二次創作小説(紙ほか)

ケロン・ザ・モンスターズ 1章
日時: 2017/08/05 17:32
名前: パール

どうも、皆様こんにちわ。パールです。

これからケロロの世界とは別の世界のお話が始まります。
新米召喚士となった少年のお話です。
フロロ「私たちのお話がいよいよ始まりますよー!!」
メフィスト「俺たちの活躍を見てくれよな。」


タグ・オリケロ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



第20話 ミロロの妹?(その2) ( No.74 )
日時: 2018/07/20 16:45
名前: パール


そして
ロマンがいるという
空港に着くと・・・。

キャリーバッグを持った
ピンクのリボンがついた黄色のツインテールで
青紫色の体色でミロロと同じ目の色の
甘ロリ系の服装の
10歳くらいの少女の姿が
いた。

それをみたフロロは・・・。

フロロ「ロマンちゃんってミロロの妹さんだったんですね・・。」
ミロロ「えっ!?何言ってんの・・・。まあ見た目はね・・・。(ばらさない方がいいかな・・・?」
キムム「まあなんか・・・。怪しい・・。」
ラルカ「可愛いね!」

ラルカが呟いた言葉に・・・。

ロマン「今!可愛いっていってくれた!!(ダッシュでラルカに駆け寄る」
ラルカ「えっ!?もしかしてロマンちゃん!?」
ロマン「はい!アキマツリ・ロマンです!よろしくお願いいたします!(可愛い笑顔」
ラルカ「かわいい・・・。」
とメロメロに
なっているときに
ロマンが
ミロロの方に
顔を向けて
ロマン「ねえ!お姉ちゃん!」
ミロロ「なんなの?ロマン?」
ロマン「ロマン、アマノタウンを散策していい?ラルカさんと一緒に!」
ミロロ「え・・・?」
ラルカ「じゃあ案内してあげる!」
ロマン「やった!」

とラルカがロマンにアマノタウンを
散策させることとなった・・・。

感想はまだ。

第20話 ミロロの妹?(その3) ( No.75 )
日時: 2018/07/20 16:55
名前: パール


大体のアマノタウンを
案内し続けたラルカは

ラルカ「ねぇ。ロマンちゃん、クレープを食べない?あたし、美味しいクレープ屋さんを知っているんだ!」
ロマン「えっ!?クレープを食べたいな!」
ラルカ「じゃ決定!」

とラルカがロマンの手をつなぎ
そのクレープ屋さんに
連れてこうとするが・・・。

車がちょうどロマンがいる所に
通りしかも水たまりがあったため

バシャーン!

とロマンに水たまりがはねてしまい
ロマンが泥だらけに・・・・。

ラルカ「大丈夫!?ロマンちゃん!!」
ロマン「だ・・いじょうぶじゃない・・。(あのヤロー!許さねぇー!」
ラルカ「私の家に連れてってあげるから。私の服を貸してあげるね!」
ロマン「えっ!?」
ラルカ「じゃあ行くよ!(ロマンをおんぶしダッシュで自宅へ」
ロマン「嘘・・・。」

とダッシュで自宅に帰ったのだった。

次でロマンの本当の性別が分かります。感想はまだ。

第20話 ミロロの妹?(その4) ( No.76 )
日時: 2018/07/20 17:07
名前: パール


そして脱衣所でロマンが服を脱ぐことになっていた・・・・。

ラルカ「じゃあ脱がしてあげるね(ロマンの服を脱がす」
とロマンの服を脱がしていくラルカに対し
ロマンは・・・。
ロマン(やめて・・・・ハズカシイ・・・・。)
と恥ずかしがっていた・・・。


ラルカ「ロマンちゃん、きれいな髪だね・・。(ロマンのツインテールを触る」
ラルカがツインテールの所を触ったら・・・。

ズルッ

ラルカ「あれ?(右手に金髪のツインテールのカツラ」

そうロマンの髪の毛だと思っていたのは
カツラだった。
カツラのしたは青い帽子。

ロマン「ちょっと!早く返して!(頭を押さえている」
ラルカ「ロマンちゃん・・・?(力が入ってロマンの服を完全に脱がす」
と混乱していると
勢いのあまり
ロマンの服を
脱がしてしまうと・・・・。
なんと
男の身体だったのだ!(ちゃんとブリーフも履いている)

そうロマンは
男だったのだ!

ラルカ「ロマンちゃん、男の子だった!!?(大絶叫」

その後
その叫び声を聞きつけて
フロロ達がその現場に駆け付けたのだった。

まさかの展開

第20話 ミロロの妹?(その5) ( No.77 )
日時: 2018/07/20 17:16
名前: パール


フロロ「えっ!?ロマンちゃんは男の子だったんですか!?」
キムム「俺は何となく・・・勘で気付いた・・・。」
メフィスト「どうして・・・言わなかったんだ?」
皆の問いに
ミロロはそう答えた。

ミロロ「だって・・・。バラすと怒るのよ・・・。」
ロマン「お姉ちゃん・・・、恥ずかしかった・・。(フロロの服をきている。」
ラルカ「まあロマンちゃん・・・。大丈夫だから・・。」

と慰めると・・・。

ロマン「まあ今度はラルカさんを本当にメロメロにするから!(ラルカに惚れたらしい。」
ラルカ「?(意味が分からない」

そういい残して
ロマンはミロロと共に
帰っていった。

おしまい

「あとがき」
どうでしょうか!
メインキャラの家族を
初登場させました!
ちなみにロマンは
私がもっている
少女漫画の出てくる
男の娘キャラを
元にしてみました!
次回ではあの5兄弟が
再登場します!

感想ОK

Re: ケロン・ザ・モンスターズ 1章 ( No.78 )
日時: 2018/07/21 18:03
名前: シャドー ◆PuIGSTlbSo

どもす
おもろかったです
次の話であのご兄妹がどんな活躍するか楽しみっす

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存