二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.59 )
日時: 2016/11/23 20:33
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


*うさぎさん*

更新ペースはまざあっちに置いておきます(笑)
そうです、アーヤはもてるのです<(`^´)>
はい、頑張らせていただきます!
呼び方は好きな方で構いませんよー(o^―^o)ニコ


*立山桜さん*

忙しい中、このスレに来てくれてありがたいです(´;ω;`)ウッ…
見てくれてるだけでも、幸せです。
そうですね、チームワークが大事!
くれぐれも、誰かが目立ちたいからといって出しゃばらないようにしないと(笑)


* * * * * * * * * * * * * * *


【上杉side】

若武がてっきり行くと言うと思ったが、意外にも黒木が言った。
しかも、若武は何も言わないでそれを承認した。
アーヤをちらりと見ると、顔が恐怖に支配されている。
出てぇ…。でも、その時の感情で動くとチームワークが乱れちまう。

「Go」

若武の声で、皆が一斉に飛び出す。
アーヤの顔が、一瞬和らいだのを見逃さなかった。

「ねぇ、お兄さんたち何してんの?彼女嫌がってんじゃん」

若武が背後から声をかけ二人が振り向いた瞬間黒木がさっと回ってアーヤに近づいた。
そして、ささっとほかの茂みに連れていく。
とにかく、アーヤの安全は保障された。そろそろか?

「お兄さん、じゃあ、僕たちと遊ぼうよ!」
「お前ら何言ってんだ。おい、こいつら知り合いか…っていない!!」

間抜けな奴らめ…。
今頃アーヤがいないことに気づいたとか。今はしっかり黒木がそばに…なんか心配だな。

「どういうつもりだお前ら…」

二人の男は、頭にカット血が上ったような顔だ。
でも、はっきり言ってこっちの方が切れたい。
アーヤを…これ以上は言えないが、とにかく怖がらせるだなんて…。

「お兄さん、なんか襲ってる時っぽい写真俺持ってるんだ」

若武が自分のポケットからひらひらと携帯を出す。
男が一人若武に飛び込んで携帯を奪おうとしたが、携帯は、小塚の方へパス。
小塚に向かって走った男を若武が足を引っかけて顔面から転ばす。
その背後にもう一人の男の影が映る。
間に合わない…そう思ったとき男が急に止まった。

「いってぇ」

隠れた方の茂みを見ると、黒木が石を持っていた。
アイコンタクトをして、黒木が投げた石が当たると同時にタックルをして転ばす。
こちらも顔面からヒット。

「ふぅ」と一息をつく。そして、アーヤの方を振り返る。
いつの間にか、黒木がいたところには小塚がいて一緒に震えていた。
何でだろう、という気持ちよりも安全でよかった、という気持ちが先だった。

「ア―ヤ大丈夫か」

若武が近づくときに言った。
アーヤはまだ硬直した顔で「大丈夫、ありがとう」と答えた。

「何があったの?」

黒木が軽くひざを曲げ目線を合わせながら聞いた。
本当に女の扱いなれてるな…。
すると、ゆっくりと成り行きを伝えてくれた。

「私がね、島崎さんにあいさつした後、みんなのところに行こうと思ったら、後ろに何かつけられて…。動いたらこれの引き金を引くって言われてあの辺まで来たんだけど…」

そういいながら近くの木を指さす。
でも、そうしたらどうしてここにいたんだ?

「周りの視界が開けたときに、一瞬スキがあって逃げたんだけど、結局こんな感じになっちゃった…」

居心地が悪そうに話すアーヤを見て、俺は決めた。
後の三日間は、ぜってーアーヤを襲わせねー。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.60 )
日時: 2016/11/24 17:33
名前: 紫乃

こんにちは!
はじめまして!紫乃です!
私もKZ大好きです!これからも頑張ってくださいね☆応援してます!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.61 )
日時: 2016/11/25 18:18
名前: うさぎちゃん

やったー!無事にアーヤ救出成功☆
あの男の人たち信じらんない!!さいってーー!!アーヤがかわいそうだし!!
トラウマになったらどーしてくれんの!?

続きガンバって下さいね!!!

PS. じゃあ、呼び方はこれからもミカンさんでいきます!!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.62 )
日時: 2016/11/26 19:39
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


参照800行きました!
ありがとうございます!
目指すは1000だぜー!!


*紫乃さん*

はじめまして、みさです!(元ミカン)
読んでいただきありがとうございます(´;ω;`)
よければ、またコメント残していってください(o^―^o)ニコ
頑張りますァィ(。・Д・)ゞ


*うさぎさん*

アーヤ無事救出成功です(o^―^o)ニコ
トラウマ…アーヤを傷つけるなんて(´;ω;`) ←作者
でも大丈夫ですよ、その時は上杉君が看病…ムフフ…。 ←キモイ
ミカンでいいですよ。頑張りますァィ(。・Д・)ゞ


* * * * * * * * * * * * * * *


【黒木side】

駅に戻ろうと、俺たちは足を進めていた。
本当に静かだな…若武も静かになれるんだな。
ちらっとアーヤの方を盗み見ると、不安げな光が瞳をくぐらせていた。
きっとアーヤのことだ、申し訳ないとか思ってるんだろう。
自分より相手を大切にするから…。

俺たちは、悔しかった。
アーヤを守れた。でも遅かった…。
もし、もう少し遅かったら?そんなのを考えてるから俺たちはずっと無口だった。

こうして元の場所に戻ると、荷物もしっかりあり盗まれた形跡もなかった。
時計を見てみても、何とかまだ電車に間に合いそうだ。
そんなことを思ってると、突然背後で「ごめん」と震えた声が聞こえた。
振り返ってみると、みんなも不思議そうにアーヤを見ていた。

「私がしっかり見てなかったから、こんなことになっちゃって…。迷惑かけちゃった…」
「いいんだよアーヤ。でも僕すごく心配したんだ」

小塚は、いつもの笑みで対応すると、アーヤの顔はゆっくりだけど明るくなる。
俺は、近づき笑う。
こうやってでしかアーヤを安心させる方法が分からない。
アーヤが相手だと、用意していた選択肢はお陀仏になる。

「アーヤ、悪いのはアーヤだけじゃないから」

頭にそっと頭をのせて、いつものように笑う。
くすぐったそうに、笑うアーヤはさっきより明るくなっている。

「そうだぜアーヤ!俺が守ってやるからよ!」

若武は、グーの形でニコッとアーヤに笑ってみせる。
ほんとに、こういうのが好きなんだよな…。
上杉が、思い切り「ゲッ」って顔をしている。…仲いいんじゃないか?

「若武!僕たちkzがアーヤを守るんだよ」

小塚がいつぞや聞いたことあるようなセリフを吐いた。
若武は…「ま、な…」と軽く膨れていた。
ま、決めようとしてたし、しょうがないか。
若武の頭に手を乗っけ、髪をもみくちゃにするとくすぐったそうにする若武。

「そういうことだ、若武先生。上杉も言ってやれよ」
「俺はいいよ、だからさっさと行こうぜ。時間ギリだ」

はっと時計を見ると、発車まであと十分もない。
俺たちは、自分の荷物をもって駅の改札に入ろうとする。
すると、後ろでドン!!っと音が鳴った。
アーヤ?
後ろを振り返り見てみると、アーヤが転んで、荷物の上に体が乗っていた。

上杉に素早く近づいて、「先に行っててくれ」と声をかけて、荷物を持って引き返す。
アーヤへと駆け寄るとうずくまってる様子が目に入った。
ゆっくりと近づいて、手を差し伸べる。

「大丈夫?」
「あ、黒木君…。大丈夫、ちょっとこけちゃっただけだし」

俺は、腰をかがめているが、アーヤは座っていて上目遣い状態。俺も、ここまでドキドキしたことはない。
アーヤ無理に立ち上がると、フラッと体が傾いた。それを、アーヤの肩に手をのせくい止める。
その瞬間、「大丈夫かアーヤ!」と、若武の声が聞こえてみてみる。
…早かったな。
皆は荷物を置いて、ここに戻って来ていた。
俺ずっと視線を投げる方だったから、投げられたのは初めてで結構痛い。

「皆また迷惑かけてごめんね」

その言葉は、電車の発車五分前に出る音でかき消されてしまった。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.63 )
日時: 2016/11/26 23:11
名前: 立山桜  

[頭にそっと頭をのせて]ってどういうこと?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。