二次創作小説(紙ほか)

ハリー・ポッター 科学を舐めないで
日時: 2018/07/20 12:52
名前: 未碧

ハリーポッター 科学を舐めないで

11歳の少女、クレアレネッサ・オリヴィア・ブランドンは表向きにはアラベラ科学研究所の爆発に巻き込まれて行方不明。でも本当はカーガティ・ヴィオールという偽名で傭兵として各国情報局から汚れ仕事を引き受けるベテランの暗殺者だった。

そんな彼女にはある日本名、クレアレネッサの名前で手紙が届く。差出人はなんと自身を魔法使いと名乗る訳の分からない魔法学校長だった。

どうして名前を知っているの?      >>01
科学 対 魔法             >>02
信じたくない、信じれない        >>03
計算の上での偽善者、ダンブルドア    >>04
入学までの幽閉             >>05
ペトリフィカス・トタルス        >>06
悪夢の体現               >>07
魔力の暴走               >>08
血の味と動揺              >>09
回想と孤独               >>10
全教師との対面             >>11
国際指名手配犯と愛→sideダンブルドア  >>12-13
組み分けの儀式             >>14
人脈→権力とガールズトーク       >>17-18
魔法界の時計事情            >>19
初めての授業              >>20
地下室の記憶              >>21
苦しみと嘆き              >>22
状況確認                >>25
血に飢える               >>26
噂話                  >>27
邪悪な意識               >>28
ホグズミード村             >>29

※「地下室の記憶」の内容を一部改変させて頂きました。

Page:1 2 3 4 5 6



血に飢える ( No.26 )
日時: 2018/07/02 19:44
名前: 未碧

吸血鬼。クレアレネッサのトラウマに近い壮絶で難解な過去に付き纏う、厄介な存在。
クレアレネッサにとって吸血鬼とはそういうものだった。

自分は半吸血鬼でしかない、中途半端な立場だもの。「帯には短し、襷には長し」が正に当て嵌まるわね。

筋力は人間より強いが吸血鬼や人狼よりは断絶弱く、使い道は余り無い。魔力は豊富だが、そもそも使えば魔力酔いを起こしてしまう。再生能力や免疫力はあるが、味覚が人間の為に、吐き気のする思いで血を摂取しなければ、軽い風邪でも死ぬ。

「ほら、今も血を求めているもの。」

クレアレネッサは変身術でミルドレットになった後、寮で変装しながら呟く。その後教科書を纏めて小走りに大広間へ向かうミルドレットは、動く絵画に胡散臭そうに見送られた。

「遅かったじゃない、どうしたの?寮にも居なかったし。」
パーバティが肩を竦めてミルドレットを見やると、ラベンダーが言った。

「時間割変更があったんですって。本当は魔法薬学は金曜日らしいけど、昨日の呪文学と入れ替わっていたそうよ。」

ミルドレットは気怠い様子を隠して驚いた様に首を傾けた。
「そうなの?」

喉が渇いたわ。数杯のアールグレイでトーストを流し込む。追加で二杯、紅茶を飲む。まだ喉は渇いたまま。

「ええ。それで、どうして居なかったの?」
パーバティが核心突いて来る。

用意した言い訳が通じると良いのだけれど。それにしても、やけに喉が渇いているわね。ミルドレットはまた紅茶を口に含んだ。

「早起きして、先に教室とか場所を覚えようと思ったの。でもさっぱり分からなかった。それで、迷子になって、絵画に道を聞いて来たのよ。」

ラベンダー特に疑う様子も無く頷き、ベイクドポテトを頬張っている。パーバティにも上手く騙し通せた様で良かったわ。それにしても今更偽物の友人に嘘ついた所で何も思わないけれど、隠蔽が面倒なのは確かね。

…喉が渇いたわ。それにやけに周りの人間に惹き付けられる。思考に違和感が有るわ。…人間?妙な事を考えるのね、私は。吸血鬼という事を自覚させられたからかしら。

誰かの腕が切り落とされたら良いのに。目の前にいるパーバティの頸動脈を掻き切れば、どれだけの規模で血の海ができるのか?ラベンダーの首が飛べばさぞかしダンブルドアは驚くでしょうね。ハリー・ポッターはどう?自分の立場を良く理解していない英雄様を傷つければ、このホグワーツも退学にしてくれる筈。

ああ、血が飛び散る所が見たい。

「どうしたの、ミルドレット。大丈夫?凄く、その、怖い顔になってたけれど。」
ラベンダー・ブラウンに
「折角の朝食が楽しめないわよ。」
パーバティ・パチルに

ホグワーツの生徒に

教員に

地獄を見せて

血の海が出来て

「ううん、何でもないわ。ちょっと緊張しちゃって。」
おかしい。幾ら自分が殺人鬼だろうと、こんなにも残虐な思考はしていない筈。これが自分が吸血鬼という事を自覚した弊害だとしたら、純粋な人間で有りたいと願うのは当然だとも思える。

それとも、血が足りないのだろうか。一体何時、自分が血を飲んだのは何ヶ月、何年前だったのか。

ミルドレットの吸血鬼としての目覚めは少なくとも本人にとって最悪だった。









噂話 ( No.27 )
日時: 2018/07/14 18:36
名前: 未碧

「ところでミルドレットは闇の魔術に対する防衛術の教授、見た?」
ラベンダーが声を潜めて近くに来る。パーバティも眉を潜め、こちらを覗き込んだ。それにつられた周りの生徒が寄ってくる。

変装が雑な為、不審に思われていないか若干心配だが、大丈夫かしら。

「うーん、そうね。あの人?」
と、クィレルに手を向けて示す。

幽閉中に見た教師(占い学の教授以外)で一番怪しいのがクィリナス・クィレルだ。おどおどした態度が演技らしい。それに吸血鬼を恐れるというのもおかしいわね。

漏れ出ている魔力がかなりの量で、絵画に聞いてもそこそこの実力がある様なのに吸血鬼を恐れる理由がない。それに本当の吸血鬼なら少しのニンニク位では効きもしない事を、防衛術の教師が知らない訳が無い。

「そう、あの凄くニンニク臭い人がクィレル教授よ。」
パーバティが頷くと、フレッドとジョージが口を挟んで来た。

「ルーマニアで吸血鬼に会ってからあんな調子らしい。」
「あれで授業が成り立つのか、リーと掛けてるんだよ。」

成り立たないでしょうね。期待はしていないし、胡散臭いけれどせめて授業くらいは
はまともな事を願いたいわ。

邪悪な意識 ( No.28 )
日時: 2018/07/14 21:36
名前: 未碧

噂話の後朝食をさっさと済ませ、なんとか授業開始時間2分前には教室に入ったミルドレットは、部屋の中に足を踏み入れた途端目眩に襲われた。

…何なの、これは。魔力酔い…かなりの重症かしら。

酔い止めが全く効かない。でも意識がまだあった事は良かっただろう。こんな所で自分の弱点を晒すのは、かなり困る。特にクィレルという正体不明の存在が近い時には。

不味い、気付かれていないのが幸いかしら。ラベンダー、パーバティ、ハーマイオニー、ネビル、ロン、ハリー、シェーマス、それに見たのは一回だけだが確かディーン・トーマスと言った生徒。それに教師のクィリナス・クィレル。

それとなく誰も自分の異常に気付いていないのを確めた後、教室の観察に移る。

魔力酔いを引き起こしそうな物は特に無い。部屋に吊るされた大量のニンニクの吸血鬼への影響は考えられない。人間とのハーフの自分はニンニク程度少し臭い程度しか思わない。

今は授業用に酔い止めを多く服用しているから隠れん防止機、又はスニーコスコープ程度でここまで酔う事は有り得ない。

他に目立つ物も無いなら次に怪しいのはクィレルだ。魔力酔いの存在はクィレルは知らない筈だ。だから何か精神に干渉する系統の呪文を使っている可能性が高い。

只、そもそも杖を取り出していない。屋敷しもべ妖精の様に杖無しで魔法を使うにしても、目眩の効果を持続させている素振りもないもの。

「…レジリメンス。」
気付かれない様にクィレルと何気無く目を合わせ、一瞬目を細めて口を動かさず、囁いて唱える。

幽閉中、簡単な呪文なら無言でも使える位には練習したが、開心術は余り練習していない。

練習する相手が居なかったもの。だから無言では不可能だけれど、読唇術を警戒して口を動かさず、囁けば警戒されるのはある程度防ぐことが出来る。

それでもクィレルは警戒する素振りを見せたが。結局心を読み取る事は叶わなかった。ただこの重度の魔力酔いの原因だと思われる、漠然としたどす黒い意識を感じただけ。

「…こ、今日は。」
か細いおどおどした態度でクィレルが挨拶すると、数人の生徒が馬鹿にした様に鼻を鳴らしたのが聞こえた。

「や、闇の、魔術、に、対する、防衛術、の、授業、をは、初めよう。教科書を、開いて。」

神経質そうに言ったクィレルは目を泳がせ、教科書を捲った。

目配せして来たラベンダーに応え、ミルドレットは教科書を見る振りをしながらクィレルを見る。

相変わらず落ち着き無く視線をさ迷わせるクィレルは、シェーマスが質問しようと呼び掛けると飛び上がった。

どうやらターバンはゾンビを退治したお礼としてインドの王子に貰ったという事だけれど、怪しいものね。

シェーマスは、ゾンビの倒し方を若干期待した様子で質問した。しかし、クィレルが明らかに天気の話をして誤魔化したのを見て失望した様だ。

他の生徒も闇の魔術に対する防衛術と聞いて格好の良い攻撃呪文でも期待していたのか、特に男子生徒が肩透かしを食らった様な顔をしている。

マグル生まれの生徒も居ると言うのに、しかも魔法生物の退治でも一年生でするようなものでは無いというのに、一年生でまともに攻撃呪文を習う訳が無い。

ミルドレットは授業の終了を待ち詫びながら溜め息をついた。

ホグズミード村 ( No.29 )
日時: 2018/07/19 21:49
名前: 未碧

現在、クレアレネッサはミルドレットではない魔法使いに変装している。というのも、ホグズミード村に行くためだ。

先日の満月で自分が半吸血鬼だと認識してから、決して潤わない以上な程の喉の渇き。魔力酔いとは違った軽い目眩や、不意に起こる脱力感、他人を「人間」という食料として見てしまう事。それに時間が経つごとに増す残虐な思考。

自分がまだ暗殺者でも無かった、遠い昔まで記憶を辿れば、症状が吸血衝動だとすぐに分かる。幸いにして、過去に瀕死に至る程の吸血衝動を耐え切った事もあり、これくらいの症状では怪しまれずに演技も出来た。

しかし人間の血液、それも新鮮で純度の高い物というのは、見付かれば奇跡だと思える程に売られて居ない。

薬の素材としては、普通の薬問屋ではまず買えない。つまり、ダイアゴン横丁の通販では買えない。ノクターン横丁では買えない事は無い。ボージン・アンド・バークスでは希に売っているし、ノクターン横丁にも薬問屋はある。しかし、営業日がどこも不定期で確実な量の血液が買えない。

一軒だけ、人肉専門店があり、其処では血液を取り扱っていた。しかし、その値段は僅か100ミリリットルあたり23ガリオンもするのだ。

仕事が出来ればまだ良いが、ホグワーツで迂闊に血塗れの姿を見られでもしたら、生徒以外に教員にも怪しまれる。ホグワーツをさっさと退学はしたいが、本性がばれて退学するのは最悪だ。

結局、一番ホグワーツで身近なホグズミード村でアルバイトでもして稼ぐのが良いと言う結論に至った。

今の自分の名前はフローリー・ブラックスミスだ。首までの濃い茶色の巻き毛に、灰色の目をした女性で、マグル生まれ、17歳。将来はカフェの経営が夢で、魔法学校を卒業したばかりの凡人。

取り敢えず「三本の箒」にでも雇って貰えれば上出来、と言った所だろうか。ホグワーツの授業がある為来れる日はかなり少ない。上手く臨時の雑用として雇って貰えれば良いが、そう上手くは行かないだろう。


満月ごとに必要だと思われるのは過去からして約400ミリリットル。つまり1ヶ月につき23×4=92ガリオンも稼がなければいけない。まあ、そんなに稼げるとは思っていないけれど、血液も無いよりはある方がましでしょうね。

金曜日の午後から4時間、土日は7時間働いたとして、時給を14シックル(840円程度)とすると、大体一週間につき14から15ガリオン、1ヶ月では56ガリオンから75ガリオン。やはり足りない。

フローリーは「ゾンコ」のショーウィンドウで、見た目が17歳に見えるよう変身術が掛けられたか確かめ、着ていたワンピースの襟を正すと「三本の箒」の店内に入った。

放課後に来てみたが、結構賑わっているわね。ホグワーツの学生、教員は居ない様だけれど、甘ったるい香りのビールを飲んでいる客でどこも混んでいるもの。これは、店員に話し掛けれそうにないわね。

取り敢えず、何か注文して店員をぼ呼びましょうか。いきなり採用するように言うのは失礼だものね。

「御注文は?」
店員を呼ぶと、フローリーはざっとメニューを捲り、答えた。

「ホットワインをお願いしますね。」
ホットワインは自分のお気に入りの飲み物だ。真夏に好きかと聞かれると微妙だけれど、普通よりは好きな方ね。

「…畏まりました。」

「失礼。あの、オーナーを呼んで頂けます?」
店員を呼び止め、そう言うと慌てた様子で戻って行く。

そう言えば、年齢確認は大丈夫だろうか。変身術で適当に偽物の身分証明書を作り、持ってはいるけれど、どうせ雇用の話になれば年齢も聞かれるでしょう。

「何の御用です?」
周りの客が「ロスメルタ」と呼んでいた女性がオーナーの様だ。フローリーは真面目な表情を作ると言った。

「すみません、私をここで雇って頂けませんか?」

飛行訓練 ( No.30 )
日時: 2018/09/17 09:16
名前: 未碧

ミルドレットは大広間のテーブルでぼんやりと、11歳の少年少女はこんなにも煩いものなのかと疲労感を感じていた。

何だか、自分が半吸血鬼だと判ってから、お婆ちゃんになった気分なのだ。まあ、見た目は11歳でも、中身は現在550才なのだし。

只でさえ最近は「三本の箒」の仕事で自由時間が削られ、変装のチェックや武器の手入れも疎かになっているというのに。

ここ数日騒がしい大広間で食欲が沸かず、食事も無理に栄養を呑み込む様な感じで、気怠い上、長くなる。

「一年生がクディッチ・チームの寮代表選手になれないなんて残念だね。僕なんか、一度は馬鹿なマグルが暴走させたヘリコプターをかわした事だってあるというのに。それに___

今ならもう、ドラコ・マルフォイがヘリコプターを避けた話を暗唱出来るかもしれないわ。
ミルドレットはイライラと紅茶を飲みながら考えた。

「延々と話し続けるんだもの。うんざりだわ。」

ラベンダー・ブラウンが肩を竦めてトーストを取った。パーバティとミルドレットは相槌を打つ。

大袈裟な身振りに自慢気で披露される、毎回よりダイナミックな展開へと変化するこの話は、何時かに飛行訓練の知らせが談話室に張られた日から食事の度に長々と続く。

ハーマイオニーもそうだ。彼女は一体、読者がネビル・ロングボトム一人だという事に何時、気が付くのかしら。

「しっかり手を箒に引っ掛けるのよ。それで足で箒を挟むの。クィディッチ今昔によると、箒に上手く乗るにはバランス力が必要なんですって。他にも___

配達のふくろうが押し寄せ、演説が途切れる。ミルドレットは頬杖をつくのを止め、スクランブルエッグを掻き込んだ。

「正直に言って、ホッとしたわ。」

パーバティが言ったのが聞こえた。

「いざこざだと思う?」

ミルドレットはネビルの持つガラス玉をマルフォイが奪い取り、ハリーとロンが弾かれる様に立ったのを見、ハーマイオニーに声を掛ける。

「大丈夫よ。マクゴナガル先生がいらっしゃったわ。」
ハーマイオニーが返した。

午後になり、待ちに待った様子の生徒を追ってミルドレットは平坦な芝生張りの校庭へ向かった。飛行用の箒が地面に並べられている。

スリザリン生は既に到着している様ね。それにしても、こんな形では掃除には到底使えなさそうだわ。相当古ぼけているけれど。

ミルドレットの箒は小枝の先が整っておらず、ぼさっと不格好に広がっていた。おまけに柄が若干捻曲がっており、飛ぶと回転しそうだ。

気持ち良く晴れた空とは違い、ミルドレットの心の中はどんよりと憂鬱だった。

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。