二次創作小説(紙ほか)

お嬢様と執事の館。
日時: 2018/11/01 18:54
名前: ユッキー

「おや、お客様ですか。はじめまして。神野館へようこそ。この館は、神野グループの社長の神野浩司様が建てられたセキュリティ抜群の館でございます。本日はどのようなご用件で?」
大きな館の重そうな扉をノックするとスーツ姿のいかにも「執事」みたいな背の高い男性が現れた。
私はそこのお嬢様に届け物があり、この館に初めてやってきた。
「あ、あの、夕海(ゆうみ)に借りてたまんがを返しに来ました…。」
そう私が消え入るように言うとその執事っぽい人は
「かしこまりました。わたくしが責任もってお預かりいたします。では、お嬢様にお渡しするので、ここの椅子でお待ちください。」
そういって廊下を歩きだし、曲がり角で消えた。
私はほうっ、とため息を吐いて、中へと入った。扉を閉め、中へと入るとクリーム色の玄関に靴が並べてあった。ここの館にいる夕海のハイヒールやスニーカーがたくさん並べられており、玄関の左側にはテラスがあり、椅子とテーブルに温かい太陽の光が降り注いでいる。
私は靴を脱ぎ、テラスの椅子に座り、ボーっとしていた。
ここの神野館の主、神野浩司は大企業の社長。夕海はその一人娘でお嬢様。私の親友。お嬢様と会って、運動神経がよくて勉強もできてスタイルもいい。当然モテる。私は夕海と小学校から高校まで一緒だったけど、どこでもモテモテだった。
「申し訳ございませんが、夕海様は今体調がすぐれないのでお会いできません。」
突然の声にびっくりして振り返ると執事さんが私の後ろで無表情でそういった。
「あ。そうですか。じゃ、じゃあ私はこれでお暇します・・・・。おじゃましましたぁ。」
そう消え入るような声で言うと私はそそくさと重い扉を閉め、家へとかえった。



この物語は夕海とその執事、吉澤の恋愛物語である。。

[主な登場人物]
・私→あなた
・神野夕海→神野グループのお嬢様。執事、吉澤に14歳のころから思いを寄せている。
・吉澤広樹→神野館の執事。夕海を10歳のころから執事として見守っていた。顔はかなりのイケメン。責任感が強い。

Page:1 2



Re: お嬢様と執事の館。 ( No.2 )
日時: 2018/11/03 16:41
名前: ユッキー

2日後、ようやく私の風邪は治り、職場へと行けるようになった。職場と言っても私のお父さんの秘書。いつも会社のオフィスでパソコンや書類とよっくにらめっこしている。大企業であってもいつこの神野グループをこえる企業が現れるかわからない。そこでさまざまな部署から新商品の提案を要請した。
化粧品やスマホ関係、衣料品、家具関係、そして食材を受け持っている神野グループには当然人がたくさんいる。それだけ意見をまとめるのは大変だ。各部署の部長や課長はどれだけ大変なんだろう。
ちなみに化粧品部署からは3つ提案があった。この中から私とお父さんが1つ決める。ほかの部署も3つ提案し、それを私たちが選んでいく。すごく大変だけど、責任のある仕事だ。
私は、こうしてお嬢様という面と秘書という2つの面を持っている。


【作者から】
ごあいさつ遅れました。「お嬢様と執事の館」の作者、ユッキーです。
私は小説を書くのは初心者ですが、温かい目で見守ってくれたらありがたいです。
たまに文が短い時もございますが、ご了承ください。
皆さんのコメントもお待ちしています!

Re: お嬢様と執事の館。 ( No.3 )
日時: 2018/11/10 13:04
名前: ユッキー

「ふぅ」
やっと、お昼休みが来た。おなかもすいたし、近くのおいしいパスタ屋さんでパスタを食べようかな。
私はそう思って、うーん、と伸びをして、財布を持って廊下を歩いた。会社の廊下はまるで建てたばかりのように蛍光灯に反射してピカピカ光っている。それだけきれいな証拠だ。
エレベーターの前につき、ボタンを押し、エレベーターが来るのを待った。するとコツ、コツ、コツ、とパンプスの音が聞こえ、メガネをかけた背の低い、髪を三つ編みにした子が来た。私を見ると驚いて目を見開いた。そして3秒ほど硬直し、
「こっこんにちは。」
とかわいい声でおどおどとあいさつした。
「これからお昼ですか?」
私がそう聞くとその子は
「はっ、はい・・・・・。」
と消え入るような声で言った。その様子が何ともかわいらしくて、私は思わず言った。
「これから、一緒にお昼食べませんか?」
するとその子はうれしそうに
「え!いいんですか!?やったぁ!」
そういってにっこり笑った。その時エレベーターが来て、二人で一緒に乗った。
「夕海様・・・・・ですよね?」
ふいにその子がおそるおそる聞いてきた。うん、と返事をすると
「やっぱり。どこか社長の面影もあるし、ていうか名札にもありますし、最初びっくりしました。もうびっくりして寿命が縮んだように思いましたよ。」
そういって、その子は胸をなでおろした。名札を見てみると「平瀬薫」と書いてあった。響きのいい名前だ。
「薫ちゃんってこれから呼んでもいい?代わりに私のこと、夕海って呼んでもいいからさ。」
エレベーターが1階について歩き出しながら言うと薫ちゃんはほほを少し赤く染めて、
「そっそんな・・・・・・・・・・。」
といった。
仲良くなるにはまず名前を呼び合うことだと思う。私が薫ちゃんにそういうと薫ちゃんは
「けど、呼び捨てってのもなぁ・・・・。あ、じゃあ夕海ちゃん、がいいです。」
私はそれに畳み掛けるように言った。
「ああ、あと敬語も禁止ね。名前を呼び合う仲なんだから。」
これには薫ちゃんも相当驚いた。
「いやいやいや。社長の娘さんにタメ口なんて・・・・・・。」
「いいのいいの。あ、ほら今から行くパスタ屋さんすっごく美味しいんだよ。」
私はそう言ってすたすた歩いた。秋の涼しい風が吹いている。

「・・・・・・・・・・・・・・・・へぇ。夕海様・・・・あ、夕海ちゃんっていいお店知ってるね。いいなぁ。」
パスタを食べ、一息ついたころには薫ちゃんも敬語なしとか夕海ちゃんって呼ぶことにだいぶ慣れた。
ここで薫ちゃんのことを紹介しておこう。
薫ちゃんは入社2年目の新人さん。化粧品の部署に勤めている。お料理が得意らしくて、彼氏によく食べさせているらしい。
彼氏に手料理か・・・・・・・私の彼氏は…執事だからなぁ。けど・・・・・やってみるのもいいかもしれない。

Re: お嬢様と執事の館。 ( No.4 )
日時: 2018/12/20 18:02
名前: ユッキー

やっと仕事も終わり、オフィスを出て広樹が待ってる玄関口まで行った。行く途中、何人もの社員にあった。「あ、夕海さん、お疲れ様です!」と言ってくれて何となく嬉しい。小学生のころから私はお嬢様だから何となく親しくしてくれる子があまりいなかった。親友は違うけど。だから、普通に話しかけてくれるのが何気ないうれしさなのだ。
「夕海様、本日もお疲れ様でした。」
と、会社の入り口のドアを開けると広樹が待ち構えていた。しっかり職業の口調だ。お父さんがいるかもしれないから。
広樹は車のドアに近寄る私の動きに合わせてドアを開けてくれた。広樹も運転席に座って、出発。
しばらくしゃべらず私はスマホをいじっていた。あ、さっそく今日メアドを交換した薫ちゃんからメールが来てる。私は返信をして、スマホをカバンの中に入れ、景色が流れていくのを見ていた。けど、それにも飽きて、広樹に言った。
「広樹、今日のディナーは?」
そういうと広樹は前を見たまま、静かに言った。
「家に帰るまでの秘密だよ、夕海。」
そういって広樹は、少し強めにアクセルを踏んだ。
〈続く〉

Re: お嬢様と執事の館。 ( No.5 )
日時: 2018/11/15 20:02
名前: ユッキー


・・・・・・・・・これはまだ前置き。本当の物語はここから。私が書きたいのはここからだ。


この物語は今から8年前までさかのぼる。私がまだ小学生、10歳だったころ。同じ10歳の男の子が私の執事となった。ちょうど同い年で最初会ったときはえ、誰この子。けど、かっこいいかも。と思った。けどその男の子はちょっとドジ。つまづいて水をこぼしたり、ドアにおでこをぶつけちゃったり。けど、何気にかわいかった。
その日からずっと今まで、広樹は私の執事だった。私の近所にあまり私と同じ年の子はいなかったから広樹は幼馴染として一緒に過ごしてきた。10歳のころはまだ小さかったから、広樹に恋愛感情が芽生えるなんて、思いもしなかったんだ。

Re: お嬢様と執事の館。 ( No.6 )
日時: 2018/11/22 10:12
名前: ユッキー

広樹と私が初めてあったときはすごく印象的だった。お父さんの紹介で私の執事となった広樹は顔がイケメン。涼しげな目とか、笑った時の柔らかな顔とかにドキッと来た。そのときは恋なんて知らなかったから、今思えばそれは恋だったのかもしれない。
その日は寒い冬の日で、初対面の人に対して積極的だった私は外に積もっていた雪を窓から眺めているうちにいいことを思いつき、雪だるまを作ろう、と誘った。広樹はすごくうれしそうな顔をして一緒に雪だるまを作った。その日の夜、お父さんに頭を撫でてもらっていた。広樹は褒められて、すごくうれしそうだった。
時がたち、私も広樹も中学生になった。中学2年生のころかな。私が恋に落ちたのは。
「ひーろーきっ。ここ、教えて?」
その日は、私が苦手な数学の課題が出ていた。勉強がいくら得意でも、数学は苦手だった。広樹は
「夕海様、課題はご自分でしては?」
といって、私のベットを整え始めた。ヒントだけ教えて、というと広樹は仕方なさそうな顔をして
「わかりました。」
と言って、教えてくれた。教えてくれてあとに広樹は
「夕海様、このくらいは解けるようになってくださいよ。」
と言って、ほほえみながら頭をポンポン、とした。その時私は、すっごくドキドキが止まらなかった。そして、これは恋なのだと悟った。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。