二次創作小説(紙ほか)

キリト『運命を変える』
日時: 2018/01/27 07:10
名前: saoファン

誰でも好きなだけ読んでください。
コメントお願いします。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25



Re: キリト『運命を変える』 ( No.121 )
日時: 2020/02/15 15:40
名前: saoファン

始まります

俺は桐ヶ谷和人プレイヤー名『キリト』みんな知ってると思うが昨日は二月十四日バレンタインデーというやつだ。昨日起こった話を見てくれ

「ん〜もう朝か?今日は珍しくあの夢を見なかったな」ノビー
その夢とはソード.アート.オンライン略してSAOでの夢その夢では様々なモンスター達が俺の前に現れ俺に襲いかかってくる夢であるその夢では俺の身体は自分のゆうとおりに動くだが何故だかこの夢ではヒットポイント(体力)がありこれが全部なくなったら夢はそこで終わるだが起きた時身体が物凄い痛みに襲われるモンスターを全て倒したら普通に目がさめるという不思議な夢だった

Re: キリト『運命を変える』 ( No.122 )
日時: 2020/02/16 01:21
名前: saoファン

そして俺は目をこすりながら階段を降りて道場の方へと足を運んだ
俺は木刀を片手で包み込む様に持ちそして剣を右斜め下に持っていきもう片方の手を前に出しの足を片方を半歩程後ろにおき息を吸う吐くの繰り返して
ッドクン
今だ!
足を前に運び剣を右斜め下から左斜め上まで振りそして両手で剣を持って水平(相手の右腹から左腹を斬り込む感じもしくは左から)をしそれから袈裟(相手の右肩から左脇まで斬る、もしくは首も狙える)をして足を移動して突きをしてそれからは自然と動くようになるまで続けた

それから直葉が来た

Re: キリト『運命を変える』 ( No.123 )
日時: 2020/03/11 11:43
名前: saoファン

「あれ?お兄ちゃん珍しいね稽古してるなんて」なんか新鮮かな?お兄ちゃんが稽古してるなんて
「ああ、ちょっとな身体を動かしておきたかっただけだよ」置いてあったタオルを取り汗を拭く
「あ、そうだお兄ちゃん、今日バレンタインだよね後でとっておきのチョコレートあげるね」ニコッ
「あ、あぁ、ありがとう直葉楽しみにしてるよ」ってことはなんか嫌な予感がするな

Re: キリト『運命を変える』 ( No.125 )
日時: 2020/04/17 21:39
名前: saoファン

朝から汗を流した俺はシャワーを浴びて汗を流した。
朝飯を食べ終えた俺は久し振りにALOではなく現実の世界でバイクに乗り街を回った。
っとそこで偶然にクラインと出会いバイクを停めた
「お!キリの字偶然じゃねえか、どうしたんだ一人でバイクなんか乗って」
「偶にはいいだろ?それこそクラインはどうしたんだ?一人で街中なんて歩いて」
「ん?俺か?俺はほら、今日ってバレンタインデーだろ?だから女の子にチョコもらえないかなーってな」
「ッハハ、クラインらしいな、それで貰えたのかチョコは?」
「いいや、それが全然でなーっまキリの字はあいつらから貰えるんだろ?羨ましいなこのこの〜」
っとクラインが俺を小突いてくる
「何言ってるんだよクライン?そんな訳ないじゃないか」
っと俺はクラインを押し返した

Re: キリト『運命を変える』 ( No.126 )
日時: 2020/04/23 10:50
名前: saoファン

すいませんバレンタインデーの番外編は来年に持ち越しますすいません

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。