二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.34 )
日時: 2016/10/16 00:46
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


更新遅れて申し訳ないです…。

テストがあって、さすがにこれは取らないと私も大変なことになるので、放置状態になっちゃいました。
こんなミカンを嫌いにならないでね(´;ω;`)

あと、人気投票は、11月までに決まりました!
ちなみに引き伸ばさないと思います!…多分…。

そして…。

参照300ありがとうございます!

このままアーヤと一緒に頑張るぜ!!


* * * * * * * * * * * * * * *


【上杉side】

出しゃばったマネしちゃったかな。
でも、これは本当にお礼の気持ちだから。
でも「ありがとう」って急に言われたら、俺「別に」って答えるしかねーじゃん。

「はぁー」
「う、上杉君…」

「ア、アーヤ?!」何でここに?
今の話、口からもれてなかったよな!

「その。顔が、やっぱり買わなきゃよかった顔しててその…」

え、じゃあ俺が怒ったんじゃないかって心配になったってことか。
勝手に自分で買って、勝手に怒り出すとか…。
俺は若武みたいなバカじゃないからそれはないな。

「?」

なんでだろう、いつの間にかアーヤの頭を撫でてしまう。
アーヤは嫌かな…。顔が気になるけど…顔見んの怖いからいいや。

「う、上杉君!時間!!」
「え?…やべっ!」

置いてあった時計を見ると、二十七分を指していて、集合時間まであと三分だった。

「アーヤ行くぞ!」
「う、うん」

あ、俺若武と同じことしてる。
今は手首だけど、あっちに着いたときは恋人つなぎになってたりして…。
そんなことを思いながら、全力で走った結果、二十九分に着いたのだった。
そして、恋人つなぎもしていなかった。あいつどうやったらできたんだ?


車に乗ってしばらくした時だった。

ぎゅるるるるー

車の中でひときわ大きいおなかの音がした。

「誰?」とアーヤが聞く。
いや、それきいて出てくるっやつがいたら、馬鹿だろ。

「あ、俺」

それに対し皆「若武うるさいよー」と声をかけている。
さすが若武。いえるとか。

「みなさん、今岡山県です。三時半まであと少しです。遅い昼食になってしまいましたね。食べましょうか」

島崎さんが聞いてくる。
皆若武を見て、ため息をつく。そして俺は静かに「食べましょう」と呟いた。

「わかりました。あと十分ほど待ってください」
「まじかー!」
「うるさいよ」

アーヤが少し頬を膨らませて言うと、若武は、さっと窓の方を向き黙った。
「ほら、やっぱり私は怖いのよ!」と小塚に自慢げに話しているが、「ハハハ…」と苦笑いされていた。
そりゃ、アーヤが怖いんじゃない。
動作一つ一つが、アーヤは何気ない動きかもしれないけど、俺たちには怖いんだ。
これ以上、好きになってしまうことが。ハハ、てかそれはそれで充分こえーや。


「上杉君?」
「え?あ、アーヤ」

「外出よう!」と言って、車から出て行った。いつの間にか、車は原っぱみたいなところにおいてあり、皆も、出ていた。


* * * * * * * * * * * * * * *

ちなみに移動する場面は結構長く書いてしまいますが、一番これ書いてる時に大変なのって、時間でした…。
調べて、できるだけ削る。それを繰り返してやっと終わった感じです(苦笑)

ここんところ更新できなかったお詫びにも、ハロウィン編で、みんながドキドキするようなものを書くぞ!という志を持って頑張ることが目標です(笑)


__ハロウィン編まであと15日

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.35 )
日時: 2016/10/16 01:05
名前: うさぎちゃん

うさぎですー、どーもですー!
テスト!私もです!!テスト期間が大変…。
って勉強してないケド…。
気ままなバカなんです、私。
あー!小学生に戻りたいー!
去年に戻りたい〜(泣)
中学恨むべし。
てなことより、ハロウィン!
ドキドキにするの待ってます!
頑張ってください!!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.36 )
日時: 2016/10/21 00:13
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


そうですよね(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
でも、ハロウィン、クリスマス、正月などイベントはある!!

そこで、皆さんが頑張れるようにします(o^―^o)ニコ

* * * * * * * * * * * * * * *

【小塚side】

おなかすいたな。そしてアーヤが作ったお弁当を、食べれるなんて嬉しすぎる!

「わー!!」

若武どうしたんだろう。
いつも以上にはしゃいで…。

「どうしたの?…おー…」

出てみると、なぜはしゃいでいるのか分かった。
草原?よりは広くないけど…草が生えてて、空気がおいしい気がする。
珍しい生物とかいそうだな…。

「どこで食べる?」と聞くと、上杉と一緒に出てきたアーヤはぶんぶんと頭を振って、「あそこはどう?」と指をさした。
ベンチがあり、昼食をとるにはちょうどいい場所だった。

「いいね、あそこにしよう。アーヤありがとう」

ほほ笑むと、アーヤも微笑み返してきてくれた。
そして、皆からは怖い視線が返ってきた。

「ははは、本当に怖いな…」

つい言葉に出してしまったらしく、アーヤが振り返って、言った。

「小塚君外で食べるのとか苦手?」
「大丈夫だよ!あ、ありがとう」

勘違いしてる!!
それよりも、心配してくれたことが嬉しい!!

「小塚君、行こう?」
「そうだね」

多分アーヤと一緒にゆっくり行ったら、目線が怖い。
アーヤの背中を軽く押し、「早くいこ!」と声をかける。
「きゅ、急に?!」と驚き、躓いたがすぐ態勢を直し、背中に置いていた手は必要なくなった。


アーヤ、もうあそこまで行っちゃった。
僕は、手が離れたらもう歩いちゃったからなぁー。運動おんちはダメかな?

「小塚くーん、はやくはやく!!」
「今行くよ!!」

そういって、もう一回走り出したものの、やはり、肺がもうギブアップしてる…。
てか、あいつら何で笑顔振りまいてんの?むかつくな…。
いつの間にか、いつもより速く走っていた。
まぁ、理由は簡単だけど。


「いただきまーす!」

もう、僕が付いた時は、皆がシートをひいてある状態だった。
あ!アーヤの横取らなきゃ!と思ったけど…遅かったか。
もうちゃっかり、前に座っていた上杉と黒木が横になっている。しかも、こういうのに一番うるさそうな奴は、おなかがすいたことしか考えてないんだろうし…。

「ハァ―…」

座りながらにため息をつくと、アーヤが「大丈夫?」と声をかけてきた。
もちろん、今ので精神的に回復はした。
ただ、皆の視線攻撃というのはとても強力でどこかが傷付く。
「ま、いいや」小声でつぶやき前を見ると、ちょうどサンドウィッチを一人一個…いや、一つだけ二個だ。島崎さんは休んでて、食べないらしいけど…。
アーヤの残りが、五個だが大丈夫なのだろうかという思いと、その例の皿は誰のかを考えるのに必死で、自分に回ってきたサンドウィッチに気付かなかった。
そしてその皿も回される。


* * * * * * * * * * * * * * *

うん、キャラ崩壊でしょ?知ってるよ(´;ω;`)

でも、頑張るぜ(`・ω・´)


__ハロウィン編まであと10日

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.37 )
日時: 2016/10/24 21:01
名前: 美羽 ◆f3vSJydUxk

面白い❗更新頑張ってね❗(*´∀`*)ノファイト!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.38 )
日時: 2016/10/29 21:03
名前: ミカン

【ハロウィン編 前編】

「よぉ」

チャイムを鳴らそうと思ったときに急に出てきた。
まるで私が来るのを待ってたみたい。
だから、驚いて固まってると、若武の後ろから、黒木君、上杉君、小塚君の顔が見えた。

「とにかく入れよ」

若武が前をつかつか歩くのを追いかけているときに、小塚君がそっと話しかけてきた。

「若武ね、アーヤ来るの待ってたんだよ。だから、僕たちだってわかった瞬間の顔はもう本当にひどかったんだよ」

あー、でも若武ってそういうのすごいよね。
とにかく派手に演出したい塊みたいで。

「あいつさぁ、あまりにも悲しそうな顔するぐらいだからよぉ、こっちが本当に悪いみたいにも見えたんだぜ」

上杉君が、やれやれという感じで言った。
待っててくれたんだ…。心の中で、若武が楽しそうにキラキラさせた眼をしながら待ってる様子を考えると少し私もうれしくなった。


書斎のドアを開けると、革のにおいが漂ってくる。
やっぱりこの部屋って大人っぽくて素敵。

「諸君、今回みんなを集めたのはあることをやろうと思ったからだ」

皆の目を見ると、目がキラキラしていた。
私は電話で「事件じゃない」って言われて、あんまり乗り気じゃないんだけど、みんなは知ってるのかな?

「今度、ハロウィンパーティーを行う」

ハロウィンパーティー?
大事なことなのかな?でも、大人の黒木君や、いつも事件以外はつまんなそうにしてる上杉君だって、楽しそうにしてる。
それに、私も、実は心はドキドキ!

「でも、仮装衣装なんて持ってないぜ」

た、確かに。
パーティーとか初めてだし、それにいつもは家でささやかにお菓子をもらうだけ、しくしく。

「そこはもう配慮してある。な、黒木先生」
「ああ」

大人の雰囲気を身にまとった黒木君は長い足を曲げて立ち上がる。
ガキの若武とは違って、かっこいいんだ。

「若武には事前に知らされてたんだ。衣装を何着か持ってきてほしいって。パーティーの日じゃ遅いから、今日もう決めておいてほしいんだ。あっちの部屋にある」

そして違う部屋に入っていくのを追いかける。
中に入ると、そこでは島崎さんが、ハンガーに衣装を何着かかけているところだった。
「ヒュー」と上杉君が尻上がりの口笛を吹く。
本当にすごくて、ドラキュラとかゾンビとか魔女とかたくさんの洋服が…。

「これ、もう趣旨違くない?」
「本当だ」

小塚君が持っていたのは、タキシード。ハロウィンにタキシードって合わない気が…。

「パーティーっていうからさ」

ずっと衣装を手にとっては「おお!」と声を上げていた若武は急に振り返ってゴホンとわざとらしい咳払い。
上杉君は、ウエッて顔をする。

「もう衣装を事前に知ってるのはつまらないだろ。だから一人ずつ着ていこう!じゃ、kzのリーダーである俺が…」
「最後だよな。ここお前んちだし。それとも?わざわざ最初に行くってわけじゃねーよな」

うぐぐ、とした顔を見せたらもうはっきり言って、その通りだって言ってるようなもんなんだけどね。でも、ここから好きな服を選べるって…楽しみ。

「ああ、もちろん俺が最後だ!で、最初は誰だ?!」

半ば逆切れの答え。
それに対して黒木君は、「じゃあ、じゃんけんでいいだろ」と大人の対応。
こーゆーのも、リーダーに必要だと思うんだけどな…。

そして、じゃんけんの結果、小塚君、黒木君、私、上杉君最後が若武になった。
小塚君を部屋において、私たちは下に降りた。前の人が終わるとどんどん次の人が入っていって、思ったより時間はかからなかった。
男子って決断力あるなぁ、って改めて思ったのは改めて私が部屋に入ったとき。

「立花さん、どれにしますか?」

島崎さんが話しかけてくれなかったら、ずっと見てたと思う。
でも、いいなって思うのはあったんだよ?

「これって…」
「かわいらしいですね、一回着てみますか?」

腕を通していき、鏡で自分を見てみると、自分が自分じゃなくなったみたい。
私は、ほかの服も気になってたけど、すぐに決めれたんだ。
ちなみにそれは、部屋で待ってるときに、私が「早く決められなかったらごめんね」って先に上杉君に言っておいたんだ。
だって遅かったら、コレだから女はとか言われそうで嫌なんだもん。
でも、切れ長の目にフッと笑いを含んでこう言ったの。

「迷わなくていいさ、他に着たい服があったらまた来年もやればいい。そうだろう?」

私は来年もあるって保証されてるみたいでうれしくて「うん」って答えたんだ。


* * * * * * * * * * * * * * *

これは前編。
中編つくろうかな…。でもなー…。
ちなみに後編だけだとはもっとおびただしい量になるから気を付けてね(o^―^o)ニコ

今日から、三日間最初に「ハッピーハロウィン」ってつけてね!

これは全部アーヤしてんだから面白くないかもしれないし、ちょーー、鈍感だから甘々にならないかもしれません…。

よろしくです…。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。