二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.50 )
日時: 2016/11/12 20:06
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


参照600行きました!
ちなみに、最初に気づいた時の反応は。

「ああ、600ね、うん600…600?!」

という感じです。

これからは、ちゃんと更新するつもりです(`・ω・´)

では本編だぜ

* * * * * * * * * * * * * * *

【黒木side】

早めに席をとることも大事だけど、アーヤの動きを見るようにしなきいとどこにすわるかわからない。
座った瞬間、隣に行けるように。
アーヤが座った瞬間、怪しまれないように隣に座る、と同時に反対側は上杉が座った。
俺の横には、若武が座った。
いつもなら、いろいろ言ってくるのに、どんだけお腹減ってんだと思って苦笑した。

「小塚くーん、はやくはやく!!」

アーヤの笑顔の方向には、小塚が一人とぼとぼ歩いていた。
アーヤ…その笑顔、思いっきり俺達には逆効果なんだけど…。

そして、小塚が戻ってくる前に、サンドウィッチを皿に一つずつ…あれなんで一皿だけ二つ?
皆の顔を盗み見ても、みんな頭にはてなマークを浮かべるばかり…。
まぁいいや。

「はいどーぞ」

一皿ずつアーヤが渡していく。
その時に落ちてくる髪の毛をうっとうしそうに耳にかける姿が女子でかわいい。

「上杉くん」
「ありが…あ」

上杉に配られたのは、一つだけ二つ入ってたお皿。
どういうことなんだろう。
にっこりと上杉に笑みを浮かべると、眼鏡をかけ直したりして気づかないふりをしていた。
そこで声を上げたのは若武先生。

「おいアーヤ。なんで上杉だけ二つなんだよ、ずりーよ」

ふてくされてるけど、ただ単純に食べたかったって感じだなこれ…。
でも、こういうときは若武先生の大胆さが案外役に立つ。

「え?特に大きな理由はないけど、さっきパン買ってくれたからそのお返し!!」

えへへ、と笑うアーヤ。
俺たちは、その笑顔を見ると動けなくなってしまうのが残念なところ。
でも、こりゃ、一本取られたな。

「上杉やるじゃん」
「まぁな」

ニヤリと笑った。
計算済みってところかな?数の上杉。

「え、ねぇねぇ何をやったの?」

俺たちの中で意味が分からなそうに首をかしげるアーヤ。
無意識にやってるところがすごい…そして怖い…。

「なーなー、食おうぜ!!」

若武は目をキラキラさせていった。
いや、こいつもう本当になんなんだろう…。
でも、俺もちらっとサンドウィッチを見るとくぎ付けになってしまった。

「食べよっか!!」
「そうだね」

小塚が、言ってアーヤが肯定する。
ちょっと距離が縮んだように見える。気のせいか?

「いただきまーす!!」

そういって先陣を切って食べる若武を見ると、ガキみたいだ。
でも、誘惑にはみんな勝てない。
そしてみんなも静かに「いただきます」と言って手に付けた。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.51 )
日時: 2016/11/12 23:10
名前: うさぎちゃん

>>49
おお、ポッキーの日☆私食べてないやー。ふふ、ポッキーゲームの危険版はダメなんだぞっ☆
っておおーい!!若武ぇぇえー!!アーヤに危険バージョン教えないでっ!!純粋で可愛いのがアーヤなんだから!!!!

>>50
黒木くん、さっすが♪さりげなく隣取るなんて。
上杉くんにはお返しで2コかぁ。やっぱ、やさし・・。and天然の小悪魔系??
髪を耳にかけるとことか、あぁーーーー!!!ってカンジだった(笑)

(祝)参照600☆おめでとーございます(≧~≦♪
これからもがんばってください(*^^*)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.52 )
日時: 2016/11/14 19:39
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


うさぎさん
はい''`ィ(´∀`∩これからも頑張ります!


あとお知らせが…。

名前を改名させていただくことにしました。

ミカン → みさ

です。

他のところでも私はちょくちょく現れているのですが、もういっそ一つにまとめたろ、ということです。
なので、プロフィールも変えます!

もし、なりだと疑っておりましたら、今夜中にできるだけミカンを消して、みさにするのでよろしくです(o^―^o)ニコ


* * * * * * * * * * * * * * *


【若武side】

「いただきまーす!!」

どうにも我慢できなくて、一番に食べてしまう。
正面から、視線を感じて顔を上げるとアーヤが不安そうな顔をしてこちらを見ていた。
俺は、「うめーよ!」と言おうと思ったけど、一気にほおばりすぎて何も言えなかったため、右手でグッジョブをする。
すると、アーヤは胸をなでおろしサンドウィッチの弁当が入ってた袋から何か出すと、手をふき始めた。

「アーヤ!僕ももらっていい?」
「うんいいよ」

すると、一回閉じてから何かを回す。
覗き込んでみるとウェットティッシュだということが分かった。

「俺もいい?」「あ、俺も…」そういって、俺を飛ばして回してしまった。
てか、なんで俺は無視されてるんだよ…。

「まぁまぁ若武先生。もう食べちゃってるし、しょうがないよ」

え…。
確かに見てみると、俺以外のみんなは手を付けてはいるものの食べてはいない。

「今、お前の体の中にどれくらいのウイルス、細菌が入ったかわからないぜ」

上杉は、不敵に笑う。
さすが、病院の息子といったところか?
てか、今の自分の体にたくさんの細菌がいると思うと気持ち悪くなってきた…。

でも、こんな格好じゃ、リーダーとしてだめだ!!
最後に何か反論をしておこう…。本当のことを。

「しょうがねえじゃん。アーヤのおいしそうだったから…」

皆の顔から笑みが少しずつ消えていく。
あ、やべぇ。俺今結構やばい…。
あの小塚も怒ってる。顔は笑ってるけど、目が完璧にマジだ…。

「若武本当?」

アーヤは一人だけ、違う反応を見せる。
ま、そりゃそっか。みんなアーヤ狙いだしな…。

「ああ、うまかったぜ」

本当のことだからしっかり自信をもって言える。
というか、胸を張って少しでも上を見ないとみんなの視線で俺串刺しになる!

「良かった…」

さっきも伝えたはずなのに、やっぱり言葉の方が安心するのか…。
俺は、視線のことも忘れて、再びサンドウィッチに手を付けた。

あいつらも諦めたかのように口に運んだ。
口に入ってモグモグ動かしていると、みんなの頬が緩んでいる。

「あ、うめぇ」「これなら若武先生がこうなるのも仕方ないか」「アーヤおいしいよ」といろんな声が上がっていた。
アーヤは顔を真っ赤にして、うつむいていた。
あー、かわいい…。
周りも、うつむいているのをいいことにじっと見ている。
その顔はほんのり赤い…。

「あ、ありがとう」

アーヤの口から出てきた言葉はものすごく小さかったけど、みんなにはまっすぐ届いていたためみんなも顔をうつむくはめになった。
俺は、照れ隠しにとは言えないが、一気に詰め込むと「ごちそうさま」と言って仰向けにレジャーシートの上に寝転んだ。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.53 )
日時: 2016/11/15 19:37
名前: うさぎちゃん

あ、統一するんですか?
なりすましだ、と私は思いませんよっ!!
みさという名前のときを知ってるからですけど♪
あー、今帰ってきたばっかりですごくお腹が・・・<ぎゅるるる・・> 私もサンドウィッチ食べたい~~~~☆
続き頑張ってくださーい(≧∀≦♪

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.54 )
日時: 2016/11/18 22:44
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


皆でサンドウィッチいいかも…。

今回は、最後にキュンキュンさせます(`・ω・´)シャキーン

楽しみにしてねー(笑)


* * * * * * * * * * * * * * *

【バス内】

皆は、お昼を食べ終わると、一人一人が分担して片づけを進め車に戻っていった。
車の運転席では、島崎さんが軽く眠っていて起こすかどうするか迷っていたけどアーヤが自分のサンドウィッチを口実にして、自然と車の出発を促した。
出発した時間は、十六時十七分ぐらいだった。


そして、岡山県につくまで何かみんなでできるゲームをやることにした。
何がいいかみんな考えたけど、上杉が、「王様ゲームは?」といったことでそのゲームをやることにした。
もちろん、男子には楽しむ以外にもアーヤとの距離をもっと近づけるということもあったのだが…。

「王様だーれだ!!」

適当な紙切れを五等分に切ってやっていた。
初めの王様は、若武。

「よっしゃー!俺だぁ!!リーダーが最初なんだよハハハ!」
「早くしろよ」

いきなり苦情を言われたため、ちょっと不機嫌な顔をしたが、すぐに持ち直した。
そして考えるようなしぐさをして言った。

「四番が二番とハイタッチ」
「あ、私が四番だ」
「僕二番」

初めはアーヤと小塚がハイタッチ。
もともと若武が言ったことだが少し悔しそうな表情をしている。

「イエーイ!」

パン!と軽く乾いたような音が響く。
アーヤも小塚も特に変わったところはなくて通常通りだった。

「ハイ次!!」
「王様だーれだ」

皆が一斉に隠しながら自分のを見る。
アーヤがうれしそうな表情で「私だ」といった。

少し考えて、考えて考えて考えて…。
というか、ゲームでどんなに悩んでるんだというぐらいに悩んでいた。

「なんでもいいんだよ」

黒木が軽く助け船を出す。
アーヤもその言葉で決まったらしく「じゃあ…」と前置きしていった。

「一番と二番が握手」

みんなこけそうになる。
王様が女子だから、夢もないし男子同士がただ握手する絵面になる。

「一番俺だぜ」
「二番俺じゃん」

一番が若武と知り、上杉があからさまに嫌な顔をした。
でも、それが本気じゃないってわかってるから若武も軽く「なんだよ」受け流す。
若武普通に手を出す。
上杉は、おずおずと手を出し握手をした。

「では諸君、次だ」

あからさまに上杉は、ウゲ…って顔をしている。


島崎さんに「あと五分ほどで駅に着きますからね」といわれ、皆は声をそろえて「はーい」と返事をする。
王様ゲームはあの後も白熱した戦いになっていた。
少し恥ずかしいことを勇気を出して命令するとなぜか男子同士でやることになる。
でも、男女関係ないことを指名すると、アーヤの確立が高くなる。
つまり、アーヤは恥ずかしい関係の命令を一回もやっていないのである。

「じゃあ、コレ最後」
「王様だーれだ」

皆は最後だからとこそこそ見る。

「俺王様」

黒木は冠マークが書かれた紙きれをひらひらさせる。
そしてフッと微笑むと言った。

「一番は四番にぴったり三十秒膝枕」

もちろん、アーヤが当たることはないだろうと思っていったらしい。
でも、アーヤがおずおずと手を挙げた。

「私…一番」

その隣に腰かけている若武も「四…」と言ってさっきまで威勢の良かった声が飛んでいった。
最後の最後にあたると思わなかったため、みんな少し動揺している。
これはつまりアーヤが若武に膝枕をするということだ。
きょろきょろとして若武は「こっちみんなよ」という。
みんなも、素直にそれに従った。

「カウントダウン行くぞ。五、四、三、二、一…」


三十秒が経ってもすぐ後ろを見ないで少し経ってから見た。
二人は、違う方向を向いていた。一つ共通点を見出すとするなら、まるで林檎のように二人の顔が赤かったことだろう…。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。