二次創作小説(紙ほか)

ケロン・ザ・モンスターズ 1章
日時: 2017/08/05 17:32
名前: パール

どうも、皆様こんにちわ。パールです。

これからケロロの世界とは別の世界のお話が始まります。
新米召喚士となった少年のお話です。
フロロ「私たちのお話がいよいよ始まりますよー!!」
メフィスト「俺たちの活躍を見てくれよな。」


タグ・オリケロ

Page:1 2 3 4



第5話 傲慢の王、登場 前編(その2) ( No.13 )
日時: 2017/09/30 14:37
名前: パール


そして・・・・
割れた鏡から人影が出てきた。
ルシファー「やっと出てこれたぜ・・・。」
そうルシファーだった・・・。
フロロ「どうしよう・・・。」
メフィスト「あれが・・・ルシファー・・・?」

復活したルシファーにフロロはどう立ち向かうのか
・・・・・。

続く・・・・。


「あとがき」
ついに七つの大罪王の一人、ルシファー様が
登場しました!
皆様、後編に
期待してください。

第6話 傲慢の王、登場 後編(その1) ( No.14 )
日時: 2017/10/08 20:54
名前: パール

皆様、ケロン・ザ・モンスターズ 1章が閲覧数が100を超えました!
じゃんじゃん感想のコメントをお願いします!
それでは
本編に移りたいと思います!


「前回のあらすじ」
フロロは同じクラスメイトのレンカから傲慢の王が封印されていると
いわれる鏡を無事、ゲットしたのだった。
そしてこの鏡は本物の傲慢の王、ルシファーが封印されていたのだった・・・。
だがフロロは挑発に乗ってしまいその王であるルシファーの鏡の鏡面を割ってしまった
のだった・・・。

フロロ「どうしよう・・・。復活させちゃった・・・。」
ルシファー「おい、お前!(フロロを睨み付ける」
フロロ「何ですか・・・・。」
ルシファー「明日、お前が学校帰りの際は俺と勝負しろ!場所はお前が決めろ!」
フロロ「場所はアマノタウンの空き地でお願いします!」
ルシファー「分かったいいだろう。じゃ俺は寝るわ。(フロロの部屋の床に寝転ぶ」
フロロ(明日、学校帰りに戦う事になってしまった・・・・。)
そう思いながらフロロはベッドに戻り、眠りについた・・・。


そして翌日、いつも通りに
学校の教室で頬杖を付きながら悩んでいた。
フロロ「はぁ・・・。」
スズヤ「どうしたんですか?フロロ?」
フロロ「あっスズヤ、ちょっと男子トイレにいどうしよう・・・。ここじゃ話せないから・・。」
スズヤ「分かりました・・。」
と二人は男子トイレに移動した。
フロロは昨日の出来事を
スズヤに打ち明けた。
フロロ「実は・・・ルシファーを復活させちゃって今日帰りに戦う事になるんだ・・。」
スズヤ「えっ!?戦う事になったんですか!?じゃあ僕もついてきます!(フロロの手を強く掴む」
フロロ「ありがとう。励みになるよ・・・。」

そして
約束の
戦いの地である
空き地で
召喚士装束のフロロとルシファーが
にらみ合っていた。

審判はスズヤで見届け人は
ジババとラルカ、メフィストの3人・・・。


ルシファー「おい!お前、戦う前にどちらかが勝った場合の条件を受け入れてもらおう。」
フロロ「分かりました!あと私のことはフロロと呼んで下さい。」
ルシファー「じゃあ。この勝負でフロロが勝った場合、俺はフロロと契約する。あと俺が勝った場合、フロロの魂を貰うぞ。いいな?」
フロロ「分かりました・・。(この戦い・・・、負けるわけにはいかない・・・。」
スズヤ「では勝負開始!!(笛を鳴らす」

ついに戦いの火蓋が切って落とされる・・・・!

第6話 傲慢の王、登場 後編(その2) ( No.15 )
日時: 2017/10/09 17:24
名前: パール


ついにバトルシーンです!

ピ――――――!!

と笛の音を合図に両者は
激しくぶつかり合う。

ガキン!ガキン!

ややフロロが押され気味だった。

ルシファー「いくぞ!サンダー!(雷をフロロに直撃させる。」
フロロ「ぎゃああああ!!(直撃し倒れこむ」
ラルカ「フロロ!」
フロロ(このままだと負ける・・・。ん?いいことを思いついた!)
ルシファーに苦戦していた
フロロはある事を思いつき
それを行動に移した!

第6話 傲慢の王、登場 後編(その3) ( No.16 )
日時: 2017/10/09 17:34
名前: パール

フロロの考えた策とは・・・・?

ルシファー「もう一度、いくぞ!サンダー!」
もう一度雷を直撃させようとするが
フロロ「えいッ!(軽々と雷を避ける。」
ルシファー「!」
フロロが軽々と雷を避けたのだった!
フロロ(剣道部の練習を思い出して良かった・・・。相手の攻撃を避け続け疲労させれば・・・。)
ルシファー「えい!この!この!(サンダーを連発させるがフロロに全てかわされる」
フロロ(上出来かも・・・。)
ルシファーがサンダーを連発しすぎたため疲労してきた・・。
フロロ(今だ!)
そのチャンスを狙いフロロは・・・・
フロロ「おりゃ!!(二刀流でルシファーを斬る」
ルシファー「ぎゃああああああああ!!(斬られてその場で倒れる。」
フロロ「やった!勝った!」
スズヤ「ルシファー、戦闘不能!フロロの勝ち!!」
そうフロロが勝ったのだった・・・。

第6話 傲慢の王、登場 後編(その4) ( No.17 )
日時: 2017/10/11 19:19
名前: パール

そして勝負の後・・・・。

戦いを終えた二人は空き地に寝転がり
楽しそうな様子だった。

ルシファー「じゃあ約束通り、契約するぞ(自分のカードをフロロに渡す。」
フロロ「分かりました!ありがとうございます。(ルシファーのカードを貰う。」
ルシファー「なぁ、もう一つだけ条件を言っていいか?」
フロロ「分かりました!どんな条件ですか?」
すると彼のもう一つの条件は意外なものだった!
ルシファー「俺をお前の家に住まわせてくれ!!」
フロロ「えぇ――――――――!!??」
まさかのお願いに・・・・。
フロロ「わ・・・分かったよ・・・・。」
ルシファー「本当に住まわせてくれるのか!?嬉しい!?」
メフィスト「ま、いいんじゃね。」
こうしてルシファーはハルクサ家の居候2号(1号はメフィスト)となったのだった・・・・。

おしまい

「あとがき」
これでルシファー様に関する前後編が
終わりました。
ルシファー様はハルクサ家の
居候となりました。
あと設定集にもルシファー様のデータを
後で載せたいと思います。
それではみなさん、次の話を待っててください。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。