二次創作小説(紙ほか)

【オリジナル】私がそんな無愛想(仮)なわけない
日時: 2018/08/13 23:32
名前: ミク

 一話 >>02,>>03,>>04,>>05,>>06,>>07,>>08,>>09,>>10 小話 >>11 ネタ帳 >>12
 二話 >>27,>>28(過去編)
 三話 >>29,>>30                             
                               発言 >>22 感想  >>24
                               













番外編1 >>13,>>14,>>15,>>16,>>17,>>18,>>19,>>20,>>21
番外編2 >>23
番外編3 >>25,>>26,


 
    

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 【オリジナル】私がそんな無愛想(仮)なわけない ( No.26 )
日時: 2018/06/23 16:38
名前: ミク

遠野「うるさい平均容姿女が」

氷室「持ってきたぞ。遠野、本沢。」

遠野「ありがとうございます。氷室さん。」

本沢「ありがとうございます。氷室さん。遠野、おい、何だよその対応の差」

遠野「うるさい、ちゃっちゃと取れ。先に砕いた方が勝ちな。」

美琴「あの...スタート!」



三秒後....

遠野「遅いぞ本沢。私はこんなにかからなかったぞ。」

本沢「黙れコンクリート二秒で砕くゴリラが。」

結果

遠野は最強

Re: 【オリジナル】私がそんな無愛想(仮)なわけない ( No.27 )
日時: 2018/06/24 16:50
名前: ミク

「おはようございます。」

そう学校中の先生に挨拶をしてまわることから緑川、西谷、私、秋本の一日は始まる。

でも誰にだって嫌いな人はいるわけで。

私たちは偶然にもその嫌いな人が一致したから仲良くなれたと言っても過言ではないだ

ろう。

私たちが嫌っている人物は「岸辺」というチャラい服装をした男子生徒だ。

そいつは最初私たちとつっかかることもなくただ校則違反のスマホをいじりながら歩い

ていた。

偶然にも私たちは岸辺の前を無言で一列になって通っていた。

その頃は西谷、緑川、秋本ともあまり話すこともなく、幼馴染みという関係があっただ

けだったとおもう。

だが、ドン、と肩を私たちにわざとらしくぶつけながら歩いていたことだけが心残りで嫌いになった。それがこの偶然の関係の始まり。


Re: 【オリジナル】私がそんな無愛想(仮)なわけない ( No.28 )
日時: 2018/07/14 16:51
名前: ミク

きらい、キライ、嫌い。

いくつ同じ感情を重ねても、何も変わらない。

本沢「私、岸辺のこと嫌いかもしれないあんたたちは?」

西谷「同感しかない」

緑川「そうだ。」

秋本「同感」

こんな中身もない会話から偶然が起こることもある。

偶然でも、奇跡でもやはり嬉しいのは変わらないかもしれないな。

過去編終了

Re: 【オリジナル】私がそんな無愛想(仮)なわけない ( No.29 )
日時: 2018/08/04 08:08
名前: ミク

本沢「こんなこともあったよね。」

40℃近い気温のせいで溶けそうなアイスを必死に溶かすまいと食べながら私たちは

岸辺との出来事を振り替える。

セミの声で私たちの声もかきけされそうだ。

西谷「ん、今思い出した」

抹茶のソフトクリームを食べることに夢中になっていた西谷が顔をあげる。

相変わらず子供みたいな奴だ。

緑川「子供みたいな奴」

「「同感」」

Re: 【オリジナル】私がそんな無愛想(仮)なわけない ( No.30 )
日時: 2018/08/13 23:32
名前: ミク

本沢「そういえば西谷って元は不良だったっけ....」

公園の日陰のベンチで足をぶらぶらとさせながらふとこんな一言をこぼす。

緑川「そのときのニックネームは西谷(ニシヤ)だったっけか」

「「ニシタニからニシヤになった」」

西谷「確かに、ほとんど変わってないな....」

ポリポリと頭をかく西谷。

普段黒く見える瞳は茶色に見えた。

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。