二次創作小説(紙ほか)

文豪ストレイドッグス王様ゲーム
日時: 2018/10/15 21:28
名前: 猫宮白猫

こんばんは!猫宮白猫です。
このお話は、文豪ストレイドッグスの文豪達が王様ゲームをやるお話です


             注意!
・キャラ崩壊ありカモ
・誤字脱字あるかも
・リクエスト大歓迎
                              以上
ちなみに、主人公紹介。




名前¦南川加奈
年齢¦18歳
体重¦加「絶対に言わねーからな」
好きな物¦甘い物、美味しいもの、可愛いもの
嫌いな物¦苦いもの
異能¦貴方の幸せ私の不幸
他人の幸せを吸い取る事や上げる事が出来る

                        こんなもんです。

登場する人
・芥川龍之介
・中原敦
・中原中也
・国木田独歩
・樋口一葉
・泉鏡花
・谷崎潤一郎
・谷崎ナオミ
・与謝野晶子
・宮沢賢治
・江戸川乱歩
・太宰治
・南川加奈
                            以上です
では、どうぞ

Page:1



Re: 文豪ストレイドッグス王様ゲーム ( No.1 )
日時: 2018/10/31 18:41
名前: 猫宮白猫

            (プロローグ)
太「そうだ、王様ゲームをしよう」
突然、太宰さんはそう言いながら立ち上がった
加「そんな事どうでもいいんで、仕事してください」
太「えー、ヤダ」
即答するな!
太「加奈ちゃん、たまには息抜きも大切だよ」
加「ハァ、他の人が『やりたい』と言うのでしたらやりましょう」
太「言ったね?」
加「あ」
言い終わった後に後悔した
だって、太宰さんならあの手この手で誘うんだもん!
敦「いいですよ」
与「いいねぇ」
賢「いいですよ」
乱「面白いならいいよー」
鏡「.......いいよ」
あぁ、時すでに遅し
もう、全員がok.......って待てよ
国木田さんがまだ言っていないじゃん!
これなら、いける!
国「いいぞ」
.......国木田ー!
今日始めて国木田さんに殺意がわいた
太「じゃあ、
メンバー集めてくるねー」
そう言い、太宰さんは何処に行ってしまった







加「で、何でマフィアまでいんのよ!」
太宰さんが集めて来たのは、マフィア達だった
樋「.......首領からの命令です」
あっ、めっちゃ耐えてる.......
敦/鏡「ルールを教えてください」
太「やりながら、教えよう」
教えてやれ!仕方がないので私が教える
全『王様だーれだ!』
そう言い皆で籤を引く
さぁ、最初はだーれだ

Re: 文豪ストレイドッグス王様ゲーム ( No.2 )
日時: 2019/01/03 17:54
名前: 猫宮白猫  

      (第一回戦)
全「王様だーれだ!」


加「私!」
いやー。最初に王様なんて嬉しいわ
でも、命令か……………………………あっ、そうだ!
加「4番の人は私の異能で死なない限り幸福を吸いとった上で女装して隣町のケーキ屋まで予約のケーキ取って来て」
誰かなぁ〜4番は♪
おや、中也さんが死にそうな顔をしてる。もしや………
気配を消して後ろに行き籤を見る。
加「やっぱり!中也さんだ!」
中「………拒否権はねェのかよ」
加「ありません。ちなみに王様の命令は絶対です(^∀^)」
さーてと、どんな格好させよっかなぁー♪
      ー10分後ー
太「アハハハハハハ!!中也、何その格好!」
中「うるせえ、笑うな!
あと、他!写真とるな!」
いやー、これほどまでに女装が似合う人って他には居ないな、絶対。
加「じゃあ、幸福取りますよ。こっちに来てください。」
中也さんにそう云うと渋々やって来た。
加「では、いきます。
異能力『貴方の幸せ私の不幸』」
中也さんに触れている手の反対の手から美味しそうな洋菓子が出てくる。
(このお菓子って使う時によってお菓子が変わるんだよねぇ♪)
すぐにお菓子を取り食べる。
あーヤバイ!とんでもなく美味しい♪
加「では、いてらっしゃいです。
あっ、そうそう代金の方は払っといてくださいねー。」
       ー1時間後ー
ボロボロになって帰ってきました。
中「買って来たぞ!」
半分涙目。
加「ありがとうございます。では切りましょう!」
一番多い所あげよ。
中「待て」
加「何ですか?」
中「俺の異能返せ!」
加「はいはい
では、異能解除。」
私の手から美味しそうな洋菓子がまた出る。
加「どうぞ、お食べください。」
中也さんは何も言わずにお菓子を食べた。
加「いやー、楽しかった♪」



ーーーーーキリトリーーーーキリトリーーーー
えーっと、ゴホン
申し訳ございませんでした!!!!!
(土下座)
今回は中也さんをこの様にしてしまい申し訳ございませんでした!!!!!
加奈も謝れ!
加「すみません」
これからも、この様な事が続きます。
『お、お、推しキャラがあああ!』
と言う方はごめんなさい。
あっ、それと今回の中也さん(女装)の姿は皆さんのご想像にお任せします。


では、次の更新か別の更新で会いましょう。それではサヨナラです!

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。