二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.105 )
日時: 2018/03/03 11:27
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照9400行きました

お礼とお詫びは紙一重…
はい、すいませんでした。
一万行くか、そろそろしたら、まだ本編全然進めてないくせに特別版書きます。

でも下はまだ本編
* * * * * * * * * * * * * * *

【小塚side】

本当は、僕もアーヤと同じ部屋になりたいけど…。
僕がバレーなんてやったら逆にアーヤに恥を見させることになっちゃうしね…。
若武と黒木を見ながら思っていた。

「どうして若武は僕より背が低いのに運動ができるんだろう…」

僕もあんな風に動けるようになりたいけど…。
こっちでいろいろなものを見てる方が楽しいんだよね。
貝殻を拾って、自分の虫眼鏡で観察していた。

「小塚君、何してるの?」
「アーヤ?試合は見なくていいの?」

アーヤと一緒の部屋になるの誰なんだろう…?
でも、その前にアーヤの気持ちも大事だよね。

「黒木君と若武が今やってるんだけど、すごい白熱してる」
「やっぱり…。あ、そういえばアーヤこれ見て」

やっぱり僕は自分の専門分野でいいところを作る方がいいかも。
それに、アーヤに見せたいものもあったし。
ポケットから小さなビンを出す。

「これがどうかしたの?」
「これ砂浜のなんだけど、よく見てみて」

アーヤはビンを手に取り、いろんな方向にかざす。

「これ、星の形してる!」
「そうなんだよ」

ちゃんとアーヤみたいに説明できるかな。
アーヤは難しい言葉を瞬時に分かりやすく説明してくれるけど…。

「とがってるのが星の砂。で、丸っこいのは太陽の砂っていうんだ」
「星の砂は聞いたことあるけど、太陽の砂は聞いたことないな」
「うん、知ってる人も少ないと思うんだ。でもこれ砂っていうけど砂じゃないんだ。なんだと思う?」

アーヤが考えてるところ可愛いなー。
やばい、どうしよう。僕間違った答え言われても正解って言っちゃいそう。

「サンゴ、とかかな?」
「ううん。これ、有孔虫っていうう生物が死んで残した石灰質の殻。だから星の砂は海草とかに付着して生活している有孔虫の骨格が、波などで砂浜にうちあげられたものなんだ。」
「うう、やっぱり小塚君詳しいね」

うぅ!
最後に向けられた笑顔に僕は勝てるかな?
でも、実はこの有孔虫はそれだけじゃないんだ!!

「でもね…」
「おーい!二人とも戻ってこい!!」

僕の声は若武の声でかき消された。
というか、アーヤと二人きりだったのばれた?!
アーヤが「いこ!」と言って、砂の上を走りだした。
ぼくは動けなかった。
だって、みんなはアーヤを笑顔で迎え入れてるけど、僕への目線が本当に怖い!!
僕、ここで生き残れるかな?
ちょっと心配になってきた…。

戻ったときには、みんな僕を待っててくれたっぽくて、すぐに手を振ってくれた。
すぐに腰を下ろすと、若武が待っていたかのように立ち上がった。

「それでは、成績発表をする!」

若武はやっぱり目立ちたがり屋だなぁ。
僕はさっきのことで、みんなに睨まれながらそんなことを考えていた。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.106 )
日時: 2018/03/03 15:11
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

一日に二回登校なんて、めったにしない私ですが、今だからこそしておきます。
てか、自分でも何かいてんのかわからなかった。
でも、読んでほしかったし、書きたかったので頑張りました。
今、忘れないうちにしておきます。

今年、卒業を迎える皆さんへ

* * * * * * * * * * * * * * *


「ありがとう」、ただこの言葉を伝える



「急がなきゃ…」

秀明の廊下を走る。私の始まりの場所へと。

最初に出会った私たち五人。
不安しかなかったけど、いろんなことを体験して、乗り越えることによってきっと絆も深まった。
喧嘩もたくさんして、回りも巻き込んだ。
解散、なんてこともあった。
でも、結局私たちはまた、再び同じ道へとつながれたよね。

教室のドアをそっと開ける。
皆はいるかな。
また、私を誘ってくれるかな?

若武の目立ちたがりな言葉も、黒木君の大人の発言も、上杉君の皮肉な言葉も、小塚君の優しい言葉も、今は宝物だよ。

そっとドアを開ける。
柔らかな日差しをからだ中に浴びながら、光まばゆく教室で目を開く。

…何もない。誰も見えない
もう終わり?
私たちは、卒業したあの時で終わったの?

うずくまり、膝を抱える。
目頭が熱くなり、胸が、息が苦しくなる。
何かがむせあがるような感覚のとき、誰かに呼ばれた。
反射的に、走っりだしていた。


気づいたら風景は、変わっていた。
七夕の日に見た、あの景色。
私はそこへと向かっていた。

ねぇ、私を呼んだのは、砂原…なの?

全力で走り、あの景色へと向かう。
いろんな思い出が体中に流れてきて、涙があふれてきそうで視界がぼやける。

砂原、私初めは怖かったんだ。
きっと、表面しか見てなかったから。
でも、砂原と話していくうちに、大切なのは中身なんだって気付かされたよ。

砂原の強さに何度だって救われた。
本当は、一番つらいのは砂原だって知ってるのに。
それでも、私のことを好きって言ってくれた。

あなたに今必要な言葉は何?
考えても考えてもわからない。でも、私は砂原にあって、「ありがとう」、って伝えなくちゃ。

ふと、視界が開ける。見覚えがある、あの七夕の場所。
でも、どこにも砂原の影は見当たらない。

ただ、突っ立っていた。そんな私に、心の友の声がした。


気づけば見覚えのある廊下。
窓からは、優しい夕焼けが廊下にこぼれる。
自分の胸元に、手を当てる。
そしてまた走り出す。
翼、いる?心の友よ、私を、置いていかないで。

体育館で、ボールの落ちる、音がした。
急に、私の中が静かになる。
さっきまで、悲しみで、渦を巻いていた私の中は、嵐が過ぎ去った海のようにしんと、穏やかになっていた。

心の友なら、私は一人じゃないよね。
心がつながっているのだから。
翼からは努力を教わった。
今までの功績だって、すべて翼の努力の結晶。
すべて、血のにじみような努力をしたんだよね。

私には、翼みたいな、何でも話せる人が必要だった。
心でつながっているような、友達が。

勢いよく扉を開ける。
たとえ、何もなくたって迷いはしない。
案の定、空っぽの教室。震える脚をよそに、最後の場所へ向かう。


七鬼という、表札の家の門を開ける。
初めは、この門はとても高くて、重くて、硬くて開けられなかった。
でも、ここに通ううちに、高く見えた門は本当は、花で高く見えるだけで、重く見えた装飾には、これを手掛けた一人一人の思いが詰められてて、硬かった門は、こんなにすんなり開けられるようになったよ。
これは、忍が、私たちといる間に心を開いたから?

あなたの城へと足を踏み入れる。
今はもう、外へ出れた忍にとってはここだけが忍の場所じゃないんだよ。

忍は大切な人に騙されて、一時は人間不信になったかもしれない。
それでも、心を開いて話せる仲間ができてよかった。

忍は、驚きが詰まっていて、一緒にいるとワクワクした。
それに、私にはできないことができるから、とても頼りになってたよ。

学校に来てくれてありがとう。
私に心を開いてくれてありがとう。

一歩一歩踏み出す脚は、着実にあなたの部屋へとたどり着く。


もうわかっていた。
扉を開けても…誰もいない。
気づいていた、もうみんなは遠くて会えない。

「ありがとう」を言うのが遅すぎた。
あまりにも、距離が近すぎて、みんなの大切さを見失っていた。
もう一度、もう一度伝えなくちゃって思ったのに。
本当の気持ちを言わなくちゃって…でも遅かった?

今度こそ泣き崩れる。
もう、おさえられない涙はとめどなく溢れてくる。
声にならない声をおさえながら、肩を震わせる。

「何泣いてんだよ」
「え…?」
振り向くけど、逆光で何も見えない。
そして、また迷う私の手を影がとる。
そして、一気に走り出す。

「ほら来い、みんな待ってんだよ」
「…みんなはもう、いなかったよ」

すると、影は立ち止まってこっちを振り返る。

「何言ってんだよ、俺たちはいつでもそばにいるじゃねーか」

その言葉は私の胸にしみ込んでく。
やっぱり私の手を引くのは、いつもあなたなんだ。

「行くぞ」という言葉に、大きくうなずいて走り出す。



サクラがひらひらと舞う。
その桜は、私たちの卒業を祝い、そして祝福する。
それに伴って、私たちの集合の目印となる。

「アーヤ、おめでとう」

影たちは、私を見つけると一斉に周りに集まって言った。
私も言わなきゃ。
ここで、言うんだ。

「ありがとう…!」

その瞬間に、霧が晴れたように遠くまでの景色が見渡せた。
今なら、みんなの顔もわかる。

ここまで引っ張て来てくれてありがとう若武。
皆ありがとう。

恥ずかしくて言えなかった言葉や、いつか言おうと思って言い忘れた言葉。
あまりにも近くなりすぎて忘れいていた言葉を思い出す。

まだ遅くない。遅いなんてことはないんだ。
まだ、私たちの声を伝えられる距離にいる。
画面越しでも、機械越しでも、文面越しでもなくて、直接面と面を向き合わせて言える距離にいるんだ。

卒業したら言葉も簡単に言えなくなってしまうんだ。
そう思うと、また胸が張り裂けそうな気持になる。
翼が手を伸ばす。

「アーヤ、俺たちは心の友だ。俺たちほどじゃないけどんなみんなもだ。だから、泣かないで。立つんだ。これはおわりじゃないよ。一時のサヨナラだ」

そういって、みんなをみわたすと、みんなも同様に頷く。
言いたい言葉を言えたから、心の友になれて、離れてもまた会える。


だから私は後悔をしないように、「ありがとう」、と感謝をみんなに。



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.107 )
日時: 2018/03/19 16:32
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照10000行きました!

わーい!
ありがとうございます!

気づいたら、2016年から始めたにもかかわらず、全然進展してない…。
でも、一応話はストックしてるんですけどねー(笑)


若武「どうやら、もうラストはどうなってるか決まってるっぽいぜ」

黒木「あと、オリキャラの登場もね」

上杉「その前にまずこれを書き終えないとじゃん」

小塚「これからも、読んで感想、アドバイスがほしいな」

みさ「次の目標は、とりあえず10500だ!」

皆「低っ?!てか何でアーヤじゃねーんだよ!」

渡辺「下にちゃんと本編あるから読んでね」

皆「お前も誰だ?!」

渡辺「大丈夫。まだ出てきてないだけで、そろそろ出るから」

皆「メタイし、結局誰だよ!」


* * * * * * * * * * * * * * *

【立花side】

結果発表の言い方が本当に若武っぽい。
チラッと上杉君の方に目を向けると、やっぱり睨んでる。
あれ、でもその奥にいる小塚君を睨んでるようにも…ま、いっか。

「一位はもちろん俺だ!!」

パチパチパチ、とみんな拍手をする。
でもすぐに鳴りやみ、若武は不満そうな顔をするけどもちろんスルー。
でも、上杉君が若武に負けるなんて意外だな…。

「で、二位は黒木、次に上杉」

拍手がもう一度起こるが、明らかにさっきより多い。

「黒木君も上杉君も次頑張ってね」

若武に言ってないけど、いいよね?
それに、上杉君は顔を赤くさせてて相当悔しかったんだと思うし。

「ありがと、アーヤ」
「ああ」

黒木君はいつもみたいに返してくれた。
でも、上杉君ちょっと怖い!
もしかして、私が余計なことを言っちゃった?!

「おいアーヤ、何で俺には言ってくれないんだ?!」
「だって…」

なんか癪に障るんだもん。
って言おうと思ったけど、さすがにかわいそうかも。
ま、おめでとうぐらい言ってやるか。

「若武おめ…」

急に風が吹いた。
さっきより少し強い風。
私が、ハッと思って帽子を押さえたんだけど遅くて…。

「アーヤの帽子が!」
「とってこなきゃ!」

自然と足が動いた、けど…。
ハァ、ハァ…すぐ、疲れちゃう。

隣で風を感じた。
誰だろ、って思ったんだっけど、その時にはもう前に誰かが走ってた。
一瞬風が和らいだのを彼は見逃さず、軽やかにジャンプして私の帽子をつかむ。

「…誰だろ……?」

後ろを振り返ると、四人も固まってこっちに来てる。
ってことは他人だよね…。

知らない人の飛んだ帽子を取ってくれるなんて、すごく優しいんだな。
私だったらできないと思うもん。

「はいどうぞ」

その人は私に寄って帽子を渡してくれた。

「あ、ありがとうございます」
「ここは、夕方になると風が昼より強くなるから気を付けてね」

もう、夕方?
さっきまでいた海を振り返ると、確かにもう夕日が沈んでいた。
き、きれい…。

でもすぐに、「アーヤ大丈夫か?!」という声に引き戻された。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.108 )
日時: 2018/05/26 02:06
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照12000行きました!

ありがとうございます!
本当に、亀よりも遅い更新スピードで申し訳ないです…。

書くんで、書くんで許してください…。


* * * * * * * * * * * * * * *

【若武side】

ん、なんだあいつ?
俺たちが追いかけたとき、アーヤは知らない男子と話してた。
ってか、何でちょっと嬉しそうなんだよ…。

「アーヤ大丈夫か?!」
「うん、大丈夫」

よかったー。
こいつ、なんとなく気に入らねーけど、アーヤを助けたし、まぁ礼ぐらいは言っとくか…。

「ありがと、俺若武。お前は?」
「ああ、俺の名前は渡辺愁斗(わたなべしゅうと)。よろしくな、若武」

な、なんだこいつ。俺より少し身長高く感じるのに…。
全然嫌みがない!!
あいつら(上杉とか黒木とかほかには上杉とか…)みたいな嫌味も全く感じられねぇ…。
こいつ…やり手!!

「よろしくな渡辺、俺は黒木だ」
「上杉だ」
「僕は、小塚。よろしくね」
「私は立花彩っていうんだ」

アーヤがニコッと微笑んで笑う。
はぁ、この笑顔が他のやつに知られるのはつらいが、まアーヤの恩人だし…。
でも、アーヤのこと好きになられても、アーヤは可愛いから…。

「黒木、上杉、小塚、立花よろしく」

こいつ、アホ毛立ってるのにかっこいい。
ま、俺は目立てればそれでいいんだけど。

「お前ここに住んでるの?」
「いや、夏休みだからばあちゃんちにまで遊びに来たんだよ」
「そうなんだ!私たちは、若武の別荘に遊びに来たんだよ」

む、心なしかアーヤがすごく楽しそうに見える…。
てか、俺たちよりも速いスピードで仲良くなってるし!!

「この辺なのか?ま、確かにこの辺はいろいろ金がかかるから別荘って言われても納得だ。あ、よかったら今から俺のとこ来ない?別荘に勝てるような家じゃないけど、沖縄って感じがすると思うからさ」

あれ、こいつアーヤと話すとき笑顔だ。
なんか嬉しそうで、楽しそうじゃね?あれ、これもしかして…。
黒木の脇腹をつつく。

「若武先生も気づいた?」
「俺だってここまでやられると気づくよ」

そこに、上杉と小塚も口をはさんでくる。

「ありゃ、誰だって気付くだろ」
「僕も、わかったよ。渡辺って…」

完璧に、あれだ!!

いや、確かにアーヤだからわかるけど…な、黒木?
視線を送ると、黒木も視線で、でもあいつちょうどアーヤのあれジャンル。
そこに上杉が、これめんどくさくね、今だって手一杯なのにと送る。
じゃあ、僕たちが全力で阻止しよう、と小塚も乗ってきた。

「渡辺、その誘いはとてもありがたい!だが…」
「じゃ、みんなで渡辺君の家行こうよ!」

な?!アーヤがそんなことを言ったら俺は「そうだな、行こう!」って言うしかねーだろ。
アーヤの喜ぶ姿を見て、ため息をつく。
「若武、今のは俺にも無理だったよ」と上杉に珍しく嫌味のない励ましをもらった。
後ろのみんなも、夕日のせいなのか、頬を赤く染めて頷いた。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.109 )
日時: 2018/06/30 12:21
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


【黒木side】

若武…もう少し粘ってくれてもいい気がするんだけどな…。
でもまぁ、渡辺がアーヤのことが好きってのは一瞬でわかっちゃったな。
前で小塚と話すアーヤに視線をやり、俺のすぐ横で上杉と話している渡辺に目をやる。

「で、渡辺、一個聞いていいか?」
「俺が答えられる範囲なら何でもどーぞ」
「じゃあ、沖縄って結構簡単に人と仲良くなれる人が多いの?」
「んー、どうだろ。うちのばあちゃんはさ、結構フレンドリーなんだよ」

若武がすっげー俺のほう見てくる。
ま、自分の出番がなくなって悲しんでるってところかな?

「いやさ、あんまり話してないのにさ、家の中に入れてくれるから。どうなんだろうって」
「悪い奴じゃなさそうだし、いいかなってな」

…こいつ自分で気づいてるのか?
でも、隠そうとしてる?
どっちにしろ、俺たちの方がそういう思いが長いからすぐわかっちまうけど…。
ま、単刀直入に聞くか。

「渡辺ってさ、アーヤ好きなの?」
「わぁ?!」

いきなり転ぶ。
しかも何もないところで…。

「渡辺君大丈夫?!」

少し前を歩いていたアーヤと小塚が派手な音を聞き、前方から来る。
この反応は、あからさますぎるだろ。

「どこか痛めたところある?」

…俺たちでもあそこまで優しくされてなくない?
ちょっとこれって差別?

「うん、大丈夫だよ。ありがとう彩ちゃん」
「大丈夫ならよかった!ねぇ、あそこに家とかたくさん見えてきたよ!」

「小塚君いこ!」と言って、ささっと行ってしまう。
何で、人選が小塚なんだろう、アーヤは小塚のあとの不幸はわかんないだろうけど…。
それよりも…。

「おいおい渡辺。まさかのいきなりのちゃん付けか?」

若武が渡辺に喧嘩売ってる。
本人はぺたんと俯いて道路に座ってるし…。

「俺さ、好きなのかわかんねーよ。でも今めっちゃ動悸がやばい」
「じゃあ渡辺さ、まずアーヤだけだったら家に入れる?俺たちだけでも?」
「彩ちゃんだけだと家に入れないかも。ま、お前たちだけでもだけどね」

こっちを見たときの表情は笑っていた。

「だって、男子が女子一人を家に連れてくとか危なすぎるだろ?だからって言って、お前たちと俺だと、絵面がむさ苦しすぎるしな。たぶん、五人いたから家に誘えたんだと思う」

こりゃ、困った。
簡単な理由なら、打ち壊そうと思ったんだけどな…。
渡辺に手を貸し、引き起こす。

「渡辺、それは完璧なひとめぼれだろ。な、若武、上杉?」

二人とも微妙な顔をして頷いてる。
ま、簡単に言えば沖縄にまで俺たちの敵を作ったってことかな。

「俺、頑張って彩ちゃんが帰る前に少しでも話せるようにしよ」

渡辺が、アーヤと小塚を追う。そのあとを俺たちは神妙な心持で追った。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。