二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.39 )
日時: 2016/10/29 21:49
名前: うさぎちゃん

皆様、ハッピーハロウィン☆
おひさのうさぎですー☆わあっ!ハロウィン!!やった~~♪♪皆の仮装気になるーー(>_<♪
アーヤは可愛い衣装かなっ?男子組もかっこいいよね、絶対!!!きゃーーー(≧∀≦☆
めちゃ楽しみーー♪
量多くてもぜんっぜんおっけーですー!!!書いてもらえるだけでとっても嬉しい☆
ちょーーーー鈍感だから少し難しいんですよねー!!なんとなくですけど分かる気が・・・(笑)
続きファイト、オー(*^^*∩

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.40 )
日時: 2016/10/30 15:17
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc

ハッピーハロウィン!!

うさぎさんありがとうございます!

続きかくぞ−!!ファイト、オー(*^^*∩


* * * * * * * * * * * * * * *


今日、若武の家に持っていくのは、なんだろう…。
お菓子?いるかなー…。ノートも持っていくかわからないし…。
そうだ!!

「ママー、カメラってどこだっけ?」
「あそこの引き出し。あ!!いいところだったのに…」

うげっ、あとでなんか言われませんように、と祈りながらカメラを探す。
今日の一枚を撮ってね、ノートに張ろうと思うんだ!
そしたら、ぱらっとめくったとき、なんか嬉しくなりそうじゃない。

「あった」

カメラと、ノートをバッグに詰め込む。
そういえば、結局お菓子持っていこうかなー、どうしよう…。
あ、でも島崎さんの方がうまいし…。まぁ、いっか。


空はまだ明るい。若武の家も、ハロウィンって感じがする。
かぼちゃのランプみたいのとか置いてあって、すっごくかわいい。
これを若武が置いたのかと思うと、少し笑いが漏れた。
チャイムを押すと、いつものように島崎さんが出てきて、みんなはもう着替え始めていると言っていた。

「あの、何時から始める予定なんですか?」
「そうですね、この一時間後当たり…五時くらいだったと思います」

ちゃんと、着替えられるかな…。
それに、今回は髪形もちょっと気にしたいし。

「皆さん、立花さんの仮装を楽しみにしていますよ」
「え?!本当ですか」

そんな…なんか意識しちゃうなぁ。
黒木君は、ドラキュラとか似合いそうだよね、かっこいいし、背高いし。
上杉君は、白衣?なんだろう、いつもクールって感じだから想像しにくいなー。
小塚君は、怪獣とか?あ、でもゴジラとかじゃなくてもっと穏やかな怪獣。
で、若武は…なんかもう全部詰め込んできそう。

「立花さんはこちらで。何かお手伝いしてほしいことがあったら呼んでくださいね」
「お願いします」

中の部屋は小さく家具もテーブルとソファーとベッドと鏡であまり置かれていない。
もしかしたら客人用かも。

ベッドの上には衣装が置かれている。
選んだのは、くるぶしくらいのドレス。パニエっていう、ふんわりしたスカートを穿くの。
色はかぼちゃのようなオレンジで、所々に黒いレースが入ってたり、黒いリボン、コウモリの小さい絵が描かれてたりして結構かわいい。
あとは、おそろいの長い手袋、といっても冬に使うのとは違って、薄い布でできている。。
頭につける小さなオレンジのバラ。そして、両目の周りから頬にかけて隠れる、半分の布でできた黒い仮面。

急いでパニエを穿いて上からドレスを着る。
でも…ファスナーが届かない…。島崎さん今平気かな?忙しかったらどうしよう?!
それに、この下にはTシャツとかも着てないし…。
とにかく呼んでみないと始まらないわ!

「し、島崎さん!」
「はい?あら…」

忙しくなかったらしく、すぐに入ってくると、私の姿を見て驚いた。
その後すぐに微笑んで「きれいですよ」と言ってくれる。

「ファスナーお願いできますか?あと髪とかも・・」
「いいですよ、ではあちらを向いて…」

ジー、と少しずつファスナーが上がり、ドレスはOK。
でも、髪どうしよう。迷っていると、島崎さんが、提案をしてくれた。

「髪がきれいですから、わざわざ結ばないで編み込みをしましょうか」
「編み込みですか?」

そういえば、学校でもやってる子いたなぁ。
私の髪の長さでもできるのかな…。

「お願いします!」
「じゃあ、両側から編み込みをして、下で結んでカチューシャみたいにしましょう。たぶん、見えないはずですから」

鏡の前まで連れてかれ、椅子に座りながらにらめっこしていた。
でもはっきり言ってここからだと髪の編み込み部分がちょうど見えない!!
でもすっごい気になる…。頭を動かしたら島崎さんの迷惑になるし…。

「できましたよ、はいどうぞ」
「わぁ、ありがとうございます…」

ドレスを着て、頭もよくセットしてもらって…。大人になったみたい。
この上に、ピン止め式のバラと仮面をしたら、まるで私が私じゃないみたい…。
最後に、オレンジのバラがついている黒いあまり高く無いヒールを穿く。

廊下にでると、さっきより騒がしい気がする。
まぁ、時間ちょっとすぎちゃったからなぁ。
改めて、仮面をつけた後、長い裾を踏んで転ばないように、早歩きで下に降りる。

確か、いつもの部屋でやるって言ってなかったっけ?
でも、大きな机とかあるし、椅子とかもあるけど平気なのかな?
途中にあった窓に目を向けると、もうあたりは暗くなっていた。
でも、逆にそれもいい気がする。


ドアの隙間から温かな光が漏れている。笑ってる声や、話している声が聞こえる。
ここでがっついたらこの服装もあれだしね、大人で行かなきゃ。
コホン、と軽く咳払いをして、優雅にドアを開けた。


* * * * * * * * * * * * * * *


でも、やっぱり分けさせてもらいますね。

多分、今回はアーヤちゃんに関してのことしか書かれてないから、面白くないかも(笑)

今回、書いててグダグダしてるって思ったので(笑)

一応、アーヤちゃんはドレスです。ご想像してみてね(o^―^o)ニコ

明日でラスト!!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.41 )
日時: 2016/10/30 16:39
名前: うさぎちゃん

ハッピーハロウィンなのですー♪
最初のとこ私が言った言葉アレンジして出てきて、びっくり!!なんかうれしい!!
アーヤの仮装、想像しました!仮面舞踏会みたいな感じなんですね♪
他の4人はどんなのだろうかと、楽しみです〜☆
アーヤの髪型、あれすっごい可愛いですよね!!アーヤ、あの髪形絶対に似合う!
島崎さんもさすが!いいなぁ、いろいろ器用で。
明日は、ハロウィン!平日で大変かもだけど、更新頑張ってください♪
フレフレ、ミカンさん☆ファイトだファイトだ、ミカンさん☆

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.42 )
日時: 2016/10/30 19:13
名前: 立山桜  

きゅんきゅんしまくってたいへんなことに…← あぁ。私も彼氏と別れなければハロウィーンパーティーできたのかなぁ…。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.43 )
日時: 2016/10/30 22:26
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


明日中には無理そうなので、今日もう上げちゃいます!

うさぎさん
うぐぐ、まねできない(笑)

立山桜さん
彼氏とデート…はぁ…(笑)

ごめんなさい、全然甘々じゃないです…(´;ω;`)
本編で頑張ります…。

* * * * * * * * * * * * * * *


「おお、アーヤが来たみたいだ…ぜ」

ちなみに私は、ここで一礼をした。
ほら、よくやるじゃない?スカートを持ち上げてやるやつ!
そして、顔を上げてみると、意外にも、みんなタキシードだった。
あ、若武だけヴァンパイアだけど…。
やっぱりみんなも、パーティーの方を意識したのかな?

そういえば、さっきからみんなの反応がおかしい…。
若武は、すっごい赤い顔でこっちをがんみしてるし、上杉君は、仮面で少し見えないけど、頬を赤く染めて横を向いている。小塚君は、ポット頬を染めてアワアワしている。
黒木君はというと…。

「おお、きれいな方だ」

片膝をついて、私の手を取り、甲に…キスをした…?!
どうしょう!!仮面をつけているからってばれちゃうよね?!
他のみんなもなんか目が怖いよぉ!!

「僕と一曲踊ってくれませんか?」
「え?」

焦ったときに、黒木君が耳元で「大丈夫アーヤ、リードするから」ささやいた。
いやいや、リードの問題じゃないんだけど…。
そう思ったときには、黒木君の手と私の手は繋がれ、もう一方の黒木君の手は私の腰に、私の手は肩に置いてあった。

「アーヤ、きれいだよ」
「黒木君もすごい似合ってる…」

細身で長身でいつもミステリアスな雰囲気をまとっているから、余計にタキシードと仮面の組み合わせがいいのかも…。
それより、すごいドキドキしてる…。

「ハイ上杉」
「えぇ?」

すっと手が離され、上杉君の方に私は流れていく。
ちょうど、ついた瞬間に、さっきのような態勢になっていた。
う、ここでミスったらコレだから女はとか言われそう…。

「もっとゆっくりだアーヤ。焦るなよ」
「う、うん」

仮面の中の切れ長の目はいつもより穏やかで優しさを増していた。
黒木君から上杉君って…これ学校だったらどうなってたことだろう。

「明るい顔の方が似合うぜ、お姫さん」
「う、上杉君?!」

普段彼が言わないようなことを言われて顔をハッと上げる、その時には小塚君にパスされていた。でも、顔が赤かったのは気づいてるからね。

「可愛いよアーヤ。仮面外しちゃえば?」
「ありがとう小塚君、小塚君も似合ってるよ」

いつもおっとりした性格の彼が、仮面をつけると違う人みたいで面白いの。
それに、緊張しないから肩の力が抜ける。

「みんなで、アーヤがどの服で来るか予想したんだ。で、見事に当たったのが…」
「当たったのが…?」
「ハイ若武」

え!そこすごい気になるんですけど!
ていうか、若武だけタキシードじゃないし、それに仮面を被っていないから思い切り顔が分かってしまう。

「アーヤ、やっぱりその服だと思った。その服が似合うと思った」
「え?」

もしかして当たったの若武?
若武の顔はいつもより硬い。緊張してんのかな?

「若武顔硬いよ」
「んな?!はぁ、お前はさぁ…。ま、いいや」

若武のその時の、キラッとした目がすごい素敵で…。
ドキッとした…。
瞳の中にまるで星があるみたいで、すっごく素敵だったの…。

くるくると最後に回り、踊りは終わった。
最後に若武が思い切り一礼をした。
やっぱり、いつもと同じだ…。

「アーヤ、可愛いよ」

皆でまた中央に集まったときに、黒木君が胸ポケットに入れていたバラにキスをし、私の髪に刺した。もう、さすがとしか言いようがない…。
上杉君も、ぎこちない感じで、キスはしなかったけど、髪にバラをさす。小塚君も。

ちょうど、島崎さんがいろいろ持ってきてくれた。
そうだ!今なら私の案聞いてもらえるかな?「どうする?」と話している中で提案をした。

「写真撮ろうよ!」
「お!ナイスアイデア」

そして私はあらかじめ持っていたカメラを取り出し、島崎さんに渡す。
私が立っていると、後ろで急にじゃんけん大会が始まり、一番で勝った上杉君が私の隣に、次に勝った小塚君は上杉君の反対の私の隣に。
その二人の横に、黒木君、若武と並んだ。

「いきますよー、はいチーズ」


家で、ノートをめくっていると下から私を呼ぶ声がした。
「はーい」と声をかけ下に降りる。ちょうどその時風が家に流れ込む。
ページはパラパラめくれあの日のみんなの写真のページにめくられた。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。