二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.28 )
日時: 2016/10/05 21:41
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc

(人''▽`)ありがとう☆美羽!

でも目指すは…1000ぐらい(笑)


ちなみに問題!!10月と言ったら?(ヒント:パンプキン)

* * * * * * * * * * * * * * *


【立花side】

あれ?なんで黒木君と上杉君悲しそうな顔をしてるのかな?
まぁ、さっきみたいにどうせ、女子にはわからないことだってあるだろーし、いいけどね。

「アーヤ、トイレ行こうぜ!」
「ちょ、待ってよ若武!」

もうガキ。
本当に話聞かないんだから…。

「どうしたの、アーヤ」
「あ、黒木君。そうだ、あいつに女子は反対側って言ってもらってもいい?」
「いいよ」

うぅ、黒木君のスマイル、眩しい!
要件は頼んだし、急いで行ってこよー!


「結構混んでたかも…」

時計を確認して、まだ五分しかたってないことに、安堵する。
女子トイレっは、なぜか混んでいた。

「アーヤおせーよ」
「ごめんね、混んでて…。って、若武?なんで?」

外に出ると、若武が立っていた。
あ、女子トイレの前にね!だから、ほとんどの人に、変な人と思われてると思う。

「あっちに、皆いるんだ。行こうぜ!」

そういうと、私の手首を掴み走り出した。
わ、若武?!
どうしよう、私。絶対顔赤くなってるよ!

「着いた!」

若武に連れられて戻るとみんなはもう戻っていた。
「遅いよ!」「わりー」と会話を交わしている若武を見る。

「おい若武。いつまで立花の手握ってるんだ?」

上杉君の低い声が空気中に響く。
あ、本当だ。てゆーか、さっきまで手首だったよね?どうなってんの?
しかもこれって。まさか…。

「俺たちの前で若武恋人つなぎしてるけど、お前、それなりの覚悟してるんだろうな???」

黒木君怖い。
なんてゆうか、えーっと蛇に睨まれた蛙!って感じ。
だっていつもあんなに堂々としている若武がこんなにたじろいでるなんて。
手が急に離れた。
いや、ちゃんと言うと離された。

「若武、あんまりつないでると、アーヤ可哀想だよ?」

と小塚君が笑って言って、手を離したの。でも目は…ね。
てか、若武あの小塚君さえ怒らせるって…あんた何やったの?

「そういえばみんなはお弁当買いに行きなよ!私ここで待ってるから」
「え?アーヤは?」
「私は、昨日サンドウィッチ作って、持ってきてるから」
「そっか」

じーっとこっちをみんなは見てくる。
私だけ持ってきてたから怒っちゃったのかな…。

「ちなみに、誰が作ったの?」
「私が作ったんだ」
「何個?」
「え、十個ぐらい、かな?」

今度は、皆下向いちゃった。
なんか目配せしてなんか伝えようとしてる?!

「アーヤ、その、僕たちもほしいなーなんて…?」
「え?!」

そんな!私のをた、食べるなんて!
嬉しいけど!感激だけど!いいのかな…?

「……」

でもやっぱり食べてほしいからいつものように、わざとテンションを落として。

「だ、ダメだよね」
「…別に」
「え?」
「だ、ダメとは言ってないもん!」

なんか恥ずかしい!絶対私のキャラじゃない!
横目で皆を見ると、顔を赤くしている。怒らせちゃったかな?

「いいの?!やりぃ!!」

若武が言ったとたんにみんなも顔をほころばせて、口々に「楽しみだなー」とか「ありがとうアーヤ!」といった。

「う、ううん!」

よかった、怒ってなかった。

「じゃあ軽く買っていこ!」

ってなって私が一個パンをもってレジに並ぼうとしたら、上杉君がとって、「礼に買うよ」といって、買ってくれた。
あとで「ありがとう」って言ったら顔を赤くして「別に」って言って戻っちゃった。
怒らせちゃったのかな?


Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.29 )
日時: 2016/10/06 19:54
名前: うさぎちゃん

またまたお久しぶりになってしまいました・・・。
アーヤいろいろ勘違いしてるよ~~!
きゃーー♪若武と恋人つなぎ!!!羨ましい!!
アーヤの手作りサンドウィッチへの皆の食い付きがすごい!
でも、その気持ち、分かるよ。
皆「「「「「なんでそんな偉そうなの / よ / んだよ」」」」」
あはは、ですよねぇ。すみません(-_-;)

とにかく更新頑張ってくださいね v(*^^*)v

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.30 )
日時: 2016/10/08 14:26
名前: ひより ◆/73ORiYgDY


アーヤもひとつひとつの仕草が可愛い…//
更新がんばれっd( ̄  ̄)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.31 )
日時: 2016/10/08 22:45
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


うさぎさんありがとうございます(o^―^o)ニコ
若武と恋人つなぎ…確かにいいな…。
あれですよ、もう私の妄想何で、kz好きの女子がこうだったらいいなぁーとかそんなのを入れてるんで(笑)

ひよりさんありがとうございます(o^―^o)ニコ
そうですよね。アーヤは一つ一つの動きが何気に男子たちに攻撃を…って感じにしたいので(笑)
更新頑張ります(''◇'')ゞ


*お知らせ*

そうです、皆さんがお答えされたように(本当はされてないけど)あの問題の答えはハロウィンです♪

ということでハロウィンの番外編を31日に更新します。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.32 )
日時: 2016/10/08 23:05
名前: うさぎちゃん

どもっ!うさぎですん。
ハ、ハロウィン!!超絶楽しみっっ(((o(*゚▽゚*)o))) (>>31のことです)
今までこんなにハロウィンを楽しみにしたことない!!
彩「毎年特に何も無いからでしょ」
…ソウデスネ…。ナンカ、カナシイヨ…。
てなことは置いといてっと、ハロウィン編も頑張って♪

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。