二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.1 )
日時: 2016/09/06 23:27
名前: ミカン

第一話 『海は知っている』

【立花side】

「おーい、静かにしろ!」

あー、先生怒ってる。
まぁ、初めての夏休みだし、しょうがないんじゃないかな。

「ルーム長、後は頼んだ」
「は、はい」

一応返事をして前に出る。

「じゃあ、始めます」

あ〜、どうしよう!kzで集まったりするのかな?
もう、楽しみすぎるんだけど!なんかやりたいなー。

「すいません」
「はい、なんですか?」

う、武田菜穂だ。今度は何言われるんだろう。
なんかやったっけ?まぁ、kzのことが楽しみでずっと考えてたから何も覚えてないんだけど。

「立花さんの話し方聞き取りにくいので、もっとはきはき喋ってくださーい!」
「すいませんでした。これから気を付けます。次は、」

どうしよう、あんまりにも興味がなくてほぼスルーしちゃった…。
でも、早く終わらせたいから、構ってられない!続けちゃおう!


___キーンコーンカーンコーン

チャイムが鳴った瞬間に教室を飛び出す。
いつもは、すぐ出ないでもたもたしてるからちょっと混んでるけど、全然人がいなかった。

「はぁ、はぁ!」

早く帰らなきゃ!その言葉だえが頭の中を駆け巡る。
皆の学校はもう終わってたりして…。
学校が違うと全然会えなからなぁ、早くみんなに会いたいなー!


家に着き、急いで靴を脱ぎ自分の部屋に入る。
そしてささっと暑かった制服を脱ぎ簡単に着替えた。
それが終えたら、いくつもの小さい鞄を探す。
そして、やっとのことでノートが出てきた。

「あった!久しぶりだな」

少しほったらかしにしちゃってたから、汚れたかな?埃たたいてくるか。
ノートと筆箱を持ち、下に降りる。

「お母さん!私いなかったとき電話とかなかった?」
「なかったわよ。あらアーヤ、出かけるの?」
「まだ出かけない」

そう答えると、「あら、そう」と行って台所に戻っていった。
なんかママ機嫌悪いかも…。お兄ちゃんいないし…。
でも、そんなことよりkzが何か活動するのかな?
窓を開け、鼻歌を歌いながら鞄をたたいていた。

「ケホッケホッ!」

思った以上に埃がたくさん舞ったため咳が出た。
そして同時になんで若武こんなになるまでほったらかすかなぁと、理由はわかっていながらも毒づく。

___プルルルルル!

電話は突如鳴り響いた。心臓がドクンとする。
き、来たぁ!

「は、はい。立花です!」

あー、もう興奮しちゃう!
受話器を持つ手も震えてるかも!!

「あ、若武!アーヤ?」
「う、うん」

く、来るのかな?
集まるのかな?

「今日、俺んちに一時集合な!絶対遅れんなよ!」
「わかった」

電話が切れそっと受話器を置く。
精一杯普通を装って自分の部屋に戻り扉を開け荷物を用意した。
…やったーーーーー!
待ってたのよ、この瞬間を。

「お母さん、出かけてくる!」

靴を履こうとした時、お母さんが「待ちなさいアーヤ!どこに誰と言って何時に帰ってくるの?」と声をかけた。

すらすらっと、半分嘘の情報を言って玄関を飛び出し、若武の家までの道を歩き始めた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。