二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * お知らせ * ( No.86 )
日時: 2017/01/03 14:22
名前: 夏 ◆qI7CDpFQyQ

いつも読ませてもらってます(*ノωノ)
受験ですか、私もです…。
私は、ここを少し支えとしてきたので、まさかの事実にびっくりΣ(・□・;)
文を読んで、同じ受験生とは認めたくなかったです(´;ω;`)

私は、私が自分で考案したキャラがアーヤちゃんとキャッキャウフフしてほしいので、オリキャラつくらせてもらいますね。


【名前】 冴島 空也(さえじまくうや)

【容姿】 身長が黒木君より少し低めくらい。髪は黒色だけどちょっとちゃっけが混じってる感じ。
     色は透き通るようなしろ。

【性格】 女の子っぽい見た目だけど、長年バレーをやっていて運動神経は抜群。
     優しいけど、時々S気が入る。



私の考えたキャラが、砂浜でアーヤちゃんと夕焼けに照らされながら駆け回る様子を考えています(笑)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * お知らせ * ( No.87 )
日時: 2017/01/02 20:03
名前: ナデシコ ◆vBmg.f7Zg.  


みささんの小説読めなくなるのは残念ですが、戻ってくる、と言うので信じますね(笑)
確かに自分のキャラがあの四人の彩争奪戦に入っていい位置を取ったら面白いですね(笑)


「名前」澤原 斗眞 (さわはらとうま)
「容姿」仔犬を思わせる感じで、四人にはいないタイプ。
軽く肌は焦げていて、伸長は若武と同じ。

「性格」一途で、こうと決めたらやり通す。
好きな子には優しい一面も。
少しキザで、口説き癖がある。

キャラを考えるだけでむふむふしました(o^v^o)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * お知らせ * ( No.88 )
日時: 2017/01/03 16:28
名前: 咲花 ◆i/JR/5bPWk

みささん、こんにちは。
参照1500おめでとうございます。

ここで会うのは初めましてですが、違うところでも拝見してます。
そのいろんなところで、みささんが休むと書いてあったので、悲しいです。

受験はみな避けては通れぬ道ですね。
頑張ってください。

私は、みささんがきっと帰ってきたときキャラ募集でそれに応えてる人がいたらうれしいと思うので、書かせてもらいます。


【名前】 渡辺 愁斗 (わたなべ しゅうと)

【容姿】 ・背はアーヤより少し高いくらい

     ・肌は、あんまり黒くはないがそこそこ焼けている

     ・髪は茶色で金色も混じっていて、アホ毛がある

     ・目が、灰色がかかった青

【性格】 ・爽やかで嫌みがない
     
     ・昔いじめられた経験があり、人の嫌なことは絶対にしない

     ・だけど、少しからかい癖あり

【設定】 +運動神経が良い

     +頭はアーヤに負けず劣らずら辺


設定は、プラスで、ってことです。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.89 )
日時: 2017/02/15 19:51
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


帰ってきました!
みさです!!

いつの間にか、参照1900を超えててびっくり!

ご期待(されてるかわからないけど)通りに頑張って見せます!多分…。


*キャラ募集について*

夏様、ナデシコ様、咲花様。
今回はありがとうございました(o^―^o)ニコ
皆様とても素敵で、私もアーヤちゃんと誰をいちゃつかせようか迷いましたが、今回は、咲花様の「渡辺愁斗」にさせていただきたいと思います。

これかあはまた頑張ってジャンジャン更新させていただきます。


*お知らせ*

もしかしたら、また新しいスレを作るかもしれません。
内容は主に、短編小説。イベント小説。
可能性がゼロに近いリクエストに対しての小説。

こちらでは、今書いている『海は知っている』だけにしておこうかと悩んでいるからです。

すぐに再開できるかわかりませんが、できるだけ早く復帰します。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.90 )
日時: 2017/02/16 18:20
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


【若武side】

中から、アーヤと小塚が出てくる。
てかもう俺本当に限界だ!!アーヤは眠くないのか…?
でも、あの笑顔見ちゃうと…はぁ。

「皆ごめんごめん」
「小塚おせーよ。でも、そんなロスタイムははっきり言って全然大丈夫だ!」

あれ?上杉なんかテンションたけー。
眠すぎていかれちまったのか?って聞こうと思ったけど、ぜってー倍で返される…。
それより、さっきのはどう意味なんだ?

「上杉、それってどういうこと?」
「簡単だよ」

答えたのは、佐田さん。
それはちょうど俺たちの荷物を全部おろしたか確認して、また飛行機に戻るときだった。

「まず、俺は沖縄に着いてもすぐに別荘に着くと思わなかったから三十分見積もったが、実際は目と鼻の先だ。それに、佐田さんはスタートは遅れてものの、約一時間でここに着いた。スピードはアウトぎりぎりだけど…てかアウト?」

「敬礼!」と俺が佐田さんに向かって言うと、上杉はウエッて顔をして、それを黒木がうまくフォロー。小塚とアーヤは苦笑い。佐田さんは…ってめっちゃ爆笑されてる?!
って結局やってくんないのかよー。

「佐田さんありがとうございました」

アーヤが佐田さんの前に立って握手をした。
「楽しい休日を」と答えながら握手する佐田さんを見て、もちろんその気がないのはわかっているものの睨んでしまう。

いいなー、俺も握手してー、アーヤと。そしてそれを思っていたのは俺だけじゃないらしい。
佐田さんがこちらをチラッと見たときの表情でわかる。
多分俺たちの覇気…チョーすげーんだと思う。

まぁ、ちゃんと挨拶とお礼をして、佐田さんのフライトを見守っていた。
エンジン音が遠のくと、静かな夜に紛れて聞こえる波の音が俺たちを包む。
改めて、来たことを実感したのだ。

「そういえば上杉、今何時だ?」
「十二時四十三分」

時計をチラッと見て答えた。
…それにしても静かだな。もっと派手にしときゃよかった。

「それより中に早く入ろう、そうしないとここで舟をこぐやつが現れる」

おい!なんで俺を見ながら言うんだよ!
てか、みんなも笑うんじゃねぇよ。…アーヤもな。
そして笑いがひとしきり収まったところで自分の荷物を持って別荘まで行く。
てか、今気づいたんだけどこんなにでっかかったけ?
でも最後に行ったのはもっとちっさかった時だから、しょうがねーか。

門の中に入り、玄関まで向かう間に、みんなは感嘆の声を上げていた。
まぁ、アーヤが喜んでくれればいいんだよなー、本当は。
横目で盗み見すると、黒木と楽しそうに話している。ッチ、話の内容はこの別荘なのになー。

「まぁ、若武先生落ち込むなって」
「落ち込んでねーよ、てかお前に言われたくねーんだけど…」

だから玄関に着いた時には、興奮していて、眠気もう吹っ飛んでいた。
でもやっぱり少しねみーな…。
そう思いながら、真っ暗な部屋の中で電気のスイッチを探す。

「真っ暗で何も見えないね」
「大丈夫だアーヤ!今発見したからな」

カチッというスイッチの音がしたと思えば、部屋は一気に明るくなった。
そして、みんなはまた感嘆の声を漏らしながら恐る恐る入ってきた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。