二次創作小説(紙ほか)

マギ−魔導士の紡ぎ手−
日時: 2018/08/09 21:02
名前: にゃあこ

ある場所でアラジンたちはその少女と出会った。
彼女の名はジュリア・ルナール、魔導士だった。
その実力は本物である。


Page:1



ジンが住む迷宮 ( No.1 )
日時: 2018/08/10 10:22
名前: にゃあこ

仲良くなったジュリアには最初の目的があるという。
「迷宮?」
「そう、その迷宮の場所も分かってるけど一人って心細いんだよね」
ジュリアはその迷宮に行きたいらしい。だが一人では心細く
戦力不足、といったところで困っていた。
「なら僕たちも手伝うよ!」
「勿論、俺たちもな!」
アリババやモルジアナ、白龍たちも賛同してくれた。
ジュリアは少し微笑んで頷いた。
「よーし…じゃあ行こう!」
ジュリアはそう言って迷宮を目指す。

 ◆

ジュリアの言う迷宮の宝物庫、そこには青い巨体の男がいた。
「彼女は…」
彼は水晶に写った新たな攻略者を見た。その中の一人、少しうねった
短い黒髪の中性的な少女だった。

 ◆

「ここだね、迷宮って初めて入ったかも」
中は白いレンガ造りになっていて光が射し込んでいて
神秘的だ。見入っていると五人の足元に弓矢が刺さる。
「危なっ!!誰かが…隠れてる?」
ジュリアは辺りを見回す。360度全て。
五人を囲むように円を描き地面に刺さる矢。
「ジュリアさん、危ない!」
考え込んでいて周りが見えていなかったジュリアの目の前に
弓矢の束が迫っていた。瞬間、すぐに彼女の前に白龍が立ち
弓矢を全て捌き切った。
「大丈夫ですか?」
「うん、大丈夫。でも…多分、私を狙ってるのかも」
ジュリアは手を銃の形にし指に魔力を集中させる。
「貫け、百発百中銃(パーフェクトガン)!!」
黄色の光がまっすぐ伸び壁を貫いた。
すると壁が崩れ道が現れた。
「道が現れましたね。先を行きましょう」
「そうだね」
ジュリアが先頭を歩き薄暗い道を進んでいく。
だんだんと魔力が濃くなっていく。
「じゃあ開けるよ」
ジュリアの問いかけに全員が頷く。扉を開けると青い巨体の
男がいた。
「…貴方がここの主、ですか?」
彼は振り向いた。紫と金のオッドアイで端正な顔をした青年みたいだ。
「うん僕がここの主、セーレだ。結構気に入ったよ君」
セーレはジュリアに両手を出せと言いジュリアは言われた通り
両手を出す。同時にセーレの体が輝き彼女の両手に吸い込まれていく。
少しすると彼女の両手には白のブレスレットが嵌められていた。
「これにセーレが宿ったのかも。やったねジュリアさん!」
「‥‥うん!これから頑張らないと」

別れた後ジュリアは ( No.2 )
日時: 2018/08/11 10:36
名前: にゃあこ

出会いも束の間、五人はそれぞれの目的のために別れた。
ジュリア宛に手紙が届いた。書いた人物はアランという青年だ。

彼とジュリアは知り合いでよく世話になっていた。今、彼は
八人将の一人マスルールに色々世話になっているらしい。
で、城に来てほしいと言われてジュリアは城へ向かっていた。
「何用ですか?」
門に立っていた男がジュリアにそう尋ねた。
「えっとこれ。アランさんに来てほしいと言われて」
手紙を見せそう話した。彼も納得し門を通してくれた。
中に入り先へ進んでいく。
「あら?ジュリアって君?」
「あ、はい。私ですけど」
「私はヤムライハよ。ちょっとやって欲しいことがあるから
 ついてきて!」
そう言われヤムライハの後についていく。

そこには何人か集まっていた。
「おぉ、その子か。ジュリアって子は」
「はい、連れてきました」
ヤムライハがそう言った。
「よぉジュリア、久しぶりで悪いんだがこれって修理できるか?」
赤髪のこの青年がアランだ。彼はファナリス出身の青年である。
彼の手にあるのは粉々になった足枷だった。
「へ?え?えっと…まだ使うの?」
「あぁ」

少し悩んだ末、少し改良することにした。

「そういえばマスルールさんに世話になってるって聞いたけど
 具体的にはどんな感じなの?」
「戦闘ばっかだ。まぁ俺がそう頼んだから不満はねえけどな。
 …マスルールさんに勝ったことは無いけどな」
アランは悔しそうに言い放った。
「私はアランは強いと思うけどね」


Page:1



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存