二次創作小説(紙ほか)

カードファイト!!ヴァンガードG tomorrow
日時: 2018/01/07 10:25
名前: にゃあこ

私の名前は導理 ミオ、今じゃこのクラスでもヴァンガードを
楽しんでる人がほとんどだ。

私はデッキを持っているだけでやったことはない。

家には母がいる、母もヴァンガードをやっていたこともある父も。
「お帰りなさいミオ、ゼロくんもね」
彼、ゼロの姿は特定の条件を満たしている人しか見えない。
彼は両目を包帯で隠している。
私のデッキは彼の力で私が創ったモノだ。
で、家に帰って来た私はすぐにある店へ向かった。

「ふぇ〜やっぱり人がたくさんいるよ」
『ま、店だからっていうのもあるだろうけど一番はヴァンガードが
 好きな人が多くなったからじゃないか?』
十中八九そうだろうね。

「あ、あれ?タツマくん?」
ファイトを終えた焦茶の髪をした男に声をかけた。
やっぱり、同じクラスの東条 タツマだった。

誰と相手していたのか、と前を見るとあの二人組は見たことが
あった、それに二人は私ではなくゼロの方に目を向けている。


時間軸:ディフライダー戦

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。