二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.75 )
日時: 2016/12/16 21:45
名前: うさぎちゃん

少しおひさですみませんっ(泣)
参照1200おめでとうございます☆さすがですねー♪
参照1000お祝いしてから10日しか経ってないのに!!
クリスマス編、楽しみにしときます♪♪

小塚君、フライト掛けてて少しビックリ!!これからの展開が楽しみです☆

続き頑張ってください!!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * クリスマス編 * ( No.76 )
日時: 2016/12/18 20:05
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


*うさぎさん*

いえいえ、来てくれてありがとうございます(o^―^o)ニコ
そうですね、やっぱり新刊が発売されたからかな…?
読んだんですけど、上杉君がやばかったです(・∀・)ニヤニヤ
フライトかけるキャラじゃなかった…←あの後反省
クリスマスシーズン始まります!!

* * * * * * * * * * * * * * *

【クリスマス特別編T】

若武が、集合をかけた!!
昨日小塚君が、電話してきてくれたんだ。
その時は、「この前のハロウィンに続けて何かやるらしいけど…」って。

私クラスは一番遠いから、いつも走らなきゃいけない。
でも、事件じゃないと気分が出ないから走っては歩く、走っては歩く、ってなっちゃう。
だから、今日も最後…。

「遅いぞアーヤ」
「ご、ごめん」

急いで座る。
前を向いたとき上杉君の顔が目に入ったけど、彼もあんまりうれしそうじゃない。

「今度、クリスマスがあるだろ?あ、25の方な。その日に演奏会しよーぜ!!」
「む、無理!」
「なんでだよ」

だめよダメ!
皆は、楽器できるけど、私は全然無理なの…。
その前に、みんないろいろできすぎなんじゃないのかな…。

「じゃ、アーヤはさ、どんな楽器を弾きたい?」
「え…?」

急に小塚君が話を振ってくる。
どんなか…。

「アーヤはフルートが似合う!だから俺とパート…」
「アーヤは、ピアノ弾いてる方が似合うよ。それに、ただ鍵盤をたたくだけでいいし」

ピアノか…。小塚君弾いてたよね?
そしたら私いなくても…。

「だから僕と連弾しようよ。そしたら、いろいろカバーできるし」

連弾って二人のだよね?
でも、私足引っ張っちゃうし…。

「大丈夫、まだ一週間あるし、僕が教えるよ」
「ほ、ホント?じゃあ…」

皆もうなずいているが、表情がどことなく悔しそう。
何でだろ…?

「ゴホン、じゃ、じゃあ俺が明日までに楽譜作ってくる!今日は解散!」

明日までに楽譜作るって…すごいけど私はどうしよう。
そう考えてる間にも、若武が出ていき、黒木君が「じゃあね」と、上杉君が「頑張ろうぜ」と言って出て行った。

「アーヤ、ピアノどこかの貸しスタジオとかで練習しようよ」
「うん…私できるかな?」

そんな私を、励ましてくれてから出ていき、最後は私だけになった。
よし、小塚君の足引っ張らないようにがんばろ!!

秀明が終わって帰った、その夜から電話があって、貸しスタジオで黒木君に相談したら無料で貸してくれるところを見つけたらしかった。

「ホント?いつから始めるの?」
『一週間って言ってもあんまりたくさんの時間を使えるわけじゃないからね。明日から始めよ。明日空いてる?』
「うん。大丈夫」
『じゃあ、駅のコンビニで』

そのあと必要なものとか、時間とか話して電話を切った。
結構学校が終わる時間ぎりぎりだけど、すぐ走って帰れば間に合う。
よし!頑張れ私!!
そうして眠りに入っていった。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * クリスマス編 * ( No.77 )
日時: 2016/12/18 22:23
名前: うさぎちゃん

反省しなくてもっ(汗)だいじょーぶですよ、みなさんもそー思ってますよ!!
新鮮でよかったと思いますしっ!!

クリスマス編、こんなに早いと思わなくてっ!!!ありがとうございますー♪♪
クリスマスは演奏会・・・!!よきですねえ♪アーヤと小塚君はピアノかー♪♪よかったねー、小塚君♪&ドンマイ、若武、黒木君、上杉君・・・。

続きファイトです!!

Re: 探偵チームkz事件ノート   * クリスマス編 * ( No.78 )
日時: 2016/12/19 21:33
名前: みさ ◆vcEFZb20jc

参照1300行きました!
ありがとうございます!!


*うさぎさん*

優しぃーです。
あのメンバーが引いてる中に、中に…//
今回は、小塚君がメインになりますね、ァィ(。・Д・)ゞ

今年ももうすぐ最後だし、気を引き締めて頑張りまぁーす!!

* * * * * * * * * * * * * * * 

【クリスマス特別編U】


駅の周りは混んでいて、コンビニにたどり着くまでに時間がかかった。
で、ついた時には私服で小塚君が私を待っている状態。
私は、制服に、必要なものを詰め込んだバッグを持ってきていた。

「アーヤ、大丈夫?」
「う、うん」

人にもみくちゃにされて、結構精神をやられていたが、急いで笑顔を作る。
「じゃあ行こうか」と歩いていく小塚君についていきついたのは、少し小さい貸しスタジオ。
見た時の一番の感想がね、派手。
看板は電気でキラキラしてるし、回りは普通なのに一つだけ異空間みたいなの。

中では、黒木君の名前を出すとすっと通してもらえた。
借りたのは、一番小さい部屋。ピアノが一台しかないの。
まぁ、無料で貸してもらったし、いっか。

「今日若武から楽譜届いたんだ。ちょっとだけ弾いてみるね」

そういって鞄を置いてピアノを引く小塚君は、いつものおっとりした彼とはまた違って見えてかっこよかった。ただね…。

「私絶対無理だよね、コレ」
「まぁ、最初は違う曲から弾くから大丈夫」

そういって鞄から、子供の優しいバイエル、という本を出しふせんがついてるページを開く。
これがド、この記号はシャープ。左手のこっちのドは…と教えてくれたけど、やっぱ難しい…。
でも、頑張ったかいもあって、三十分くらいで、両手でその曲を弾けるようになった!

「うん。アーヤできてるから大丈夫。次は、コレ」
「なんか急にハードル上がってない?」
「すごいたくさんあってそう見えるけど、一つ一つは単調だよ」

その後も練習を繰り返して、今日の最後には若武が作った楽譜のAパートの右手だけ弾けるようになった。


* * * * * * * * * * * * * * *

今回は短いですが、その分何回か更新するつもりです。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * クリスマス編 * ( No.79 )
日時: 2016/12/20 19:38
名前: うさぎちゃん

参照1300おめでとうございますっ☆
このまま、どんどん上がってきてますね♪

アーヤ、優秀っ!!!30分くらいで両手で出来るなんて!!
私より真面目だし、それよりなにより、小塚くんが居るからかな、なんてー キャッ(☆≧∀≦人≧∀≦☆)キャッ
って、妄想失礼しましたっ ( ̄▽ ̄;)

更新ガンバですっ( ̄^ ̄)ゞ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。