二次創作小説(紙ほか)

さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜
日時: 2017/09/30 14:29
名前: アッキー

小説を書くのは初めてです
駄作ですがよろしくお願いします


〜自己紹介〜
名前 アッキー

学年 中2

好きな本 さと8 真代家コンプレックス 12歳

です


えっと...
荒らしや悪口はやめてください

ではよろしくお願いします〜

〜目次〜

第1話 >>6-7 第2話 >>9-10

第3話 >>11 >>19 第4話 >>23 >>25

第5話 >>27-29 第6話 >>30

第7話 >>31 第8話 >>32

第9話 >>33-36 第10話 >>37-38

第11話 >>39 >>41 第12話 >>42

第13話 >>43 第14話 >>44-46

第15話 >>47-48 第16話 >>49-52

第17話 >>53 第18話 >>54

第19話 >>55 第20話 >>57-58

第21話 >>62 第22話 >>65 >>77-78

第23話 >>80 第24話 >>81

第25話 >>82 第26話 >>83

第27話 >>84 第28話 >>85

第29話 >>86 第30話 >>87

第31話 >>89 第32話 >>90

第33話 >>91-92 第34話 >>93

第35話 >>94 第36話 >>95

第37話 >>96 第38話 >>97

第39話 >>98-99 第40話 >>101

第41話 >>102 第42話 >>103

第43話 >>104-106 第44話 >>107

第45話 >>109 第46話 >>110

第47話 >>111-112 第48話 >>113-114

第49話 >>115-116 第50話 >>117

第51話 >>118 第52話 >>124

第53話 >>125 第54話 >>126

第55話 >>127 第56話 >>129-130

第57話 >>132 第58話 >>135

第59話 >>136-137 第60話 >>138-139

第61話 >>141 第62話 >>143-144

第63話 >>146 第64話 >>147

第65話 >>148 第66話 >>151

第67話 >>152 第68話 >>155

第69話 >>158-161 第70話 >>162

第71話 >>163 第72話 >>164-165

第73話 >>167-171 第74話 >>172

第75話 >>175 第76話 >>178-184

第77話 >>185-186 第78話 >>189

第79話 >>195-196 第80話 >>197

第81話 >>200

オリキャラなど

片崎 ジュン >>26 、 三井 リュウ >>40

真代家 >>56 とそのお仲間>>131、 岩井 美保 >>79

12歳 >>88 、 石原 奈々 >>108

山崎花菜 >>140 長嶋一樹、阿仁織田 >>142

津田凜 >>145 龍神王子の説明&登場人物 >>166

三井 和香&HY★SUN(佐藤隆太、中嶋勇太、羽田大樹、山本湊)
>>191

番外編

バレンタイン >>14-15 、 ホワイトデー >>16-17

作者のコーナー

>>8 、 No.100記念 >>100

おたより&フリートークTV! >>134

祝!参照2000! >>190

お知らせ

お知らせ1 >>194




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.29 )
日時: 2017/03/16 15:16
名前: アッキー

更新します!

第5話 〜学校二十周年(続き)〜
(先生は女の若い先生です)

先「まぁこんなところでしょうか。」

先「あと、ジュン君後で、職員室に来てください」

ジ「えっ。あっはい。」

サ「ジュン何か悪いことした?」

ジ「してないと思うけど……」

先「では、数学の授業を始めます!」

〜10分後〜

サ「えっと…これはこうだから…」

サ「出来た!」

ジ「残念!間違ってます!」

サ「なぬっ!Σ(´□`;)」

えっ!でも…これをこうしたからあっているでしょ?あっ!本当だ間違えてる…

ジ「ほらね♪」

ムカッ
何か地味にムカつく〜!
その時

先「イタッ!」

男生「先生大丈夫ですか?」

女生「だ、誰か先生呼んできて!」

(隣のクラスの先生→隣先)

隣先「ど、どうした?!」

男生「実は…」

〜説明中〜

隣先「病院に行った方が良いな。皆は教室にいてくれ」

生徒「はーーい」

タタタタ

行っちゃった…大変な事になったなぁ〜

ジ「代わりの先生とかいるのかな?」

サ「いないと思うよ。今の先生は全員担任をしているから」

ジ「新しい先生でも呼ぶのかな〜?」

サ「でも、無理っぽいよね」

ガラッ
(教頭先生→教)

教「静かにしてください」

シーン

教「代わりの先生や新しく来れる先生がいないので、代わりに中学校の生徒を先生とします」

何それ?そんなこと出来るの?

教「ちょうどテストが再来週にあるので中学3年で一番成績が良かった人にここの担任をしてもらいます。」

へぇー!そんなこと出来るんだ〜

教「中学3年には伝えておきます。では各自、静かに自習をしていてください。」

生徒「はーーい」

ガラッ

男生「誰になるんだろう?」

女生「できればイケメンが良いなー!」

ガヤガヤ

ジ「これは、自習どころじゃないね」

サ「そうだね」

中学3年といえばブンゴだけか知っているのは…

ジ「誰になるだろうね!」

サ「そうだね〜」

ジ「そうだねしか言ってないよ?」

サ「あはは〜」

そういやテストかぁー。本当に誰になるんだろう?


〜帰る時間〜
あれから隣のクラスの先生が来てほとんど自習。明日も自習が多いそうだからワークなどを持ってこいって…
ちなみに先生が倒れたのは赤ちゃんが産まれるかららしい。来月の予定だったらしいけど早く産まれるみたい。ちなみに1年は育児休暇をとるらしい。

サ「先生も大変だね〜」

カ「本当そうだよね〜」

ジ「でも、楽しいことも多そうだよね〜」

サ・カ「本当そうだよね〜」

カ「あっ!一緒に帰れるのここまでだ!バイバイ〜」

サ・ジ「バイバーイ!」

サ「そういや話って何だったの?」

ジ「あぁ。あれね〜(^_^;)」

ジ「何でもないよ。」

サ「ふーん。」

実は隣の先生がうちの担任からジュンに伝えてって言われたらしく10分ぐらいジュンと話していたんだよね〜

ジ「でも、話していた内容は明日分かるんだけどね」

サ「そうなの?」

ジ「うん。」

サ「あれってブンゴ?」

ジ「そうだね」

サ「ブンゴ〜!!」

ブ「あ?」

ほら、やっぱりブンゴだ!

サ「今から帰るんだよね!一緒に帰ろ!」

ブ「別に良いけど」

ブ「そういやさぁ〜。再来週のテストがうちの学年で1位の人はお前らのクラスの担任にならないといけねぇんだろ?」

サ「うん。そうだよ!」

ブ「やっぱりそうなのか。」

サ「それがどうしたの?」

ブ「何も」

変なブンゴ!本当にどうしたんだろう?

ジ(ただ、サトミのクラスの担任になりたいだけでしょ。)

サ「でも、誰になるんだろうね?」

ブ「テスト次第だから誰も分からねぇよ」

ジ「ブンゴ君と同じ意見!」

そうもこうもしている間に家に着いちゃった!

ガチャ

サ・ブ・ジ「ただいま」

シ「おかえりなさいませ!サトミ様とブンゴ先輩とジュン君!」

ジ「着替えてこよっ!」

ブ「俺も…」

私も着替えて来ようかな……

シ「サトミ様のクラス大変そうでしたね」

サ「うん。大変だった( ̄▽ ̄;)」

シ「でしょうね。さぁ!着替えて来てください!」

むむ!そっちが引き留めたくせに!
まぁ。着替えて来るか!
部屋に行こ〜

〜着替え中〜

ふう。何か疲れたな〜
さあ下に降りますか

ガチャ

タタタタ

ソ「サトッミ〜おかえり〜」

ムギュ!

サ「離して!ソウスケ!」

ソ「嫌だよ〜」

ケ「ソウスケさんサトミちゃんが困っているかも。離してあげて。」

シ「ムググググンン(そうだよ。離してあげて)」

ソ「はぁーい」

サ「ケノおかえり!」

ケ「ただいま〜かもっ!」

ミ「たっだいまー!!」

サ「ミッチーおかえり!」

ダ「賑やかになってきたでござるね」

ゲ「里見サトミそろそろテストではないか?」

サ「あはは。そうでーす」

ゲ「勉強するぞ」

サ「まだまだ時間あるのに〜?」

ゲ「君の場合は1週間では成績はたいして伸びないからな」

サ「すみませんねぇ!」

ジ「私もして良い?」

ゲ「あぁ。」

ブ「俺も英語勉強しないとなぁ」

ジ「じゃあブンゴ君もね」

ブ「マジかよ…」

ゲ「ミッチーもするぞ」

ミ「えぇーーー!」

ゲ「決定事項だ」

ミ「はぁー」

ゲ「じゃあ勉強する物を持ってここに集合」

サ・ブ・ジ・ミ「はぁーい」

〜第5話 完〜

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.30 )
日時: 2017/03/17 15:18
名前: アッキー

更新します!

第6話 〜レッツ!テスト勉強!〜

今、私達はゲンパチ、ミッチー、ジュン、ブンゴ、そして私でテスト勉強をしようとしています…

ブ「何で俺まで…」

ジ「ブンゴ君は前のテストヤバかったんでしょ?」

ブ「何でお前が知ってるんだよ!」

ゲ「静かにしろっ!」

ジ・ブ「はーい」

ゲ「ではまず…サトミとジュンはこの問題を解いてくれ。答えあわせは僕がする。」

えぇ!この問題ものすごく難しそうなんですけど!

ゲ「ブンゴは英語の単語を10回ずつ書け。」

ブ「マジかよ…」

ゲ「ミッチーは、このページの問題をやれ。」

ミ「うわ〜。」

鬼だ〜こわー

ゲ「さっさとやれ」

ジ・サ・ミ・ブ「はーい……」

φ(..)カキカキ

ジ「出来ました〜」

サ「はやっ!」

ゲ「全部OKだな。」

ジ「イエーイ!」

ブ「10回とか無理だっつうの…」

〜1時間後〜

サ「出来た………」

はあーもう無理……

ゲ「やっと、出来たか。全部正解だ。」

サ「ふぅー」

ブ「やっと出来た………」

サ「ご苦労様」

ブンゴ…凄い疲れているね…
まぁ10回はキツイか

ミ「むむむ…。分からねぇ〜〜!!」

ゲ「ここは、こうだ」

ミ「えっと…。」

〜30分後〜

ミ「出来た〜〜!!!」

サ「お疲れ様!」

ブ「これって明日もやんのか?」

ゲ「もちろんだ」

ミ・サ・ブ「えぇーーー」

ジ「ご飯出来たよー」

ジ「燃え尽きてる感じしかしない…。よほど大変だったんだね〜」

ソ「ただいま〜(ToT)」

サ「どうしたの!?」

ソ「テレビの収録が長引いてさぁー。」

そういやソウスケはテレビの収録だったね

ソ「俺、ずーーっと立ったままだったんだぜ!?」

サ「それは、しんどい…」

ジ「あ。ソウスケさんおかえりなさい。」

ジ「ご飯出来てますよ」

サ「とりあえず食べよ?」

ソ「分かった〜。」


第6話 完

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.31 )
日時: 2017/03/18 14:10
名前: アッキー

更新します!

第7話 〜恋バナ〜

ソ「はぁー疲れた〜」

サ「よほど大変だったね…」

ジ「サトミに慰めて貰えば良いじゃない」

ソ「その手があった!サトミ慰めて〜」

サ「ええっ!」

ソ「早く〜」

サ「分かったよ( ̄▽ ̄;)」

よしよし(ソウスケの頭をなでています)

ソ「///」

サ「顔赤いよ?」

ソ「そんなことないよ…」

サ「ふぅーん。」

ジ「サトミさぁー。」

サ「何?」

ジ「好きな人いるの?」

ジ以外「えええっ!!!」

そんな人いないって!
あれ?何で、皆が反応しているの?

ジ「で、いるの?」

サ「いないって!」

ジ「ふぅーん。」

ジ「ニヤニヤ(男子達を見て)」

何でニヤニヤしているんだろう?

シ「ムグググ(鈍感だなー)」

サ「そういうジュンこそ好きな人いるの?」

ジ「///いるけど……」

サ「嘘ーー!!」

ブ「ごちそうさま。女ってテンションたかいな」

ゲ「まったくだ。ついていけない。」

サ「付き合っているの?」

ジ「えーとまぁ……」

ジ「付き合っているかな。」

サ「嘘ーー!」

シ「テンション凄い高いですね」

ソ「女は恋バナが好きだからな」

ケ「僕も恋バナ好きかも…」

ブ「女と同じかよ……」

ゲ「まぁケノは女としても生きてはいけるな。」

サ「幼なじみかぁー良いなー」

ジ「その前にサトミは好きな人をつくろうね。」

サ「そうだね〜」

サ「ごちそうさま〜」

にしても、ジュンと恋バナ出来るとは思わなかったなー

〜いきなり飛んで寝る時間〜
作者さん飛びすぎだよ!

(作「ごめんね〜」)

そういや明日はお昼で終わるんだよね。
ラッキー♪

サ「さ、寝よ!」


〜次の日〜

サ「ううーん」

もう朝ってことは分かっているんだけどね。
起きようとは思わないんだよねー

ミ「サトミ起きろよ〜!」

サ「ミッチー?!」

天上からまた……

サ「ミッチーやめ…ってもういないし……」

サ「起きるか…」

制服着て、髪をまとめて、よしOK!!

ガチャ

シ「もしもぉぉぉあなたがぁぁぁ〜」

ウィンウィン

サ「掃除機かけながら歌わないで!」

シ「すみません〜」

スルーしとこスルー
怒る気にならない…

サ「今日はクロックムッシュだよね」

ブ「ふわー(あくびしています)」

サ「ブンゴおはよ……って。」

また、上半身裸だよ。最近見てないと思ったら……

ブ「サトミおはよ。」

サ「おはよじゃなーい!!」

サ「服着てって何度も言ったよね!!」

ブ「わりぃ。」

ムカッ

サ「もう知るか〜!」

サ「ジュン行こっ!!」

ジ「私今からご飯って…わあぁぁぁぁ!!」

ジ「引っ張らないでぇぇぇ!」

サ「早く行くよっ!」

全くもう!
あいつら何か知るか!

第7話 完

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.32 )
日時: 2017/03/18 17:51
名前: アッキー

またまた登場!
最近ポケモンにハマっているアッキーです!

サ「早く本編更新しなさいよっ!」

ハイハイー更新します!

第8話 〜テストをしましょ!〜

あっという間に日にちが過ぎて今日はテスト
もうブンゴとの喧嘩は終わっていると思いきや…

サ「…………」

ブ「…………」

まだ、喧嘩中です。

ジ「そろそろ仲直りしたら良いのに……」

ゲ「無視し続けてるからな」

シ「あと、何日この状態が続くのでしょう…」

ケ「心配かも……」

今日はテストの日ってことは知っているよね
今日のテストで私達の担任が決まるんだけど…………ブンゴはぜーったい担任は嫌!
あっ!もう8時だ!学校に行かないと!

サ「行ってきます!」

ジ「この状態はまだ続きそうだね……」

ジ「私も行ってくるね!」

ジ「サトミ待って〜!」

スタスタ…

ジュン達には喧嘩していること悪いとは思うよ。
でも、絶対こっちからは謝らないから!

ガラッ
ザワザワ

ザワザワしているなぁー
まあ担任が決まる日だもんね

男生「俺、優しい人が良いなー」

女生「私はイケメンが良いなー」

男生「はぁ?絶対美人で優しい先生だろ?」

女生「ええー。絶対イケメンが良い!」

こんな声がよく聞こえてくるよ(^_^;)))

隣先「座れ〜!テスト始めるぞ〜」

ガタガタ(皆が座る音)

隣先「では、テスト用紙を配ります」

ふぅー。頑張るぞぉ!

隣先「では、始め!」

そのころブンゴは
先「じゃあ配るよー」

はぁテストかぁ……
何でこんな事をするんだろうな
サトミのクラスの担任になりたいなぁ
はっ!何考えてるんだ!
とりあえずテストに集中しよう。うんうん。

先「では、始めてください!」


そのころ家では
ソ「うーん」

ダ「ソウスケどの?どうしたのでごさるか?」

ソ「あぁ。実は占いの結果で『トラブルの始まり』って出てきたから、サトミのことかな〜?と思っててな。」

ダ「ソウスケどのの、占いは良く当たるでござるからな〜。サトミどのが心配でござる。」

ソ「とりあえず様子を見るか……」

ダ「そうでござるな……」

シ「(-.-)Zzz・・・・」←シンベーです

サトミに戻る

えっとこれはこうで……
あっ!これはテスト勉強で似たような問題をした!これをこうしてこうで……

キーンコーンカーンコーン

隣先「はい終わりー!テスト用紙を回収します!」

隣先「では、次のテストも頑張ってください!」

〜面倒くさいから飛ばします〜

サ「テスト終わったー!」

ジ「お疲れ様〜。帰ろっか!」

サ「えー」

ジ「今日は五時間目で終わったから、どっか寄っていく?」

サ「うん!じゃあカオルンも……」

カ「行きたいんだけどぉー。家の手伝い頼まれているんだぁー。ごめんねぇ!」

サ「大丈夫だよ!」

ジ「じゃあ行こうか?」

サ「うん!」

カ「行ってらっしゃい〜!」

〜商店街〜
サ「あっ!ミントのCDが出てる!」

超新作なんだよねぇ〜。欲しい!!

ジ「買ってあげるよ!」

サ「良いの?」

ジ「サトミのためなら〜!」

サ「ありがとう!」

〜5分後〜
ジ「はい!どうぞ。」

サ「本当にありがとっ!」

ジ「どういたしまして!」

ジ「ミント好きなの?」

サ「うん!美人だし、歌は上手だし!」

ジ「へぇー」

サ「でも、気になることがあってね……」

ジ「何?」

サ「実はミントの曲名が全部ビーズの文字なんだよねぇ〜。」

オレンジはhappy(ミッチー)
ピンクはlove(ブンゴ)
紫はcare(シノ)
緑は cure(ケノ)
黄色はmemory(ゲンパチ)
白は buddy(シンベー)
青色はlucky(ソウスケ)
赤色はdream(ダイカ)

なんだけど。例えば曲名が『happy』だったりね…うちの事情を知っているみたい……

ジ「不思議な事があるもんだね〜。」

ジ「話変わるけどさぁー」

ジ「担任発表って明日の朝だよね?」

サ「うん。明日の一時間目の前に発表だよね。」

ジ「明日が楽しみだなぁー」

どっちかというと私は嫌な予感しかしないんですけど……
まあ、何とかなるかな!

第8話 完

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.33 )
日時: 2017/03/19 21:13
名前: アッキー

こんばんは!
更新します!

第9話 〜最悪の担任〜

次の日

シ「あなたぁぁぁがー」

ガチャ

シ「サトミ様おはようございます!」

サ「………………おはよう」

はぁー……
今日は怒る気にならないから、スルーしとこうか

〜朝ごはんを食べて学校に行く時間〜

サ「行ってきます……」

シ「行ってらっしゃいませ!」

ジ「サトミ暗いね〜」

ソ「確か今日だよな?担任が決まるの。」

ジ「そうだね。今日、担任が決まるよ。」

ソ「面倒くさい事にならないと良いけど…」

ジ「本当ですよね〜。」

ジ「あっ!行ってきます!」

続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。