二次創作小説(紙ほか)

銀魂−collect−
日時: 2018/06/24 17:07
名前: にゃあこ

幼い頃に両親を亡くした少女、花咲 千尋(15歳)
彼女は様々な人物に支えられ育てられた。

そんな彼女のかぶき町での暮らし。

将軍暗殺へ続く物 >>01-07
幕間 >>08
親切者たちは過去を持つ >>09-11
真選組が去る日 >>12-25
急に飛んで世界を救うまで >>26-28

Page:1 2 3 4 5 6



第24訓笑いの基本はテンプレ ( No.24 )
日時: 2018/06/24 11:04
名前: にゃあこ

「…へぇ黒縄島にいる仲間を助けるために手を貸してほしい、か。
 どうするよ?水月」

水月は着替える手を止めた。

「…手は貸す」
「へぇ、意外だな。てっきり断ると思った。どうしたんだよ
 一体全体」

 ◆

そのまま三人は地球へ戻っていた。
疲れたのか千尋は伏せて眠っていた。神霧は彼女に近くにあった
自身も上着をかけた。

「なんかよぉ、ここには女なんて一人もいなかったし関わった
 こともなかったし…でも結構楽しかったよな。結構良い奴だし。
 なんか…あんな小せえのに母さんもいねえとか辛いだろうな」
「…面倒事は神霧に任せる」
「はぁ!?お前もやれよ!それどういう虐めだコラァ!!」
「黙れ」
「ぐぁっ!?」

神霧に水月は強めの腹パンをし強制的に黙らせた。
あまりの威力に神霧は腹を抱えその場に蹲った。

「あの…大丈夫?」
「ってて…いつものことだからな。って起きてたのか千尋」
「うん、神霧さんが殴られた辺りから、かな?」

「なら丁度良い…お前ら二人でちゃっちゃと行ってこい」

床が突然開き浮遊感に襲われそのまま真下へ落ちていった。

「いやァァァァァ〜〜〜〜〜!!!!」


第25訓朝日が昇り一日が始まる ( No.25 )
日時: 2018/06/24 11:35
名前: にゃあこ


「ッ、あれが黒縄島!?」

眼をショボショボさせながら千尋はそう言った。
今、彼女は神霧に抱きしめられていた。

「あれかー、じゃああそこで戦ってんのが万事屋か?」
「ず、随分と楽しそうですね…神霧さん」

彼は下の様子を見てニヤニヤと笑っていた。

「当たり前だろ?俺も戦闘は好きなんだよ」
「(やっぱりそういうのは変わらないんだ…)」

「ほら地面が近くなってきたし構えとけよ」

その刹那、地面にクレーターを作り二人は地面に降りたった。

「千尋ちゃん!?それに確か君は…」
「すごいアル千尋ちゃん!」

真選組も万事屋も全員傷だらけで満身創痍といった感じだった。

「…ここは一つ取引しようぜ?真選組」

歩きながら神霧そう言った。

「俺は最大限お前らを助ける。戦闘面で俺は結構役に立つと
 思うぜ?その代わり、お前らはどうやら俺たちをまだ敵視してる
 みてえだからな。仲良くしようってことだ」

「…俺は賛成ですかね」

副長である山南は土方と共に賛成した。
「今、この場では敵に狙われている。ならこっちにも
 手数は必要です。それも夜兎に続く戦闘種族である
 秋兎族である彼が仲間になってくれるならこちらとしても
 利益はある…近藤さん、どうしますか?」

近藤は少し唸った。だが少しして答えを出す。

「分かった。神霧さんだったか?俺たちに協力してくれ」
「いやぁ話が早くてたすかるぜ」
素早く拳を突き出し、辺り一面を吹き飛ばした。

「丁度やりたかったんだよな!コイツらを!」

「(コイツ凄い血の匂いがするネ。幾度も戦場を駆けてきたって
 こと…)」

神霧は真っ直ぐ進んでいき邪魔する敵を全て倒して見せた。

 ◆

島を抜け、真選組の戦艦に乗り全員が江戸へ戻る。
丁度の頃で日の出が上がった。

その場所では真選組と信女が日の出に向かって敬礼していた。

第26訓さよならじゃない、また明日 ( No.26 )
日時: 2018/06/24 14:49
名前: にゃあこ

「いやぁ少し寂しくなるな〜山南くんが来なくなると」
「チンピラ警察の中でも愛嬌もあったし、優しかったものね」
「松原兄ちゃんも来なくなっちゃったよ…」

老若男女問わず全員が真選組(特に山南や松原)が来なくなったことを
悲しそうに話していた。

今、近藤たちが営んでいた道場は伊庭が代わりに営んでいるらしい。

 ◆

「えぇ〜〜〜〜!!?」

アイドル寺門通はある道場で声を上げた。

「真選組の人たち居ないんですか!?」
「う、うん」

伊庭は頷いた。通はガックリと項垂れた。
「そんな〜一日局長やらせてもらったとき山南さんに世話になったから
 お礼に来たのに〜…」

実のところ彼女は山南に惚れていたのだ。
「ごめんね来てくれたのに。彼らは江戸を守るために江戸を
 去ったんだよ。大丈夫、きっといつか帰ってくるよ」
「そうします。伊庭さん、ありがとうございました!
 また来ますね」

そう言って彼女は背を向けた。

「(そういえば『また』って言ってたような?)」


第27訓帰って来たアホ共 ( No.27 )
日時: 2018/06/24 16:23
名前: にゃあこ

今から数十分前アルタナ解放軍戦艦内。

そこには喜喜、桂、坂本そして相手方の提督がいた。

「(ヤバい!トイレに!トイレに…)」

そう思い喜喜は立ち上がろうとするも桂と坂本に
止められる。

「安心しろ」
「替えはちゃんと持ってきてあるから」

「Σ(゚д゚lll)ガーン」
二人の持っているブリーフを見るなり座る。

「まさかこれを発射させる気なのか。後三分」

ブゥッ!
天人が近づいた瞬間、将軍は少しやってしまった。

「ま、まさか!侍の腹にはある力があるという。それを
 腹ギリという」

「「(いえ…ウ○コです)」」

「食物繊維というものを食べさせることでその威力を
 抑えることができる」

「(詳しいけど…ウ○コです)」


 ◆

その辺りを聞いた新八は深いため息とともに

同じことを言った。

今現在、この辺りにはアルタナ解放軍が暴れ回っていた。
「よぉ眼鏡くん」

新八が顔を上げるとそこには一人の男がいた。
神楽が話していた男だ。

恐ろしいほどの白い肌の男…。そして日光に慣れた男。
「夜兎…霊竜!?神楽ちゃんが言ってた骨折りの霊竜って!!」

「別にお前の新八の骨を折るつもりはない。俺は夜兎…
 戦場で暴れる動物だ」


 ◆

城内。

「え…え!?」

さよは思わず二度見した。

「久しぶりですね、姫様」
「松原様!」

「俺だけじゃない。俺たち真選組、ただいま帰還しました」
さよは思わず松原に抱き着いた。


一方、銀時たちは帰って来た真選組と共に走っていた。

「変わったなんてもんじゃない…もうメタモルフォーゼして
 プリキュアになるレベルだから!山南さんが変わってたらって
 予想したらヤバい」

「あはは、そんな簡単に俺は変わらないよ千尋ちゃん。
 まぁ色々みんな変わったけど特に問題はない!…と思う」
「最後のがなければ!」」




第28訓いつも大人しい奴でも危ないことをする時がある ( No.28 )
日時: 2018/06/24 17:06
名前: にゃあこ

爆発に千尋たちも気付いた。

「千尋、来いよ」

最近よく地球に来るようになった神霧は千尋を呼んだ。
大きくした鉄扇を肩に担いだ。

「行くんだろ?何が何でも」
「勿論」

 ◆

真選組は物陰に集まっていた。

「サンナン先生、俺たちにはボーナスはあるんすか?」
「う〜んそうだな…事にもよるけど300人倒したら一つ
 何かしてあげるよ」

全員がざわつく中、永倉と島田はその様子を眺めていた。

「山南、割と楽しそうだな」
「まぁそれが山南だろ」

大きな爆発と同時に全員が動き出した。

物陰から出て集団でそのまま止めにかかった。

「来たな戦闘狂」

「戦闘狂じゃあ不安か?警察」

神霧は山南と目を合わせた。

「何っ!?なぜこんなところに秋兎族が…!?」
「ぐああああ!?」

近くの天人が悲鳴を上げ白目をむいて倒れた。

「霊竜さん!」
「クックック…もっとやってやるよォォォォ!!」

いつもクールな霊竜が狂気的な笑みを浮かべ次々と
敵を倒していく。

「あんなに性格変わるもんなんだな…」
「同感…だけどいけるよ」



Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。