二次創作小説(紙ほか)

【銀魂】謎の記憶喪失少女
日時: 2017/11/12 09:42
名前: 聖蘭

こんにちは!ここで書くのは2回目となります聖蘭です(`・∀・´)
今回書くのは題名でもわかると思いますが【銀魂】です!下手くそですがどうぞよろしくお願いします
(( _ _ ))ペコ

主人公の設定

名前・白院 華闇(はくいん かやみ)
容姿・銀色の髪の毛先がだんだん黒くなっている、目は赤い、肌がすごく白い・腰あたりまでのストレートで、いつも下ろしている・超絶美人
衣服・いつもは隊服を着ているが、私服は紺色に蝶や花が書いてある着物を着ている。寒い時は赤い羽織を着る
性格・冷静だが、たまにふざける
身長・159.7
年齢・17歳
_________________________
これ以上の説明はないです。本編でのお楽しみ〜

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 【銀魂】謎の記憶喪失少女 ( No.24 )
日時: 2017/11/28 23:56
名前: 聖蘭

華「ふぁ〜・・・あ、そっか。
今日は非番か・・・」
潜入捜査まであと2日か、なんか非番をもらったけど何しよう。
華「土方さんにイタズラでもするか。
バレないように」
〜副長室〜
華「えっと・・・」

1・入り口に一番近い畳を取る
2・その下の床を取る
3・その下にセロハンテープ、ガムテープ、バケツ、土方さんのお気に入りのライターを置いておく
4・その位置だけ網の囲いをしておき、ゴキブリ、ネズミ、ゲジゲジをおく
5・畳を壊れやすいようにして床に敷く
6・重りを吊るし、畳が落ちると紐が切れて落ちてくる仕組みにする
7・監視カメラをつけたら完了(^_^)

華「さて、部屋に帰ってモニター確認するかな。どんな感じになるか楽しみ」

Re: 【銀魂】謎の記憶喪失少女 ( No.25 )
日時: 2017/11/29 00:25
名前: 聖蘭

〜部屋〜
ふふふ・・・だいぶ手の込んだイタズラをしたからな。かなりカオスな光景になること間違いなしだ。
しかもいつもイタズラなんてやんない上にオリジナルの案だからバレることはありえないだろう。
華「そろそろ戻ってくる時間だな。モニターつけよ」
『ジジジッ』
沖『じゃあ土方さん、70年後に地獄で会いましょう』
土『なんで俺死ぬ設定になってんだ!はぁ、じゃあ後で始末書な』
沖『はいはい、それでは』
・・・後少しだな
『ガラッ』
来た!
『ドーン』『バン』『ガシャーン』
土『ギャァァァァァァァァ!!?』
・・・今の土方さんの状況
抜けた床の中にずぶ濡れでネズミとゴキブリとゲジゲジにたかられて重りによりたんこぶができ、服にライターが引火して半分死んでいる。

・・・思ったよりカオスな状況になったな。これってモニターからしか声聞こえなかったし外騒いでないし襖閉じてたし誰も気づいてないパターン?
あれ?ヤバくね?山崎呼んで叫び声が副長室から聞こえたって言って助けるか・・・
___________________________________あ!山崎いた!
華「山崎!副長室から叫び声が聞こえたから土方さんが心配なんだけど!」
山「また沖田隊長のイタズラですか?今行きます」
________________________________________
〜副長室〜
そこには映像で見たよりカオスな光景が広がっていた
山「ありゃりゃ、こりゃ修復に時間がかかりそうですね。
とりあえず副長を救出しましょう」

〜10分後〜
副長は救出した。後はもう隊士達に任せていいか?・・・いいや
華「私、この後用事あるんで、そろそろ出ますねそれでは!」
脱出成功( ^ω^ )

Re: 【銀魂】謎の記憶喪失少女 ( No.26 )
日時: 2017/12/15 21:11
名前: 聖蘭

ふうっ、脱出成功したのは良いんだがどうしようかな?
華「・・・とりあえず万事屋行ってみるか」
〜万事屋〜
『ピンポーン』
神「はーい!誰アルかって華闇!」
華「ヤッホー神楽ちゃん!1日ぶり!」
神「とりあえず入るアル!」
『たったったった』←歩く音
神「そういえばなんで華闇はきたアルか?」
あぁ、そういえば説明してなかったな。
・・・どうしよう。
任務の事はともかく土方さんのはカオス過ぎる・・・
神楽ちゃんなら大丈夫だろ!
華「えっとね。今度の任務の事と、土方さんから逃げてきた」
神「へえぇー」
新「あれ?華闇ちゃんきてたの?」
あ、あの眼鏡は・・・新八くんだ
新「ちょっとまって、今眼鏡で人の事判断したよね。
いくらなんでも酷くない?」
華「細かい事は、気にするな〜( ̄∀ ̄)」
神「で、きた理由は具体的には何アルか?」
華「えっとまず、土方さんにこんなイタズラを仕掛けまして」
ーー説明中ーー
新「何大掛かりな仕掛け作って土方さん苦しめてんだ!
あんたそれでも部下か!」

Re: 【銀魂】謎の記憶喪失少女 ( No.27 )
日時: 2018/01/16 23:14
名前: 聖蘭

華闇side

新八くんってツッコミの塊なのかな?いやまじ冗談抜きで。
新「いま酷いこと考えなかった?
考えたよね?」
あ!潜入捜査の事言わんと←無視?
華「・・・で、もう一つの理由は」
新「スルーすんなぁ!」
銀「へぇ、潜入捜査?」
新「あんたらまで無視すんなよ!」
神「ちょっと黙っててくれる?
あんたのツッコミって熱が入り過ぎてていっつも邪魔なんだけど」
あれ?神楽ちゃんいつもの口調は?
もしかしてガチモード?
新「まって!その口調で言われるとマジで傷つくから!」
んー・・・無視していーか←
華「んで、潜入捜査するんで、
そこんとこヨロシク!」
全-華「(そんな気楽でいいのか?)」
新「で、良いんですか?
もう7時前ですけど」
華「え"・・・やっば!
じゃーね!」
あと2分じゃん!

Re: 【銀魂】謎の記憶喪失少女 ( No.28 )
日時: 2018/01/19 00:31
名前: 聖蘭

華闇side

・・・どうしよう。
今の時間?7時4分ですよ・・・
土方さんに怒られます(涙)
華「た、ただいま戻りました〜」
土「・・・おい」(°言°)
うっ・・・絶対怒られる。
土「お前は時間をちゃんと守れ」
沖「土方さん、
後ろ注意してくだせぇ」
華「あ、ヤバっ、
じゃあ土方さん、また今度」
土「あ?・・・ギャアァァ!」
『ドカアァァン』
総悟、帰ってきて早々バズーカは流石に酷いと思うんだけど・・・
まぁ、助かったけどね。
華「総悟、サンキュ。
あ、これ潜入捜査の資料ね」
沖「ゲッ、資料かよ」
ゲッって・・・
サボるつもりだったのかよ。
華「捨ててもいいよ。
コピー取ってあるし」
『ドカアァァン、ドーン』
・・・・・・・・・え?
華「・・・ねぇ、
今なんか聞こえなかった?」
?「ギャァァァァァァァ!
なんかいるアルウゥゥゥ!」
隊「ウワァァァァ!」
なんか隊士の叫び声が聞こえた気がしたんだけど.
沖「・・・いるんじゃないか?」
?「おい神楽ァァァ!
置いていくなァァァ!」
『ダダダダダダダダダダダッ』
華「って、神楽ちゃん!?」
神「あ!華闇、大変ネ!
新八が取り憑かれたヨ!」
し、新八くんが取り憑かれた??
沖「おい、どういう事でィ」
神「そのまんまの意味アル!
新八が何かに取り憑かれたアル!」
新「LOVEお通!LOVEお通!」
いや、あれって・・・
華「ただ単にアイドルオタクだっただけでは?」
神「そうじゃないアル!
新八の眼鏡を見るネ!」
華「え?・・・・・・
め、眼鏡の形が変わってる?」
神「そうアル!
あんなの新八じゃないネ!
唯の眼鏡アイドルオタクアル!」
いや神楽ちゃん、
それ幾ら何でも酷くない?
私も言えた口じゃないんだけどさ。
土「お前ら夜に騒ぐなァァァ!」
土以外「アアァァァァァァァ!」
もう寝ようかな…

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。