二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *12000参照感謝!!
日時: 2017/09/24 10:04
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

お知らせ>>438
天乃ちゃんに返信>>352

12000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441

《2018年版》
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *過去編 ( No.403 )
日時: 2017/08/30 00:10
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

前回→ >>325



みんなコトの知らないところで困ってる。


でもなぜかコトがその現場を見たことはない。


なんで?


どうして?


コトは一体何がしたいんだろう。




3話:コトネの過去




コ「あっ、そうだ…ヒビくんに言いに行くことがあったんだった…」



コトの名前はコトネ。五歳。人見知りばっかだから親しいあまり友達はいない。
そして、幼なじみのヒビくんに片思い中である。いまだに好きって言ってない。言えてないのです。

最初に会ったときから気になっていた。ハンカチを拾ってもらったのが始まりだったんだけど…
コトにバラをくれて、告白してくれて…それで、外へ連れ出してくれた。私はそんなヒビくんに恋している。

でも、ヒビくんはきっとコトのことを本気で好きではないんだろうから…コトはこの恋を片思いと呼んでいる。



コ「ヒビくん! 遊びに来たよ! ちょっと話したいことあるから来てよ!!」


ヒ「なに? 僕今忙しいんだけど…話したいことあるなら後でもいいかな? これから出かけるし…」


コ「えー? 最近出かけてばっかじゃんよー…なんかあるの? コトもついて行っていい?」


ヒ「ダメに決まってるじゃん。コトはついて来なくていいからね。ついてきたらもう絶交だから」



右手をあげて、じゃあねって言うと行ってしまった。コトはその後を追わなかった。
なんで追わなかったのかわからない。だけど、なんかヒビくんのあとを追ってはいけないような気がした。

でも、ヒビくんどうしたんだろう。最近私と遊んでくれない。
ほかの子と遊んでいるのか、いっつも帰ってくると泥だらけになってる。それがここ毎日の疑問だった。
ヒビくんのことだから誰かにいじめられてるとかはないと思う。
アっちゃんとカズくんがいた時は全くそんなことなかったのに…一体全体どうしちゃったんだろう。



コ「変なヒビくん…前まではあんなんじゃなかったのになあ。でも本当におかしいよ…」



おかしいところは他にもあった。ヒビくん、最近長そで長ズボンばっかだ。暑いのに。
そんなに寒い? 私が暑がりとか? でもシルバーくんだって半そでだった。やっぱりヒビくんがおかしいんだ。

なんで、どうして?



コ「っていうか…ヒビくんどこ行ったのかな…」



コトがヒビくんの事情を知るのはもう少し先になるみたい。



続く


あとがき

ヒ「おい作者あああああ! 一体お前は今の今まで何してたんだー!!」

ゆ「小説書いてましたああああああああ! 本当ですうううううううう!!」

シ「最終投稿日から五日間くらい経ってるぞ。お前時間がなかったのか…?」

ヒ「それにしては遅すぎだぜ…?」

ゆ「次回も頑張るから許してくれない? 多分一週間後くらいだけど…」


次回もまた見てくれるとうれしいです!


次回→ >>404

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *過去編 ( No.404 )
日時: 2017/08/30 00:12
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

前回→ >>403


最近暇で暇で仕方がない。ヒビくんは来ないし、シルバーくんも来ない。
マリルは寝ちゃってるし…

これじゃあまた昔みたいに一人ぼっちになっちゃうよ。



─────・・・


コ「…………………」


父「コトネ…外に出てお友達と遊ばないと腐っちゃうぞー? なんで遊ばないんだー?」


コ「別にいいもん…おうちからでなくたって、くさらないもん」



お母さんは仕事をバリバリこなすエリートさんってお父さんが言ってた。
コトもそんな風になりたいけど、人見知りだからきっとむり。



父「母さんがいればなー…どうしようか。コトネ、それじゃあ父さんと一緒にいk」


コ「お父さんとはいかない。だっていっつもつまらない話ばっかなんだもん…」


父「くっ…だめかっ…!」



お父さんのことは好きだけど、外にはいきたくない。マリルと遊んでればいい。
そうすれば暇じゃないもん。



父「ん? おっ! ヒビキくんじゃないか!! 今日は何しに来たんだい?」



外を見るとヒビくんが立っていた。一本のお花を持って。
一体何しに来たんだろう。

あ、ヒビキくんはコトの幼なじみ。近くに家があって、お母さんが仲がいい。
でもお父さんがいなくて、力仕事の場合は私のお父さんを呼んで手伝ってもらってる。
すごく、優しい家族。

コトはヒビキくんのことが気になっていた。もっと話したい。もっと知りたい。



ヒ「…コトのお父さん! こんにちは! ちょっとコトに会いに来ました!!」


父「おー、それはありがたいや! コトネは外に出たくない性格だからなー! 嬉しいよ!!」


ヒ「えへへ! じゃ、コトに話しますね!!」


父「ん、もしかして…その花は………バラ…」



ヒビくんはコトに近づいて、こういった。



ヒ「ねぇ、コト……先に言いたかったことがあるんだ! 僕ね、コトのことが好きだよ」


コ「えっ…?」



それは突然の告白だった。ヒビくんは恥ずかしそうにうつむいた。



ヒ「まだね、一本しか花ないけど…僕の気持ち。受け取ってくれないかな」


コ「う、うん……」


ヒ「それで、コトも一緒に僕と外の世界を見に行こうよ! 僕たち二人なら最強だよ!!」



ヒビくんはコトの手を引っ張って外に連れ出した。
その後ろ姿はかっこよくて、まだまだ小さいけど、コトよりも小さいけど…でも、なんだか頼もしく見えた。

コトはそんなヒビくんのことが好きになった。





だから、今心配なのだ。ヒビくんのことが大好きだから。コトにはヒビくんしかいないから。
ヒビくんの代わりになる人はいないから。


そして、最近なんだけどシルバーくんからヒビくんがいじめられていると聞いた。
コトが外にいるときシルバーくんが来て話してくれた。


とうぶんはいじめてこないって言っていたけど、大丈夫かな…? あれから結構経ったけど……


すると、外でシルバーくんの姿が見えた。



続く


あとがき

ゆ「みなさん待たせてしまってすみませんでした。ヒビキの告白を考えていたら遅くなってしまって…」

ヒ「あの、ゆーい…恥ずかしいから早く終わって」

ゆ「え? なんで? いつもは無理矢理話を長くしようとしてくるくせに。今日はおとなしいね」

ヒ「だって、あの告白は……その…」

ゆ「また本編で明らかになることなんだし、いいじゃんよ。ではみなさん、次回もよろしくお願いします!!」


次回→ >>405

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *5700参照感謝!! ( No.405 )
日時: 2017/08/30 00:14
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

前回→ >>404



コ「シ、シルバーくん…?」


シ「よう、コトネ。この前ヒビキがいじめられてるって言ったじゃんか」


コ「うん…」


シ「もういじめてこないはずだから。おれが倒したから大丈夫。…また遊ぼうな」



ヒビくん、やっぱりいじめられてたんだ…だからいつもけがを隠すために……



シ「それだけ伝えに来た。ごめん」


コ「…シルバーくん! そのけが一体どうしたの!? まさか、けんかしたの!?」



シルバーくんはコトの言葉に答えなかった。暗い顔をするとそのまま帰ってしまった。
なんで、みんな無理するの? ヒビくんも、シルバーくんも…みんな、みんな…



コ「シルバーくんのばか…」



なんも相談してくれないで、一人で戦って…ずるいよ、そんなの。ばかだよ、本当に。
目から水が出る。生暖かい。ほっぺを伝って地面へとおちる。

ひどいよ、なんでよ……





次の日、ヒビくんの家にいるとシルバーくんがジュースを持ってやってきた。
コトはヒビくんと遊んでいて、丁度のどがかわいてたからよかった。



シ「これ、おれのおじさんからもらったんだけど、めっちゃうまいよ。のんでみて」


ヒ「オレンジジュースか何か? ……うん! おいしい!! これ、どこで買ったんだ!?」


コ「おいしー! なんか生き返る感じ!! あー、おいしー…」


シ「内緒に決まってるじゃん。……じゃ、おれ、帰るよ。じゃあな、二人とも…」



シルバーくんはいつもより元気がなくて、泣きそうな顔をしていた。いったいどうしたんだろう?



シ「もう、二度と……会えないと思うけど」


ヒ「えっ?」


コ「何言って…?」



ドアをバタンと閉めて、コトたちの前からいなくなった。……あれ? コト、今まで誰と話してたんだっけ?
大切なコトなはずなのに、どうしても思い出せなかった。



ヒ「ねえ、コト。これ持ってきた? いつの間に置いてあったんだけど…」



ヒビくんが持っていた物はオレンジ色のジュース。



コ「いや、コトは持ってきてないよ……誰が持ってきたんだろ…」



なぜか、今まで話していた人のことが思い出せなかった。






─────・・・


大きくなった私は、ヒビキくんと話していた。



コ「……あ、ねえ…あれって、あのときの子じゃない?」



私が指した先には赤毛の男の子が立っていた。こちらを見ている。



ヒ「あ! 本当だ!! シルバーだ! なあなあ、話しかけに行こうぜ!なあ! …コトネ……?」



頭に激痛が走って、その場にしゃがみ込んだ。頭が痛い。気持ちが悪い。なんなの? なにこれ…
昔の記憶が蘇ってくる。昔、皆で遊んだ記憶……そして、男の子のがジュースに薬を混ぜてる……景色が。



コ「シルバーくん…? 薬……? なんで、どうして…!?」


ヒ「コ、コトネ…!? おい、待て! コトネってば!!」



気づいたら走っていた。なんで、今更…!



コ「シルバー!!」



そうだ…昔…私たちは一緒に遊んだ仲だった。



おわり


あとがき

シ「…うっわー……この時には嫌な記憶しかねえ…」

ゆ「でもこれでコトネちゃんが思い出してくれたからいいじゃんよ。これきっかけじゃん」

ヒ「あのときはびっくりしたな…いきなりコトネが走り出すんだもんな」

コ「それは…! し、しょうがないじゃんよ!!」

ゆ「まあまあ、喧嘩しない喧嘩しない。では、次回からはおまたせしましたの本編です!!」

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *ビターメモリーズ ( No.406 )
日時: 2016/07/29 11:24
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

*ビターメモリーズ 設定など*


長い長い話を読んでくださってありがとうございました!
では、ここでいろいろキャラクター設定など紹介したいと思います!!

ちょくちょく修正していきます。




【ヒビキ】

コトネが死んだ理由を自分のせいにしている。ヒビキの譚の主役。

コトネが轢かれたとき、一緒に轢かれた。今でもけがしている。
もっとコトネと一緒にいたかった。



【コトネ】

ちょっと不憫なコトネの雑音での主役。一年前に車に轢かれて死亡。
生きていたいけど、死んでしまったから戻れない。

幽霊になって出てくる。でも体への代償は大きい。



【シルバー】

全部自分のせいだと自分自身を責めている。シルバーの哀歌の主役。
死のうとするけど、それをコトネが止めて死ぬことができない。

コトネのことも、ヒビキのことも後悔してる。

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *笑いけ学生24時!! ( No.407 )
日時: 2017/01/21 19:27
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

前回→ >>269


まえがき

ゆーいでーす!!みなさんお久しぶりです!本編数か月ぶりだね!あははははっ!((
待っててくれた読者さん本当にありがとう!また小説投稿できるよ!
まあ、 今回から笑ってはいけない学生24時!!編 がはじめるわけですが…注意を少し!

※注意※
・下ネタあり ピーーー で誤魔化してあります。
・ギリセー
・もうヒビキがツッコみまくってる。
・キャラ崩壊
・笑ってはいけないネタ多用
・他にもありすぎて言い切れない。

以上のことが全然おっけー☆って方はどうぞ!


↓本編↓


109話:事のはじまり



これは、俺らが体験した、ある意味恐怖のゲームです。



――――――・・・



どんどん!!



今、下からドアを叩くような音が聞こえたような気がする。
きっとコトネかシルバーかレッドさんかグリーンさんか…いっぱいいるな。しょうがない、行くか。
下へ行き、玄関の戸を開ける。その先には、予想した人物、グリーンさんが立っていた。



グ「おい! ヒビキ!! 計画立てるぞ!!」


ヒ「えっと…何の用ですか? グリーンさんが俺の家に来るなんてすっげえ珍しい…」


グ「いいから! コトネの家に来い! みんな集まってるぞ!!」


ヒ「みんなって…みんなって!? え!? みんなって誰のこと言ってるんですか!?」


グ「いやー、そりゃあ勿論いつものメンバーに決まってるだろ? あいつらだよ、あ・い・つ・ら!」



あいつらって…まあこの人の言う通りいつものメンバーなのだろう。



ヒ「えっと、すみません。準備したら行くんで、コトネの家で待っててくれませんか?」


グ「おっけー! じゃあ待ってるからな! バイビー!!」



グリーンさんはそう言い残してコトネの家へと帰って行った。これじゃあコトネが心配だ。すぐ行こう。
いつものバッグを持ち、お気に入りの帽子を被って外へと出る。まあ、すぐそこなんだけど。
コトネの家のドアをノックすると、次はコトネが出てきた。レッドさんが出てくるかと思った。



コ「ヒビキくんいらっしゃい!! ずっと待ってたんだよー! みんなもういるから入ってー」


ヒ「お邪魔しまーす。そうだ、今日コトネの父さんは?」


コ「えっと…確か仕事に出かけた気がする! 夜中まで帰ってこないと思うよー?」


コトネの家の階段は長い。俺の家の階段よりも五段くらい多い。…そんなに多くもないかな。
コトネの部屋に入るとやはりいつものメンバーが揃っていた。シルバー、レッドさん、グリーンさんだ。
シルバーは最近人気のストロベリーアイスを食べている。すっごく美味そう。食べたい。だが今は冬だ。
レッドさんは本を読んでいる。題名は、「幼馴染は世界一の馬鹿なのではないか」だ。奥が深そうだな。
近くにあった座布団の上に座る。コトネは俺の前に座った。今から何が始まるのだろう。



グ「うー…ゴッホン! ええっとなあ、この紙を見てくれ」



グリーンさんがポケットから一枚の薄っぺらい紙を取り出した。みんなでその紙を覗き込む。
内容は、笑ってはいけない学生24時!!…というものだった。なんだこれは。悪意しか感じられない。



グ「どうだ! まあ、あのかの有名な笑ってはいけないをやりたいわけだ! 協力者はリーグ関係者全員」


コ「笑ってはいけないって…あの大晦日にやるバラエティ番組ですよね?」


シ「なんだ? まさかこれを俺らでやるわけじゃ…」


レ「俺らでやるから書いてあるんだろ…テレビで流すのか?」


グ「おう! ジョウト地方とカントー地方のテレビ限定で放送するぜ!」


ヒ「マジですか…えっ? 放送!?」


グ「みんなに見てもらわなきゃ楽しくないだろー? ちなみにもう取り消せないぜ。放送局に言ったからな」


レ「お前後で一発殴らせろ」


グ「レッドは人前に出るのそんなに好きじゃないもんなー! でも大丈夫大丈夫! 全部アドリブだからさ」


シ「そんなので放送できるのか…?」


コ「不安だよ…えっ? 女の子は私一人だけ? このメンバーだよね? このメンバーでやるんだよね?」


グ「勿論このメンバーでやるに決まってる! 俺ら人気だろー?」


シ「俺多分知られてない」


グ「お前一回テレビ出たから大丈夫だろ!! それに…スペシャルゲスト呼んでるしー?」


四「スペシャルゲストー?」


グ「ん! すっごく有名な奴だぜ? もう来ると思うし…って、噂をすれば来たみたいだ」



階段を上る音が聞こえてくる。俺は思った。いつものメンバー…スペシャルゲスト…あ! まさか…!
考えていると、部屋のドアが開いた。そこからは思っていた人物が現れた。
その人物を見て、みんながみんな、固まっていた。



続く


あとがき

本編漸く復活です!本当に遅れてすみませんでした!!最後まで書くのに時間かかちゃってねえ!!
週二回投稿となるんで、よろしくお願いします!!みんな、私のこと忘れてないよね?
スペシャルゲストとは誰のことなんでしょうかねー…みなさんならもうわかっているんじゃないですかー…?
あの方です。それはまた次回のお楽しみですね!

ではまた次回!!さよなら!!


次回→ >>408

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存