二次創作小説(紙ほか)

さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜
日時: 2017/09/30 14:29
名前: アッキー

小説を書くのは初めてです
駄作ですがよろしくお願いします


〜自己紹介〜
名前 アッキー

学年 中2

好きな本 さと8 真代家コンプレックス 12歳

です


えっと...
荒らしや悪口はやめてください

ではよろしくお願いします〜

〜目次〜

第1話 >>6-7 第2話 >>9-10

第3話 >>11 >>19 第4話 >>23 >>25

第5話 >>27-29 第6話 >>30

第7話 >>31 第8話 >>32

第9話 >>33-36 第10話 >>37-38

第11話 >>39 >>41 第12話 >>42

第13話 >>43 第14話 >>44-46

第15話 >>47-48 第16話 >>49-52

第17話 >>53 第18話 >>54

第19話 >>55 第20話 >>57-58

第21話 >>62 第22話 >>65 >>77-78

第23話 >>80 第24話 >>81

第25話 >>82 第26話 >>83

第27話 >>84 第28話 >>85

第29話 >>86 第30話 >>87

第31話 >>89 第32話 >>90

第33話 >>91-92 第34話 >>93

第35話 >>94 第36話 >>95

第37話 >>96 第38話 >>97

第39話 >>98-99 第40話 >>101

第41話 >>102 第42話 >>103

第43話 >>104-106 第44話 >>107

第45話 >>109 第46話 >>110

第47話 >>111-112 第48話 >>113-114

第49話 >>115-116 第50話 >>117

第51話 >>118 第52話 >>124

第53話 >>125 第54話 >>126

第55話 >>127 第56話 >>129-130

第57話 >>132 第58話 >>135

第59話 >>136-137 第60話 >>138-139

第61話 >>141 第62話 >>143-144

第63話 >>146 第64話 >>147

第65話 >>148 第66話 >>151

第67話 >>152 第68話 >>155

第69話 >>158-161 第70話 >>162

第71話 >>163 第72話 >>164-165

第73話 >>167-171 第74話 >>172

第75話 >>175 第76話 >>178-184

第77話 >>185-186 第78話 >>189

第79話 >>195-196 第80話 >>197

第81話 >>200

オリキャラなど

片崎 ジュン >>26 、 三井 リュウ >>40

真代家 >>56 とそのお仲間>>131、 岩井 美保 >>79

12歳 >>88 、 石原 奈々 >>108

山崎花菜 >>140 長嶋一樹、阿仁織田 >>142

津田凜 >>145 龍神王子の説明&登場人物 >>166

三井 和香&HY★SUN(佐藤隆太、中嶋勇太、羽田大樹、山本湊)
>>191

番外編

バレンタイン >>14-15 、 ホワイトデー >>16-17

作者のコーナー

>>8 、 No.100記念 >>100

おたより&フリートークTV! >>134

祝!参照2000! >>190

お知らせ

お知らせ1 >>194




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.39 )
日時: 2017/03/21 15:09
名前: アッキー

またまた更新します!

第11話 〜またまた転校生!〜

シ「サトミ様起きてください!!」

サ「う〜ん。」

シ「サトミ様!!」

サ「分かったって……」

シ「もう7時半ですよっ!!」

………

サ「わぁぁぁぁ!!!」

一気に目が覚めた!これはヤバイ!遅刻する!!
制服着て!髪をまとめてっ!

サ「シノ!朝ご飯はいらないから!」

シ「あっ!はい!!」

サ「それと、ジュンは??」

シ「仕事で静岡県に行っています。今日の6時ごろ帰ってくると言ってましたが……」

サ「分かった〜あっ!ヤバイ!行ってきます!!」

シ「行ってらっしゃいませ!」

(ジュンは日帰りで静岡県に行っています)

続く

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.40 )
日時: 2017/03/21 19:10
名前: アッキー

こんばんは!
転校生のオリキャラで〜す!


名前 三井 リュウ

身長 167p

髪型 普通かな?茶髪

服装 シンプルなのが多い。

性格 女子には優しい 男子にはあまり優しくない。

その他
ジュンと幼なじみ。そしてカップル
けっこうお金持ち(ブンゴやゲンパチほどではないが)
不思議な能力は使えない。

ぐらいです!

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.41 )
日時: 2017/03/21 21:37
名前: アッキー

こんばんは!更新します!

第11話 〜またまた転校生!〜

タタタタ!!
ガラッ!

ブ「遅刻。」

サ「すみません。」

はあー……

ブ「転校生を紹介するぞ。」

また転校生?女の子かな?

ガラッ
スタスタ

リ「三井リュウです。よろしくお願いします。」

ブ「お前の席はカオルンの隣で良いよな?」

リ「全然大丈夫です。」

スタスタ……

カ「リュウ君よろしくねぇ〜!」

リ「名前は?」

カ「叶カオルですぅ〜」

リ「よろしく!ピンク髪の子は?」

サ「里見サトミです……」

リ「ふーん変な名前…まぁよろしく!サトミちゃん!カオルン!」

パコン!

サ「痛っ!」

ブ「授業始まっているぞ。集中しろ!」

なら、叩かなくても良いじゃないですか!
とりあえず、授業に集中した方が良いかな…………

〜帰る時間〜

リ「サトミちゃーん!」

サ「何?」

リ「カオルンは?」

サ「先帰ったよ?」

リ「そうなんだぁー。サトミの家に行こっ!」

サ「はぁ?私の家に来るなんて聞いてないし!」

リ「良いでしょ〜!」

ブ「連れていったら?」

サ「ブンゴ!」

リ「あれ?ブンゴ先生?何で呼び捨て?」

サ「まぁーいろいろあってねぇー」

ブ「家庭の事情だ。」

リ「親戚?従兄弟?」

サ「まあ……そこら辺?」

リ「気になってきた!やっぱりサトミの家に行くっ!」

ブ「ここで喋っていても意味ねぇから、早く帰ろおぜ。」

サ「うぅー分かった……」

〜家に着きました。〜

サ「ただいま!」

ジ「お帰りぃ〜」

サ「あれ?もう帰っていたの?」

ジ「悪かった?」

サ「全然悪くないよ!」

ブ「シノ!コーヒー入れろ!」

シ「あっ!はい!」

リ「………お邪魔します。」

ジ「あれ?リュウじゃん!」

サ「知り合い?」

ジ「知り合いも」

リ「なにも」

ジ・リ「幼なじみだから!」

サ「そうなの?!ってことは付き合っている幼なじみって…………」

ジ「リュウの事だよっ!」

シ「サトミ様おかえりなさいませ!あっ!お茶いれますね!」

リ「あっ!大丈夫。すぐ、帰るから!」

サ「えっ!でも………」

リ「長くはいられないからね!じゃあね〜!」

タタタタタタタタ!

ジ「事情は私から説明しておくから!」

サ「うん。よろしく……。」

シ「行っちゃいましたね……。さあ!サトミ様!着替えてください。」

サ「はーい。」

〜10分後〜

着替え終わって今はリビングにいます。

サ「ふぅー」

ブ「ご飯出来たってよ。」

サ「あっ!うん。」

〜ご飯中〜
(ソウスケ・ケノ・ミッチー・ゲンパチは帰ってきました。)

ケ「転校生が来たんだぁー。良いなぁかも!」

ジ「……………」

サ「どうしたの?」

ジ「……………あっ!何でもないよ!」

何かあるよね………まあ、聞かない方が良いかな?

サ「ふぅーん」

〜寝る時間〜

サ「明日も平和であると良いなぁ〜」

さあ!寝よ!

〜夢の中〜
(里見フセ→フ)

フ「あなたの〜横にはあなた〜」

これって!

サ「おばあちゃん!?」

フ「サトミちゃーん久しぶりぃ〜」

最近全く遇ってなかったねぇー
おばあちゃんはね、ワンコの呪いの時にアドバイスみたいなのを教えてくれた人なんだよ!(ユーレイだけどね!)

フ「実はねぇ〜サトミちゃんに伝えておこうと思ってねぇ〜」

サ「何を?」

フ「実はね〜また、トラブルが起こりそうなのよね。」

サ「トラブルって?」

フ「分からない!」

ズコッ!

フ「でも、8男子がいるし!ジュンちゃんもいるしね!」

フ「頑張ってね!ダイスケさんが呼んでいるから行くねぇ!じゃあね!」

明日は祝日だよね……皆に伝えておかないと……

でも、私は知らなかった…実は呪いの時より少ししんどいのを………………

第11話 完

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.42 )
日時: 2017/03/22 12:33
名前: アッキー

こんにちはー!学校お昼までだぜ!
更新します!

第12話 〜トラブルの始り〜

はぁー……あまり寝れなかったなぁ〜
今日は早く起きようかな……
着替えて、髪をまとめて

スタスタ
ガチャ

シ「サトミ様おはようございます!今日は早いですね!」

サ「うん、おはよ……」

ブ「おはよ。あれ、珍しくサトミが起きてる!」

サ「あ……ブンゴおはよ……」

ダ「おはようでござる!」

ミ「おはよー!!」

ケ「おはようかもっ!」

シ「ムググ〜(おはよ〜)」

サ「ジュンとソウスケとゲンパチは?」

シ「ジュンさんとソウスケさんは寝ていますが…。ゲンパチさんは学校に行っています。お昼には帰ると言っていました。」

サ「ありがとう。」

ピーンポーン

誰だろう?

シ「はーい出まーす!」

ガチャ
スタスタ

(ジュンの叔母さん→ジ叔)

ジ叔「ジュンいる?」

は?何でジュン?っていうか誰?

スタスタ

ジ「おはよ〜!」

ソ「今、起きましたぁ〜!」

サ「ねぇ。ジュンこの人誰?」

ジ「…………叔母様。」

ミ「ジュンの叔母さんかぁー」

ジ叔「もしかしてそこにいらっしゃるのってブンゴ様とゲンパチ様?」

サ「知り合い?」

ブ「知らねぇよ。こんな、おばさん。」

ゲ「フネ叔母様の知り合いだろう。」

ちなみにフネ叔母様っていうのは、私の叔母さんの事だよ。山下フネっていうよ。まぁ、厄介な叔母さんかな?今は和解しているけど……

ジ叔「申し遅れました。私、こういう者でございます。」

どれどれ……

片崎 弘美
Yccコーポレーション 社長

サ「社長!?」

ブ「フネばあの知り合いだな。」

ゲ「相手が社長だからな。」

シ「とりあえずお座りください……」

ジ叔「ありがとう。」

ジ叔「で、ジュン仕事の方は順調かしら?」

ジ「…………」

サ「仕事?」

ジ叔「あら、言ってなかったの?この子はねぇ…スパイとして日本に行かせたのよ?」

スパイ?!

ジ叔「でも、仕事が出来てないのでは、意味ないのでアメリカに連れ戻しますよ!」

ジ叔以外「ええっ!!」

ジ「それはお断りします!スパイの件も1週間前にお断りしましたよね!?」

ジ叔「でも、スパイの仕事を任せるときに言いましたよね!この仕事は取り消しは無理ですよと言いましたよね!?」

ジ「っ!では、1つだけ情報を言いますね。」

ジ叔「早く言いなさい。」

ジ「里見家を乗っ取ろうとしても無駄ですよ?もう、山下フネさんとサトミ達は和解していますので!」

サ「乗っとる?!」

ジ叔「っ〜〜!もう、帰ります!」

ジ「それと、もうひとつ!あなたがなんと言おうと私がスパイをやめることに変わりはありませんので!」

ジ叔「っ!覚えてらっしゃい!」

バタン!

ジ「ふぅー。やっと追い出した〜!」

ブ「なぁ。スパイってどういうことだよ?!」

ジ「今から説明するよ。」

・・・・・・・・・・
私は、日本で生まれたんだけど親がすぐ亡くなってアメリカに行ったんだ。
叔母様が社長なのは知っているよね?叔母様は私以外血が繋がっている人はいないから、なんとしてでも私が大きくなったときに社長にしたかったらしい。
社長にしたいからって一歳ぐらいから勉強ばっかり、小学2年生の時には中1の問題は簡単に解けるようになっていたんだよね〜。
それで、元々山下フネさんと叔母様は知り合いだったらしく、月1で日本に行って会っていたんだよね〜。
でも、中1の夏、里見家を乗っ取って欲しいって山下フネさんに言われてね、私は叔母様の家から早く出たかったから、乗っ取るのを協力するって言ったの。そしたら叔母様が猛反対してね、私はじゃあ日本に行ってくるついでに里見家の情報を集めてくる!って言ったのよ…。そしたら渋々納得してくれて、日本に行かせてもらったって訳。まあ、サトミの事情は山下フネさんからウンザリするほど聞かされていたけど……
・・・・・・・・・・・

ジ「こんな感じかな?」

サ「大変なんだねぇー」

ジ「まあ、私はスパイとかヤル気は無かったけどね!」

ブ「フネばあよりうざそうだな。」

ソ「でも、油断しててはダメだよね?」

ジ「うん。相当怒っていたから、何をしてくるか分からない……」

もしかして、おばあちゃんが言っていたトラブルってこの事かなぁ?

サ「ねぇねぇ。」

サ以外「ん?」

サ「実はね〜」

〜夢の中の事を説明中〜

ジ「もしかしたら、トラブルはすぐやって来るかもしれないね。」

ケ「ソウスケさん、いつ来るか占って欲しいかも。」

ソ「分かった……」

〜占い中〜

ソ「………………」

ジ「…………どう?」

ソ「占いには、『嵐は明日来る』って出た。」

ブ「うさんくせぇなぁー」

ジ「当たっているかも知れないよ……」

ブ「根拠はあるのかよ?!」

ジ「何となくだけど…。でも、明日何かが起きるのは分かっているんだよね〜。」

シ「また、呪いみたいなのが来るんでしょうか?」

サ「う〜ん。どうだろう?」

ジ「何にしても要注意だね……。」

ソ「そうだな…」

ジ「何で、実行委員で忙しい時に……。」

サ「明日は水曜日だよね。」

ジ「学校はあるし……。」

ブ「休みなら良かったんだけどなぁ〜」

サ以外「はぁー。」

サ「ため息ばっかりついてちゃダメだよっ!」

サ以外「え?」

サ「今までも力を合わせて乗り越えて来たでしょ!」

ブ「そうだなっ!弱気になってちゃ意味ねぇからな!」

ゲ「まぁ。頑張るか。」

ケ「サトミちゃんの言う通りかも!!」

シ「そうですね!クヨクヨしていても始まりません!」

シ「グムムムン!(頑張るぞ!)」

ダ「さすがサトミどの!」

ミ「サトミの言う通りだなっ!」

ソ「まずは立ち向かうしかないようだな!」

ジ「さすがサトミ!良いこと言うね!」

サ「えへへ。じゃあ…」

サ「頑張るぞぉ!!!」

サ以外「おぉ!!」

私には皆がいる!どんな困難にも負けないんだから!!!

第12話 完

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.43 )
日時: 2017/03/22 14:13
名前: アッキー

読み返して思ったけど…
ゲンパチいつの間に帰ってきた?!!
まあ、そこには触れないでおこうか…………

第13話 〜不思議な薬〜
ジュンの叔母さんが来た次の日

スタスタ

今は6時半なんだけどね、早く起きちゃった……

サ「あれ?」

ガチャ

サ「皆、起きてたの?」

ジ「今日だからねぇ〜早く起きちゃって…」

ゲ「そもそも、皆これぐらいの時間に起きているが。」

あっ……そうですか。すみません。

〜朝ごはんを食べて、そろそろ出る時間〜

サ「そろそろ、行こうかな!」

ジ「私も行かないと!!」

ブ「俺も行くか。」

ゲ「僕も行くか。」

シ「今日は僕も行きます!」

ケ「僕も行くかも!」

ミ「俺も行く!」

ソ「行ってらっしゃい!」

サ「行ってきます!」

初めてだよね……こんなに大人数で行くの……

ジ「サトミって心配?」

サ「何が?」

ジ「今日、起こること。」

サ「う〜ん。心配かな……」

ジ「そっか。でも!安心してね。俺達がいるから!」

サ「ありがとう!」

よーし!頑張るぞ!

〜学校が終わって〜

カ「今日は早く帰るねぇ!」

ジ「行っちゃった……私たちも帰ろ!」

サ「うん!」

ジ「皆、帰ったかなぁ?」

サ「どうだろう……。ブンゴはさっさと帰っていったし……」

ジ「………サトミ。」

サ「ジュン?」

ジ「嫌な予感がする……。早く帰ろ!!」

サ「えっ!ちょ!引っ張らないでぇ!」

〜10分後〜

ガチャ

サ・ジ「ただいま……」

何かシーンとしてる、何かあったのかな……

ガチャ

リビングのドアを開けてみると、箱なのを囲んで男子達が座っていた。

ソ「……サトミお帰り。」

サ「なにそれ……?」

えっと……
宅急便だね…お届け先は私?
でも、名前を書いているのは私だけ……
どういうこと?

ソ「サトミ達が学校へ行っている時に宅急便が来て……」

ダ「ちょっと怪しかったでござる」

ブ「とりあえず開けてみようぜ。」

ジ「私、開ける!」

ベリベリ

ジ「開いた……」

中には手紙と、瓶?

ゲ「手紙には何て書いている。」

サ「えっと……」

里見サトミさんと里見家に住んでいる人達へ
こんにちは
いきなりですが試練を出します。
でも、試練といっても、何個と決まっているわけではありません。つまり、何個試練を出すか分からないのです。
それと、出す時間も分かりません。ランダムです。1ヶ月空くときもあれば、次の日にやって来るかもしれません。
では、頑張ってください。
Vより

ジ「にしても、綺麗な字だねぇー。」

ブ「今はそんな問題じゃないだろ。」

サ「Vって誰だろう?」

ケ「この瓶の説明書があるよ!」

サ「どれどれ……」

試練1
これは、瓶です
飲めば驚く事が起きます。
その驚く事がいつまで続くかはあなた達次第です。
一応ヒントを書いておきます。
赤い星 青い星 黄色い星
です。
この試練は皆さんでやってもらいます。
瓶を1人ずつ飲んでください。(もちろん口をつけて)
コップなどには入れてはダメですよ。
では、頑張ってください。
Vより

ジ「面倒くさいなぁー」

ブ「とりあえず飲むか?」

ジ「飲まないと、一生これは終わらないパターンだね。」

シ「じゃあ飲みますか……」

瓶は1つだよね…
それと、コップに入れてはいけないって……

ジ「間接キスになるね。」

言わないでよぉぉぉぉぉ!

男子達「//////」

ジ「順番どうする?」

私、ジュンの後が良い!

ジ「くじ引きで決めるよ!」

ジャジャン!
ミッチー
ダイカ
ケノ
ゲンパチ
シノ
ソウスケ
ブンゴ
サトミ
ジュン
シンベー
です。

私はブ、ブンゴと間接キスするのぉ〜!?
ジュンの次が良かった……

ジ「さ、飲んで!」

ミ「分かったよ……」

ゴクゴク

どんどん飲んでいって……
次はブンゴの番

ゴクゴク

ジ「次はサトミだぁ〜」

サ「飲むよ………」

うぅ……間接キスって言われると飲みにくいなぁ。
でも、飲むしかない!

サ「っ!」

ゴクゴク

ジ「うひゃー。良かったねぇブンゴ君!」

ブ「/////」

サ「/////」

ふぅー飲み終わった……恥ずかしい!!

ジ「次は私!ってもうないじゃん!!」

サ「えっ?」

その時
フラッ

うぅ視界がグルグルするぅ……
気持ち悪い……

ジ「ちょ!皆?!」

その後、記憶は途切れてしまった……

第13話 完


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。