二次創作小説(紙ほか)

とある神鳴流剣士の転生譚
日時: 2018/01/05 01:28
名前: マメツキ


 どうもこんにちはこんばんはおはようございます。はじめまして、マメツキです。
 このお話はネギま!のオリジナル男主が色々と転生して行く微傍観系小説です。
 書く遅さにつき亀更新です。
 とりあえず、これは違うだろ、駄作かよとか思われましても生暖かい目で見守ってやってください。
 尚、マメツキの自己満足の為に書き走っていきますのでご容赦ください。
 マメツキは感想等には泣きついて狂喜乱舞します。
 捏造てんこ盛りです許せる方のみどうぞ初見さんいらっしゃいです。
 以上、わりとウェルカムなマメツキでした。

 設定。
 小原 錺(こはら かざり)
 麻帆良学園男子高等学校に所属する明日菜達の三つ上な高校三年生。神鳴流につき関西人。
 剣道部にして保健委員。
 特徴として赤目でつり気味の鋭い眼光と揺れる一本のアホ毛。右目下の小さな泣きボクロがチャームポイント。
 ネギま!の例に漏れず美形と言うかイケメン。
 クールで落ち着き払っているが、実は現代からの転生者なので精神年齢は既に三十路越え。今更女子中学生ごときにきゃあきゃあ言う(精神)年齢でもない。故に麻帆良の御意見番としても活躍。
故に『麻帆良の御意見番』と若干の男子高校生に与えられるべきではない二つ名が存在する。
 麻帆良の男子生徒でも人気の高いイケメンであり、フェロモンがすごいエロイケメン枠。ラッキースケベは発動する前に元を断つ紳士。捏造設定により男子高等部の制服は中等部の持ち上がり。
 野太刀『霧雨』を所持。竹刀袋に常備。タカミチの居合い拳の元となった元祖居合い抜きの名手。実力は青山鶴子と同程度。宗家青山家の分家の次期当主でもあるかなりハイスペックな元一般人。
 アルビレオとは何か通じ合うものがあるのか仲良くしている。なんか重力剣貰ったんやけどどないしよう。これ本来近衛刀太が持たなあかんやつちがうん、とか思ってたけど刀太くん主体の話はパラレルワールドの話やから大丈夫なんか良かった、とか言いながらちゃっかり重力剣(黒棒)をアルから贈呈された。基本的に黒棒は使わない所謂宝の持ち腐れ。
 赤っけのある黒髪に柘榴色の瞳。身長は185cm、体重は平均。
 なんやかんやで巻き込まれた原作完結後。


ではどうぞ!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



Re: とある神鳴流剣士の転生譚 ( No.52 )
日時: 2018/03/29 00:25
名前: マメツキ



 サクラが砂がここまで豊富な種類の薬草を揃えているとは思わなかったらしい。
 まぁ乾燥地帯やしそう思うのも無理はないな。
 カカシが暁の追跡の件で追跡が途切れたところまでつれていってほしいと要請する。確かに、カカシはその手のプロだし八匹の忍犬もいる。ニオイさえ残っていたらこっちのもんだと思ったところ、カンクロウくん、ナイスプレー。彼が暁は二人組で片方は我愛羅を抱え片方はそいつの衣服を彼の人形のカラスが握っているらしい。これにはカカシも素直に感嘆の声を漏らした。

 ま、その片方が赤砂のサソリらしいのだが。

 サクラがカンクロウへと無事に作り終えた解毒薬を飲ませる。彼女いわく一応のためらしい。…一理ある。俺も完璧じゃないしな……。信用されてないとも言うのか、この場合。

 そうして訪れた出撃の時。最初はテマリちゃんが砂側から行くのだと息巻いていたが、チヨバアさんが出るらしい。
 彼女いわくサソリは孫のようだ。可愛い孫とは言うものの目がマジだ。怖い。
 かくいう俺はお留守番だ。まだまだ治療しなくちゃならない砂の忍が残ってる。



『……まあ、どちらにしろピンチになったら俺が向かってどうにかしたるから……安心して風影奪還行っといで』
「ちょっと思うとこはあるけど……ま! 錺が居たら敗けはないのは確かね」
「わ、すごい安心感です」
「錺兄ちゃんの出る幕なんてないってばよ! 俺がけちょんけちょんにして我愛羅を取り戻してやる!」



**


 カカシ達が出発してしばらく。カカシから無線で救援要請が出た。暁と対峙したようだ。確かガイの班も来たと言っていた気がする。……ちょっと早めに終わらせよう。



『小原錺、出ます』
「……苛烈を極めると聞いてます」
『……ま、どないかなるやろ』



 今回は、黒棒を使う。

Re: とある神鳴流剣士の転生譚 ( No.53 )
日時: 2018/03/29 01:13
名前: マメツキ



 黒棒一本手に持って砂漠を駆ける。今回は霧雨はお休みだ。二刀流は俺の得意な範囲ではないし、最近忙しくて手入れが十分に出来ていない。折れたりしたら俺は泣く。
 まぁこんな茶番はほっといて。この場合虚空瞬動で空を行く方が遮る物がなくて楽だ。ネギの雷速瞬動ならもっとこう……ぱっぱっぱってこの二倍三倍速でいけるんやろうな……。くそ、ずるい。

 補足として、俺の黒棒は喋らない。どうやら刀太に渡す前のプロトタイプらしく、彼が持つものよりも重力の幅が数倍大きいらしい。つまり、刀太のは俺の黒棒よりも扱いやすくしたもの、要するに少し軽量されているのだ、倍にできる重力が。反対に俺のは制限がない。喋らないからどれぐらい重くしたらいいのかのガイドもない。よくよく比べてみると本当に扱いにくい試作品って訳だ。まぁ俺としてはこのうえなく使いやすいから良いとして。

 サクラの気配を感じて突撃してみれば、ちょうどサクラがチヨバアを庇ってサソリに腹を貫かれているところだった。俺、もしかして遅かった?
 とりあえず洞窟の入り口から居合い抜きを放ってサソリの持つ刀を折る。どさりと倒れた彼女に瞬動で近寄り支えたあと、チヨバアを抱えて大きく交代する。



『救援要請で来てみたらカカシは居らんしチヨバアさん疲弊してサクラは傷だらけの重傷やし……』



 俺の登場に呆然とするその場を置き去りにサクラの腹から獲物を引き抜いて素早く治療して横にする。毒刀らしかったがチヨバアさんが解毒していたらしい。



「……『剣聖』小原錺か……医療忍術にまで長けて居るとはな。簡単には治療できないところを狙ったつもりだったが……」
『よお浅知恵が働いたもんや、赤砂のサソリ。……まぁ、それもここまでやけどな』



 満身相違のお前、全快の俺。どちらを見たって俺が有利だ。しかし気は抜かない。油断はしてはならない。俺は戦う相手がいくら卑劣だろうと最後まで敬意を払って気を抜いてなんてやらない。



「正直まだ16歳の風影の奪還にお前みたいな大物が出てくるとは思わなかったぜ……」
『そらどうも。俺も研鑽中や、あの俺にはまだまだ程遠い』
「……訳わかんねえこと喋るんじゃねーぜ!」



 吹き荒ぶ毒刀を遠距離から砕き落としてその場からタンッと勢い付けて瞬動で加速する。
 ……十分な速度で飛び回っているだろう刀たちは、やはり刹那のものにかなり見劣りする。あいつはもっと素早く美しく的確にそのアーティファクトを持って飛び回っていた。
 そしてネギの速度を日々目で追っていた俺としては、まだまだ遅い。



『神鳴流奥義!』



 瞬動で走る中、刀を構える。その時地面を集中攻撃したサソリのそれが地面を破壊して宙に待った俺めがけて集まる。彼の口には勝利の笑みが浮かんでいたか、俺はそれを鼻で笑った。

 たたんっ。



「な、」
『すまんな』



 虚空瞬動。宙を蹴って刀を全て交わして、居合い抜きで近寄らせずにサソリと距離を詰める。
 まあ、チェックメイトだ。



『真・雷光剣!!』



 目映い雷の光の中、万倍の重さにした黒棒に上乗せされたその威力ははかり知れず、しかし的確にサソリの心臓部を貫いた。
 衝撃に耐えきれなかったサソリの人形は塵と化してついでとばかりに黒棒が岩盤を砕く。遅れてドゴォンと言う爆発のような轟音が轟きその場が大きく揺れた。
 微かに聞こえたのは草隠れの里にある天地橋に10日後の真昼に行けと言うものだった。……大蛇丸やな。



**



 一尾『守鶴』を抜かれて息を引き取った我愛羅を前にナルトの激情が爆発する。

 俺たちがカカシらと合流した時、デイダラが自爆したが、カカシの馬鹿が万華鏡写輪眼を使ってその爆発を異空間に飛ばして事なきを得た。家に帰ったらお説教せにゃならんわけだが、それよりもナルトが抱える我愛羅だ。
 先にサクラが診て、泣きそうな顔でみんながみんな俺をすがるように見つめる。俺も俺で歯を食い縛りながら診て、首を左右に振った。

 そしてナルトの激情。

 それを耳にしたあとのチヨバアさんのあの忍術。医療忍術ではない。



「……あれは」
「ああ」
『……お前の予想通りや、ガイ』



 彼女は己の命と引き換えに我愛羅を生き返らせようとしている。
 原作だなんだと今までいってきたが、命の重みは変わらない。死ぬのは辛いし悲しいし苦しい。それは人類不変の絶対的な理。命は一度失うともとには戻らない。……それでも。
 俺たちは悲しい神秘を今、目にした。



Re: とある神鳴流剣士の転生譚 ( No.54 )
日時: 2018/03/31 00:09
名前: マメツキ



 既に任務が達成されたことは綱手様に伝わってるだろう。よーしこの件は解決やな、と伸びをして砂隠れを出る。
 出掛けにナルトと我愛羅が握手してたりなんかもう青いね青春やねと言いたくなったりするけど流石にガイと同類にされるのは困る。ごめんガイ別に嫌いじゃないけどそういう目で見られんのは困る。俺のキャラじゃないし。

 さて、俺はそんなこんなでカカシに肩を貸している訳だが。まあ、予想はついてたよ。うん、万華鏡写輪眼で神威つこたんやろあっほやなげふんげふん。まあね、いいよ別にそういう何て言うかそのね。ごめん内容ぺらっぺらだわ。



「先生達おそーい!」



 砂漠をとろとろ歩いてたらサクラにそう言われた。うんごめん。
 ガイの班の子も正直ごめん。めっちゃおっせーなって顔しとるけど。妥当やからしゃーない。



「いやー、ごめんね錺くん。あれ使うと本当に動けないの」
『知っとる』
「ごめんなさい」
『知っとる』
「……話聞いてる?」
『知っとる』



 もうやだめっちゃ怒ってんじゃんやだやだもー禿げる痛いやだー、と頭を擦るカカシは本当に察しがいい。いや流石に禿げない、禿げないよ。つか見ろ、ナルトとサクラもいつかの拳骨を思い出して頭をそろっと擦ってるぞ。そしてめっちゃ怪訝な目で見てくるガイ班ね。ガイも心なしか顔が青い。まあ、うん。うちの忍の同期から下の大半は喰らわせた気がする。



「だ、大丈夫……ですか」
『おん。大丈夫やでネジくん。……まぁ、とりあえず俺ら先帰らしてもらうな。カカシの精密検査と説教せなあかんから』
「はい、やだー。帰りたくないやだやだもーやだー予想ついちゃったよやだーせめてコイツらと帰ろうそうしようアンタの拳骨ほど忍を怖がらせる凶器はないこと理解してんのかなもーやだあぁ」
『ほなガイ、荷物頼むわ』
「……うむ、任せろ!」
「えっ、ちょっとガイ嘘でしょ!? 錺本気!?」



 文句をぶつくさ垂れるカカシの頭を叩いてから荷物をガイに託す。めっちゃただこねるカカシに手刀を喰らわせ黙らせてからおぶる。理不尽とか心の声が聞こえた気がするが知らんわそんなこと。ここ砂やけど大丈夫やろか。うーん、虚空瞬動でエエか。



『じゃあ行くわ。とりあえず俺病院に入り浸る言うか、つれ戻される思うねん、報告はガイに任せるわ』
「了解した!」
『あ、とは……ああ。サクラ、今回の怪我は一応治せたけど無理は禁物やで』
「はいっ! またあとで!」



 またなーと手を振るナルトと頭を下げるサクラに頷きつつガイとアイコンタクトを交わして呆然となにがなんだかわからないらしい顔のガイ班に手を振る。
 そこからトントンとちょっと足踏みにてからジャンプして虚空瞬動。風を切るおとが気持ちいいがなんと言うか、砂が顔にべちべちぶつかって痛いな……。



 そのあと、病院でカカシを見て説教してサソリの最後の言葉を伝えたのはまぁ予想通りだろう。


Re: とある神鳴流剣士の転生譚 ( No.55 )
日時: 2018/04/04 00:04
名前: マメツキ



 俺から見てもカカシはチャクラ切れで、病院側も今回はヤバいぞと言うことで彼女は入院に決定した。俺はカカシの担当医になり医療忍者に逆戻りである。あかん、最近鈍っとる……。
 カカシが入院中の七班の隊長はテンゾウ、もといヤマトに代わり、新メンバーのサイを迎えて俺の聞き取ったメッセージの場所に向かっていた。確かここでナルトがサスケと遭遇するイベントがあった気がする。



「今頃どうしてんだろうね」
『さあな。ん! お前が初めて持った弟子みたいなもんやし、大丈夫やろ』
「ちょっと訳わかんないケド、うん、ま! そうだよね!」



 俺も早く元気になんないとなー、とベッドの上で伸びをしたカカシに溜め息を吐く。お前今口布付きのノースリーブインナーやろうが。そりゃもう揺れる揺れる。それからソッと目をそらして『最近カカリの成長がめざましいねん』と報告する。
 最近の俺は診察の合間合間にカカリの鍛練に付き合っている。なにやら別に神鳴流はまた今度で良いから、いざってときに使えるようにアーティファクトのミョルニルに慣れておきたいらしい。



「……ふーん、錺が訓練付き合うの、珍しいね」
『……ま、俺も前にエヴァが来たとき俺のアーティファクトもろたし、丁度エエかと思ってな』
「……え、待ってなにそれ聞いてない、嘘でしょ、えっ」
『……すまん、完全に忘れとった。あっちにカードがまだ残っとったみたいやから、エヴァがくれた』
「ん? え、……あっ、ああ! うん! なるほど! 前のやつか! なるほどね!」
『何がなるほど?』



 険しい顔から納得した顔から安心した顔に……なんやお前忙しいな。百面相か。疑問符しか出てこないがまあこれは一旦置いといて。



『あの槌な、予想やけど……工夫したら俺の黒棒とおんなじぐらいかそれ以上の威力が出るわ』
「えっ、」
『あれな、457年世に出んかったらしいレア中のレア。なんせネギと似たようなことができてまうし』
「……あの子供先生の……えーと、なんだっけ、雷速瞬動? 全身雷化?」
『雷速瞬動のほうな』



 俺のもわりとレアやけどあらあかんわ、反則。とぶすくれると「娘に負けず嫌い発揮しないでよ……」と呆れられた。しゃーないやろ……たとえ次世代にも俺は負けたくなんてないんや。



「お前の見立てじゃ、カカリはどれぐらい強くなる?」
『……はっきりとは言えん……けど、まぁ……カカシと同じくらいかそれ以上……は確実かも知れん。実はアイツに暗部の総隊長の昇進の話が来る可能性があるらしいからな、娘ながら怖いもんや』
「うわー……老後も安泰だねそりゃ」
『せやな』



 微笑むカカシにお前六代目火影になるんやでとは言えなかった。いや言えても言わないけどさ。



Re: とある神鳴流剣士の転生譚 ( No.56 )
日時: 2018/04/05 00:21
名前: マメツキ



 それから数日。どうやらナルト達七班が帰ってきたらしかった。
 現在ベッドの上でイチャイチャタクティクスを手に上体を起こしたカカシが目の前で並ぶ三人にこくこくと頷く。ヤマトは報告に行っているらしかった。しかし情報は先にリークしてある。任務の途中で大蛇丸と出会ったのもサスケと交戦したのも。……今回は命の危機はそれほどなかっただろう。だから俺もでしゃばらなかったが、記憶が正しければここから熾烈を極めた筈で。……本格的に動かなければならないかもしれない。俺はガーゼを貼ってない右頬を指で掻いた。



「錺」
『ん』



 カカシとアイコンタクトで、頬を押さえる男子勢の治療に当たる。その間「ちょいサクラ、こっちこっち」とカカシがサクラを手招きした。……十中八九頬を腫らしたナルトとサイのことだろうな。
 俺は二人の頬を医療忍術で治しながら声を掛ける。


『お前らどないしたんや』
「い、いやー、あはは! なんでもないってばよ!」
「実は僕もよく分かってなくて……」
『……』



 ちら、とサクラに目をやるとこちらを見ていた彼女にサッと目を逸らされた。サクラの仕業か。
 それから。サスケのことで報告に移ろうとしたナルトをカカシが既に聞いていると遮った。ヤマトから聞いてたことに納得した彼ら三人は力が足りないサスケは強くなりすぎたと言うけれど、まぁ、カカシの言う通りそれ以上に強くなればいいだけの話で。
 ナルトに関してはカカシに考えがあるらしかった。



「……それにしても。なんでアンタが頬にガーゼなんてつけてんの」



 話は一旦一段落したと言うように俺を見たカカシに、俺の左頬で大きく主張する白いガーゼを指摘される。いつか聞かれると思ったが部下が三人いるところで聞くか。



『……実はカカリと手合わせしとってんけど』
「まさかカカリがやったの!?」
「え!?」
「!」
「ん? なんだってばよ?」
『ちゃうちゃう。ほぼ術の使用に制限掛けへんかってんよ。そんでな、……エヴァをカカリが口寄せしまして……めっちゃ悔しいんやけど、エヴァに頬に凍傷、左腕に裂傷を負わせられたんや』
「エヴァさんはどうしたのよ……」
『とりあえず両手両足頂いて一瞬達磨に出来た。あとは首も飛ばそうか思たけどカカリの前やしやめたけど』
「んの馬鹿っ! そういうことじゃないよ!…で、アンタが傷を負ったんだから相当だろうけど一応聞くね……カカリの容態は?」
『口内に裂傷二ヵ所頬に二ヵ所貫通刀傷左腕骨折肋骨複雑骨折両足の骨にヒビが幾つか。現在は俺が診て治して全治やけど意識を失って隣の部屋でぐっすり』
「手加減しろよ! 愛ゆえにかよ! 我慢を覚えて!」
『正直すまんかった。でもカカリに手加減しないでって言われとったしエヴァに「名前通りの【おかざり】ではやはり私には勝てんだろうな、腕が鈍ったんじゃないかイタズラ小僧失せろ」ってバカにされたし』
「でもじゃない! なんで錺って戦闘面に関してはそう子供っぽいの負けず嫌いなの!? もうちょっと大人になってお願いだから!」
『俺が近接戦闘で我慢できると思うか』
「ごめん無理だったわ」
『諦めんといて……』
「出てけ!」



 追い出された際部下三人にめっちゃ残念なものを見る目で見られた。



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。