二次創作小説(紙ほか)

食戟のソーマ 夢小説
日時: 2017/12/09 20:08
名前: コク@

こんにちはコク@と申します
料理などは出ませんが原作者様が出した料理は出てきます!ネタバレ注意です


こんにちは!私の名前は黒川美乃利高校一年生です!
中学生の頃から通ってる遠月学園では、いつも波乱万丈です(⌒∇⌒)
家は老舗料理店!…ではなく、ごく普通の定食屋です。
なぜごく普通の子が遠月に?って思う人はたくさんいるとは思うけど
ただあの人に会うため。それだけ!
…前置きはこれぐらいにしといて、今私が住んでいる極星ォに新しい入居者が入るようです。名前は幸平創真。私と同じ学年でなんとか一色先輩の裸エプロンにすぐ慣れる強者だとか…。
それにその子、入学式で『踏み台』って言いきった子って噂なんだ。
同じルームメイト。。。それも隣。。。
すっっごい不安!これからの私の生活どうなるの??

Page:1



Re: 食戟のソーマ 夢小説 ( No.1 )
日時: 2017/12/09 23:37
名前: コク@

あれから数日がたったんだけど、創真君、丼研の廃部にかけて水戸さんと食戟したんだ。水戸郁魅さんて「ミートマスター」の異名を持ってて
たまに授業が一緒なんだけど、肉料理に関してはA評価しかとったことないんじゃないかなぁ。
その水戸さんに勝った創真君って、もしかして相当凄いんかなぁ!
でも負けた後の水戸さんの態度が少し気になる…。
『黒川ぁ起きてる?』
「えっ!創真くん?」
うわっ!創真君だ!どうしたのかな(。´・ω・)?
「創真君、どうしたの?」
『腹減ったろwなんか作ってやんよ。』
『あ、ありがとう』

               ・
               ・
               ・
               ・
『ほら!おあがりよ!』
「うっうん!」
こっこれってただのふりかけ?
味ってちゃんとするのかな…?
『ごはんが冷める前に早く早く♪』
パクッ
ふわっプルン
「何これ!初めて食べる!!」
『だろ?旨い?』
「うん!すっごい美味しい!!」
『だけどなー薙切がさー不味いっていうんだ』
「えっ!薙切さんが?」
え、嘘あの、薙切さんが不味いって言うなんて…
薙切さんどうしたんかな?

Re: 食戟のソーマ 夢小説 ( No.2 )
日時: 2017/12/10 23:33
名前: コク@

「創真くんこの料理の名前は?」
『んー。特に決めてないけど…言うんだったら化けるふりかけご飯』
こんな料理作れる創真君ってすごい!
「そういえば…薙切さんになんかしたの?創真君?」
『何もしてないよ。薙切が勝手にキレた。』
多分…だけど創真くんなんかしたな…。
だって学園の総帥の孫だよ?!
でも、まぁ本当に
「創真君と一緒にいると飽きないや」
『ん?そうか?』
「そうだよ!!」
『でも、まぁ俺も黒川と一緒にいると飽きなくて楽しいよ!』
「えっ」
『面白いし、面倒見いいからな』
「あ、ありがとう」
『おうよ!』

…な、なんかこ、鼓動が早いなぁ…。

Re: 食戟のソーマ 夢小説 ( No.3 )
日時: 2017/12/12 22:03
名前: コク@

今日は極星ォ畑の手伝いをしました!一色先輩の畑すっごくおいしかった!ハリがあって甘くて!でも裸エプロンはやめて欲しいなぁ…。
でも、なぜか創真君を目で追いがちです…。
なんでだろ(。´・ω・)?
お昼は、恵ちゃんのおにぎりを食べたんだけど、すっごく美味しかった!
恵ちゃんの料理ってなんか温かくて好きだな…。私♪
…あと遂に「篩い落とし宿泊研修」が来たぁーー…。
伊武崎がーー余計なこと言うからーー行きたくないぃ

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。