二次創作小説(紙ほか)

ルイージ×ウェンズ 逆襲の悪の組織
日時: 2017/08/16 08:26
名前: ルイージ

この物語の主役はウェンズさんのオリキャラ、珠美です
視点もウェンズさんの作品東方日常です
書く順番は僕→ウェンズさんです
スタート

プロローグ「開催!クッパ主催の武道大会」
ここは幻想郷
なにやらせわしく砂煙をあげて移動しているやつがいます
パレッタ「郵便でーーーーーーーーーーす!」
珠美「あ、郵便ですか、あなたは?」
パレッタ「僕は郵便配達亀のパレッタです、さて、次は霊夢さん宛てか、急げーーーーーーーーーーっ!」
どうやらパレッタは超速達をしてるようです(どうやって来たかは不明)
珠美「なになに・・・?クッパ主催の武道大会、腕に自信のある者よ、集え!(注、誰でも参加できます)開催日は・・・明日!?早く準備しないと!」
次の日
霊夢「おーい、珠美ー!」
珠美「あっ、霊夢さん!それに皆さんも!」
魔理沙「珠美、お前も武道大会に参加するのか?」
珠美「もちろんです!」
パチュリー「でも問題は場所ね・・・開催地はキノコ王国のカラカラスタジアム、どうやって行くのかしら・・・」
レミリア「確かに行く方法は書いてないわね・・・」
パレッタ「あのー、僕を忘れてませんか?」
フラン「あ、まだいたんだ」
パレッタ「皆さん、僕がどうやって来たのかって思わないんですか?」
全員「確かに」
パレッタ「こっちです」
岩山山頂
パレッタ「見えました、僕はあれできたんです」
パレッタの指差す先には謎の土管があった
霊夢「あれ?」
パレッタ「あれです、完全にあれです」
珊瑚「あれだな」
なんやかんやで全員通った
パレッタ「あれがカラカラスタジアムです」
咲夜「ペーパーマリオのステージですねわかります」
妖夢「にしても、周りは強そうな人ばかりですね」
幽々子「腕が鳴るわね」
マリオ「お?あんたら誰だ?俺はマリオ」
珠美「え!?あのマリオさんですか!?」
マリオ「お、おう」
真斗「すっげー!本物だーっ!」
ルイージ「兄さん!もうすぐ始まるよ!」
マリオ「もうすぐか」
クッパ「全国のクッパファンの皆様おはようございます!」
メタルマリオ「お前ファンおらんだろ」
クッパ「シャラップ!ここはカラカラスタジアム!今回の武道大会は相手が倒れるのが先か自分が暑さにやられるのが先かの勝負!」
ファイアマリオ「熱い戦いなら大歓迎だぜ!」
意味が違うぞ
クッパ「では、これより始めたいと思います!まずは予選、これより周り全員が敵となります!生き残った32名が本大会に出場できます、もちろん敗れた人は観客席へ、では予選スタート!」
アイスマリオ「生き残れる人は多いのですね・・・」
魔理沙「友達だからといって容赦はしねーぞ!」
霊夢「昨日の味方は今日の敵・・・まさにこのことね」
戦いの火ぶたが切って落とされた!
次回第一話「大会予選!生き残るのは誰だ!?」
次はウェンズさんです
尚、予選の生き残りはマリオキャラと東方キャラともに16人ずつです

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: ルイージ×ウェンズ マリオと東方の武道大会 ( No.37 )
日時: 2017/08/15 20:37
名前: ルイージ

今度はマリオ視点でいいですか?

Re: ルイージ×ウェンズ マリオと東方の武道大会 ( No.38 )
日時: 2017/08/16 08:16
名前: ウェンズ


構いません。
結構時間がかかってしまうかもしれませんが。

Re: ルイージ×ウェンズ 逆襲の悪の組織 ( No.39 )
日時: 2017/08/16 15:20
名前: ルイージ

この作品はマリオ視点です

プロローグ「let's go幻想郷!いきなり緊急事態!」
ピーチ姫がさらわれた
マリオ「本当にいきなりだな!」
ルイージ「兄さん、助けに行くよ」

メンバー
マリオ
ルイージ
メタルマリオ
アイスマリオ
ファイアマリオ
ペーパーマリオ

メタルマリオ「なぜペーパーまでいるのか」
マリオ「細かいことは気にするな」
クッパ「ピーチ姫はいただいていくぞーっ!」
ピーチ「マーリオー」←前作で出番なかった人
マリオ「待たんかいこるぁ!」
ハナちゃんの森
クッパ「ここまで来れば・・・うわっ!エンストだ!落ちるーっ!」
マリオ「落ちたな」
ルイージ「落ちたね」
アイスマリオ「落ちましたね」
切り株広場
マリオ「あれ?確かここに落ちたはず・・・」
ルイージ「兄さん、なんだろうあれ・・・」
ルイージが指差す先には、謎の土管があった
マリオ「入ってみよう」
アイスマリオ「危険ですよ!」
アイスが言いきる前に、マリオは土管に入った
ファイアマリオ「・・・行っちゃった」
メタルマリオ「俺達も行こう」
ペーパーマリオ「そーだね」
アイスマリオ「はあ・・・仕方ありませんね・・・」
ファイアマリオ「よっしゃーっ!」
ルイージ「あ!ちょ、ちょっと!」
全員土管に入った
幻想郷
マリオ「ここは・・・お?なんだ、あのぼろっちい神社は・・・」
珠美「あっ!マリオさん!」
マリオ「おう!珠美じゃねーか!」
クリボー「俺達もいるぞーっ!」
マリオ「来たなぁ!雑魚軍団!」
クリボー「雑魚って言うなっ!今度の俺達はひと味もふた味も千味も違うぞ!」
マリオ「そんじゃーかかってこいや!」
その頃
紫「・・・紙・・・?」
藍「紙ですね・・・」
橙「紙だね・・・」
ペーパーマリオ「うん紙だよ、それより・・・ハンマーナゲール!」
三人「っ!?」
ヤリクリ「よ、よく気がついたな!」
ペーパーマリオ「君達の考える事なんてお見通しさ」
ヤリクリ「く、くそーっ・・・お前ら!やっちまうぞ!」
ヤリクリ軍団「おーっ!」
ペーパーマリオ「君達!手伝って!」
三人「はい!」
その頃
メタルマリオ「なんだ、このだだっ広い屋敷は・・・」
妖夢「あっ!メタルマリオさん!」
メタルマリオ「妖夢に幽々子か」
幽々子「ちょうどよかった、手伝って!」
メタルマリオ「っ!ゲドンコ星人共か・・・いいだろう」
その頃
ファイアマリオ「覚悟しやがれヘイホーどもっ!」
ヘイホー「助けてーっ!キャサリン様ーっ!」
ファイアマリオ「中ボスの登場か・・・お前ら!手伝え!」
さとり「はい」
こいし「うん!」
その頃
アイスマリオ「おや?あなた方は何をしているのですか?」
フラン「紅魔館を盗られたの・・・」
アイスマリオ「カリバー・・・てことはこの館はカジオー率いるカジオー軍団が・・・」
ヘイパー「ビヨーン!ビヨーン!!ビヨヨーン!」
アイスマリオ「ヘイパー達!やはりカジオー軍団かっ!」
その頃
ルイージは女三人と話ながら歩いていた、すると・・・
ルイージ「っ!危ないっ!」
三人「っ!?」
ルイージ「ぐはっ!」
ルイージは背中に大怪我を負った
早苗「だ、大丈夫ですか!?」
ルイージ「大丈夫・・・」
諏訪子「帽子落ちたよ!」
ルイージ「ありがとう」
戦闘員「庇ったか、まあ良い・・・我々の目的はその緑の髪の女をさらっていくこと・・・その緑のひげがどうなろうが関係ない!」
ルイージ「早苗ちゃんのことかーっ!覚悟しろ!メガバッテン団の戦闘員共!」

次回第一話「それぞれの戦い!let's battletime!」
次はウェンズさんです

Re: ルイージ×ウェンズ 逆襲の悪の組織 ( No.40 )
日時: 2017/08/18 16:15
名前: ウェンズ


第一話「それぞれの戦い!let's battletime!」

珠美『爆符「パーフェクトエクスプロージョン」』
大きな爆発が起こり、クリボーが一掃される。
マリオ「ど、ど派手だな・・・!」
珠美「こうでもしないと、ね?あ、それより他でも
   襲われてるのかな?」
マリオ「そうかもしれないな。」

妖夢『獄界剣「二百由旬の一閃」』
メタルマリオ「なっ!あの数を一瞬で・・・!?」
幽々子「まだまだ修行のみだけどね。」
妖夢「割と呆気ないですね。」


フラン『QED「495年の波紋」』
アイスマリオが相手を凍らせ、フランの弾幕で一掃した。
カジオー「なにっ!?我の軍が全滅しただと?」
フラン「紅魔館を返してもらう!」
   『禁忌「レーヴァテイン」』
カジオー「ぐぁぁっ!!」


諏訪子「早苗を攫えるなら攫ってみなさい!」
   『神具「洩矢の鉄の輪」』
神奈子「早苗にはいてもらわないと困るんだよ!」
   『神祭「エクスパンデッド・オンバシラ」』
戦闘員「た、退避ぃっ!!」
早苗「行かせません!」
  『秘術「グレイソーマタージ」』

紫「はぁ、まったくどうなっているのかしら。」


Re: ルイージ×ウェンズ 逆襲の悪の組織 ( No.41 )
日時: 2017/08/18 19:30
名前: ルイージ

武器の章 第一話「偽のカジオー!?紅魔館奪還作戦!」
パチュリー「これで紅魔館は・・・あれ?」
アイスマリオ「おかしいですね・・・カジオーは倒しましたし、カリバーや他の武器の手下も逃げていくはずですけど・・・」
カジオー「はっはっはっは!まんまとだまされたな!」
レミリア「っ!?」
フラン「カジオー!?」
咲夜「妹様が倒したはずですけど・・・」
カジオー「あれは、わしの偽者じゃ!」
???「やはりな」
アイスマリオ「ジーノさん!」
紅魔館住民「誰!」
ジーノ「自己紹介は後だ、早くカジオーを倒さないと君達の住むところがなくなるぞ」
フラン「それは困る!」
カジオー「わしを倒すというか!はっはっはっは!小童め!わしを倒そうなど、100000000000000000年早いわ!どうせ攻略できないだろうからわしが勝手に加えたシステムを紹介しよう!まずは剣の間、そこには武器の手下ケンゾールがいる、続いて弓の間、そこには武器の手下ユミンパがいる、次に槍の間、そこには武器の手下ヤリド・ヴィッヒがいる、続いて斧の間、そこには武器の手下、オノレンジャーがいる、次に大剣の屋上、そこでカリバーを倒して口に入れば武器世界に入れる、そこの最も奥にわしがおる、せいぜい頑張るがよい!はっはっはっは!」
アイスマリオ「かんっぜんになめられてますね・・・」
フラン「しかも、お姉様から怒りの炎が・・・」
レミリア「おのれカジオーめ・・・勝手に私の紅魔館を改造しよって・・・」
ジーノ「まあ、早く行こうか」
紅魔館1階剣の間
ケンゾール「来たな!私が最初の試練、ケンゾール!行けっ!親衛隊!」
親衛隊「ビヨヨヨヨーン!」
ジーノ「多!」
アイスマリオ「さっきの100倍はいそうです!」
次回武器の章第二話「対ケンゾール!大量の親衛隊に気をつけろ!」
次はウェンズさんです

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存