二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.13 )
日時: 2016/09/23 00:15
名前: うさぎちゃん

上杉可愛いっ!誰が同じ部屋になるんだろっ☆

Re: 探偵チームkz事件ノート  * お知らせ * ( No.14 )
日時: 2016/09/24 10:36
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc

美羽応援ありがとう!
誰とくっつけようかな…。


立山桜様
そうですね、ちょっと想像すると…(∀`*ゞ)エヘヘ


うさぎ様(省略申し訳ない…)
誰が同じになっても、私は心の準備okなんです(o^―^o)ニコ


*お知らせ*

なんとなくではなく、ちょっとこの後のお話にも影響が出るかも?な、人気投票!!  

今回は、

1, 若武 和臣
2, 黒木 貴和
3, 上杉 和典
4, 小塚 和彦

です!
この投票結果で、ある話で結果が変わるかも?!
もしかしたら夢に見たアーヤとあの子をくっつけられるかも?!なチャンス!
やってもいいよ(o^―^o)ニコっという人がいたら、ぜひ参加してください!


*注意*

・投票は一人一回まで。二回以上やったものはすべて無効とさせていただきます

・投票期間は9/23〜で、締め切りは、前日に言います!

気軽に投票待ってまーす!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.15 )
日時: 2016/09/29 07:23
名前: うさぎちゃん

省略してもらっておっけーですよ。 私も自分の名前省きますから。あと、様つけなくていいですよ♪何だか悪いです・・・。私なんかが・・・。

投票おっけーですか?!
私的に小塚くんですかね♪結構悩みました・・・。

更新頑張ってくださいね☆

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 人気投票中 * ( No.17 )
日時: 2016/09/24 08:23
名前: 美羽

>>14私は若武に!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.18 )
日時: 2016/09/24 10:48
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


ではうさぎさんで!!
うさぎさんと、美羽の投票ありがとうございます!!
十人ぐらい来ないと、投票面白くならないですよね…(笑)

でも、大丈夫です!この結果が出るのは、もう少し後のお話!だから締め切りもまだまだ!
だれが、どうなるかはわからない!!です。

* * * * * * * * * * * * * * *

【黒木side】

上杉アーヤと一緒に来たのかぁ。
俺たち三人でものすごい視線を送る。

「アーヤ、おはよう」
「黒木君おはよう。みんな早いね。もしかして私たち遅れちゃった?!」
「いや、全然」

にっこり笑いかける。
そのまま上杉の方を見ると、上杉は震え上がった。

「ア、アーヤ、荷物おいてこようか?」

あー、もう逃げたいって感じが出てるよ。

「ううん、平気。一緒に行こう」
「…ああ」

俺たちはこの世のものとは思えないくらいの視線を送る。
アーヤ鈍感だから、ふつうに言ってるんだろうけど、さっき言った言葉で、今上杉は大変なことになってるんだよ。

「島崎さん、お願いします」

でも、アーヤの笑顔を見ると、そんなこと忘れそうになる。
まぁ、上杉への怒りは消えないけど。

「よーし!集合!」

皆が集まっていく。
男子にとっては、大事なイベントだが、アーヤは頭にクエスチョンマークを乗っけてくる。

「どうしたの?」
「今からバスの座席決めを始める」

ついに始まった。

「私、助手席でいいよ」

さすがアーヤ、俺たちの予想を見事に裏切る。
だから、まったく予想していない自体が起きた。

「ごめん、無理」
「なんで?」
「島崎さんは行きと帰りしか頼んでないんだ。まぁ、理由はいろいろあってな…。で、助手席はいろいろ使うからダメなんだ」

俺たちは、そんなことよりも、島崎さんが行きと帰りだけ、ということに驚いていた。

「そっか、じゃあいいや」
「ごめんな。じゃあ気を取り直して、バスの座席を決める!」

俺は確実にアーヤの隣に座りたい。だから…。

「酔いやすい奴いるー?」
「俺、ちょっと」

手を上げる。
帰りに確実に隣になれるように…。

「わかった。じゃあ、島崎さんの後ろで」

若武が敵が一人減った、と思っているのだろう、声が少し弾んでいる。若武先生は、懲りないな…。

「じゃあ、じゃんけんな!」

そういうと、三人は袖をまくり始めた。誰がアーヤの隣になるかな。
笑みを浮かべながら、男子だけ白熱しているじゃんけん大会を見ていた。

「よし!じゃんけんぽん!」


* * * * * * * * * * * * * * *

私今なら、
「誰目線のが一番書きにくい?」
と聞かれたら、三秒以内に、
「黒木君!!」
っと答えられる自信があります…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

というほどの、文章に仕上がってます。
そして、これからも、そんな結果になると思います…。
ごめんなさい(m´・ω・`)m

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。