二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.55 )
日時: 2016/11/19 05:54
名前: うさぎちゃん

きゃー!王様ゲーム!!最後めちゃキュンキュンしました!
王道ですよね、男女なら。
続き楽しみにしてます∩^ω^∩

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.56 )
日時: 2016/11/20 21:03
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


参照700行きました!!
ありがとうございます!

一応書きだめはしてるので、更新ペースをもうちょっと上げていきたいと思います…。

私は、まだまだ未熟で、書き間違いもたくさんあるし、面白くないところ何かいてるかわからないところもたくさんあると思います…。
なので、これからは…。

アドバイスコメントをもっともっとして、この話を皆さんで作り上げていきたいです!!

本編です(o^―^o)ニコ

* * * * * * * * * * * * * * *


【小塚side】

僕たち全員は、あの後みんなで外に出た。時計は二十一時をさしている。
駅に近いのに、人があまりいないせいか静けさが僕を包んだ。
でも、電車の音が聞こえるとそんな不快感は消えて楽しみだなー、ぐらいしか思えないんだよね。

「ありがとうございました!」

後ろで、アーヤの声が聞こえて、振り返ってみる。
僕以外にも気づいて何事かとみていたようだ。

「大丈夫ですよ」

島崎さんの声でここからいなくなることを思い出した。
僕も急いでお礼しなくちゃ!車に近づいて「ありがとうございました」と一緒に小さなお辞儀をする。
皆も気づき次々にお礼を口にした。島崎さんは微笑んでから出て行った。

ふと、アーヤを見ると周りにみんなのトランクやらバッグやらが置いてあるのに気付いた。
アーヤにも急いでお礼を言わなきゃ。

「アーヤ荷物ありがとう」

軽く微笑みながら言うと、アーヤも笑い返してくれた。
皆も笑顔で言っているが、目は笑ってない。そして僕を見ている。

「そういえば若武!これからどう行くかわかってる?」

思いっきり話題をそらし、今のことをなかったことにしたが、黒木らへんはそうはいかないだろう…怖いな…。

「あ、そのことなんだけど…」
「…あれ?」

上杉の珍しく少し焦った声が聞こえた。周りをきょろきょろしている。

「アーヤがいない」

その言葉を聞いた瞬間、みんなは軽く話して四方八方に散ってった。
そして僕は、駅とは反対にある道の駅みたいな建物に行った。


「どこにいるのアーヤ…」

建物の入り口は三つありそのうち一つは従業員用。
でも、鍵がかかっていたし、従業員っぽい人たちも正面から入っていたから使えない。
そして一般の人たちが使えるようになっている扉には警備員が必ずいて、どちらも離れていないし、女の子、アーヤを見ていないと言っていた。

完璧に行き詰ったな。皆は手がかりを見つけてくれればいいけど…。
その時、気のせいか軽い悲鳴っぽいのが聞こえた。
携帯電話を一応片手に持ちながら軽く、構えてから慎重に近づいていく。

「いいじゃん。俺たちと遊ぼ」
「え、い、いいです」

二人の男に絡まれていた、その声はアーヤだった。
そうとわかればメールで場所と、簡単な状況を説明して送る。
軽く迷ったが、すぐに写真を撮ってそれも送った。

「いいじゃん、かわいいしさぁ」

明らかに嫌がっている。軽く握りこぶしを作った。
こんなときいつも僕は、もっとみんなみたいに動けたらって思う。

「こりゃあ完璧嫌がってんな」

頭上から上杉の声がして振り返ると、みんなが真剣な表情をしながら立っていた。
「俺がアーヤをそこら辺の茂みに連れて行くから、みんなは目を引き付けてくれ」と黒木が言った。
いつもは、反発しそうな若武も真剣な顔でうなずく。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.57 )
日時: 2016/11/20 23:58
名前: うさぎちゃん

参照700おめでとうございます!え、更新ペース、このままでも十分ですよ、私は!
更新してもらえるだけで嬉しいですからっ!!

アーヤ、やっぱりモテるんだなぁ。ナンパされてる…って、そんなとこじゃ無かった!
みんな、アーヤを助けるのだよ!!
頑張れ、みんな。
そしてみささんも!!

PS.なんて呼んだらいいですか?みささんかミカンさんで迷いましてっ!一応みささんにしてますが、聞いた方がいいかなぁ、と。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.58 )
日時: 2016/11/23 10:06
名前: 立山桜  

忙しかったからコメントはできなかったけどちゃんとみてますよ!やばい(^^;)(;^^)アーヤを助けてー!チームワーク大事だよー!みかんさんファイト!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.59 )
日時: 2016/11/23 20:33
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


*うさぎさん*

更新ペースはまざあっちに置いておきます(笑)
そうです、アーヤはもてるのです<(`^´)>
はい、頑張らせていただきます!
呼び方は好きな方で構いませんよー(o^―^o)ニコ


*立山桜さん*

忙しい中、このスレに来てくれてありがたいです(´;ω;`)ウッ…
見てくれてるだけでも、幸せです。
そうですね、チームワークが大事!
くれぐれも、誰かが目立ちたいからといって出しゃばらないようにしないと(笑)


* * * * * * * * * * * * * * *


【上杉side】

若武がてっきり行くと言うと思ったが、意外にも黒木が言った。
しかも、若武は何も言わないでそれを承認した。
アーヤをちらりと見ると、顔が恐怖に支配されている。
出てぇ…。でも、その時の感情で動くとチームワークが乱れちまう。

「Go」

若武の声で、皆が一斉に飛び出す。
アーヤの顔が、一瞬和らいだのを見逃さなかった。

「ねぇ、お兄さんたち何してんの?彼女嫌がってんじゃん」

若武が背後から声をかけ二人が振り向いた瞬間黒木がさっと回ってアーヤに近づいた。
そして、ささっとほかの茂みに連れていく。
とにかく、アーヤの安全は保障された。そろそろか?

「お兄さん、じゃあ、僕たちと遊ぼうよ!」
「お前ら何言ってんだ。おい、こいつら知り合いか…っていない!!」

間抜けな奴らめ…。
今頃アーヤがいないことに気づいたとか。今はしっかり黒木がそばに…なんか心配だな。

「どういうつもりだお前ら…」

二人の男は、頭にカット血が上ったような顔だ。
でも、はっきり言ってこっちの方が切れたい。
アーヤを…これ以上は言えないが、とにかく怖がらせるだなんて…。

「お兄さん、なんか襲ってる時っぽい写真俺持ってるんだ」

若武が自分のポケットからひらひらと携帯を出す。
男が一人若武に飛び込んで携帯を奪おうとしたが、携帯は、小塚の方へパス。
小塚に向かって走った男を若武が足を引っかけて顔面から転ばす。
その背後にもう一人の男の影が映る。
間に合わない…そう思ったとき男が急に止まった。

「いってぇ」

隠れた方の茂みを見ると、黒木が石を持っていた。
アイコンタクトをして、黒木が投げた石が当たると同時にタックルをして転ばす。
こちらも顔面からヒット。

「ふぅ」と一息をつく。そして、アーヤの方を振り返る。
いつの間にか、黒木がいたところには小塚がいて一緒に震えていた。
何でだろう、という気持ちよりも安全でよかった、という気持ちが先だった。

「ア―ヤ大丈夫か」

若武が近づくときに言った。
アーヤはまだ硬直した顔で「大丈夫、ありがとう」と答えた。

「何があったの?」

黒木が軽くひざを曲げ目線を合わせながら聞いた。
本当に女の扱いなれてるな…。
すると、ゆっくりと成り行きを伝えてくれた。

「私がね、島崎さんにあいさつした後、みんなのところに行こうと思ったら、後ろに何かつけられて…。動いたらこれの引き金を引くって言われてあの辺まで来たんだけど…」

そういいながら近くの木を指さす。
でも、そうしたらどうしてここにいたんだ?

「周りの視界が開けたときに、一瞬スキがあって逃げたんだけど、結局こんな感じになっちゃった…」

居心地が悪そうに話すアーヤを見て、俺は決めた。
後の三日間は、ぜってーアーヤを襲わせねー。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。