二次創作小説(紙ほか)

さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜
日時: 2017/09/30 14:29
名前: アッキー

小説を書くのは初めてです
駄作ですがよろしくお願いします


〜自己紹介〜
名前 アッキー

学年 中2

好きな本 さと8 真代家コンプレックス 12歳

です


えっと...
荒らしや悪口はやめてください

ではよろしくお願いします〜

〜目次〜

第1話 >>6-7 第2話 >>9-10

第3話 >>11 >>19 第4話 >>23 >>25

第5話 >>27-29 第6話 >>30

第7話 >>31 第8話 >>32

第9話 >>33-36 第10話 >>37-38

第11話 >>39 >>41 第12話 >>42

第13話 >>43 第14話 >>44-46

第15話 >>47-48 第16話 >>49-52

第17話 >>53 第18話 >>54

第19話 >>55 第20話 >>57-58

第21話 >>62 第22話 >>65 >>77-78

第23話 >>80 第24話 >>81

第25話 >>82 第26話 >>83

第27話 >>84 第28話 >>85

第29話 >>86 第30話 >>87

第31話 >>89 第32話 >>90

第33話 >>91-92 第34話 >>93

第35話 >>94 第36話 >>95

第37話 >>96 第38話 >>97

第39話 >>98-99 第40話 >>101

第41話 >>102 第42話 >>103

第43話 >>104-106 第44話 >>107

第45話 >>109 第46話 >>110

第47話 >>111-112 第48話 >>113-114

第49話 >>115-116 第50話 >>117

第51話 >>118 第52話 >>124

第53話 >>125 第54話 >>126

第55話 >>127 第56話 >>129-130

第57話 >>132 第58話 >>135

第59話 >>136-137 第60話 >>138-139

第61話 >>141 第62話 >>143-144

第63話 >>146 第64話 >>147

第65話 >>148 第66話 >>151

第67話 >>152 第68話 >>155

第69話 >>158-161 第70話 >>162

第71話 >>163 第72話 >>164-165

第73話 >>167-171 第74話 >>172

第75話 >>175 第76話 >>178-184

第77話 >>185-186 第78話 >>189

第79話 >>195-196 第80話 >>197

第81話 >>200

オリキャラなど

片崎 ジュン >>26 、 三井 リュウ >>40

真代家 >>56 とそのお仲間>>131、 岩井 美保 >>79

12歳 >>88 、 石原 奈々 >>108

山崎花菜 >>140 長嶋一樹、阿仁織田 >>142

津田凜 >>145 龍神王子の説明&登場人物 >>166

三井 和香&HY★SUN(佐藤隆太、中嶋勇太、羽田大樹、山本湊)
>>191

番外編

バレンタイン >>14-15 、 ホワイトデー >>16-17

作者のコーナー

>>8 、 No.100記念 >>100

おたより&フリートークTV! >>134

祝!参照2000! >>190

お知らせ

お知らせ1 >>194




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.159 )
日時: 2017/08/30 12:28
名前: うさぎちゃん

>>アッキー
全然大丈夫!のんびりでいいよ〜

いっくん…っ!!
なぜわかったw
え、悩み無し?!まさかの展開!!
続き気になる〜っ!続き頑張れ!

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.160 )
日時: 2017/09/01 18:00
名前: アッキー

うさぎちゃんヤッホー!

うん。続き頑張るよーーーー!

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.161 )
日時: 2017/09/01 18:29
名前: アッキー

第69話 〜続き〜

サ「ちょっと………」

私は必死にキスを拒否しようと頭を横にふるが……
その抵抗も無駄で……

長「サトミちゃんは僕のものに……」

なるわけないでしょー!!!
その時………

ゴンッ!

長「いっ…!」

私はまだ状況が飲み込めないけど
いっくんの力が緩んだので私はそのすきに逃げる

ブ「ったく……」

サ「ブンゴ!!?」

もしかして……さっきの『ゴンッ!』って言う音って………

ブ「たまたまあったフライパン」

サ「…………」

それ……下手したら相手………死ぬかもよ……
元だとはいえ不良男子って……凄いなぁ……

作「あのぉ……そこは感心したらダメだと思うが……」

長「イテテテ………」

サ「い、いっくん大丈夫?」

いくらキスを迫られた相手でも、やっぱりフライパンで殴られた人を見捨てるわけにはいかないしねー

長「………うぅ……」

サ「超痛そうだよ………大丈夫?」

ブ「お前はさっさと……」

長「……………うぅ……」

長「里見サトミを………する……」

サ「え?」

うーん……
呪われてるってことは……

長「里見サトミを抹殺……する」

やっぱりねー!!!

ブ「おい!こいつ呪われてんのかよ!?」

サ「き、聞かなくても分かるでしょー!!!」

長「バイバイ……サトミ」

ん?
手に持ってるのって……ナイフじゃないですか!

サ「あわわわわわ………」

……………………あれ?
痛くない……

ソ「大丈夫か?」

サ「ソ、ソウスケ!!」

シ「僕もいますよ!」

ケ「助けに来たよ!」

ゲ「取り返しのない状態になってるな」

ダ「ミーもいるでござる!」

シ「ムググーン(僕もいるよ)」

リ「あ、俺もいるぞ」

ミ「サトミ大丈夫だったか!?」

ミッチー……顔………顔近い

サ「わ、私は大丈夫だよ」

ミ「良かったぁー」

ブ「おめーらおせーよ!!」

長「…………全員抹殺する………」

サ「い、いっくん……悩みない!?」

長「ないって言ってるだろ……」

いっくんの声はいつもよりものすごーく低い声。私も聞いたことがないぐらい低い声

サ「で、でも……呪いを……」

長「うっせぇ!黙れ!」

リ「………ガチギレだな……」

長「こーなったら」

パチン

いっくんが指をならすと……
私達はいつの間にか身動きがとれないでいた
(つまり、手錠で柱に固定されロープで足を……)

ブ「なにすんだよ!」

サ「離してよっ!」

長「離す……ね……条件がある」

サ「条件?」

長「こいつらを殺して……サトミとキスが出来れば離してあげるよ」

サ「うっ……嘘ぉぉぉぉぉぉぉー!!!」

第69話 完





Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.162 )
日時: 2017/09/01 19:19
名前: アッキー

第70話 〜サトミの決断〜

サ「え、えっと………」

皆、戸惑ってる
ま、そりゃそうだよね

長「もし……サトミがキスを拒むなら……サトミを先に殺す」

ひぇぇぇぇぇぇぇー!
条件が厳しいよぉー!
ん?条件……そうだ!!

サ「私がいっくんとキスしても……男子たちは殺されるの?」

長「もちろん」

サ「じゃあ……私が死んだら……男子達は死ななくてすむ?」

長「あぁ」

ブ「おい……!お前まさか……」

サ「じゃあ私を殺して」

長「分かった」

ゆらりゆらり……と近づいてくる
あぁ……私、死ぬんだな………
その瞬間、いっくんはナイフを振り上げた____

ブ「サトミ………!」

バチッ!!!

……………え?
私は思わず目を開けると
段ボールにぶっ倒れてるいっくんがいた
ど、どうなってんの………
私が下に目をやると……
ネックレスがほんのり光ってた

リ「…………守られたんだな」

サ「え?」

リ「そのネックレスに……」

ネックレスに守られた………?
よ、よく分かんないけど……

長「いっ………こーなったら……」

長「先にそこの男子達を始末する」

始末ってことは……殺すのー!!!?

サ「ちょ!ちょっと待ちなさいよ!」

サ「お願いだから男子達を殺さないで!」

サ「私だったら何でもする。キスでも殺されても良い。だからお願い男子達を殺さないで」

ブ「まだ、そんなこと言ってんのかよ!」

ソ「サトミよせ!」

長「そっか。じゃあ……キスした後に殺すね☆」

シ「や、やめてください!」

ミ「俺らが殺されても良いから、サトミを殺すなっ!」

長「じゃあサトミ……キスしよ」

うっ……
でも……やるしかないよね!
男子達を守る為……!

キスをするまであと5o……2o………………

バッコーン!!!!!!!!!!

サ「!!!?」

花「サトミおねぇたん大丈夫でちゅか?!」

手に持ってるのって………

花「フライパンでちゅ!」

サ「…………(ーー;)………」

花「じゃあ手錠を外し……」

長「待て」

花「ほへ?」

ズカズカズカ……ガチャ……ガチャン!

花「あははー!手錠されたでちゅー!」

わ、笑い事じゃないでしょー!!

長「……じゃあ……キスするよ」

まだやるきなのぉー!!?

長「……やらないと男子達を殺すよ?」

やりますよー………

5o……と近づいてくる……

花「待ちな!」

長「なんだよ」

花「いい加減さぁ……やめたらどう?」

花菜ちゃんの『〜でちゅ』じゃない!

長「はぁ?お前に指図される覚えはねぇよ」

花「………じゃあ先に私を殺して」

長「分かった」

ナイフを振り上げる……

パシッ!………ガチャンッ!

見てみると……ナイフが吹っ飛んでた

花「子どもだからって油断するなよ」

バキッ!!!

うっそぉ……手錠を無理矢理、破壊したぁ……

花「サトミ!ビーズに書いてある言葉は?」

え?何でビーズのこと知ってるの?

ブ「はぁ?ビーズ……?」

ソ「あぁ……LUCKYって書いてたビーズみたいなの……だな?」

花「早くっ!」

サ「えっと……黒い方が……frightening……。クリーム色の方が……courage……」

………で……どういうこと?

花「frighteningが怖い、恐ろしいなどの意味を表す。つまりあなたは何かを怖がってる!何を怖がってんの!?」

長「………怖がることなんて……ねぇよ」

リ「一人が怖いんじゃねぇの?」

サ「それ……どういうこと?」

リ「小さい頃は一緒に遊んでたサトミがいきなり自分の前からいなくなりそうで怖いんじゃねぇの?また、あの時に戻るみたいで____」

あの時に戻る?
よく分かんないけど……
でも……一人が怖いんだよね……
それなら……一人じゃないってことを伝えないと!

サ「私はいっくんが大好きだよ!」

ソ・ブ・ミ(ピクリ)←大好きだよ!に反応

長「ホント?」

サ「ホント!私達はいっくんを嫌いになんかならないよ!」

長「ずーっと……友達?」

サ「もちろんっ!」

長「ありがと……」

バタン!

あらら寝ちゃった
いっくんの顔はとっても幸せそうだった

花「courageは……勇気。サトミに生きる勇気を貰ったのかもね」

リ「おーい。花菜……これ外せ」

花「分かった」

ガチャガチャガチャンッ!

リ「久しぶりの自由だぁー!!」

花「リュウくん!行こっ!」

リ「えっ。あっ……あぁ」

リュウくん……?いつもはリュウおじしゃんなのに……

花「サトミ!話し合いなよ!」

サ「へ?」

バタン!ガチャガチャン!

サ「鍵かけられた……」

………話し合うってどうすれば良いのぉー!!


Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.163 )
日時: 2017/09/02 14:40
名前: アッキー

第71話 〜話し合いとクリスタル〜

サ「……………」

えーっと……えーっとですね……
これはどうすれば………

ガチャ……ガチャッ!

花「あー。出来ればブンゴ君とサトミだけにしてねー!」

サ「は?」

花「聞こえなかった?さっさとサトミとブンゴ以外は出てけって言ってるの!さ、早く出て!!」

シ「これは……出た方が良いんですかね?」

ソ「出た方が良いんじゃない?」

ダ「そうでござるな」

ミ「えっ。何で外に出るの?」

ミッチー………

花「じゃあさっさと出ろっ!」

リ「………意味わからん」

………それは地味に分かる

花「んじゃ。二人で話し合いなよー!」

バタン!ガチャガチャンッ!

だーかーら!何を話し合うのよっ!

ブ「意味わかんねぇ」

それ分かる

サ「……これ………どうすれば……良いの?」

ブ「知らねぇよ」

ですよね。
…………気まずいなぁ……
………話し合えって何を話し合えば……

作「………仲直りはしたのかね?」

あっ!忘れてたっ!

サ「ブンゴー………あのさぁ」

ブ「あ?」

いざとなると緊張するなぁ………。うーん……

サ「…………何でもない」

ブ「意味わかんねぇ」

はい。そのとおりです。私も自分のしたいことがさっぱり分かりません

作「ダメダメだねぇ……」

アッキーに言われたくない!

ドタドタ……ガチャガチャン!

リ「あっ。いたいたお前らさっさとこっち来い!」

は?
とりあえず私達はリュウについていくと……

リ「あっ。これ見ろよ!」

見せられたのは、少し大きいクリスタル

サ「これ……」

リ「実は花菜から封筒を貰ってさ……封筒を開けてみたらこれが出てきたんだよ」

ブ「で、何が大変なんだよ?」

リ「あ、あぁ……それが」

長「これねー。ムーンクリスタルっていうクリスタル」

ムーンクリスタル?
変な名前

作「そういうな。私もそれしか思い付かなかったんだ………」

長「これねー。本物だと……10億円するんだってー」

サ「じゅ……10億円っっ!?」

ミ「でもよー。これマジで本物?」

確かに……これが本物とは限らないもんねー

リ「本物とは断定出来ないが……本物だろうな」

マジで………

長「これねー……サトミちゃんに持ってて欲しいんだって!」

サ「いっくん……起きてたんだ」

長「ひどい……。でも、僕……何で寝てたんだろ?」

覚えてないんだね
まぁ。思い出さなくても良いかな

サ「……ん?誰に持ってて欲しいって?」

長「サトミちゃんだってー」

サ「はぁ?」

何で私?

リ「あとさー。そこら辺にいるから会いに来てだってよー」

何で?

ゲ「………ムーンクリスタルってこれだな?」

そう言ってゲンパチはパソコンの画面を見せてくれた
えーっとなになに……

『ムーンクリスタルとは・・昔、ある一族が持っていたと言われる貴重なクリスタル。一族はムーンクリスタルを争いをしずめる為に使ったと言われている。そして、ムーンクリスタルはいまだにどこにあるか知られていない』

サ「………凄いものなんだね……」

ブ「本物とは限らねぇけど」

ケ「綺麗……」

ダ「美しいでござる……」

ミ「凄いんだなぁーー」

シ「でも……何でここにあるんでしょうか?」

そうなんだよねー
何でそんなに貴重な物があるんだろう

長「警察に届ける?」

リ「どうだろうな……まずは花菜に聞かねぇと」

そうだね。それが1番良いかも

長「ねーねー。今日さぁ、ここに泊まっていかない?」

サ「え?」

長「この時間から帰るのは面倒だしねー」

今は午後5時。確かに帰るのはちょっとしんどいかもねー

長「じゃあお泊まり会スタートッ!」

なーんか一人で盛り上がってるけどほっといて良いよね

リ「これ……サトミが持っといてくれる?」

サ「わ、分かった」

初めて触ったクリスタルはひんやりしてて気持ち良かった
でも、これを持ってると暴力団とかに狙われそうだねー。倉庫とかに連れられてさぁー……銃とかー
これねー昼間のケーブルテレビでやってたんだぁ……

長「わーい!お泊まり会だぁー!」

このテンションは無視

第71話 完


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。