二次創作小説(紙ほか)

さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜
日時: 2017/09/30 14:29
名前: アッキー

小説を書くのは初めてです
駄作ですがよろしくお願いします


〜自己紹介〜
名前 アッキー

学年 中2

好きな本 さと8 真代家コンプレックス 12歳

です


えっと...
荒らしや悪口はやめてください

ではよろしくお願いします〜

〜目次〜

第1話 >>6-7 第2話 >>9-10

第3話 >>11 >>19 第4話 >>23 >>25

第5話 >>27-29 第6話 >>30

第7話 >>31 第8話 >>32

第9話 >>33-36 第10話 >>37-38

第11話 >>39 >>41 第12話 >>42

第13話 >>43 第14話 >>44-46

第15話 >>47-48 第16話 >>49-52

第17話 >>53 第18話 >>54

第19話 >>55 第20話 >>57-58

第21話 >>62 第22話 >>65 >>77-78

第23話 >>80 第24話 >>81

第25話 >>82 第26話 >>83

第27話 >>84 第28話 >>85

第29話 >>86 第30話 >>87

第31話 >>89 第32話 >>90

第33話 >>91-92 第34話 >>93

第35話 >>94 第36話 >>95

第37話 >>96 第38話 >>97

第39話 >>98-99 第40話 >>101

第41話 >>102 第42話 >>103

第43話 >>104-106 第44話 >>107

第45話 >>109 第46話 >>110

第47話 >>111-112 第48話 >>113-114

第49話 >>115-116 第50話 >>117

第51話 >>118 第52話 >>124

第53話 >>125 第54話 >>126

第55話 >>127 第56話 >>129-130

第57話 >>132 第58話 >>135

第59話 >>136-137 第60話 >>138-139

第61話 >>141 第62話 >>143-144

第63話 >>146 第64話 >>147

第65話 >>148 第66話 >>151

第67話 >>152 第68話 >>155

第69話 >>158-161 第70話 >>162

第71話 >>163 第72話 >>164-165

第73話 >>167-171 第74話 >>172

第75話 >>175 第76話 >>178-184

第77話 >>185-186 第78話 >>189

第79話 >>195-196 第80話 >>197

第81話 >>200

オリキャラなど

片崎 ジュン >>26 、 三井 リュウ >>40

真代家 >>56 とそのお仲間>>131、 岩井 美保 >>79

12歳 >>88 、 石原 奈々 >>108

山崎花菜 >>140 長嶋一樹、阿仁織田 >>142

津田凜 >>145 龍神王子の説明&登場人物 >>166

三井 和香&HY★SUN(佐藤隆太、中嶋勇太、羽田大樹、山本湊)
>>191

番外編

バレンタイン >>14-15 、 ホワイトデー >>16-17

作者のコーナー

>>8 、 No.100記念 >>100

おたより&フリートークTV! >>134

祝!参照2000! >>190

お知らせ

お知らせ1 >>194




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.74 )
日時: 2017/04/15 18:35
名前: ベル

アッキーって、何歳?

私は、小6でーす♪

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.75 )
日時: 2017/04/15 20:50
名前: アッキー

『ベル』

私は〜。13歳で中2だよー
と、いっても脳みそはバカですが……( ´△`)

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.76 )
日時: 2017/04/16 09:34
名前: ベル

今日も更新ガンバ!

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.77 )
日時: 2017/04/16 18:17
名前: アッキー

ベル来てくれてありがと〜

今日は時間が空いたので更新しまーす

第22話 〜シンデレラの試練?!〜

シ「サトミ様あてに荷物が届きました〜」

サ「私あてに荷物?」

ジ「でも、サトミ以外名前がないよ?」

ブ「誰がこの荷物を出したんだろな?」

ジ「とりあえず開けてみない?」

サ「そうだね」

がさがさ

皆「この箱って………!」

サ「なんだっけ?」

ズコッ!

ジ「サトミ忘れたの!?」

ミ「俺でも覚えてたぜ!?」

サ「あはははは〜」

ソ「とりあえずこの箱の中身を見るか」

ジ「そうだね」

がさがさ

ブ「これって………シンデレラか?」

ジ「シンデレラじゃなくてシンデレラの本だね」

ソ「絵本だよな?」

ジ「でも、Vだったっけ?その人から手紙が入ってないよ?それに前はソウスケさんが占いとかで予感してたでしょ?何で嫌な予感とかが無かったのかな?」

ソ「俺は毎日占いをしているけど、今日は悪い結果では無かったな」

ジ「やっぱり何か細工でもしているのかなぁ?」

サ「あぁ!思い出した!あの試練みたいなやつだ!」

ケ「ねぇねぇ。最後のページに小さいボタンがあるかも。」

ジ「ボタンにしては小さいねぇ」

ブ「押してみるか?」

ジ「多分、押せってことだろね。サトミ押してみて」

サ「私!?んー………分かった押すよ」

ポチッ

サ「あれって虹?」

ジ「いや、流れ星かな!」

ブ「こっち落ちてきてるぞ!」

ジ「大丈夫でしょ!」

ゲ「普通に考えて大丈夫じゃないだろ」

ドンッッ!!

その瞬間、私達の記憶は途絶えた………

in シンデレラの世界

ん?ここはどこ?

(意地悪なお姉さん→姉)

姉1「ちょっとシンデレラ!掃除をサボらないで!」

サ「シンデレラ?」

姉2「何言ってるの?シンデレラはあんたでしょ!そういや舞踏会の招待状がきてるわよ!」

姉1「あら!すぐに行かないと!シンデレラはここでお掃除でもしてらっしゃい!」

ビリッ

あー!招待状を破いたぁ!

姉2「じゃあ行ってくるわ。掃除サボらないでね!」

サ「はぁ。」

ヒラリ

サ「手紙?」

サトミさんへ
第2の試練です。今回はシンデレラの物語が舞台です。
試練を達成するには、あの8男子達の記憶を取り戻すことです。ちなみに1人、1人同じ場所にいるとは限りません。記憶を取り戻すとあなた達の味方になります。
今回はさすがに1人では無理なので助っ人を用意しています。
では、頑張ってください
Vより

………いろいろ突っ込みたいところはあるけど助っ人って誰だろう?

コンコン

サ「??誰?」

ジ「入りまーす!」

サ「ジュン!?」

ジ「多分、助っ人は私の事だと思うよ〜」

サ「ジュンで良かった〜」

ジ「それよりその手紙を見せて?」

サ「うん」

〜5分後〜

ジ「まずは8男子達を探そう!」

サ「でも、どこにいるの?今日は舞踏会があるらしいけど私は招待状を持ってないよ?」

ジ「それは……こっそり入れば良くない?」

サ「それは良いのかな……?でも、ドレスとか馬車とかはどうするの?」

ジ「普通は魔法使いが『ビビデバブディブゥ』とかそんな事を言うんだよね?」

サ「でも、魔法使いは出て来ないよ?」

ジ「それなら魔法のステッキとかは?」

サ「えー?そんなの無かった……」

ゴトッ

ジ「上から落ちてきたのは…」

サ「ステッキだぁ!」

ジ「丁寧に説明書まで(ー_ー;)」

サ「えっと……」

このステッキは魔法のステッキです。
でも、1日に1回しか使えません。魔法は12時にとけます。

ジ「……説明すくなっ!」

サ「魔法ってどうやって使うの?」

ビビデバブディブゥって言う?

ジ「じゃあ……ビビデバブディブゥ!!」

………シーン

サ「欲しいものを言ってみようよ!」

ジ「1日に1回だけだからまずは……」

ジ・サ「ドレス!」

ジ「うぅードレスよ出てこーい!」

出てくるかな?こんな変な呪文で……

ポンッ!

ジ・サ「わあ!ドレスを着てる!」

ジ「よし、12時まであと、二時間!急ごう!」

タタタタタタ

ジ「はぁードレスって走りにくいね〜」

サ「でも、ついたよ舞踏会が開かれる場所に」

ジ「もしかして8男子達は王子だったりして!」

サ「それならシンデレラの靴を落とせば良いんじゃない?」

ジ「そうだね!…でも、結婚してないかな?」

サ「でも、シンデレラの物語では王子は結婚してなかったよ?」

ジ「そうだと良いけど…………」

うー来て早々嫌な事を言わないでよぉ
もし、8男子が王子だとすると誰がこな国の王子だろ?

サ「とりあえず中に入ろう!あそこの小窓から!」

ジ「あそこならいけそうだね!」

ガチャガチャガチャン!

サ「入れたね」

ジ「それより8男子はどこかなー?」

えーっと人が多いから分からないよぉ

サ「ん?あれって…………シンベーだ!」

ジ「シンベーがいたの!?」

間違いないよ!あの白い毛並み何度も見てるから分かるんだ!

ジ「まさか………シンベーが王子?」

サ「まっさかー………いいや、あり得るかも………」

ジ「とりあえず行こう!」

サ「あれは!シンベーだよ!でも、シンベーの隣の人だれ?」

ジ「えーっとあれってシンベーの奥様じゃないかな?」

サ「シンベー動物なのに!?奥さんが人なの?!」

ジ「その確率が高いかもね。だってあんなに豪華なドレス……王子の奥様しか着れないよ!」

と、なるとシンデレラの靴を落としても意味無くない!?

ジ「でも、今は少しの可能性を信じるしか!」

サ「でも、シンデレラは王子と1回会ってたよ?確か王子は一目惚れだったっけ?」

ジ「分からないけど王子の奥様がいる限り無理そうだね………」

ゴーンゴーン

ジ「12時の鐘!サトミ行くよっ!」

サ「わわわっ!」

ジ「鐘が止まる前に………!」

サ「シンデレラの靴を落とさないと!」

ジ「サトミ!ここで靴を脱いで!」

サ「分かった!よし、脱げた。」

ジ「よし、お嬢様抱っこで行くよっ!」

サ「えっ?あ、わーーー!!」

ジ「シンデレラの家に着いたよ!」

サ「でも、来てくれるかな?」

ジ「うーん。そうだ!」

サ「何か思い付いた?」

ジ「シンベーを私の能力で操ってしまえば良いんだ!」

サ「……………そ、そんな事していいの!?」

ジ「今は思い付く方法をするのみ!」

ジ「フゥー。いくよー!」

その瞬間ジュンの目が黄緑色になって………

〜10分後〜

コンコン

サ「はーい」

ガチャ

サ「シンベー!!!」

シ「ムグググ?(何で俺の名前を知ってるの?)」

サ「えーっと?何て言ってるの?」

ジ「多分、何で俺の名前を知ってるの?だと思うよ。」

よく分かったね………
でも、やっぱり記憶を失ってるんだね。どうやって記憶を取り戻そうか…………

サ「うーん。モフモフしようかな?」

モフモフモフモフモフ

シ「ムグググ〜(気持ちいい〜)」

気持ち良さそう………!

サ「…………ケノの事覚えてる?」

シ「ムグン!?(ケノ!?)」

サ「覚えてる?」

シ「ムグー(えーっと)」

サ「分かるまでモフモフしとくね」

モフモフモフ

ジ「そういや悩みは?」

サ「悩みか……」

確かにワンコの呪いの時に悩みにつけこまれていたね………。もしかしてケノの事で悩んでたりして!

サ「もしかしてケノにもっとモフモフしてもらいたかったのかな?」

シ「ムグ!(あっ!)」

シ「ムグググ!(思い出した!)」

………何て言ってるか分からないよぉ

ヒラリ

ジ「あっ。手紙だ」

ジ「えーっと」

サトミさんへ
お疲れ様です
シンベーさんの記憶を取り戻しましたね
でも、まだ7人います。そしてどんどん難しくなっていきます。
では、頑張ってください
Vより

サ「やったーー!!!」

ジ「と、なるとシンベーは私達の仲間だね!」

シ「ムグググ(よろしく)」

ジ「ここの国に他の男子達はいる?」

シ「ムグググ(いないよ)」

ジ「いないかぁ……違うところだね」

サ「どうする?」

ジ「そりゃあ行くしかないでしょ」

サ「そうだよね!でも、どこに?地図とかは持ってないよ」

ジ「それならここにあるよ!」

ガラッ

大きな引き出しにあったのは地図とリュックサック

サ「じゃあこれで行けば良いんだね!」

ジ「食べ物はあっちから持ってこよ」

サ「そうだね!じゃあ他にいるものは………」

〜30分後〜

ジ「これぐらいかな?じゃあ確認するよ!」

靴はあるよ!あと、食べ物でしょ!あと、シンベーのユーカリ!あと、洋服にー………飲みもの!あとは色々いれて………

ジ「よし、じゃあどういうルートで行くか決めよっか!」

現在地はここ。シンベー国!
次に……ダイカ国に行こ!
で、ケノ国、ゲンパチ国、シノ国、ミッチー国、ソウスケ国、ブンゴ国にしよっ!

サ「もうちょっと良い国の名前は無かったのかなぁ〜?」

ジ「作者がいちいち考えるのが面倒なんだって。」

サ「でも、そのままはないでしょ〜?」

ジ「ホントだよねぇ〜。ダッサイしw」

(作「しょうがないでしょ!」)

まあ、作者の反論は無視して………

(作「なぬっ!?」)

ジ・サ「出発!」

シ「ムグー!(おー!)」

第22話 続く

この話、いつ終わるかな………………。

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.78 )
日時: 2017/04/17 17:50
名前: アッキー

こんにちは〜!今日は天気が悪いねぇ〜。(私の住んでいる兵庫県では)
まあ、天気が悪いとかはどうでもいいから……更新いっきまーーーす!

第22話 〜シンデレラの試練?!(続き)〜

in ダイカ国

ジ「着いたぁー!」

サ「着いたけど……作者って私達の苦労台無しにしてるよ!?」

ジ「確かに……。熊に遭遇して必死でやっつけたのに飛ばしてるもんね。」

(作「ふっ。作者の都合さ」)

サ「カッコつけたらすむ問題じゃないよ!」

(作「しょうがない……。私だってこれを早く終わらしたいの!」)

ジ「まあ、私も早くここから出たいし。早く終らしてくれるなら良くない?」

サ「ちゃっちゃと終らしてね!」

(作「はーい!」)

シ「ムグググ(時間のムダ)」

ジ「さてと魔法を使ってガラスの靴を落とすか」

サ「シンデレラってわざと落としたんじゃないよね(ーー;」

ジ「さてと……うぅ〜ドレス出ろー!」

ポンッ

サ「成功した!」

ジ「シンベーはぬいぐるみで」

in 舞踏会

ジ「なぜか知らないけどすんなり入れたね」

サ「うん」

以外に招待状を持ってるか検査されなかったからね
ん?じゃあ何でシンベーの舞踏会の時に私達小窓から入ったんだ?

ジ「あぁ。それは丁度シンデレラのお姉さん達が検査するところにいたから、ばれない方が良いかなぁって!」

サ「なるほど!」

ジ「今回も王子には奥様がいるみたいだね。しかも美人!」

サ「あっ。ホントだ。あっ!あれってダイカじゃない?」

ジ「踊ってるね。そうだ!サトミ踊ってきて!」

サ「私、踊れないよー」

ジ「大丈夫!イケるって!」

サ「はいはい。分かりましたよ」

さりげなくダイカの横に行って……あっ。ダイカって言わないでダイカ王子って言った方が良さそう

サ「あの〜。ダイカ王子……」

ダ「ん?何でござるか?」

わー。凄い王子姿が似合ってる!さすが元王子。

サ「一緒に踊ってくれますか?」

ダ「もちろん一緒に踊るでござる!」

やっぱりござるは抜けないんだ。

タンタンタ

やれば出来るぞ私!

ジ「サトミ!門の方に行って!」

門ってあの大きい門ね。

サ「ダイカ王子。あの門へ行きませんか?」

ダ「良いでござるよ。」

よし、成功!ダンスも間違わずにいってるし……

ゴーンゴーン

ダ「12時でござるか」

サ「ダイカ王子!私はここで!さようなら!」

ダ「あっ!待つでござる!」

ジ「さすがサトミ!さあ脱いで!」

サ「うん。」

よし、脱げた!

ジ「じゃあお姫様抱っこで行くよー!」

サ「わっ!ちょっと待って!」

ジ「go!」

サ「わあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

〜10分後〜

サ「着いたけど……。ダイカ来るかな?」

ジ「ダイカは優しいから絶対来るよ!」

サ「完璧にダイカの優しさをムダにしようと……」

コンコン

サ「はーい」

ダ「落とし物でござる。」

サ「ありがとうございます!そうだ!悩みはありますか?」

ダ「悩みでござるか?そういや最近……」

サ「最近……?」

ダ「時代劇を見すぎて眠いでござるよー。何か良い眠気覚ましはないでござるか?」

サ「…………………(ー_ー;)」

ジ「それならコーヒーを飲むと良いって言うよ。でも、眠くなる前に飲んだ方が良いって!」

ダ「サトミどの!ジュンどの!ありがとうでござる!」

サ「今、サトミどのって言った!?」

ダ「言ったでござるよ〜!」

サ「やったーー!!!」

ヒラリ

サ「手紙だ!えっと………」

サトミさんへ
おめでとうございます
ダイカさんの記憶を取り戻しましたね!
これからも頑張ってください
Vより

サ「よし!じゃあ次の国に行くよ!」

ジ「はーい!ダイカさんも!」

ダ「よく分からないでござるが、分かったでござる!」

詳しい事は行きながら説明するね。

シ「ムグググー!(出発ー!)」

・・・・ここからは説明入りまーす
ケノ、ゲンパチ、シノ国は飛ばします。
なので簡単に出来事を説明します

ケノ国
オシャレをしたら簡単に出来た。記憶を取り戻すのもシンベーが一番活躍した。

ゲンパチ国
手強かった。お城に入るときはセキュリティチェック、記憶を取り戻す時もなかなか悩みを聞き出せなかった。

シノ国
城に入るときはゲンパチよりはマシだったが、悩みを聞き出す時にセキュリティシステムの凄さを語られて、スッキリしたのかセキュリティシステムの自慢を聞くだけで記憶を取り戻した。(語っていた時間は約三時間)

その他はご想像にお任せします。

・・・・・・では、ミッチー国に着いたところから

in ミッチー国

サ「………頑張ったのに飛ばされた!」

ジ「よほど、早く終わりたいんだね。」

ケ「でも、早く終わってくれた方がいいかも」

ゲ「早く終わった方が損はしない。」

ダ「早く時代劇を見たいでござる」

シ「現実に戻りたいです」

シ「ムググググン(これも時間のムダ)」

ジ「で、ミッチーは?」

ミ「呼んだ?」

ジ「うわぁ!音してなかった。」

サ「いや、ずっとドタドタいってたよ。」

ジ「マジ?耳悪くなったのかな?」

ミ「で?サトミ、そこでなにしてんの?」

サ「ん?サトミって言った!?」

ミ「うん」

ジ「記憶を」

ケ「取り戻して」

シ「ないのに!?」

ジ「そういやシンデレラの絵本のボタンを押すときミッチーいたっけ?」

ケ「いなかったかも!」

シ「確か、トイレ行くって言って……」

サ「ミッチーがトイレ行ってる間にボタンを押しちゃったんだね。」

ゲ「そのあと流れ星が落ちて来た。」

ジ「そういやソウスケさんもいなかったよね!?」

ゲ「確かアイツは電話が鳴ってるから見てくるって言ってたな」

ソ「君達そこでなにしてんのさ?」

サ「ソウスケ!?」

ソ「サットミー!!」

ギュ!

サ「ソウスケ離して!」

ソ「えー!嫌だ!」

ジ「こらこら離れて、離れて」

サ「でも、何でミッチーとソウスケは記憶があるんだろ?」

ジ「あっ!分かった!流れ星に当たらなかったからだ!」

ゲ「確かにミッチーとソウスケは流れ星が落ちて来たときにいなかったからな」

シ「なるほど。そうなると納得がいきます!」

ミ「ドンッって音がした後俺は記憶が途切れたぜ!」

ソ「俺もミッチーと同じかな。俺が目覚めたら王子ってことになってるし、とりあえずサトミをたどってここまで来たんだ。」

ジ「ミッチー君も?」

ミ「俺はたまたま!」

サ「じゃあ、あと一人はブンゴだけ!」

ジ「頑張るよー」

皆「おー!!」

in ブンゴ国

ジ「難しいのかな?」

サ「そりゃあね〜。最後だし!」

ジ「で、ブンゴ君どこ?」

ミ「あれじゃねぇか?」

ブ「あっ。サトミいた!」

ん?サトミ?んんん??

ジ「ブンゴ君!少し時間を!」

作戦会議

サ「何で私の名前を覚えてんの?」

ジ「知らないよー!」

ゲ「ブンゴは流れ星に当たっていた。」

ミ「じゃあ何で覚えてるんだ?」

シ「何ででしょうか?」

ケ「意味が分からないかも!」

シ「ムググググー(分からないー)」

ジ(あー。もしかしてサトミへの愛が強いからかな。)

ブ「何の話し合いしてんだよ?」

サ「ブンゴ!何で私の事を覚えてるの?!」

ブ「は?当たり前だろ?」

ジ「これはかなりの愛の大きさ………(小声)」

ソ「ただの変態」

ブ「お前、俺の事変態って言ったか?」

ソ「ああ言ったぜ。コブンゴ」

ブ「また、コブンゴって言ったな………」

サ「ストーップ!!やめてよ!」

ヒラリ

あっ。手紙

サトミさん達へ
おめでとうございます
試練クリアと言いたいんですが………
まだ、もう少しありますよ。最後は誰かと結婚してください。
では、あと少し頑張ってください
Vより

サ「け、結婚?」

ブ「ジュン以外の誰かが」

シ「結婚するんですか?」

サ「わ、私まだ結婚なんて……」

ジ「………今、決めたら読者が面白くないよね。戻るか」

ジ「皆!現実に行くよ!」

ジ以外「は?」

ジ「go!」

いきなり私達は宙に浮いて……。そこから記憶は途切れた

in サトミの家

サ「ふわー?戻ってきた!?」

い、いつもの家だ〜!!ってもう夜か
さ、自分の部屋でゆっくりしますか。

第22話 完

終わった………。最後の方、グダグダでした!ごめんなさい!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。