二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.100 )
日時: 2017/07/30 14:59
名前: みやび

みやびといいます。
同じkz を書いています。
この小説すごく良いと思いました!語彙力あって羨ましいです。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.101 )
日時: 2017/10/01 10:54
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照5800すいませーん(┬┬_┬┬)
なんか、最後に書いた日から参照がプラス2000されても来てなくてごめんなさい…。

*みやび様*

ここを見つけてくれてありがとうございます…。
そして返信が、10月にまで伸びてしまいごめんなさい。
そしてこんな放置間にそんな素敵な言葉をかけていただきありがとうございます…!!


短編を書いてお詫びします。なら本編かけという言葉は受け付けておりません故…

* * * * * * * * * * * * * * *


塾に行くために、ママのお弁当を取りに行くところだった。
珍しくテレビがついていて、ニュースが流れている。

「あ、塾の帰り気を付けてね。
最近、この辺に不審者が出てるらしいから」
「はーい」

じゃあさっきのニュースはもしかしてこの辺のことだったのかな。
だから、テレビが…。

そのとき、さっきの話を聞いて急に背筋が冷える。

で、でもまだ明るいし…。
それに、私は狙われないか…。
そう思いながら塾に入る。

それを見ている影一つ。

そしてそのまた影を見てる人一つ…。



うぅ、暗い…。
なかなか解けなくて、帰る時間を少しずつ伸ばしてたらいつの間にか真っ暗。
もう、こんな時間でも暗いの?!

朝のことを思い出して、なかなか出口にたどり着けない。
やっぱり、関係ないと思ってても怖いよね…。

「はー…」

ちょうど角を曲がったとき、思わぬ人たちが立っていた。

「やぁ、アーヤ」
「え…なんでみんな…?」

kzの若武、黒木君、上杉君に、シャリの小塚君。
それに、今は塾を変えてしまいここにはいない翼まで!
しかも、もっと驚いたのは、ここにいる人たちで集まったら、絶対にできる人だかりが全くない!

「みんなどうしたの?こんな時間まで…」
「それは俺たちが聞きたいな。こんな時間にまさか一人で帰ろうとしてたでしょ」

うぅ…図星。

「アーヤ最近のニュース見てないの?この辺不審者が出てるんだよ?」

はい、知ってます。

「だから、アーヤが危ないと思ってみんなで帰ろうってことになった」
「え?なんで私が…?」

若武の言葉に少し違和感を感じた。

「それは、俺が来るときにたまたまアーヤの後ろを追ってる影がいたのが見えたから。
それを若武に言ったら、じゃあみんなで帰ろうって」
「ああ、だが俺は美門まで呼んだ覚えはない!」
「まぁ、俺が呼んだからな。さっさと、帰るぞ」

わーわー言い合いして玄関を通る皆を見て少しぼーっとしていた。
さっきまで一人じゃ、不安だったのに急に心が軽くなった。

やっぱりkzってすごい。

最後に出ようとしていた黒木君が私がまだ出てないことに気が付くと、腕を曲げ軽くお辞儀した。

「どうぞお姫様」

わたしは、微笑みながらありがとうと言って先に出た。

その後ろで、扉を閉めた黒木。
その顔がアーヤのほほ笑みで赤く染まっていたことは、誰も知らない。



Fin

これで一回許して…(-人-)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.102 )
日時: 2017/11/12 18:46
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照6600行きました!
ごめんなさい!

本編書きます!
きっと更新します!
だから、見捨てないでください―!(´;ω;`)

* * * * * * * * * * * * * * *

【立花side】

ふぅー、スイカ重かったな。
上杉君kzだしやっぱ軽々持ってる…。
あ、でもちょっとふらついてる。
でも、大通り以外の道があったんだね、私の努力は…トホホ。

「アーヤ、あのさ俺たち今からバレーの試合やるんだけど、お前どうする?」

あ、そっか。
私一人か、どうしようかな…。

「わ、若武!あのさ…」
「なんだ、小塚」

小塚君はキョロキョロすると、上杉君が戻ってくる前に二人で離れた場所に行ってしまった。
何話してるんだろう…ちょっとなら。
私も少し近づこうとすると、黒木君が笑って「だめだよ」って阻止してきた。

「で、でも…」
「きっと、男の話なんだ。アーヤを取り残してるわけじゃないよ、ほら戻ってきた」

あ、本当だ。
小塚君なんだかうれしそう。
反対に、若武なんか顔嬉しくなさそう…。すっごい複雑そうな感じ。
若武は戻ってくると、みんなが揃ってきたか確認した。

「今回、小塚は参加しないらしい。だから、俺、黒木、上杉で総当たりだ」
「小塚君参加しないの?」
「うん。僕があんなところに入ったら一瞬で負けちゃうし。それにね…」

こっちを少し凝視する。
な、なんだろう。なんか顔についてる??

「う、ううん。なんでもない」

若武は、何かもの言いたげにこっちを見ている。
もしかして、すねてるのかな?
両手を前で合わせて「ごめんね」と訴えかけると、ポッと顔が赤くなりそ歩を向いた。
お、怒っちゃった?

「大丈夫アーヤ。若武は怒ってないよ」
「本当?」

心配で聞いてみると、「ああ」と黒木君は笑って言った。
ってか、私話聞いてなかったから何すればいいのかわからない!!

「若武、さっきはごめん。もう一回話して?」
「一ゲーム九点。それを二セット取ったやつが勝ち。で、総当たりをするから一人残るだろ?そいつが審判」
「私は何してればいいの?」

若武は考えると、私の腕をつかんでいった。

「いいか。離れるなよ。女の一人の行動は危険だからな」

いつもは、女扱いされるのは嫌!!
なんだけど、今回はあまりの迫力に頷くことしかできなかった。

「おーい若武。ちょっと練習してる」
「俺も行くから」

声がした方を向くと、黒木君と上杉君が立っていた。
でも、私は違う方に気を取られていた。
さっきまでは上に服着てたんだけど…その、今は海パンしかない状態。
き、筋肉がすごい。
さすがkzだよね。

若武も、すぐ上を脱ぎ、ボールを持って練習しに行った。
そういえば小塚君は?
さっきから見当たらないけど…見回すと、海の近くでしゃがんでいる小塚君が見えた。
何か見てるのかな?こっそりと近づいてみた。


Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.103 )
日時: 2017/12/17 19:24
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照7300行きました!
返信記念すべき100らしいです!

そしてすいませんでした!
いや、もうあれですね、更新ペースがある意味固まってきましたね。あ、はいすいません。

書きますよ、ええもちろんね!

* * * * * * * * * * * * * * *

【ビーチ】

若武、黒木、上杉はその辺にあった棒でコートをかいていた。
小塚は、海の近くに行って何やらしゃがんでいる。
そこにアーヤが近づいていった。

「な、お前らアーヤどんな水着だと思う?」

その様子を見て、若武が練習している手を止めて二人に聞いた。
同じコート内にいた黒木は顔を上げ、反対のコートにいた上杉は近づいてきた。

「…まず着てるのか?」
「確かに…」

ま、着てるならあのワンピースの下だよな。
何を着てるんだ?!
てか、まず着てるのか?!と二人は珍しく同じ考えを持っていた。
その思いをまるで読み取ったかのように黒木が言った。

「アーヤは着てるんじゃないかな?でもほらさ…」

こっちを見てため息をつく。
それに、若武と上杉が少しイラっとする。
その様子を見て、お前ら似てるのにな…と思いながら説明をした。

「もともとアーヤは俺たちが待ってたりするのを嫌がるぐらいだ。今男子対女子の比率が、四対一だぜ?お前たちはアーヤが脱ぐと思うか?」
「た、確かに…」

三人は海の光の反射で光ってシルエットで見えるアーヤに思いをはせる。

「みてーな…」
「若武聞いて来いよ」
「だめだ。こいつはデリカシーがない」

そして、三人でまたため息をついた。
すると急に近くで「どうしたの?」という声が聞こえる。

「ア、アーヤ?!」
「そんなことより、早く始めないの?」

「えっと…」といいまどろむ若武に変わって黒木が答えた。

「今決めようとしてたんだけど、ルールをもう一度話してたんだよ」
「そうなんだね。私ルール知らないから役に立てないけど…」

さっきまでしどろもどろだったのに、この様子を見て、さっと若武が入ってくる。
黒木は、本当にアーヤのことだと…と感じる。
そして、「俺もか…」とつぶやいた。

「いいか、まず一試合目は、上杉vs黒木!次に、俺vs黒木。最後に俺vs上杉な」
「マジか、連ちゃんかよ…」

黒木は肩を落とした。
上杉は、荷物に入っていたホイッスルを取り出し何回かならし、音が出ることを確認して若武に渡した。
二人がコートに入ると、アーヤが若武に寄った。

「若武」
「なんだ?」
「なんかやることある?」

若武は、「特には…」といってうなる。
でもすぐに何かを思い出したように言った。

「じゃあ、俺が持ってきたリュックの中から飲み物出して、テントの中のクーラーボックスに入れといて。あとタオル三人分も」

アーヤは「わかった」と言って、サンダルを脱いでテントの中に入って行った。
今若武の頭の中ではバレーのことよりも、アーヤの水着しか考えていなかった。
「おい若武ボール貸せ」と言われて、ようやくこっちに意識が戻ってくる。
そして、試合は始まろうとしていた。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.104 )
日時: 2018/01/11 23:18
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照8000行きました!

すいませんでした!
いえ、忘れたから誤ったのではなく、いやそもそも忘れてもいないけど…。
なんか、謝りたかったんですよね。

あれ、なんか、目が潤ってきた……

* * * * * * * * * * * * * * *


【黒木side】

まず、俺対上杉でやったんだけど…。
あいつ、全然これに集中できてないから、一セット目は余裕でとれたんだ。
ま、問題はそのあと。
あいつは、なんだ?冷たさが売りだろ?
だから、二セット目は物凄い鋭い目をしてやってた。

「おい上杉、目―こえーぞ」
「おい若武、こっちは試合してんだよ、集中かき乱しやがって」

って、途中で言えたぐらいだから余裕が出てきたって感じかな。
だけど、意識が時々あいつは違うところに行ってる。
だから、ハッとした時にはもう俺が二セット目もとってるってわけ。

ちなみにこの時ルール変えたから、一人三セット取ったら勝ちってなってた。
それであいつも少しは危機感覚えたんだろーな。
二セット目が終わって休憩中に話しかけてきた。

「おい黒木、少しは抜いてくんねーと俺ストレート負けなんだけど」
「上杉、もう負けるって前提か?」
「ここまでくると、気持ちの問題だってあるだろ?」
「……もし悩んでるんだったらこれで吹き飛ばせよ」

そういって肩をたたいてコートに戻った。
あいつは何も言わなかったけど、何か感じ取ったんだと思う。
あいつ自身も気づいてたんだろうけどま、これぐらいの年の男子に、どうすることもできないんじゃないかなって思ってさ。

「おい上杉、さっさとコート戻れよ」
「黙れ審判!さっき俺の集中をかき乱しやがって!」
「んだとぉ!!どーせな、お前は…」

ま、このやり取りを聞いて一番うのは安心だよ。
それと同時に、やっぱ悩んでたんだな、って思ったけど。

ただ、本当にさっきとは打って変わってちがう動きするから最後の最後まで気を抜けられなかった。
ま、俺がぎりぎりストレート勝利だったけど。

そのあともアーヤと笑顔で話せてたし、これでいいんじゃないか?

で、問題はこの後。若武なんだ。
上杉だけでも消耗が激しいのに、この後若武先生だ。
しかも、ちょうどあいつ波に乗ってたから、俺は一セット取ったけど、そのあと三セット取られた。
やっぱり、波に乗ってると無理だ…。

で、最後に上杉と若武。
二連ちゃんはすっげーきつかった。

「黒木君大丈夫?」
「大丈夫とは言えないな。あいつらを立て続けに相手したわけだし」
「そっか、審判頑張ってね!」

頑張るしかないよな。
ま、とにかく犬猿の仲って言葉をまるで絵にしたような二人だろ?
あとは水と油とかね?
若武がとったら上杉が、上杉がとったら若武が、って。
両方二セットずつ取った最後のゲーム。

上杉が最後によろけたんだ。
そこを若武が見逃すわけがないんだ。
で、よろけたところの反対側に一気にね。

ま、あいつのタフさは身長をハンデとした分いいのかもな。
でも実際俺たちが悲しかったのは、別に負けたことが直接的には関係しないんだ。

アーヤと同じ部屋で寝れない、ってやつね。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。