二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.19 )
日時: 2016/09/24 20:24
名前: うさぎちゃん

今回は黒木君目線!
確かに黒木君目線は難しいって言ってる人多いみたいですよー。
何考えてるか、あまり私は分かんないかなー…?

続き頑張ってくださいね☆〜(ゝ。∂)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.20 )
日時: 2016/09/25 11:09
名前: 美羽

>>18いえいえ!(o^O^o)黒木目線か…難しいよね…でも頑張ってね❗応援してるよ!(o^∀^o)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.21 )
日時: 2016/09/25 14:09
名前: ひより ◆/73ORiYgDY

ひよりです!初めまして!

投票良いですか?

私は若武に投票します!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.22 )
日時: 2016/09/28 19:25
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


そうですか、やっぱり皆さんも難しいと…(*-ω-)
本当に黒木君は、何を考えているかわからなくて書きようがないです…。
はい、頑張る!

ひより様、投票ありがとうございます!

時間があるときとか、ぜひ来てください(o^―^o)ニコ

* * * * * * * * * * * * * * *

【若武side】

「よし!じゃんけんぽん!」

グー:俺、小塚    チョキ:アーヤ、上杉

俺と小塚は顔を見合わせてにやりと笑った。

「お前ら、どこに座る?」
「「もちろん後ろで!」」

アーヤは、自分の手を見つめていた。

「なぁ、立花。俺前でもいいか」

俺たちは決めたことがある。
二人決まったら残りの奴は潔く、前になり、計画を成功させるというものだ。

「え、うん。いいけど…」
「ありがとう」

上杉がアーヤに向かってほほ笑むと、アーヤは少し顔を赤くした。
あー!アーヤなんで、上杉で顔を赤めるんだ!
ま、まぁ、いい。俺は隣だから!

「よしじゃあ乗ろうか」

そういって俺と小塚は少し早く乗り込み、端に座り、真ん中を開ける。

「よいしょ、ってなんで真ん中が開いてるの?」

アーヤは顔を赤く染めながら聞いた。

「もともとは、俺たちが先だったんだ!だからこうなった」
「えー、なにそれ!」

不満の声を上げる。

「アーヤ、諦めなよ。若武はそういうやつなんだ」
「…小塚君がそういうなら…」

と言ってしぶしぶ、座る。
てかなんで、俺が言うとダメなのに、小塚が言うといいんだよ!
最後に、上杉が乗り込み、ドアを閉める。

「皆さんのりましたか?」

島崎さんが言った。
本当なら、アーヤと二人で行きたかったな…。

「乗りました」

答えると、初めゆっくりだったのが少しずつ速くなっていく。
アーヤのその時の顔が、とても可愛かったのを気付いたのが俺だけであってほしい。


小学生によくある、明日遠足でワクワクしちゃって眠れないよ!みたいなかんじで、昨日はアーヤのこと考えててあんまり寝てない…ねみー。

「若武!」
「何だ?」

急に呼ばれ、驚いたが振り向くと小塚がアーヤの前に手を伸ばし紙を握っていた。
多分アーヤを経由しないということは、あまり見せたくないものなのだろう。
紙を受け取り中を見ようとすると、アーヤが顔を近づけ、中を見ようとしてきた。

「アーヤ、だめ」
「えーなんで?私も一緒に来たのに仲間はずれさせてるみたい…」
「違うよ、アーヤ」
「そうかな…」

小塚の努力によりアーヤは諦め、中を見られないで済んだ。
ただ、胸がちくりとした。


* * * * * * * * * * * * * * *

ん―…若武の自信満々なところを書くのも難しい…。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.23 )
日時: 2016/09/28 19:47
名前: 立山桜  

私は上杉!上杉に清き一票をー爆笑

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。