二次創作小説(紙ほか)

怪盗レッド知ってはいけなかった秘密
日時: 2017/03/20 13:28
名前: ゆっこっこ

はいまたかきます!
前に 飛鳥の初恋 書かせていただきました
今回は前に登場した宇宙兄弟も出てきます

タメ口オケなので
コメントよろしくです

Page:1 2



Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.5 )
日時: 2017/03/20 21:04
名前: ゆっこっこ




気づかれてないよね。
だいじょぶだよね私達
明日しっかりやれるよね

Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.6 )
日時: 2017/03/20 19:12
名前: ゆっこっこ

アスカ

「ケイ!あのカード なに?」
「何でもない。数式が並んでるだけだ」
あ、そうか。
ならいい
「あしたのあさ。花里家にいくぞ
レッドのユニフォームきてけ」
はあーいいよっ

Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.7 )
日時: 2017/03/20 19:32
名前: ゆっこっこ

アスカ

次の日

なぜか私達は朝から花里家にいる
レッドのユニフォームをもって

そして中から悲鳴がきこえる!

ケイ!

Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.9 )
日時: 2017/03/21 10:20
名前: ゆっこっこ

アスカ

悲鳴の聞こえたところには
有栖 がいる!
てことは花里家にラドロがいる!
琴音さんは!ここの人たちは大丈夫なの!?
「大丈夫
今日私がここにいるのはお客としてだから」
ふう
胸をなで下ろす

あれ?ケイは
きゃあ!

………ファンタジスタ?
どうして!

あ、宇宙兄弟と関係あるんだった

ってケイ!
ファンタジスタを無視していく
ていうか大丈夫?花里家侵入者いっぱい、

Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.10 )
日時: 2017/03/21 10:44
名前: ゆっこっこ

ケイ?
どこ

どんどん パリン

何かが落ちてしまった何か割れた音がした

アスカは持ち前の動物並のかんをはたらかせ走った

キッチンルームにけいと宇宙兄弟がいた

ケイ
「アスカ!花里家の人たちを避難させる
放送しろ」
ええ〜!!
わかったよ

怪盗レッドから連絡です
ここからすぐ避難してください

急いで連絡
けいのところへ戻る

Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.11 )
日時: 2017/03/21 22:01
名前: ゆっこっこ

でもいくら全力出しても間に合わなかった
それどころかけいと琴音さんか宇宙兄弟に捕まってるし!
「ケイ!琴音さん!」
「レッド!
ごめんなさい。騒がしいからきてみたらこんな事に」
「レッド、琴音さんと交換よ」
宇宙兄弟がいう
私は琴音さんに合図して交換する
こうするしかなかった
宇宙兄弟はちゃんと琴音さんを解放した

でなんでこんなことを
ケイがくちをひらく
「おまえ達のやりたいことはわかるよ
織戸信 織戸分
いや、花里信 花里分

Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.12 )
日時: 2017/03/22 07:05
名前: ゆっこっこ

はへ?
どういうこと?
ケイがすすめる
「怪盗ファンタジスタ
つまり織戸きょうや
花里きょうやの子供
…だろう?
そして母親はラドロの一員
それらを隠すために名前を変えたのだろう」

Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.13 )
日時: 2017/03/22 17:45
名前: ゆっこっこ

はあ…?
いまいち内容がわからない
怪等なんとかが宇宙兄弟
まではわかったけど
なんでらどろがでてくるの?
[ケイにはばれちゃったね
アスカはいまいちのようけど ]
ああ悪かったわね!
[でもだからなにしようというのかまではわかってんの?]
怪盗なんとかがいうことにすぐけいがこたえる
[それは、

Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.14 )
日時: 2017/03/22 20:36
名前: ゆっこっこ

[それは、白田真也の敵を討つため
白田真也は信たちの叔父、つまりお母さんの兄にあたるのだろう
その人の計画を失敗させたのが怪盗レッドと白里響だから
響は花里けを誘導するのにいなくなったからいないのだろう
ちなみにこの行動の後ろには怪盗ファンタジスタと…」
そのときろうかから…

Re: 怪盗レッド知ってはいけなかった秘密 ( No.15 )
日時: 2017/03/22 20:46
名前: ゆっこっこ

そのとき廊下から
笑って拍手する有栖と誰かを捕まえたらしいファンタジスタとファンタジスタにつかまった…白里響がはいってきた
「さすがに紅月ケイね
でも底まで詳しく知られているとコッチとしても都合がよくないの
でもまあいいかしら
こっちもそっちの秘密知っているわけだし
5部5分ということでいいことにしましょ
さあ怪盗ユー二…めんどくさいなまえだから忘れちゃったじゃない
行きましょう
もうじき警察がくるわ」
「響クンは寝てるだけだから心配なく」
こうして有栖とファンタジスタは帰って行った

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。