二次創作小説(紙ほか)

さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜
日時: 2017/09/30 14:29
名前: アッキー

小説を書くのは初めてです
駄作ですがよろしくお願いします


〜自己紹介〜
名前 アッキー

学年 中2

好きな本 さと8 真代家コンプレックス 12歳

です


えっと...
荒らしや悪口はやめてください

ではよろしくお願いします〜

〜目次〜

第1話 >>6-7 第2話 >>9-10

第3話 >>11 >>19 第4話 >>23 >>25

第5話 >>27-29 第6話 >>30

第7話 >>31 第8話 >>32

第9話 >>33-36 第10話 >>37-38

第11話 >>39 >>41 第12話 >>42

第13話 >>43 第14話 >>44-46

第15話 >>47-48 第16話 >>49-52

第17話 >>53 第18話 >>54

第19話 >>55 第20話 >>57-58

第21話 >>62 第22話 >>65 >>77-78

第23話 >>80 第24話 >>81

第25話 >>82 第26話 >>83

第27話 >>84 第28話 >>85

第29話 >>86 第30話 >>87

第31話 >>89 第32話 >>90

第33話 >>91-92 第34話 >>93

第35話 >>94 第36話 >>95

第37話 >>96 第38話 >>97

第39話 >>98-99 第40話 >>101

第41話 >>102 第42話 >>103

第43話 >>104-106 第44話 >>107

第45話 >>109 第46話 >>110

第47話 >>111-112 第48話 >>113-114

第49話 >>115-116 第50話 >>117

第51話 >>118 第52話 >>124

第53話 >>125 第54話 >>126

第55話 >>127 第56話 >>129-130

第57話 >>132 第58話 >>135

第59話 >>136-137 第60話 >>138-139

第61話 >>141 第62話 >>143-144

第63話 >>146 第64話 >>147

第65話 >>148 第66話 >>151

第67話 >>152 第68話 >>155

第69話 >>158-161 第70話 >>162

第71話 >>163 第72話 >>164-165

第73話 >>167-171 第74話 >>172

第75話 >>175 第76話 >>178-184

第77話 >>185-186 第78話 >>189

第79話 >>195-196 第80話 >>197

第81話 >>200

オリキャラなど

片崎 ジュン >>26 、 三井 リュウ >>40

真代家 >>56 とそのお仲間>>131、 岩井 美保 >>79

12歳 >>88 、 石原 奈々 >>108

山崎花菜 >>140 長嶋一樹、阿仁織田 >>142

津田凜 >>145 龍神王子の説明&登場人物 >>166

三井 和香&HY★SUN(佐藤隆太、中嶋勇太、羽田大樹、山本湊)
>>191

番外編

バレンタイン >>14-15 、 ホワイトデー >>16-17

作者のコーナー

>>8 、 No.100記念 >>100

おたより&フリートークTV! >>134

祝!参照2000! >>190

お知らせ

お知らせ1 >>194




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41



Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.197 )
日時: 2017/09/26 18:45
名前: アッキー

第80話 〜ディズニーランド!〜

サ「ふわぁ………」

ミ「やっとディズニー入れたな!」

サ「うん…………」

あー……疲れた。
あ、何で疲れたのか?って?
入場ゲートに並んでたのよ
しかも20分!
疲れるよね?

ブ「疲れるのはぇーよ。まだ歩くんだろ?」

サ「歩くけどさ………」

ちょっと休憩させて!
20分立ちっぱなしは辛いんだよ!

ソ「それより……これからどうするんだ?」

サ「あー……どうしようか……」

ミ「俺、スプラッシュマウンテン乗りたい!」

サ「……スプラッシュマウンテン?なにそれ?」

ミ「えっ?サトミ知らねーの?」

サ「うん」

ミ「何かトンネル入ってー……んでバッシャーーンってなるやつ!」

さっぱり分からないけど……アトラクションかな

サ「じゃあそれいく?」

ミ「うんっ!」

サ「……で、どこにあるの?」

ミ「知らない」

サ「………え?」

ソ「クリッターカントリーだろ?スプラッシュマウンテンがあるところって」

サ「そうなの?」

ソ「そうだよ」

サ「へぇーーーー」

意外と頼りになるね!

ソ「い、意外と……(´・ω・`)」

なんか悲しそうだけど……ま、いっか

サ「じゃあ……クリッターカントリーへgo!」

in クリッターカントリー

サ「っていうか…人多いね……」

ブ「そりゃあそうだろ。今、夏休みだしな」

まー……そうなんだけどね………

サ「……で……スプラッシュマウンテン?だったけ……あれ、どこにあるの?」

ソ「あれだよ」

サ「えっ!あの、バッシャーーンってなって超怖そうなやつ?」

ソ「うん!」

えー……怖そう……っていうか……濡れそう……

ソ「一回近くで見てみる?」

………見たら見たでさらに怖くなりそうだけど……
ま、行ってみよ

in スプラッシュマウンテンの前

バッシャーーーーーーーーーン!!!!!

サ「うっわー………」

ソ「おおーー!」

ブ「すっげー」

ミ「おおおおおーーー!」

ソ「で、乗る?」

えー……乗りたいけど……怖そう!

ミ「早く乗ろうぜ!」

ミッチー……早く乗りたいんだね……
うーーん……よし!

サ「私も乗るっ!」

ソ「もちろんコブンゴ君も乗るよね?」

ブ「いい加減コブンゴっていうのやめろ」

ソ「で、乗るの?乗らないのー?」

ブ「乗るに決まってるだろ」

ってことは……皆、乗るんだね!
じゃあ並ぼうっ!

サ「うっわー……超並んでる……」

ミ「早く早く」

サ「分かったから……」

私達はミッチーにせかされて……並んだ
うん。並んだのは良いけど……

サ「これ……何分待ち?」

ソ「さっき見たら100分待ちだってさ」

サ「100分ーーー!?」

100分ってことは……
1時間40分!
長っ!
1時間40分も待たないといけないんだぁ…
疲れるなー……

サ「はぁ………」

なんか……暇
超……暇!
皆で出来るの……あっ!

サ「しりとりしよっ!」

ブ「しりとり?」

ソ「俺やる!」

ミ「俺も!」

よしっ!あとは……

サ「ブンゴもやろ?」

ブ「は?何で俺もしないといけねぇの?」

サ「えー!やろうよっ!」

ブ「俺はいい」

サ「えー……お願い!」

ブ「お願いするならもっと可愛くしろよ」

むむむっ……可愛く?
どうすればいいのよー

サ「お願いだからぁーー……」

ブ「嫌だ!」

えー……何でそんなに頑固なのよ

サ「お・ね・が・い!」

ここで目をうるうるさせれば……!
……あんまり上手くできないね

ブ「だから……嫌っつてんだろ」

ならば……ここは笑顔で!

サ「お願いっ」

やっぱり笑顔無理!

ブ「ったく……しょーがねぇな……やってやるよ」

サ「ホントッ!?やったぁーーー♪ヽ(´▽`)/」

ブ(お子さまかよ……)

サ「良かったぁ( ^∀^)」

ミ・ソ・ブ「/////////」

ふぅー……なんとかブンゴを誘うことが出来たよ!
え?何でそんなにブンゴを誘おうと頑張ったって?
なんとなくだよ!
でも……皆と一緒の方が楽しいしねー
………で、何でそこの3人は顔が赤いの?

サ「熱?」

ミ「熱じゃねぇし……」

熱じゃないならなんなのよ!
男子ってよく分からない!

サ「早くしりとりしよっ!私→ブンゴ→ソウスケ→ミッチーの順番ね!あ、あと最初はしりとりからね!じゃあ行くよー」

サ「りんご!」

ブ「ゴリラ」

ソ「ライス!」

ライスってご飯だよね?英語って……あり?

ミ「スイカ!」

サ「カモメ」

ブ「メダカ」

ソ「カード」

ミ「ドリア!」

サ「赤トンボ!」

ブ「ボール」

ソ「ルンバ」

ミ「バニラアイス!」

サ「ステージ」

ブ「ジュース」

ソ「スタッフ」

ミ「フランクフルト!」

サ「トンネル」

ブ「ルビー」

ルビー(イ)だからイかな?

ソ「イルカ」

ミ「柿!」

サ「木の実」

ブ「ミニチュア」

ブンゴにしては可愛い答えwww

ソ「アニメ」

ミ「メロンジュース!」

それあり!?

サ「ス、ス………」

サ「スキー!!」

スキー(イ)ね

ブ「イ………………あっ。インターネット」

ソ「トマト」

ミ「トマトケチャップ!」

それありーーーー!?

サ「プ……」

作「プリンーーー!!!」

サ・ブ・ソ・ミ「あっ……………」

終わっちゃった……

サ「ちょっとアッキー!勝手に終わらせないでよ!」

作「えー?だって書くの面倒じゃん?だから、さっさと終わらせたわけ」

サ「楽しかったのに………」

作「大人の事情よ」

サ「あんた子どもじゃん!!!」

「はーい!スプラッシュマウンテンに乗ってくださいねー」

あっ……もうそんな時間?

「二人乗りですのでー。はい、二人一組になってー」

なんか……強引

作「二人乗りだったかは忘れました!とりあえず今は二人乗りで!それと、ディズニーにこんな強引な店員はいませんよぉー……多分」

「はい、あなたはこの子と」

私は……ブンゴと!?

ミ「えー……何でブンゴ先輩とサトミなんだよー」

ソ「おかしいだろ!そこは普通俺と……」

ミ「いやいや俺だろっ!」

後ろの二人が騒がしいけどほっとこう

「はーい。では、乗ってください!」

サ「ふぅー……」

やっぱり怖いっ!

ブ「こえーの?」

サ「すっ、少しだよ!ほんの少しね!」

ブ「嘘下手だな」

嘘ってわかりましたか……
ぬぅ………怖いっっ!!

「はーいでは、上の安全バーを下に下げてくださいー」

上の安全バー?
あっ。これね
よしっ届い___

ブ「さっさと下ろせよ」

ブンゴによってすぐに下ろされました
ぬぬぬ……私が下げようとしたのにー……

「はーい、では、出発しまーす!」

えええーっ!
もう!?
こ、こ、怖いよっ!

ゴゴゴゴ……

サ「ブンゴ……手貸して」

ブ「あ?何だって?」

聞こえないの!?
まぁ……ゴゴゴゴって鳴ってるもんね。聞こえないか
じゃあ……ブンゴの手……あった!

ギュッ

ブ「!?……お、おまえ……//////」

サ「手を繋いでてよ!絶対離さないでっ!」

今度は聞こえたらしく

ブ「分かった////」

よし!これで怖くない!………はず

ゴゴゴゴ……ガタンッ!

ゴーーーーーー(急降下中)

サ「きゃーーーーー!」

ブ「わーーーー!」

ギュゥゥゥーー……

私はさっきよりもっと強くブンゴの手を握る

ブ「///////」

バッシャーーーーーーーーーン!!!

サ「うぅー……」

ちょっと濡れたぁー……
でも楽しいね!意外と!

ブ「/////」

サ「楽しいねー!ね、ブンゴ!……おーーい聞こえてるー?」

ブ「あっ。わりぃ」

サ「……楽しかったね!」

ブ「そうだな」

あんまり楽しそうには見えないんだけど……

サ「楽しくなかった?」

ブ「いや、楽しかった」

サ「ホント?」

ブ「どっちかというと、お前が叫んでるときの顔が面白かったな」

ムカッ

サ「ブンゴ最低っ!」

ホント最低っ……

ブ「早く降りるぞ」

あっ。もう?

サ「分かったから……」

ガンッ

ブ「安全バー上げてから立てよ」

サ「うぅー……分かってるわよ!」

よしっ!安全バー上げたし

ブ「じゃ、さっさと立て」

サ「わかってるって……」

ふらっ

サ「おっとっと……」

ブ「早く来い」

グッ

サ「え?」

さっき……手で引っ張ったよね?私を

ブ「ノロノロしてねぇでさっさと行くぞ」

サ「分かってるよっ!」

私はブンゴの隣に並んで……

サ「ありがとっ」

と、呟いた

ブ「////」

第80話 完

おまけ

「あの茶色い髪の人とーピンク色の髪の子ベストカップルじゃない?」

「あれ、絶対キスしてるよねー」

「ってイケメンだった茶色い髪の人」

「っていうか……何で……変装してんの」

「んー……なんとなく?」

「おかしいだろサトミの後をつけてるとか……おい、ジュン聞いてるかー?」

「聞いてるよー。リュウは耳も悪いのー?」

おまけ 完

なんとなーく
ジュンとリュウのトークをおまけでのせた……
意味あるかなぁ……
それより新しいオリキャラの人達出てませんね!
すみませんっ!

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.198 )
日時: 2017/09/27 23:35
名前: うさぎちゃん

本編もキュンキュンしたけど、おまけで笑ったww

続き頑張れ〜!!

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.199 )
日時: 2017/09/28 17:17
名前: アッキー

うさぎちゃん来てくれて本当にありがとう!

本編はキュンキュンで……おまけは……息抜きみたいな?
あまり面白くかいたつもりではなかったけれど……面白いって言ってくれてありがとっ!

うん!続き頑張るよぉ





Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.200 )
日時: 2017/09/28 18:03
名前: アッキー

第81話 〜迷子の迷子のサトミちゃん?〜

サ「アトラクションいっぱい乗ったね!」

スプラッシュマウンテンにもう一回乗ったし…ビッグサンダー・マウンテンにも乗って……空飛ぶダンボにも乗ったしね!

ブ「さすがに疲れたな」

サ「これからどうする?」

ソ「そういや、今からパレードが始まるって」

サ「パレード!?」

パレードってミッキーとかミニーに会えるよね!?

サ「……で、何時から?」

ソ「確か30分後かな?」

サ「もうすぐじゃん!」

ミ「場所どうするんだ?」

サ「見つけるしかない!よぉっし……場所見つけるぞーー!!」

絶対に見つけてミッキーとかミニーちゃんに会うんだから!

ソ「会うっていうか……見れるなんだけど……」

〜15分後〜

サ「はぁー………」

ミ「見つからねぇなぁ……どうするサトミ?」

サ「私に言われてもわかるわけないでしょ!」

ミ「あっ……そっかそーだなぁ……」

そこは納得しなくても良いよっ!?

「ただいまより規制をおこないます……」

規制?

ブ「真ん中にパレード用の車みたいなのが通るからだろ」

なるぼと……安全確保っていうやつだね!

作「………何かが違う……」

でも……規制を始めたから人が混んできたなぁ……なんていうんだろ……一つの場所にたくさんの人が密集している感じ!
人口密度が高いって言うんだっけ?
…………人口密度ってなに?

作「Googleで調べろ」

スマホ持ってない

作「はぁー………人口密度ってなにか調べればいいんでしょ……」

よろしくおねがいしまーっす

作「えっと……人口密度とは……人口統計において単位面積1Ku当たりに居住する人の数により定義される数値……だってさ」

調べてくれてありがとー

作「人口密度が高いって言うより密集しているの方があってたかもね」

……私もそう思いましたよ。ええ
さて……気を取り直して
ブンゴ達を追いかけないと……ってあれ?

………………ここどこ?

作「迷子だねっ!」

いや……ちょっと待てよ……確かかばんの中にディズニーのパンフレットがあったはず!

ゴソゴソ

…………

ゴソゴソゴソゴソゴソ………

……………ない!!!
マジか……ヤバイよね……この状況!!
とりあえずベンチに座って……
辺りを見回す……
確かここは……
イッツ・ア・スモールワールドがあるから……
ここはえーっと……クリッターカントリーじゃなくて………あっ!そうそうファンタジーランドだ!
………うん。場所は分かったけど……これからどうすれば良いデスカ?
あー……スマホがないって不便だねぇ……ガラケーでも買っとけば良かった……
ブンゴ達とどうやって合流しよう?
あー……中2で迷子って最悪……!

「君……どうしたの?」

第81話 続く











Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.201 )
日時: 2017/09/30 15:52
名前: アッキー

続き

「君………どうしたの?」

サ「ふぇっ?」

やばっ。超変な声が出た(;´д`)
でも……まぁ振り返ってみましょう……
で、振り返ってみると____

「君……何歳ー?」

うわっ。超イケメンそして……後ろに超イケメンが3人いるんですけど……

「で、何歳?」

サ「えーっと……」

会ってそうそう『何歳?』って言われても困るんですけど(--;)

「どうせ、人待ちだろ。ほっとけ」

「えー?そうかなぁ?」

「まぁまぁ……落ち着けって」

サ「えーっと……」(2回目)

これは……何か言った方が良いの?それとも……逃げ出す?
……あれ?この人達……

サ「あーーー!」

この人達テレビに出てるよね!
HY★SUNだったよね!
超売れっ子で……!
確か……
ブンゴみたいな髪形で黒髪の子が……佐藤くん!
ゲンパチみたいな髪形で茶髪の子が……中嶋くん!
ムラサメみたいな髪形で黒髪の子で眼鏡かけてる子が……羽田くん!
シノみたいな髪形で茶髪の子が……山本くん!
………けっこう覚えてるもんだね。人の名前

作「佐藤隆太が佐「」で、中嶋勇太が中「」で、羽田大樹が羽「」で、山本湊が山「」でーっす」

佐「えーっと……名前教えてくれるかな?」

サ「里見サトミです……」

中「変な名前ー!」

ムカッ

変な名前で悪かったわねっ!

山「ねぇ。サトミちゃん……」

「あれー?その子誰ーーー?」

佐「あっ……和香先輩!」

あっ!この人…よくテレビに出てるよね!
確か……三井和香さんだよね!
ドラマとかバラエティーとかに出てる人!
ん?……三井って名字聞いたことあるなぁ……
ま、いっか!

作「よくないでしょ!」

作「あ、そうそう三井和香は和「」にしまーす」

和「ピンク髪の子をナンパァー?」

………まぁ……ある意味ナンパだよね

佐「違いますよ!困ってそうだったので声をかけてだけですよ!」

和「ふーん……で、この子の名前はぁー?」

中「里見サトミって言うんだってー!変だよねー」

ムカッ!!

変って言うなっ!確かに変だけどさ…(--;)

和「………サトミちゃん達ちょっと待っててね」

プルルル

そういうとどこかに電話をかけた

中「和香先輩どーしたんだろーね?」

佐「知らねぇよ」

ホント……いきなりどうしたんだろ

ピッ

和「サトミちゃん!そろそろ迷子の時間は終わるわよぉ!」

どういうこと?

「おーーい!」

佐「猿ガール!!!!」

サ「ジュンッ!!」

(ちなみに佐藤隆太とサトミは同時に言いました)

…………猿ガール?っていうか何でジュンがここに?

ジ「あっ。隆太じゃん」

和「ねぇねぇ。ジュン、この子……」

ジ「あっ、サトミ!心配してたんだよぉー」

中「知りあい?」

ジ「友達っ!」

和「やっぱりぃー!」

ジ「あっ。ブンゴ君達が超荒れてるから早く来て!」

荒れてるってことは……ソウスケとブンゴかな

和「ねぇねぇー。あれ……いる?」

ジ「……まぁ……いますけど……(ーー;)」

和「じゃあ、行こっと!あ、佐藤くん達も来て!」

………あれってなに?

ジ「早く入口に戻るよっ!」

in 入口近くのベンチ

ディズニー入口近くのベンチについた私達

ミ「サトミーーーーーーーーっ!」

ソ「サットッミィーーーー!!」

ギューーーーーーーーーーーー!

サ「ムギュギュ……」

く、苦しい……
いきなり抱きつかないでくれるかなぁ……

サ「ムギュギュ……はにゃちて……」

離してって言おうとしたら『はにゃちて』になっちゃったよ……

ブ「いい加減離れろ!!」

ブンゴによってソウスケとミッチーに解放されて……

サ「ぷはぁぁぁーー……」

ようやく息が出来ました

ブ「ったく……」

ブンゴは怒ってるみたい
超怖い!!

サ「あのぉ……ブンゴー?」

ブ「あぁ?」

怖いよっ!もうちょっと優しーーく……ね?
とりあえず……迷惑かけたことを謝らないと!

サ「迷惑かけてごめんなさいっ!!」

ブ「…………何で………」

サ「はい?」

ブ「いや、なんでもねぇ」

なにそれ!超気になる!……けど、意味わかんない
何でだろーね。何で途中で言うのやめちゃうんだろ
うーーん……やっぱりわからないや

佐「……あの人誰?」

サ「あー……親戚!」

うん。無難にね……ここは無難にね

佐「ふーん………あっそ」

なにそれ!聞いてきてその態度?

ジ(クックックッ……好きだよね?)

なんか皆変だよっ!
わけわかんない

続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。