二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.96 )
日時: 2017/04/06 00:04
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照2700行きました!
ありがとうございます!
もしかしたら、3000行くかも…?と淡い期待をのせて、これからも頑張ってまいります(笑)

* * * * * * * * * * * * * * *

【小塚side】

午前中の勉強が終わったと思ったら、本の片づけで疲れたなー。
ぼ、の句たちを巻き込むような本の片付けはやめてほしいよ、若武…。

それにしても…どうしたんだろう、上杉。
見た目は特に変わってるように見えないんだけど…なんか悩んでるって感じ。
ハァー…もしかして若武と何かあったのかな。

でもさっきから若武はアーヤと話してるし…。
というか、何でちゃっかりアーヤの隣取ってるんだよ。
もう一度ため息をつくと、黒木は僕の様子に気づいて、耳打ちしてきた。

「どうしたんだよ小塚」
「え?うん。なんか上杉の様子変だなって…」

「そうか?」といって上杉を見た後に軽く笑って言った。

「どうせ、若武となんか言い合ったんだろ」
「でも、全然そんな風に見えないよ」
「…この後何してるか気になってんじゃね?…それより小塚さぁ」

確かに、お昼なんかして遊ぶって言ってたね、昨日の夜。
でも、僕はそのあとの言葉に気になった。
だって、黒木っぽくないような言い方だったから。

「何?」
「お前ってこのままでいいと思う?」

急に言われたからびっくりした。
でも、何のことさしてるんだろう…。
若武と上杉のこと?うーん、でもそれなら前からだし…。
それとも…。

「いや、なんでもない。早く食って外に出ようぜ」

顔を上げてもう一度見た時はいつもの黒木だった。
それより、何して遊ぶつもりなんだろう…。


みんなが食べ終わった後で、若武が「発表したいことがある!」って言ってたけど、上杉が先に片づけてからにしよう、って言い片付けてから話を聞くことになった。
皿洗いを僕とアーヤがしていた。

「小塚君、若武何を決めたんだと思う?」
「お昼に何して遊ぶかとかじゃない?」
「でも、遊んでばっかりはいられないね」

「そうだね」と軽く相槌を打って笑う。
本当にアーヤの笑顔可愛いなーとか、みんなの視線が僕の背中に刺さってるなーとかいろいろ考えていた。
皆が座ると若武がもう一度言った。

「発表したいことがる!!」
「なんだよ、さっさと言え」

ゴホンとわざとらしい咳払いをした後、胸を張って答えた。

「ビーチバレーをする!!」

…うん。
なんていうかね、そうなんだって感じ。
発表ってまでじゃない気がするんだけどね…。
まぁ、そこは派手好きな若武らしいんだけどね…。

「ってわけで、下のビーチを使う!各自着替えてから来い!」

「じゃ、解散」といって終わらせる。
アーヤは上で着替えてくるらしいから、男たちはここで着替えるんだね。
…アーヤの水着姿みたいなー…。
どういうの着てくるのかな。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.97 )
日時: 2017/04/11 19:24
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照2900行きました!
ありがとうございます(o^―^o)ニコ

* * * * * * * * * * * * * * *

【黒木side】

アーヤがいない部屋で男四人が水着に着替えてるってね…。
思った以上に華がないっていうかむさ苦しいよね…。

「な、お前ら忘れてないか?今日の大切さを!!」

若武がすねた子供のように膨れる。
大切さ…そんなのもあった気もするけどなんだっけ?

「言っただろ!これで部屋割りが決まるって!!」

その瞬間頭が冴えた。もしかしたら、サッカーの試合よりかも。
そういえばそうだったな…。
一番乗りで着替え終わった若武がドアノブに手をかけこちらを振り向いて言った。

「着替え終わったやつから下のガレージに集合な。じゃ!」

そのあとも黙々と着替えていた。
でも…さっきから小塚の顔が冴えない。

「どうしたんだ?」
「…僕さ運動とかできないからさ…みんなに全然歯が立たないだろうなーって…」
「じゃあ参加しなければいい」

後ろから声が聞こえた。
本当に、何でこいつはこういう言い方をするのかな。
もっとわかりやすく言えばいいのに。

「だからさ、小塚若武に言え。『僕、今日のやつに出ないからその代わりお願いがあるんだ』ってな」
「お願いって…なんだよ上杉」

「黒木任せた」といって今度は上杉が出て行った。
小塚の顔は暗い。

「つまり小塚。俺は試合に出ない、ってことで若武や俺たちが勝ちやすくなるだろ?だから、そこで条件を出すんだ。『車で隣に乗らせろ』とか『隣にずっと座らせろ』とかね」

「なるほど」と真剣に頷く小塚。
って、俺何を教えてるんだ…。そしたら小塚が…ま、いいか。
着替え終わり、家を出て若武が言っていたガレージを探す。

「確か、下にあるみたいに言ってなかったっけ」
「そうだな。早く行こう。今いるのは若武と上杉でめんどくさいことになってるかもしれないし…」

庭、みたいなところを下っていくと、小さな家…いや物置か。
まぁ、見つかって行ってみると案の定、騒ぎ声が聞こえた。

「さっさと持てっつってるだろ!」
「お前が持てばいいだろ。俺さっき運んだしよ」

顔を見合わせる。
小塚の目が俺に「どうする?」と聞いてくる。
止めないとだめだよな…。

「おい、二人とも何してるんだ。さっさと行こうぜ」
「チッ、いいか、ビーチは下にある。小塚はパラソル…いやこっちのテントを持ってくれ。で、黒木がネット。上杉は、このクーラーボックスに、水と氷を入れて持ってきてくれ。俺は、このネットを張る棒を持つ」

ささっと言って、「開始!!」と一声かけて自分の荷物を持って行ってしまった。
こういう時には、しっかりまとめられるのに。

「じゃ、僕たちはいくね」と小塚がテントを担いで若武の後を追う。
俺も、ネットを抱え直して、クーラーボックスを持ってる上杉を見た。

「おい、これ何に使うつもりだと思う?」

ま、普通は飲み物入れるんだよな…でも若武のことだから「さぁ」と答えて後を追った。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.98 )
日時: 2017/07/08 01:54
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

うおー!
参照3700ありがとうございます!
決して忘れてたわけじゃないです!ええ、きっと!

ちゃんと頑張って更新します!…多分!

あと、どうでもいい報告のコーナー(笑)
Twitterはじめました ←小説をかけっていう
私の名前をコピーして適当に検索したらきっと…出る!(適当)
見つけたら、仲良くしてあげて?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

↓やっとのことで、本編スタート!

* * * * * * * * * * * * * * *

【若武side】

ビーチまで遠いな…。
黒木も小塚も俺を置いて先に行っちまった。
これは、前に俺が小さい頃「ビーチバレーやりたい」って言って買ってもらったんだけど…。
重いんだよ…。

「はぁ…リーダーなのに…」
「大丈夫か若武」

前を見てみると、黒木が戻って来てるようだった。
あれ、先に行ったはずじゃ…。
もしかして、俺のことを助けに!!

「黒木どうしたんだ?」
「ネットはあったんだけど支える棒がなくてさ」
「小塚はどうした?」
「テントを張ってる」

そうか、てか俺いなくても結構進んでるって感じ?
でも…ネットがあっても支える棒がなきゃ何もできないか…。
なんかkzみたいじゃね?!
もちろん棒が俺だけど!!

「なぁ、若武」
「なんだよ」

俺の持ってる一つを黒木がとると、急に軽くなった。
黒木にもう一度「なんだよ」と聞く。

「今俺が言ったのkzみたいじゃね?」
「あ、俺も思った」

すげー、心が通じ合ってるって感じだ!
チームワークはやっぱ大事…。

「お前がどうせ考えてたのは、自分が棒で俺たちがネットだろ?ちげーよ俺は、お前だけがネットで、あとの俺たちは棒」

俺がネット?!
いやいや待てよ!おれ結構頑張ってるぜ…。

「お前は、むちゃくちゃのことを突然やりだしてるからな。ま、ネットも棒も自分自身だけじゃ何にもできないんだけどね」

「さっさと来ないと上杉にも抜かされるぜ」と言い残し、ささっと行った。
背が高いと足もなげーから早く行けるのか…。

ため息を一つしてさっき黒木が言っていたことを思い出す。
確かに、自分だけじゃ何にもできないしな…。
立ち止まっていると、後ろから足音が聞こえた。

「おい若武、何そんなとこに突っ立ってんだ。海はもう目と鼻の先だぞ。それとももう疲れたのか?」

げ、上杉だ…。「ちげーよ」といい、持ち直す。
そうだ、俺は今回の試合で決めるんだ…!

「ならさっさと行こうぜ、もうあんまり時間もねーし」
「当り前だ」

俺は、隣に並んでいた上杉を抜かすように早歩きを始める。
上杉も負けじと、早歩きをする。

「おい!早く来いよ!あと一本ねーとネット張れないだろ!」
「悪い悪い」

そういってビーチの砂浜に入る。
急に視界が開けたかと思うと、目の前は、青い海でいっぱいになった。

「すげー」

俺の隣でも、いつもクールなあいつの顔は少し弾んでいるように見えた。

「じゃ、さっさとネット張ろう」

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.99 )
日時: 2017/07/15 14:05
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照3800行きました!
ありがとうございます°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

今回はぴったの1週間(`・ω・´)
そういや前、Twitter始めたって言ったけど、ちょっとあっちではネタバレするから、先取りしたい人は覗きに来てーのれん越しに(笑)
嘘です、ドア全開で来てください(笑)

てかね、オリキャラ発表するって言ってたか覚えてない…(笑)

とりあえず本編にGo!
* * * * * * * * * * * * * * *

【上杉side】

さすが沖縄だ。海が特にきれいだと思う。
しかも、それほど人がいないことが良かった。
隠れスポットなのか?

「よし!張れたぞ」
「おー」

若武が、小塚とさっきまでテントっぽいやつを張ってたのが終わったぽいな。
だけど、俺はさっきからそれよりも気になることが…。

「アーヤ遅くない?」
「ああ、もうあれこれ三十分ぐらいたってるんじゃないか?」
「女子の事情なんて俺たちにはわかんないよ」

黒木が笑いながら言う。
だから女って面倒くせーんだよな…。
ま、アーヤは別だからいいんだけど…。

「お、アーヤあれじゃね?」

若武が指さした方を一斉にみんなが見る。
その先には、よく見えないがアーヤらしき人物がこちらに来ている。
フラフラしてんな…なんか持ってるからか?

「アーヤどうしたんだ?」

俺たちは近くまで駆け寄り、声をかける。
すると、アーヤの顔より大きいスイカが目に入った。

まぁ、そんなことよりアーヤかわい…。
水色のシャツワンピースを着ている。
風も通りやすそうだし…熱中症はないかな。
周りのみんなの顔も多分さっきの俺と同じようなみっともない顔だと思う。

「アーヤ、それどうしたんだ?」
「なんかね、ここに来る途中に青果店があったでしょ?」
「アーヤもしかして大通りで来たの?」

アーヤはこくりと頷く。
そっか、こいつだけ一人だったから…。
俺たちはそっちじゃない方向から来たからな…。

「まぁ、あとで道教えりゃあいいか。で、どうなったの?」
「その青果店で、おばさんがスイカを二つくれたの」

手に持ってるのは一つってことだから…。
もう一つは置いてきたんだろう。
で、どの道も大通りを使ったから長かったってことだな。

「このスカイをさ、あとでスイカ割につかおうよ」

で、俺はアーヤからスイカを受け取る。
これが、アーヤが持ってるけどスイカだし軽いんだろうと思ったんだけど。
実際に持ってみると、中身が多分ぎっしりで、すっげー重いの。
これにこもったって…そりゃ遅くなるわ…。

「おい、上杉どうした?」
「ッチ、何でもねーよ」

若武にニヤニヤされながら言われた。
すっげーむかつきながら、クーラーボックスを開けスイカを入れる。
あれ?もしかしてこいつこうなることが分かってて…。
若武の方を見ると、ただお気楽そうに話しているようにしか見えないけど…。

「おい、上杉これからルールを説明するから来いよ」
「わーってる」

急いで戻ると、アーヤは若武と何かを話していた。
ま、そんなことよりも勝って…そのあとが大事なんだけどな。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.100 )
日時: 2017/07/30 14:59
名前: みやび

みやびといいます。
同じkz を書いています。
この小説すごく良いと思いました!語彙力あって羨ましいです。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。