二次創作小説(紙ほか)

さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜
日時: 2017/09/30 14:29
名前: アッキー

小説を書くのは初めてです
駄作ですがよろしくお願いします


〜自己紹介〜
名前 アッキー

学年 中2

好きな本 さと8 真代家コンプレックス 12歳

です


えっと...
荒らしや悪口はやめてください

ではよろしくお願いします〜

〜目次〜

第1話 >>6-7 第2話 >>9-10

第3話 >>11 >>19 第4話 >>23 >>25

第5話 >>27-29 第6話 >>30

第7話 >>31 第8話 >>32

第9話 >>33-36 第10話 >>37-38

第11話 >>39 >>41 第12話 >>42

第13話 >>43 第14話 >>44-46

第15話 >>47-48 第16話 >>49-52

第17話 >>53 第18話 >>54

第19話 >>55 第20話 >>57-58

第21話 >>62 第22話 >>65 >>77-78

第23話 >>80 第24話 >>81

第25話 >>82 第26話 >>83

第27話 >>84 第28話 >>85

第29話 >>86 第30話 >>87

第31話 >>89 第32話 >>90

第33話 >>91-92 第34話 >>93

第35話 >>94 第36話 >>95

第37話 >>96 第38話 >>97

第39話 >>98-99 第40話 >>101

第41話 >>102 第42話 >>103

第43話 >>104-106 第44話 >>107

第45話 >>109 第46話 >>110

第47話 >>111-112 第48話 >>113-114

第49話 >>115-116 第50話 >>117

第51話 >>118 第52話 >>124

第53話 >>125 第54話 >>126

第55話 >>127 第56話 >>129-130

第57話 >>132 第58話 >>135

第59話 >>136-137 第60話 >>138-139

第61話 >>141 第62話 >>143-144

第63話 >>146 第64話 >>147

第65話 >>148 第66話 >>151

第67話 >>152 第68話 >>155

第69話 >>158-161 第70話 >>162

第71話 >>163 第72話 >>164-165

第73話 >>167-171 第74話 >>172

第75話 >>175 第76話 >>178-184

第77話 >>185-186 第78話 >>189

第79話 >>195-196 第80話 >>197

第81話 >>200

オリキャラなど

片崎 ジュン >>26 、 三井 リュウ >>40

真代家 >>56 とそのお仲間>>131、 岩井 美保 >>79

12歳 >>88 、 石原 奈々 >>108

山崎花菜 >>140 長嶋一樹、阿仁織田 >>142

津田凜 >>145 龍神王子の説明&登場人物 >>166

三井 和香&HY★SUN(佐藤隆太、中嶋勇太、羽田大樹、山本湊)
>>191

番外編

バレンタイン >>14-15 、 ホワイトデー >>16-17

作者のコーナー

>>8 、 No.100記念 >>100

おたより&フリートークTV! >>134

祝!参照2000! >>190

お知らせ

お知らせ1 >>194




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.24 )
日時: 2017/03/15 07:32
名前: ルイージ

学園小説でのランキングを更新しました 男女別々です カービィ、マリオ、ダークランサー、ルイージ以外に投票してください 学園小説のキャラクターで自分にとって一番好きなキャラクターに投票してください
一人につきキャラ男女一人ずつです

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.25 )
日時: 2017/03/15 15:26
名前: アッキー

ルイージさん
投票しに行きますね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

本編いきましょう!

第4話 〜ジュンの秘密(続き)〜

ジ「そういやソウスケさんって霊能力者だったけ?」

ソ「そうだよ」

ジ「じゃあ私も霊能力者っていう扱いになるのかな〜?」

サ「えっ。何で?」

ジ「私ね能力を使うと黄緑色に目が変わるんだよね」

ジ「でも、心を読んだりするときは、目の色は変わらない…」

サ「変なの。」

ソ「と、なるともしかしたら霊感などがあったかもしれないな。」

ジ「そうだね」

ジ「そういや。ねぇサトミ」

サ「何?」

ジ「私さぁー。サトミの家に住んで良い?」

サ「えっ!私は良いけど…。皆は?」

シ「僕は良いですけど」

ケ「僕も良いかも」

ゲ「どうでもいい」

シ「ムググググ!(OKだよ!)」

ダ「全然OKでござる!!」

ソ「サトミが良いなら〜」

ミ「俺もOK!」

ブ「どうでもいいし」

ジ「じゃあOKってことで良いんだよね!」

微妙な人もいるけど…まぁ良いか!

サ「うん。良いよ!」

ジ「やったーーーーーーー!」

ギュ!

サ「うわぁ!抱きつかないで!」

ジ「ごめんね♪」

あっ。離してくれた…
そういや…

サ「部屋はどうするの?」

ジ「あぁ〜土曜日泊まった部屋で良いよ。」

ホッ。良かった〜
部屋がなかったら嫌だもんね
あっ。荷物はどうするんだろ?1泊2日ぶんの荷物しかないよね?
その時、ジュンが…

ジ「荷物なら任せて!」

そういったとたん
ジュンの体が白く光って

ポン!ポン!ポン!

サ「荷物が天上から出てきた〜!?」

ジ「これで全部かな?」

サ「もしかして、これって能力?」

ジ「正解!」

うわぁ〜能力って便利!

男子達
ポカーーーン( ゜o゜)

ジ「さぁ部屋に運んで来よっ!」

サ「手伝おうか?」

ジ「大丈夫だよ〜」

タタタタタタタタ

行っちゃった…

ブ「あいつ、すげぇな…」

ケ「本当に人間かなぁ?」

ソ「俺の親父より凄い…」

シ「そういや目が黄緑色でしたね」

サ「うん。」

タタタタタタタタ

ジ「準備完了!」

ジ以外「はやっ!!!!」

ゲ「超人だな」

ブ「すげぇ」

シ「天才です」

ケ「凄い〜」

ケ、ケノの『かも』が無い!
まぁ凄い事は凄いか……

ジ「シノ君。」

シ「は、はい!」

ジ「もう、5時だよ?夜ご飯作らなくて大丈夫?」

シ「あぁぁぁぁ!今すぐ作ります!」

ケ「シノっち!僕も手伝うかも!」

タタタタタタタタ

そういや私達、お昼ご飯食べたっけ?

ジ・ソ「食べてないね」

あっ!心読んだな!
ジュンは女だから良いけど!
ソウスケは許さない!

ソ「えぇー!許して!」

ブ「うさんくせは許さなくて良いぞ」

ソ「うるさい!コブンゴは黙ってろ!」

ブ「コブンゴって呼ぶな〜!!」

〜ケンカ開始〜

あぁ始まっちゃった〜(^_^;)

ジ「ある意味賑やかだね(^_^;)」

サ「ハハハハハ( ̄▽ ̄;)」

ジ「止めてこようか?」

サ「良いの?」

ジ「任せて♪」

ジ「まあまあブンゴ君とソウスケさんケンカはやめなさい」

ブ「何でお前に指図されないといけねぇんだよ!」

ジ「それ以上ケンカをするんだったら殴るよ(⌒‐⌒)」

ブ・ソ「チッ!/ハーイ…」

ジュンが殴ったら本気で痛いもんね…
そりゃあやめるよ(ケンカを)

ジ「ねぇ。」

サ「何?」

ジ「サトミって可愛いよね!」

サ「えぇぇっ!」

ソ「ジュンはサトミの魅力が分かるのかー」

ジ「もちろんです♪何か、ソウスケさんと気があいそうですね」

ソ「俺もそう思った〜」

ジ「よし!サトミちゃんを守る同盟を組みましょう!」

ソ「OK〜!サトミを守るぞ〜」

ジ「おぉー!」

何これ?
何か勝手に同盟組んでるし…
これってただの…

ブ「アホだな」

ブンゴさん、その通りですよ…

ブ「アホは勉強でもしてたら良いだろ」

サ「それは言えてる」

ジ「私をなめないでくださいよ!そこのお二人!」

(お二人とはブンゴとサトミです)

ゲ「じゃあ問題を出す」

おぉっ!ゲンパチっていきなり出てくるね

ジ「はい!」

ゲ「歴史から出す。中学1年の問題だ」

ジ「楽勝でしょ」

ゲ「後鳥羽天皇が中心となって編集した和歌集は?」

ジ「はい!新古今和歌集!」

ゲ「正解だ」

私、分からなかった( ̄▽ ̄;)
今、中2なのに…

ゲ「では、国語の問題だ」


ゲ「松尾芭蕉が残した有名な俳句で『五月雨の降り残してや光堂』この句が読まれた場所はどこ」

ジ「はい!この句が読まれたのは中尊寺金色堂ですよね♪」

ゲ「正解だ」

サ「アホじゃなかった…」

ブ「これ、中2で分かるか?」

サ「多分、分からないと思う」

ジ「えっへん!」

ゲ「アホではないな」

サ「ジュンって凄いね!」

ジ「これでも、中2のテストは全部百点だったから!」

サ「すっごーい!」

ブ「天才だな」

その時

シ「夜ご飯ができましたよ〜!」

サ「行こうか!」

ジ「うん!」

第4話 完

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.26 )
日時: 2017/03/15 15:59
名前: アッキー

こんにちは!
本編を更新したいのですが
ジュンが男ではなく女だったので
プロフィールを少し変えたいと思います
名前 片崎ジュン

身長 165p

学年 中2

性格 明るい、優しい

髪型 女の時 ポニーテール
男の時 まぁフツーな髪型

・学校では男装している
・サトミの事をサトミって呼ぶ
・勉強、スポーツなど…何でもできる
・男の時はイケメン、女の時は美人(どちらの時もモテる)
・虫が嫌い(ダンゴムシさえ触れない)
・能力を使える(使う時は目が黄緑色になる)
・心を読める
・学校では女って事を隠している
・おしゃれは大好き(ほとんどガーリー系ロリータ系は嫌い)
・サトミのためなら何だってする



ぐらいかな〜?
また、更新します!

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.27 )
日時: 2017/03/15 16:08
名前: アッキー

更新します!(少しだけです)

第5話 〜学校二十周年〜

次の日

シ「こいぬのおぉぉぉぉよこにぃぃぃはぁぁ!」

サ「うぅー」

春なのにこんなに暑苦しいって……
おかしいでしょ!

コンコン

サ「はあぁい」

ジ「もうそろそろ起きないと遅刻するよ?」

サ「嘘ぉぉ!」

〜7時10分〜

遅刻まではいかないけど
ヤバイね

サ「ジュン!」

ジ「なーに?」

サ「ちょっと出てて!」

ジ「はぁーい」

続く

変な終わりかただなー

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.28 )
日時: 2017/03/15 21:16
名前: アッキー

更新します!

第5話 〜学校二十周年(続き)〜

サ「よし!制服と髪はOK!」

タタタタ

サ「シノおはよう!」

シ「おはようございます!サトミ様!」

シ「朝ご飯は出来てますよ」

本当だ!
今日はワッフルかぁ!美味しそう!

サ「いただきます!」

うーん美味しい!ブルーベリージャムもワッフルによく合っているし…でも…

サ「早くしないと〜(モグモグ)」

サ「ご、ごちそうさま!」

ジ「カオルン来ているよ!」

サ「う、うん!」

いつのまに仲良くなったんだろう?

カ「サトミちゃーん!ジュンから事情は聞いたよ!」

サ「ジュン話したの!?」

ジ「一応話といた方が良いと思ってね!」

なるほど〜
あっ!早く学校行かないと!

ジ「本当だね!急ご!」

(ジュンはもちろん男装しています)

〜教室〜
(男子生徒→男生 女子生徒→女生)

男生「ジュンおはよ!」

ジ「おはよ!」

女生「ジュン君おはよぉ!」

ジ「おはよう!」

ジ「サトミとカオルン行こ!」

サ「あっ!うん。」

女生1「誰?(ひそひそ)」

女生2「あぁ!里見サトミ?(ひそひそ)」

女生1「あぁ…男とよく一緒にいる…(ひそひそ)」

聞こえてますよ〜
はぁー………
その時

キーンコーンカーンコーン

ガラッ

あっ!先生入ってきた!
早く座らないと!

先「おはようございます」

生徒「おはようございまーす」

先「今日は大事な話があります」

何だろう?
また、転校生じゃないよね?

先「実は今年はこの南学が出来て20年がたちます。そして、皆さんが住んでいるこの町が出来て50年がたちます。」

へぇー!………で?

先「それでその大きな節目として、この町にある学校と様々な交流などをしていきたいと思います」

話が長くなるのでまとめます
この町にある高校1つと中学(南学を入れて)2つ小学校1つ、幼稚園1つと交流をすることになった。それだけでなくこの学校の1年〜3年との交流もしようと思ってます。
まずはこの学校の1年と交流をします
その後はどんどん交流をしていく
一緒にクッキーを作ったりという風にしていく
そして、5月か6月に中学校で劇をする
劇をするのはこの学校の生徒
劇の内容は生徒が決める
1学年に1つの劇をする

という感じ

続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。