二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * クリスマス編 * ( No.81 )
日時: 2016/12/24 16:55
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照1400行きました!!
あと100で、1500です(o^―^o)ニコ

*うさぎさん*

そうですね、アーヤはすごい子なので<(`^´)>
小塚君の方が、アーヤがいてくれて…って感じじゃないでしょうかねぇ。
更新頑張らせていただきます!!


*立山桜さん*

いつも読んでくれてありがとうございます。
私は、またここにきていろいろなカキコをしてくれる日を待っているので(´;ω;`)
完結できるよう、進めます!!


* * * * * * * * * * * * * * *

【クリスマス特別編】

明日はもう25。
この一週間私は、帰っては小塚君とのピアノレッスン、その後の秀明で大変だったんだ。
そのおかげで、楽譜を見ながらだけど、全部弾けるようになったけどね。
でも、本当にすごいのは小塚君だよね…。
もらった日に楽譜を見ながらすらすらと演奏。翌日はもう暗譜…。
きっとこういう脳の違いが、勉強にかかわってくるのかな…。

今日は、土曜日で一日全体が開いてる日。
だから、最後に詰めるつもり!

「アーヤ、だいぶ上手になったよ」
「ホント?小塚君のおかげだよ」

嬉しくて、つい笑顔で言葉をかけるとポッと顔を赤くしてうつむいた。
どうしたのかな?
それを聞く前に当の本人が口を開いた。

「あのさ、僕これ連弾じゃなくていいかな、って思ってるんだけど…」

え?それってつまり、私一人で弾くってこと?!
む、無理!

「い、いや。一緒に弾こう?」
「…//」

小塚君の顔が一気に赤くなった。
そこで、私が袖をつかんでいた。
小塚君顔赤い!怒ってるのかも…。
そっと手を外し、思いっきり俯いていた。

「ごめんね小塚君。迷惑かけないようにしようと思ったんだけど…」
「へ、平気だよ。そうだね、やっぱりまだ初めてだし一緒に連弾しよう」

よかった、怒ってないみたい。
そのあと、「じゃあ、アーヤ一回合わせてみる?」と聞かれたけど、あともう少し練習することにしたの。
小塚君にできるだけ迷惑をかけたくないしね。


どうしよう、そろそろ小塚君に声をかけようかな。
早く合わせておきたいし…。

「小塚君、合わせてもらっていい?」
「うん、いいよ」

そう答えて椅子を持ってくる。
でも、ピアノの前には、連弾をする人のための少し長い椅子が置かれている。
どうしたのかな?小塚君と私が引くところの高さってそんなに違うのかな?
あ、私が座る椅子の隣だ…。

「小塚君、この椅子長いし一緒に座った方が良くない?」

小塚君がさっと赤い顔をして、もじもじした。
どうしたんだろう…。あ、やっぱり私下手だから嫌、なのかな?

「い、いいの?」

恐る恐る聞く小塚君を見て、どうしたんだろう、と思いながらも頷いて見せる。
すると、少しほっと息をなでおろしたのが分かった。

「じゃあ、僕は難しい方をやるからアーヤは…」

こんな感じで、一回一回弾き終わるたびにアドバイスをもらっていった。
最後の修正を済ませ、帰路につく。

「アーヤ、うまくなったね」
「ほんと?小塚君のおかげだよ」

小塚君が笑ってくれてうれしかったのと、自分も上達してることが分かって嬉しかった。
やっぱり、本番もこんな感じでいくといいなー。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * クリスマス編 * ( No.82 )
日時: 2016/12/25 01:43
名前: うさぎちゃん

くー!!
今回は、アーヤの行動の破壊力が半端ないっ☆
小塚くんが赤面するの分かる、大いに分かるっ!!!
一緒の椅子で連奏とかヤバイよー(≧~≦///
本番、ちゃんとできるといいね!!

参照1400おめでとうございます☆
あっという間でしたねー♪

ミカンさんもファイトですっ!!!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * クリスマス編 * ( No.83 )
日時: 2016/12/25 17:26
名前: みさ


*うさぎさん*

書いてる方も、キュンキュンしてます(≧∇≦)
楽しいですね、実現させたかったことを書くって楽しいですね!
さて、どうなるでしょうか?

でも、最後なのにとても短いですね(笑)

* * * * * * * * * * * * * * *

【クリスマス特別編W】

つ、ついに25日!
私は何とかピアノを弾けるようになっていた。
それもやっぱり小塚君のおかげだよね、ありがとう…。

今日、演奏会なんだよね?
どんな服を着ようかな。
本当はクリスマスだから赤とかいいのかも、って思ったけどその色の服がないから薄いピンク色のワンピースにした。

「行ってきます」と声をかけて、若武の家まで向かい、チャイムを鳴らした。
中で島崎さんの「はーい」という声が聞こえる。

「もう皆さんいらしてますよ。ケーキも焼きましたからね」
「ありがとうございます」

廊下に一歩足を踏み入れた瞬間空気が変わったのに気付いた。
荘厳ていうか…今までただの音としてとらえてきたものが違うものに感じたんだ。
扉を開けようか迷ったくらい。
でも、急に中から扉があけられてびっくり!

「アーヤ入れよ」
「う、うん」

中では、チューニングっていう、音程を合わせをしている。
全部違う音でバラバラなのに、一つ一つがいい音でごちゃごちゃしていなかった。

「アーヤ、順調にできたかい?」
「うん!!」

そのあと、上に来ていたコートを脱ぎ一度だけ小塚君と音を合わせる。
若武が「しまった指揮者がいない!」って言ってたけど、私はなくてもいいと思うんだ。
だってとってもワクワクするんだよ。
そして、誰かの合図とともにみんなが一斉に音楽を奏でる。
クリスマスを祝うこの歌は、家中に流れた。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * お知らせ * ( No.84 )
日時: 2017/01/01 10:40
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


皆様、あけましておめでとうございます!
去年の、九月から始めて早三か月…。
いろいろなコメントや感想をいただけた良い年でした。

今回は、二つお知らせがあります。

一つ目は、私は、今日から二月十五日まで小説を書きません。

私は受験生なので、この先書くとしたら、どんどん更新が遅れていくことになります。
それに、受験に集中できずで両方ダメになってしまいます。
なので、今回は思い切って受験が終わるまで一切来ません。

二つ目は、今日からその二月十五日にかけて、キャラ募集を行いたいと思っています。
概要は、下に書いておきます。


皆さん、私は必ず終わったら戻ってきます。
逃げたりはしないです(笑)
それに、完結させるって約束したので!
もともと文章が拙い私が、そんな長い期間休んだら、崩壊になるに違いませんが、頑張ります…。


*キャラ募集について*

【名前】例) 田中太郎、など

【性別】 男 (決定事項)

【容姿】例) 背が高い、髪が茶色い、など

【性格】例) 優しい、男っぽい、など

【設定】 東京に住む男の子。
     夏休みの期間に、沖縄にいるおばあちゃんの家に行っている。 (決定事項)


これを書いてください。
なお、一人、一つまでとさせていただきます。

たくさんのキャラが来るのを楽しみにしてます。
あと、たくさんのコメントが来たらうれしいなー(*^▽^*)
もちろん、励ましの言葉とかも大歓迎だぜ(`・ω・´)

では、二月十五日にお会いしましょう。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * お知らせ * ( No.85 )
日時: 2017/01/02 18:26
名前: うさぎちゃん

すみませんっ!!忙しくてなかなか来れませんでした....(泣)

>>83
ついに演奏会っ!!赤はさすがにねー。スカートはいいかもだけど、ね♪
指揮者なしで十分だと思うけどなー。いい音なんだろーなっ!!

>>84
受験ですか...。しょうがないです!!頑張ってくださいね!!私は冬休みの宿題を頑張らなきゃです...。
戻ってきて、続きが更新されるのを楽しみにしてます(≧ω≦☆
オリキャラは考えときます!!いいアイディアが出ればいいんですけどね(笑)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。