二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.3 )
日時: 2016/09/23 16:56
名前: ミカン

【若武side】

音を出しながら入ってきたのは、アーヤと小塚だった。
俺と、黒木と上杉は、とてつもない視線を小塚に送ったため小塚はかちこちに固まる。
ちぇ、つまんねーの。

「ご、ごめんね、みんな遅れちゃって。だから、小塚君は悪くないよ!」

グ…アーヤの声をきいたら、許せてしまう…。
てか…。アーヤいつもと違う服着てて可愛い。

「アーヤ、可愛いね」

すらっと黒木が言葉に出して一瞬気づかなかった。
だが、いつの間にか言おうと思った言葉を、取られていた。

「本当?私もこの服かわいいな、って思ったの!」

その言葉で男子軍は一斉に、ため息をつく。
鈍感すぎだろ。お前が可愛いって言ってんのに…。

「で、若武先生。なんで集められたわけ?」

上杉が、俺を見ないで、アーヤを。
俺に尋ねているのにそうアーヤを見ながら聞いた。

「えー、ごほん。今回はあることを決めるために集まってもらった」
「あること?」

アーヤがちょこんと首をかしげながら聞いた。
もちろん男子軍は見事に全滅。
まぁ、黒木は、まったく顔に出さねーからわかんねーけどな。

「俺たちは夏休みに、沖縄に旅行をしに行くぞ!」
「本当?」

アーヤにそんな顔で喜ばれたら俺、どうにかなっちゃいそう。
どうなるかはわかんねーけど…。

「あれ?みんな顔赤いよ?熱でもあるんじゃない?」

でも、本当に鈍感。そこがいいのかな?

「まぁ、そういうわけで明後日俺んちに集合な。三泊四日だから荷物忘れんなよ!後、水着もな!」

「よし、解散!」と言おうとした時、アーヤが小さく手を上げた。

「どうした?」
「何時に集合?あと、私は親がいいっていうからわかんない…」

そりゃないよ。
俺たちは、こっそり一学期から画策してきたのに。
アーヤと一緒にいるためにやったのに、その主役がいないと、ただ男たちが遊んでる、楽しくない旅行になっちまうよ。

「わかった。皆はほかの日になっても大丈夫だったりする?」

「俺は平気」「あぁ」「僕はいつでも」と、黒木、上杉、小塚の順で言った。

「てわけで、アーヤ。後で電話くれ。」
「うん。皆ごめんね」

俺めっちゃ視線怖いんだけど。
今度こそ「よし、解散!」と言おうとした時、上杉が口を開いた。

「で、何時集合なんだよ」
「あ…。俺んちに朝の七時に!ってこれる?」
「大丈夫だよ!」

ゲ…という顔をしたが、アーヤが言った途端、みんなの不満げな顔がみるみる変わり、上杉までもが「大丈夫」という結論になった。

「移動手段は?」「どこに泊まるの?」「食べ物は?」「ほかの持ち物は?」「お金いるの?」などの今度は質問攻めが始まった。
まるで俺をいじめようとしてるみたいだ。

「移動手段は主に、車、電車、船。別荘に泊まる。で、そこに食料がある。あとは、自分が必要だと思ったもの。お金は一応みんな二千円ぐらいは持ってきてくれ」

一気に、疲れた。
でもな、お前ら、まだ俺は言ってないことがあるんだ…。

「そして男子軍。こい!」
「わ、私は?」
「アーヤはちょっと椅子に座って待ってて」

皆めんどくさそうに来た。アーヤがいないからか?

「俺さ、言ってないことがあるんだ」

ニヤニヤしながら言う。
皆の顔つきが、少し変わった気がする。

「実はな、部屋の数が一個足りないんだ。わかるか?」

さっきまでの顔は消えた。
もうみんなの顔は、悪知恵を働いている人のようになっていた。

「つまり、誰かが、誰かと同じ部屋で寝るってことだね…」

小塚は言葉を軽くかみしめるように、そう呟いた。

「俺からはこれだけだ」

アーヤをちらりと見ると、不満そうな顔をしていた。
う…そろそろ終わるか。立って、口を開いた。

「解散!」

帰るときの皆の顔は輝いていた。その理由は男子にしかわからないだろう。
だからアーヤはどうしたんだろう、という顔でこちらを見ていたのだった。



* * * * * * * * * * * * * * *


もう一つ言うことがありました(笑)

完璧にミカンの妄想です(笑)


感想アドバイス待ってます(o^―^o)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.4 )
日時: 2016/09/17 14:15
名前: ミアン

とても面白いです

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.5 )
日時: 2016/09/17 20:30
名前: ミカン

*ミアン様*

ありがとうございます(o^―^o)ニコ
良ければこれからもミカンを見守っててください。
アドバイスなどもよろしければください!

* * * * * * * * * * * * * * *


【立花side】

「楽しみだね!」

帰りに、上杉君、黒木君、小塚君、の三人と一緒に帰るところだった。

「アーヤと一緒だったら楽しいと思うよ」
「本当?よかった!」

嬉しくてつい、顔に笑みを浮かべてしまった。
黒木君って、本当に女の子を喜ばせるのうまいな。
そんなのこと思ってると、皆は顔を赤くしてそっぽを向いてしまった。

「あ、僕ここだから!じゃあね」

分かれ道で、小塚君は用があるらしくて分かれてしまった。

「じゃあね!」

と、手を振って言うと、笑っていた小塚君が一瞬こけそうになっていた。

「あ!だ、大丈夫かな?」
「鈍感っていうのは本当に怖い」
「え?」

上杉君と黒木君が話していた。
それ、どういう意味?ていうか、私のこと?!

「まぁ、上杉。今はそれに感謝だろ」

上杉君は、こちらを見て、微笑んでいった。

「そうだな」
「ど、どういう意味?それ…」
「まだアーヤには早いよ」

えー!どういう意味?子供扱い?
ひどい、とおもむろに頬を膨らます。
すると、上杉君は少し顔を赤くして、「また今度教えるよ」と言った。
本当かな。疑っていたら、急に上杉君が私の頭を撫でたの。
急だし、「ふぇ?」って声が出ちゃった…。

「また今度な」と、上杉君は違う道へ入った。
黒木君はなぜか上杉君をにらんでて、上杉君がちらってこっちを見ると、ブルッと身震いをしたの。

「黒木君、あのさ…」

話そうとしたら、黒木君は大人の笑みで「つきましたよ、お姫様」と笑った。
かわされた…。と同時に、顔が真っ赤になったのがわかった。

「あ、ありがとう、黒木君。送ってくれて」
「大丈夫だよ、また今度。お休み」

黒木君の歩く姿を見ながら、そっと心の中で「お休み」と呟いた。

「ただいま」
「お帰りアーヤ」

ママに伝えなきゃ。許してくれるかな…。

「お母さん。明後日友達と旅行行ってもいい?」
「旅行って…それって泊りがけってこと?勉強はどうするのよ」

思い切り嫌な顔をされちゃった。でも、一筋縄でいかないことはわかってる。それにお金の問題もあるし…。
ただ、どうやって切り抜けよう…。

「い、一緒に行くのはみんな頭いい子だよ。だから勉強を教えてもらうの!そこで、できる夏休みの宿題だってあるだろうし…。それに、行くのは沖縄だけど、友達が送ってくれるらしいから平気だよ」

考えてる…怖いよー!
こめかみをおさえてため息をついた。

「自分で準備しなさいよ、あと勉強も必ずしなさい。迷惑をかけないでね」

「もうこれだから…」とかぶつぶつ言ってるママをぽかんと見ていた。
でも、すぐに言葉が体のすべてにしみ込んだ。
やったー!!もう、準備して明日何がいるのかを明確にしておこう!
そうして、自分の部屋に入った。


「アーヤ!アーヤ!」

名前を呼ばれたことに気づく。
今何時だろう…。そう思って見た時計は、私が二時間近く旅行の準備に夢中になったことを告げていた。

「ママ、どうしたの?」
「電話。若武君っていう子から」

ん?電話?電話電話電話…あ、電話するの忘れてた…。

「もしもし」
「アーヤ!どうだった?」
「えっと…」

わざとトーンを下げる。
きっと若武は焦るわ…。

「駄目、だったか?」
「……大丈夫だよ!」
「本当か?!じゃあ、明後日待ってる」

そういうと、電話は切れてしまった。
そっと受話器を置く。

すると、後ろでママが「アーヤこれ水着」と言って、ほしかったものを渡してくれた。

「何時に出るの?」

水着を抱え自分の部屋に入りながら、「七時」と答えた。


「ふぅー」

必要なものは、大体そろってるから平気!!あー、もうニヤニヤしちゃう。
えっと、あとは…、宿題入れなきゃ…。
えッとーなんだっけ?学校のカバンから、宿題が書いてある紙を出す。
驚きの量だった。

「…教えてもらお…」

そっとカバンに宿題を押し込んだ。
よかった…皆エキスパートで。


「アーヤ!ごはん!」
「はーい」

にやけてたら、なんか言われそうだし、気をちゃんと引き締めなきゃ!
そう思い、軽く頬をたたいた。

「あれ、おねぇちゃん何ニヤニヤしてるの?」
「え?ニヤニヤしてる?」
「うん。思い切り」

でも、夕食で奈子に言われて、やっぱり嬉しいと隠せないなと思っていた。


当日の朝、目覚ましよりも早く起きてしまったため、最後の確認をしておいた。
うん、大丈夫。でも思ったより重いかも…。
昨日のうちにママに細かいことを言ったから、大丈夫!!なはず…。

そして、荷物を持ちながら誰も起こさないように下に降りる。
「いってきます」と呟きドアを開けた。


Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.6 )
日時: 2016/09/17 17:39
名前: 立山桜  

カッズ大好きなので読ましてもらってます! あの『そうして』が『そうしえ』になってましたよ〜

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.7 )
日時: 2016/09/19 12:01
名前: うさぎちゃん

初めまして、ミカンさん☆
うさぎと申します♪
私もKZ大好きなんです(*^^*)
色々変わってたって問題なしです!ちょっとした誤字も気にしなーい!!だってだって、面白いもん☆
ヤバイです、きゅんきゅんします、にやにやが止まりましぇん(>_<)
あー!ノックアウトですぅぅぅ!!
色々壊れていましてすみません。(;´д`)
とっても面白いです☆続き楽しみにしてますね(*^^*)♪

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。