二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.54 )
日時: 2016/11/18 22:44
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


皆でサンドウィッチいいかも…。

今回は、最後にキュンキュンさせます(`・ω・´)シャキーン

楽しみにしてねー(笑)


* * * * * * * * * * * * * * *

【バス内】

皆は、お昼を食べ終わると、一人一人が分担して片づけを進め車に戻っていった。
車の運転席では、島崎さんが軽く眠っていて起こすかどうするか迷っていたけどアーヤが自分のサンドウィッチを口実にして、自然と車の出発を促した。
出発した時間は、十六時十七分ぐらいだった。


そして、岡山県につくまで何かみんなでできるゲームをやることにした。
何がいいかみんな考えたけど、上杉が、「王様ゲームは?」といったことでそのゲームをやることにした。
もちろん、男子には楽しむ以外にもアーヤとの距離をもっと近づけるということもあったのだが…。

「王様だーれだ!!」

適当な紙切れを五等分に切ってやっていた。
初めの王様は、若武。

「よっしゃー!俺だぁ!!リーダーが最初なんだよハハハ!」
「早くしろよ」

いきなり苦情を言われたため、ちょっと不機嫌な顔をしたが、すぐに持ち直した。
そして考えるようなしぐさをして言った。

「四番が二番とハイタッチ」
「あ、私が四番だ」
「僕二番」

初めはアーヤと小塚がハイタッチ。
もともと若武が言ったことだが少し悔しそうな表情をしている。

「イエーイ!」

パン!と軽く乾いたような音が響く。
アーヤも小塚も特に変わったところはなくて通常通りだった。

「ハイ次!!」
「王様だーれだ」

皆が一斉に隠しながら自分のを見る。
アーヤがうれしそうな表情で「私だ」といった。

少し考えて、考えて考えて考えて…。
というか、ゲームでどんなに悩んでるんだというぐらいに悩んでいた。

「なんでもいいんだよ」

黒木が軽く助け船を出す。
アーヤもその言葉で決まったらしく「じゃあ…」と前置きしていった。

「一番と二番が握手」

みんなこけそうになる。
王様が女子だから、夢もないし男子同士がただ握手する絵面になる。

「一番俺だぜ」
「二番俺じゃん」

一番が若武と知り、上杉があからさまに嫌な顔をした。
でも、それが本気じゃないってわかってるから若武も軽く「なんだよ」受け流す。
若武普通に手を出す。
上杉は、おずおずと手を出し握手をした。

「では諸君、次だ」

あからさまに上杉は、ウゲ…って顔をしている。


島崎さんに「あと五分ほどで駅に着きますからね」といわれ、皆は声をそろえて「はーい」と返事をする。
王様ゲームはあの後も白熱した戦いになっていた。
少し恥ずかしいことを勇気を出して命令するとなぜか男子同士でやることになる。
でも、男女関係ないことを指名すると、アーヤの確立が高くなる。
つまり、アーヤは恥ずかしい関係の命令を一回もやっていないのである。

「じゃあ、コレ最後」
「王様だーれだ」

皆は最後だからとこそこそ見る。

「俺王様」

黒木は冠マークが書かれた紙きれをひらひらさせる。
そしてフッと微笑むと言った。

「一番は四番にぴったり三十秒膝枕」

もちろん、アーヤが当たることはないだろうと思っていったらしい。
でも、アーヤがおずおずと手を挙げた。

「私…一番」

その隣に腰かけている若武も「四…」と言ってさっきまで威勢の良かった声が飛んでいった。
最後の最後にあたると思わなかったため、みんな少し動揺している。
これはつまりアーヤが若武に膝枕をするということだ。
きょろきょろとして若武は「こっちみんなよ」という。
みんなも、素直にそれに従った。

「カウントダウン行くぞ。五、四、三、二、一…」


三十秒が経ってもすぐ後ろを見ないで少し経ってから見た。
二人は、違う方向を向いていた。一つ共通点を見出すとするなら、まるで林檎のように二人の顔が赤かったことだろう…。


Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.55 )
日時: 2016/11/19 05:54
名前: うさぎちゃん

きゃー!王様ゲーム!!最後めちゃキュンキュンしました!
王道ですよね、男女なら。
続き楽しみにしてます∩^ω^∩

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.56 )
日時: 2016/11/20 21:03
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


参照700行きました!!
ありがとうございます!

一応書きだめはしてるので、更新ペースをもうちょっと上げていきたいと思います…。

私は、まだまだ未熟で、書き間違いもたくさんあるし、面白くないところ何かいてるかわからないところもたくさんあると思います…。
なので、これからは…。

アドバイスコメントをもっともっとして、この話を皆さんで作り上げていきたいです!!

本編です(o^―^o)ニコ

* * * * * * * * * * * * * * *


【小塚side】

僕たち全員は、あの後みんなで外に出た。時計は二十一時をさしている。
駅に近いのに、人があまりいないせいか静けさが僕を包んだ。
でも、電車の音が聞こえるとそんな不快感は消えて楽しみだなー、ぐらいしか思えないんだよね。

「ありがとうございました!」

後ろで、アーヤの声が聞こえて、振り返ってみる。
僕以外にも気づいて何事かとみていたようだ。

「大丈夫ですよ」

島崎さんの声でここからいなくなることを思い出した。
僕も急いでお礼しなくちゃ!車に近づいて「ありがとうございました」と一緒に小さなお辞儀をする。
皆も気づき次々にお礼を口にした。島崎さんは微笑んでから出て行った。

ふと、アーヤを見ると周りにみんなのトランクやらバッグやらが置いてあるのに気付いた。
アーヤにも急いでお礼を言わなきゃ。

「アーヤ荷物ありがとう」

軽く微笑みながら言うと、アーヤも笑い返してくれた。
皆も笑顔で言っているが、目は笑ってない。そして僕を見ている。

「そういえば若武!これからどう行くかわかってる?」

思いっきり話題をそらし、今のことをなかったことにしたが、黒木らへんはそうはいかないだろう…怖いな…。

「あ、そのことなんだけど…」
「…あれ?」

上杉の珍しく少し焦った声が聞こえた。周りをきょろきょろしている。

「アーヤがいない」

その言葉を聞いた瞬間、みんなは軽く話して四方八方に散ってった。
そして僕は、駅とは反対にある道の駅みたいな建物に行った。


「どこにいるのアーヤ…」

建物の入り口は三つありそのうち一つは従業員用。
でも、鍵がかかっていたし、従業員っぽい人たちも正面から入っていたから使えない。
そして一般の人たちが使えるようになっている扉には警備員が必ずいて、どちらも離れていないし、女の子、アーヤを見ていないと言っていた。

完璧に行き詰ったな。皆は手がかりを見つけてくれればいいけど…。
その時、気のせいか軽い悲鳴っぽいのが聞こえた。
携帯電話を一応片手に持ちながら軽く、構えてから慎重に近づいていく。

「いいじゃん。俺たちと遊ぼ」
「え、い、いいです」

二人の男に絡まれていた、その声はアーヤだった。
そうとわかればメールで場所と、簡単な状況を説明して送る。
軽く迷ったが、すぐに写真を撮ってそれも送った。

「いいじゃん、かわいいしさぁ」

明らかに嫌がっている。軽く握りこぶしを作った。
こんなときいつも僕は、もっとみんなみたいに動けたらって思う。

「こりゃあ完璧嫌がってんな」

頭上から上杉の声がして振り返ると、みんなが真剣な表情をしながら立っていた。
「俺がアーヤをそこら辺の茂みに連れて行くから、みんなは目を引き付けてくれ」と黒木が言った。
いつもは、反発しそうな若武も真剣な顔でうなずく。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.57 )
日時: 2016/11/20 23:58
名前: うさぎちゃん

参照700おめでとうございます!え、更新ペース、このままでも十分ですよ、私は!
更新してもらえるだけで嬉しいですからっ!!

アーヤ、やっぱりモテるんだなぁ。ナンパされてる…って、そんなとこじゃ無かった!
みんな、アーヤを助けるのだよ!!
頑張れ、みんな。
そしてみささんも!!

PS.なんて呼んだらいいですか?みささんかミカンさんで迷いましてっ!一応みささんにしてますが、聞いた方がいいかなぁ、と。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.58 )
日時: 2016/11/23 10:06
名前: 立山桜  

忙しかったからコメントはできなかったけどちゃんとみてますよ!やばい(^^;)(;^^)アーヤを助けてー!チームワーク大事だよー!みかんさんファイト!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。