
・アイ >>119
・マイ >>147

【ポケモン×東方編】
・霧雨魔理沙 >>165
・博麗霊夢 >>183
・アリス・マーガトロイド >>165
・パチュリー・ノーレッジ >>187
・フランドール・スカーレット >>194
・レミリア・スカーレット >>199
・十六夜咲夜 >>199
・魂魄妖夢 >>210
・東風谷早苗 >>210
・河城にとり >>165
・八雲紫 >>183

Re: ヒビキたちの物語 ( No.3 )
日時: 2016/02/06 19:25
名前: ゆーい

【過去編】

僕らは海水浴へと来ていた。この海はそんな深くないから僕らにはぴったりの場所だ。

「「よーし!泳ぐぞぉー!」」

海で泳ぐってことで僕とシルバーは張り切っていた。

「どっちが速く泳げるか勝負だっ!」

「いいよ!やってやろうじゃん!」

「じゃあ、コトは貝殻拾いに行ってくるね」

コトは貝殻拾いを目的にやって来たようなものだから、籠を持って行こうとしていた。

「えぇー!?コトも一緒に泳ごー?」

「コ、コトは!泳ぐの苦手だから絶対にイヤ!」

やっぱり言ってみてもダメだね、バッチリ拒否された。

「僕が教えてあげようか?コトw」

「結構なお世話です!ヒビキくんに教えてもらうなんて遠慮しとく!」

そう言うとコトネは、プイッとして貝殻を拾いに行ってしまった。


――・・・

崖の近くにコトネはいた。キョロキョロと辺りを見回すと、しゃがんで貝殻を探した。
そして、はぁ…と溜め息をし、愚痴を溢す。

「全くヒビキくんたら…コトが泳げないことも全部知ってるくせにぃ…!」

だが、それもほんの一瞬。貝殻が見つかった。

「…わー!掘ると貝殻がいっぱいある!えへへっ、沢山拾っちゃお〜!」


ーその頃ヒビキたちは?

「シ、シルバー速ー…!」

「さんざんお前に鍛えられたからな…!」

「あははっ!だけど勝負はここからだよ…っ!」

まだ決着がついていないようです…



続く


次回→>>4

Re: ヒビキたちの物語 ( No.4 )
日時: 2016/04/21 20:12
名前: ゆーい

前回→>>3


【過去編】 2話

 ーコトネターン!

「ふぅー…!結構拾ったなぁー…あれっ?あんなのところに綺麗な貝殻が…」

その貝殻がある場所は崖の断崖絶壁と言えるギリギリの場所にあった。
しかしそれは、誰もが見惚れるダイヤのような輝きをした貝殻だ。コトネもその貝殻に
一瞬で目を奪われた。

「あの貝殻欲しい!でもあんな高いとこ登りたくないしなー…どうしよう。
…よしっ!勇気を出して頑張って登ろう!」

何事にも挑戦が大事だとコトネは思っている。体を縮ませながらだが、ゆっくりと
その貝殻に近づいていった。

「…よいしょ、よいしょ!やったぁ、着いた〜!…遠くで見るのもいいけどやっぱり近くで見るのも最高!
 …本当に綺麗…じゃ、ありがたく貰います!」

美味しいものを見るように、ペロッと舌舐めずりをした。

そのとき、後ろから鳥肌が立つような声がした。

「アハハッ!うまく引っ掛かかってくれたね、コ・ト・ネ・ちゃん?」

「…!!だ、誰っ!?…あっ!ヤバッ…!うああっ!」

コトネは振り向いた瞬間、バランスを崩し崖から落ちた。岩を掴もうとするが、
その手は空振りし、宙を舞う。

(嘘っ…嘘でしょ!?誰あの子!引っ掛かったねってどゆこと!?ヤバイ、死ぬっ…)

コトネの身体は海へと真っ逆さまに落ちていった。


          
続く


次回→>>5

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存