二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.24 )
日時: 2016/09/28 21:32
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


立山桜様

清き一票は、我がしかと受け取りました(笑)



あと参照200ありがとうございます!

終わりはまだまだ見えてきません、てかまだ始まりも見えてない…。

私的には、まだ終わりが全く見えないけど、まるで二十四時間テレビの開始五分のマラソンのゴールぐらい見えないけど、この一話終わったら、違う話書きたいんですよねー。

二話、ってことで…。

で、そのときは二学期ってことがいいんですけど二学期の舞台何がいいんでしょうね(笑)
てかなんでこの段階でこんな話ができるんだろう(笑)


まぁ、そんなことよりミカンは毎日…三日に一度ぐらいに精進するので応援お願いします!!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.25 )
日時: 2016/09/29 07:42
名前: うさぎちゃん

お久しぶり・・・ですかね?うさぎで〜す☆
参照200おめでとうございます♪
終わりが見えてなくても問題ないですよ!だんだんと見えてくるものですよ・・多分・・。
二学期の舞台ですか!楽しみです〜☆彡


感想
アーヤが赤くなるの、分かるよ!!私もヤバイと思う!!
紙には何が書いてあるんだろっ。

感想短くてゴメンナサイ・・・。
更新頑張ってください(*^^)v

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.26 )
日時: 2016/10/01 21:49
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


うさぎさん、ありがとうございます(o^―^o)ニコ
いえもう、感想貰えるだけで幸せです…。

そうですね、二学期の舞台も終わりが見え始めたころにアンケートでも取りましょうかね(笑)


* * * * * * * * * * * * * * *

【バス内】

若武が紙を開けると、上杉と黒木に向かって、「何でだよー」といった。

「俺譲ったし」
「俺、酔い止め持ってたし」

「そんなー!!」と若武は頭を抱えた。
上杉と、黒木は顔を見合わせ、笑う。

「みんなどうしたの?」

アーヤがもう聞きたくてしょうがない!というように紙の内容を聞く。
ただ皆は、顔を見合わせて渋る。
その時、急カーブでアーヤの体は小塚の方に倒れた。

「大丈夫?」

小塚はアーヤを抱きながら聞いた。

「うん…ってご、ごめんなさい!」

自分の状況を見て、真っ赤な顔をしながら必死に謝る。
小塚は、アーヤかわいいなー、とかみんなの目線怖いなーとか思っていた。

「こ、小塚君?」
「あ、ごめん」

急いで手を離す。
しばらく二人は顔を赤くしてお互いを見ようとしなかった。
もちろん小塚は少し、とゆうか思い切り恐怖を味わったのだった。

「それより皆何する?」と、聞いてきた皆に聞いてくるアーヤの顔はもういつもどおりで、赤くなかった。


いろんなことをしていたら、急に「一回ここでおりますねー」と島崎さんが言った。
窓の外を見てみると、サービスエリアに着いたことがわかる。

「えっと…あれなんて読むんだ?」
「水主町(かこまち)よ」
「さすがアーヤ!」

若武に褒められ「えへへー」と喜ぶ。

「水主町ってことは…愛知県かな?」
「そうだよ、さすが社理の小塚!」

時計の針は、十一時をさしていた。

「島崎さんどうしたんですか?」
「多分ここから先は、あまりサービスエリアが見つからないと思うので、すましておきましょう」

「なるほど」と皆感心し、ドアを開け、降りる。
ずっと席に座っていると、腰が痛くなるから、皆は伸びていた。

「ここでは、自分のお昼と、トイレを済ましてもらう。今十一時だから、三十分までな!」

「あと」と声を漏らし、島崎さんは車のカギを閉め言った。

「ここ広いので、二、三人でいてください。で、時間までに戻ってこなかったら先行きますからね」

そういってにこやかに笑う島崎さんを見て、一番怖いのはこの人ではないか、ヒヤリとする。

「そういやこの後どうやってわける?」
「今の席でいいんじゃないかな?」

アーヤがさらりと言った言葉は、前の男子を悲しませるには十分だった。


* * * * * * * * * * * * * * *

うまく書けない!!ごめんなさい!!


あと、まだまだ人気投票やってますよ(o^―^o)ニコ

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.27 )
日時: 2016/10/02 18:55
名前: 美羽

>>26やっぱり面白い❗小塚、アーヤを抱きしめられてよかったねwwあと200おめでとう!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.28 )
日時: 2016/10/05 21:41
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc

(人''▽`)ありがとう☆美羽!

でも目指すは…1000ぐらい(笑)


ちなみに問題!!10月と言ったら?(ヒント:パンプキン)

* * * * * * * * * * * * * * *


【立花side】

あれ?なんで黒木君と上杉君悲しそうな顔をしてるのかな?
まぁ、さっきみたいにどうせ、女子にはわからないことだってあるだろーし、いいけどね。

「アーヤ、トイレ行こうぜ!」
「ちょ、待ってよ若武!」

もうガキ。
本当に話聞かないんだから…。

「どうしたの、アーヤ」
「あ、黒木君。そうだ、あいつに女子は反対側って言ってもらってもいい?」
「いいよ」

うぅ、黒木君のスマイル、眩しい!
要件は頼んだし、急いで行ってこよー!


「結構混んでたかも…」

時計を確認して、まだ五分しかたってないことに、安堵する。
女子トイレっは、なぜか混んでいた。

「アーヤおせーよ」
「ごめんね、混んでて…。って、若武?なんで?」

外に出ると、若武が立っていた。
あ、女子トイレの前にね!だから、ほとんどの人に、変な人と思われてると思う。

「あっちに、皆いるんだ。行こうぜ!」

そういうと、私の手首を掴み走り出した。
わ、若武?!
どうしよう、私。絶対顔赤くなってるよ!

「着いた!」

若武に連れられて戻るとみんなはもう戻っていた。
「遅いよ!」「わりー」と会話を交わしている若武を見る。

「おい若武。いつまで立花の手握ってるんだ?」

上杉君の低い声が空気中に響く。
あ、本当だ。てゆーか、さっきまで手首だったよね?どうなってんの?
しかもこれって。まさか…。

「俺たちの前で若武恋人つなぎしてるけど、お前、それなりの覚悟してるんだろうな???」

黒木君怖い。
なんてゆうか、えーっと蛇に睨まれた蛙!って感じ。
だっていつもあんなに堂々としている若武がこんなにたじろいでるなんて。
手が急に離れた。
いや、ちゃんと言うと離された。

「若武、あんまりつないでると、アーヤ可哀想だよ?」

と小塚君が笑って言って、手を離したの。でも目は…ね。
てか、若武あの小塚君さえ怒らせるって…あんた何やったの?

「そういえばみんなはお弁当買いに行きなよ!私ここで待ってるから」
「え?アーヤは?」
「私は、昨日サンドウィッチ作って、持ってきてるから」
「そっか」

じーっとこっちをみんなは見てくる。
私だけ持ってきてたから怒っちゃったのかな…。

「ちなみに、誰が作ったの?」
「私が作ったんだ」
「何個?」
「え、十個ぐらい、かな?」

今度は、皆下向いちゃった。
なんか目配せしてなんか伝えようとしてる?!

「アーヤ、その、僕たちもほしいなーなんて…?」
「え?!」

そんな!私のをた、食べるなんて!
嬉しいけど!感激だけど!いいのかな…?

「……」

でもやっぱり食べてほしいからいつものように、わざとテンションを落として。

「だ、ダメだよね」
「…別に」
「え?」
「だ、ダメとは言ってないもん!」

なんか恥ずかしい!絶対私のキャラじゃない!
横目で皆を見ると、顔を赤くしている。怒らせちゃったかな?

「いいの?!やりぃ!!」

若武が言ったとたんにみんなも顔をほころばせて、口々に「楽しみだなー」とか「ありがとうアーヤ!」といった。

「う、ううん!」

よかった、怒ってなかった。

「じゃあ軽く買っていこ!」

ってなって私が一個パンをもってレジに並ぼうとしたら、上杉君がとって、「礼に買うよ」といって、買ってくれた。
あとで「ありがとう」って言ったら顔を赤くして「別に」って言って戻っちゃった。
怒らせちゃったのかな?


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。