二次創作小説(紙ほか)

さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜
日時: 2017/09/30 14:29
名前: アッキー

小説を書くのは初めてです
駄作ですがよろしくお願いします


〜自己紹介〜
名前 アッキー

学年 中2

好きな本 さと8 真代家コンプレックス 12歳

です


えっと...
荒らしや悪口はやめてください

ではよろしくお願いします〜

〜目次〜

第1話 >>6-7 第2話 >>9-10

第3話 >>11 >>19 第4話 >>23 >>25

第5話 >>27-29 第6話 >>30

第7話 >>31 第8話 >>32

第9話 >>33-36 第10話 >>37-38

第11話 >>39 >>41 第12話 >>42

第13話 >>43 第14話 >>44-46

第15話 >>47-48 第16話 >>49-52

第17話 >>53 第18話 >>54

第19話 >>55 第20話 >>57-58

第21話 >>62 第22話 >>65 >>77-78

第23話 >>80 第24話 >>81

第25話 >>82 第26話 >>83

第27話 >>84 第28話 >>85

第29話 >>86 第30話 >>87

第31話 >>89 第32話 >>90

第33話 >>91-92 第34話 >>93

第35話 >>94 第36話 >>95

第37話 >>96 第38話 >>97

第39話 >>98-99 第40話 >>101

第41話 >>102 第42話 >>103

第43話 >>104-106 第44話 >>107

第45話 >>109 第46話 >>110

第47話 >>111-112 第48話 >>113-114

第49話 >>115-116 第50話 >>117

第51話 >>118 第52話 >>124

第53話 >>125 第54話 >>126

第55話 >>127 第56話 >>129-130

第57話 >>132 第58話 >>135

第59話 >>136-137 第60話 >>138-139

第61話 >>141 第62話 >>143-144

第63話 >>146 第64話 >>147

第65話 >>148 第66話 >>151

第67話 >>152 第68話 >>155

第69話 >>158-161 第70話 >>162

第71話 >>163 第72話 >>164-165

第73話 >>167-171 第74話 >>172

第75話 >>175 第76話 >>178-184

第77話 >>185-186 第78話 >>189

第79話 >>195-196 第80話 >>197

第81話 >>200

オリキャラなど

片崎 ジュン >>26 、 三井 リュウ >>40

真代家 >>56 とそのお仲間>>131、 岩井 美保 >>79

12歳 >>88 、 石原 奈々 >>108

山崎花菜 >>140 長嶋一樹、阿仁織田 >>142

津田凜 >>145 龍神王子の説明&登場人物 >>166

三井 和香&HY★SUN(佐藤隆太、中嶋勇太、羽田大樹、山本湊)
>>191

番外編

バレンタイン >>14-15 、 ホワイトデー >>16-17

作者のコーナー

>>8 、 No.100記念 >>100

おたより&フリートークTV! >>134

祝!参照2000! >>190

お知らせ

お知らせ1 >>194




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.104 )
日時: 2017/05/19 17:10
名前: アッキー

こんにちはぁ………。更新しますぅ…………。

第43話 〜オリエンテーリング!〜

チュンチュン

………朝だねぇ…………平和だねぇ………
……………寝てない………
寝ようとしたんだよ、したんだけど寝れなかったんだよー!

先「皆さん!起きてくださぁーい!」

うるさい!

ジ「サトミおはよぉ……(-.-)Zzz・・・・」

あっ。起きたと思ったら寝ちゃった

リ「早く起きろよ」

ジ「(-.-)Zzz・・・・」

リ「こうなったら……」

こちょこちょこちょこちょ

ジ「きゃー!くすぐったい!」

お、起きたっ!

ジ「リュウやめてよ!」

リ「起きろと言われてるのにのんきに寝ている方が悪い」

ジ「…………(正論だ………)」



Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.105 )
日時: 2017/05/19 17:12
名前: アッキー

あっ……途中で………
修正するのも面倒なんで続き書いちゃいます

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.106 )
日時: 2017/05/19 19:08
名前: アッキー

続きでーす

第43話 続き

ジ「……サトミは寝れた?」

サ「あっ。うん!」

リ「話変えたな」

ジ「今日は確かオリエンテーリングだったっけ」

リ「正解。朝ごはんを食べたら始めるらしい」

ジ「なるほどぉ」

サ「じゃあ早く着替えないと」

作「はぁーい!飛ばします!」

〜着替えて朝ごはん食べてオリエンテーリングの時間〜

作「飛んだけど続きを「ちょっと待って!」んんー?」

サ「いくらなんでも飛びすぎでしょ!」

作「書くの面倒だし」

サ「読者がアッキーのスピードについていけないよ」

作「ごめん」

サ「謝ったから良しとしよう!」

作「でわ。本編に戻りまぁす」

・・・・・・・・ここから本編

先「では、オリエンテーリングの説明をします」

作「長くなるからまとめるね」

班行動です

バラバラの文字を置き換えると出来る言葉に当てはまる場所で記念写真を撮る。これが最終目的

まずは地図に書いてあるスポットに行く
スポットに着いたらそこにある問題を解く(2択)
解いたら近くの先生に答えを言う
そうしたら文字を1つだけ教えてくれる。教えてくれる文字は記念写真を撮るところにたどり着くヒントです。それと正解と不正解で教えてくれる文字が違う。

先「ぐらいですかねー?」

ややこしいなぁ………

先「ということでスタート!」

サ「まずどこのスポットに行く?」

綾「全部でスポットは8個あるね!」

ブ「一番近い所からで良いんじゃね?」

ジ「となるとAスポット!」

Aスポット

問題!
CHICKENは2つの意味があります
1つはチキンですがもう一つは何でしょう?

1→臆病者
2→裏切り者

綾「チキンってニワトリの事?」

ジ「そうだよ」

これって………

作「サトミちゃんちの8男子を読んでる人なら分かるよね?」

ブ「………」

ソ「あー……」

ジ「簡単」

高「俺は分かった」

桧「??」

蒼「私も分かった」

綾「えっ!?高尾も結衣ちゃんも分かったの!?」

サ「これって」

ブ「臆病者だよな?」

ジ「言い換えると1だね」

ソ「さすがサトミ!」

えっへん!

ジ「じゃあ先生に……」

サ「先生!答えは1ですよね?」

先「ファイナルアンサー?」

ジ「答えは1です!」

先「では、文字は……『く』です!」

『く』ね……メモメモ……φ(..)カキカキ

ジ「じゃあ次はBスポット!」

Bスポット

問題!
Don't be a chicken!
これはどういう意味でしょう

1→裏切り者になれ!
2→臆病者になるなよ!

サ「裏切り者になったらダメじゃん」

ジ「これchickenの応用問題じゃん」

ブ「2だろ」

ジ「先生!答えは2ですよね!」

先「ファイナルアンサー?」

ファイナルアンサー?って言う必要ある?

ブ「2だろ」

先「文字は『ひ』です」

『ひ』……φ(..)カキカキ

ジ「次っ!Cスポット!」

Cスポット

問題!

I believe in future
はどういう意味でしょう?

1→私は未来を大切にします
2→私は未来を信じてます

サ「えぇーっと」

綾「分からないよぉ」

ジ「believeは信じるだよ」

サ「となると2?」

ジ「正解」

ソ「先生に言うか」

綾「先生ー!答えは2ですよね?」

先「ファイナルアンサー?」

綾「ファイナルアンサー!」

先「文字は『て』ですよ」

『て』と…………φ(..)カキカキ

作「もう飛ばします!」

〜順調に進んで最後のスポット〜

サ「最後だねー」

ブ「アッキーのやつ俺ら頑張ったのに……」

ソ「飛ばしたな」

作「すみませーん」

問題!

1871年、明治政府によって行われた廃藩置県。全国をいくつに分けたでしょう?

この問題は2択ではありません。正解を頑張って出してください。ちなみに不正解だったら間違った文字、正解なら本当の文字を言います

サ「難易度高っ!」

ブ「一気に難易度上がったな」

ソ「うーん」

ジ・ソ以外「うーん…………」

ジ「3府3百2県」

サ「は?」

ジ「じゃなかったかな?」

ジ「ま、間違っても正解でもどっちでも良いや!」

ジ「先生!3府3百2県ですよね?」

先「文字は『り』です」

『り』と………φ(..)カキカキ

ブ「確か文字を並び替えるんだよな?」

サ「うん」

順番通りにすると
く、ひ、て、ん、か、の、う、り

サ「くひてんかのうり?」

ジ「どう考えても違う」

ブ「じゃあ何なんだよ?」

サ「うーーーーーーーん………………………あー!」

ジ「分かった!?」

サ「合ってるか分からないけど……」

これをこうして……

ジ「てんくうのひかり?」

綾「そんなのあったぁ?」

ブ「んー……何か忘れてるような……」

サ「わかる!私もそう………」

ブ・サ「うーーーん…………………………………………あっ!」

ジ「あっ!…………?」

サ「あそこだ!」

ブ「まちがいねぇな」

サ「来て!」

ジ「えっ?ちょ、ちょっと待って!」

〜歩いて20分〜

サ「ここだよ」

ブ・サ以外「わぁ………………!」

ここっていうのは……
昨日、ブンゴと二人だけで見た……
あそこ!ケガの治療をしたあとに見つけた……

ジ「なるほどな……木々の間から漏れる光……まさにてんくうのひかり!」

ソ「さっすがサトミー!(^◇^)」

ドキッ

サ「あ、ありがと/////」

ジ「じゃあ記念写真撮ろうぜ!」

カシャッ

サ「戻ろっか」

〜オリエンテーリングの説明を受けた場所〜

…………結果発表!

先「正解の所で記念写真を撮れたのは1班です!」

皆「おぉー」

先「さてと、お昼ご飯を食べたら学校に戻ります!なので荷物をまとめておいてください」

皆「はぁーい!」

〜荷物まとめてお昼ご飯食べて〜

先「ここから小学生の皆さんとはお別れになります!」

そっか……バスは別々になってそこからはお互い学校に戻るからね

サ「皆ありがと!」

綾「サトミちゃん!ありがとぉー!!」

蒼「こちらこそありがとう!」

高「また会えるといいね」

桧「そうだな!」

ジ「さてと……小学生の皆さんはバスに乗らないとね!」

綾「ホントだ!じゃあね!」

サ「バイバイー!」

ブロロロロ

行っちゃった……

ジ「俺達も乗ろうぜ」

サ「うん!」

〜バスに乗って学校に着いてそこから家に……〜

サ「家に着いたぁー!」

ジ「久しぶりー!」

〜そこからそさくさとご飯を食べて寝る時間〜

シ「サトミ様!これよかったら……」

サ「あっ。これって……」

シノから貰ったのはキーホルダー作りで作ったパンジー柄のキーホルダー!

ソ「サトミー!俺からも!」

ソウスケからは花柄のキーホルダー

サ「貰って良いの?」

シ「はい!」

ソ「もちろん!」

サ「ありがとう!(〃⌒ー⌒〃)」

シ・ソ「//////」

サ「じゃあおやすみ!」

シ「おやすみなさいませ!」

ソ「おやすみ!」

自分の部屋のベッドに寝転んでキャンプ場の事を思い出した………
花日ちゃん達とまた会えると良いなぁ………
そう思いながら私は目を閉じた………

第43話 完



Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.107 )
日時: 2017/05/20 14:57
名前: アッキー

こんにちはぁ………更新しますよぉ

第44話 〜シンデレラストーリー〜

キャンプ場に行ってから数日後

シ「あなたのよこにはぁぁぁぁあなたぁぁぁ〜」

サ「……………ん……」

シ「あなたがいてぇぇぇほしいぃぃぃぃー!」

サ「んんー……」

シ「サトミ様ぁぁぁ〜おはようごさいまぁぁぁす」

歌うかあいさつをするのかどっちかにしろー!

サ「おは「おはようございます!」…………おはよ」

遮られた………

シ「朝ごはん出来てますよー!」

じゃあ制服に着替えよ

〜制服来て髪をまとめて〜

ガチャ

ジ「サトミおっはよー!」

サ「きゃっ」

ジ「今日はワッフルだよっ!早く下に降りよ!」

サ「あっ。うん」

トタトタトタガチャ

サ「あっ。ソウスケおは「サットミー!」わっ!」

ギュッ

サ「ソウスケっ!離してよ!」

ソ「嫌だ!」

サ「えー!?」

ドキドキ

心臓ドキドキいってる………だから!離してっ!

サ「もう!離してよぉ………」

ソ「///」

サ「いいから早くぅ……」

ソ「分かった離すよ!(サトミ可愛いー!)」

ジ「サトミー!学校行かないと!!」

えっ!?もうそんな時間!?

サ「そういえばブンゴは?」

ジ「さぁ?とにかく早く!」

サ「あっ。うん!」

ジ「じゃ行ってきます!」

サ「行ってきまぁす!」

シ「いってららっしゃいませ!」

ブ「ふわぁ……」

ソ「あっ。起きた」

シ「ブンゴ先輩……時間ですよ?」

ブ「やばっ…行ってきます!」

シ「いってらっしゃませ!」

ソ「さて、俺も占い学校に行こうかな」

ダ「行ってらっしゃいでござる」

ソ「行ってきます!」

in 学校

サ「ギリギリ……」

ブ「俺もギリギリ」

ジ「先生は8時までに来るのが常識だろ」

ブ「うっせー。さっさと座れ」

ジ「へいへい」

サ「はーい」

ブ「じゃあ朝の「はーーーい!」………ジュン」

ジ「ブンゴ先生がそろそろキレそうだけど無視して……」

ジ「またまた実行委員からです!」

「またかよー」 「最近キャンプ行ったよね?」

ジ「今度は学芸会があります!」

学芸会?劇でもするのかな?

ジ「それで……2年生は何の劇をしますか?」

クラスごとではないみたいだね。となると……

「私、白雪姫!」「俺は美女と野獣!」

ジ「白雪姫と美女と野獣か……その他に案はあるか?」

うーん……皆が知ってるのが良いよね

サ「あの……シンデレラは?」

ジ「シンデレラかぁ……皆も知ってるし……」

「確かに……良い案だね」「全員知ってるしな」

シンデレラならほとんどの人が知ってるはず!

ジ「じゃあシンデレラで良いですか?」

皆「はーい」

ジ「じゃあ………今日の三時間目に二組合同で色々な事を決めます。体育館集合です」

皆「はーい」

出来ればシンデレラ役はやりたくないなぁ……

〜三時間目〜

in 体育館

シ「あっ。サトミ様!」

サ「様付けはやめて!」

シ「すみません!それより劇はシンデレラだそうですね」

サ「そうだね〜」

カ「シンデレラ役は誰だろぉー?」

リ「王子役はだれだろ?」

ジ「では、男子と女子に分かれてください!くじ引きで決めます」

またくじ引き………好きだねぇ……

〜どんどん皆がくじ引きをして……私の番〜

シンデレラ役にはなりませんように……シンデレラ役には……………!

サ「えいっ!」

くじの中身を見てみると……『シンデレラ役』と書いてあった……

ジ「サトミがシンデレラ!」

カ「うそぉー!」

リ「お前が王子役かよ!?」

サ「えっ……えっ……?」

まだ、脳が追い付いてません……!

シ「もしかしてサトミ様がシンデレラ役ですか?」

サ「となると……シノが王子役?」

シ「そうみたいです………ハハハ……(・・;)」

サ「ハハハハハハハハ(・・;)」

カ「カオルンは魔法使いかぁ……」

リ「俺ナレーター!?」

ジ「俺は舞台監督と衣装制作リーダーと台本を書いて……演技指導……ヘアセット担当……小道具・大道具リーダー……………できるかぁー!」

リ「しょうがない……手伝うから頑張ろうぜ!」

ジ「リュウ様ぁー!」

カ「カオルンも手伝うよぉ〜」

ジ「カオルン様ぁー!」

サ「私も少しは手伝えるよ!」

シ「僕も少し手伝います」

ジ「サトミ様……シノ様……(ToT)」

ジ「ありがとぉーー!!!!」

リ「今日から放課後にサトミの家に寄って良いか?」

カ「カオルンも!」

サ「良いよっ!」

ジ「あぁ……感謝します……」

サ「そういえばブンゴは?」

リ「あいつは3年の教室」

サ「なるほど」

〜帰り道〜

サ「大変だね……」

ジ「さて、俺は明日までに台本を完成させないと!」

リ「あと、衣装を作らないとな」

カ「あと、背景とかの小道具とかもねぇ……」

ジ「現実が………」

サ「ブンゴとかケノは何の劇をするんだろう?」

ケ「サトミちゃーん!」

噂をすれば……

サ「ケノー!」

ケ「サトミちゃん達は劇何をするの?……かも」

サ「私達はシンデレラ!」

ケ「僕達は……かぐや姫かも!」

サ「へぇー!」

ケ「で、僕がかぐや姫かも!」

ケ以外「は?」

ジ「まさか……女装?」

ケ「そうかもっ!楽しみかも!」

カ「あぁ……ケノ君のかぐや姫姿素敵……」

早速カオルンはケノのかぐや姫姿を想像してる

ブ「あっ。サトミ」

サ「あ……ブンゴ!」

ブ「お前らは劇何すんの?」

サ「シンデレラ!」

リ「ブンゴは?」

ブ「俺らは白雪姫」

………………白雪姫にしなくて良かった

ジ「あっ。家に着いた」

ガチャ

カ・り以外「ただいまー」

カ・り「お邪魔しまーす」

シ「お茶入れますね」

ソ「サトミおかえりー!」

ソウスケが抱きついて来るからそれを間一髪で………

避ける!

ソ「えっ!?」

ゴンッ

ソウスケがドアに頭をぶつけた音

ソ「いっ……」

ブ「だっせー」

サ「あ、ごめん」

ソ「大丈夫、大丈夫!」

リ「痛そうだけど」

サ「ちょっと待ってて!」

ばんそうこう………あった!

サ「ソウスケ!ケガした所見せて!」

ソ「はい」

ペタッ

サ「はい!OK!」

ソ「ありがと、サトミ(〃⌒ー⌒〃)」

サ「あっ。ううん!////」

ドキドキ………

ジ「さてと……誰が何の役かを紙に書かないと!」

ジ「えっとぉ……」

シンデレラ役 サトミ
王子役 シノ
住人役(10人) 男子生徒&女子生徒5人ずつ
ナレーション リュウ
魔法使い カオルン

など……………

ブ「サトミ、シンデレラ役かよ」

ケ「すごいかも」

ジ「ブンゴ君は何の役?」

ブ「俺は王子役」

マジか……

ジ「へぇ……次、予算」

φ(..)カキカキカキ

ジ「予算十万円以内か………大丈夫でしょ」

ジ「次、台本を完成させないと……」

リ「そういえば……白雪姫って最後、白雪姫と王子はキスするよな?」

あ、そういえば………

ブ「俺らのところはするかわかんねぇぞ。明日、内容がわかるんだからな」

…………………嫌だな………………
でも、演技だしね!

サ「ブンゴ頑張ろうね!」

ブ「お、おう」

私の今の気持ちはワガママだから………
キスすることになっても………演技………だし……ね

ジ「…………………」

第44話 完

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.108 )
日時: 2017/05/21 16:29
名前: アッキー

こんにちはぁ
更新する前にオリキャラだしまぁす〜

名前 石原 奈々(イシハラ ナナ)
小説では奈「」

学年 中3

身長 165p

髪はボブで黒髪 メガネをかけてる
大人っぽくて頭が良い。人見知り。モテる。
サトミしか友達がいない。サトミ以外は敬語
ブンゴが好き




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存