二次創作小説(紙ほか)

家庭教師ヒットマンREBORN!大空≒天空
日時: 2018/11/01 19:39
名前: にゃあこ

ボンゴレファミリーの守護者の中に大空以外の守護者たちをまとめ
大空と対等のボンゴレボス代理を務める守護者がいた。それこそが
天空の守護者である。そして10代目守護者に選ばれたのが…

沢田綱吉の幼馴染、月尾珠理(つきおジュリ)だ。

Page:1 2



Re: 家庭教師ヒットマンREBORN!大空≒天空 ( No.4 )
日時: 2018/11/07 17:54
名前: にゃあこ

ツナたちに負けたヴァリアーに一人の青年が帰還した。
ゴーラ・モスカと代わり雲の守護者となったのは
べリア・グラトニー、ベルフェゴールの尊敬する人物であり
彼の師匠的存在だ。

マーモン「べリア、帰って来たんだね」
べリア「あぁ、それと久しぶりだなベル」
ベル「久しぶり先生」
べリア「にしても…ザンザスが10代目に負けるとはな」
マーモン「確かに、ね。でも沢田綱吉よりも、いるよ。代々
ボンゴレのボスに近くボス代理を務めた大空同等の力、
天空の守護者、月尾珠理って奴がね」

マーモンはジュリの写真を見せる。額に橙色の死ぬ気の炎を
灯したショートヘアの少女だ。

べリア「(ボンゴレボスの超直感を持つ天空の守護者…)女の勘って
感じか…」
べリアはファーのついた黒いコートを羽織った。

****

ツナにべリアは声を掛けた。
ツナ「ヴァリアー!!」
べリア「君が沢田綱吉?僕はべリア、よろしく。ってことでさぁ…
ちょっと手合わせ願おうか」

べリアのナイフが死ぬ気の炎を灯したツナの頬を掠った。

Re: 家庭教師ヒットマンREBORN!大空≒天空 ( No.5 )
日時: 2018/11/07 18:44
名前: にゃあこ

ジュリ「ツナくん!!うわっ」

投げ渡されたツナは意識を失っている。近くにいた直哉にツナを
任せジュリは黒の指ぬき手袋をつける。

べリア「君が天空の守護者、月尾珠理ねぇ…」
ジュリ「流石にこれは堪忍袋の緒が切れますよ」

ジュリは右脚を後ろに引きナイフを躱す。べリアは少し目を開き
驚く。

べリア「直感?」
ジュリ「まぁ…」

額に橙色の炎が灯る。べリアは目を細めた。

べリア「沢田綱吉とは違う形だな。どうやって使うんだ…」

べリアはナイフを投げる。一本だけではない数十本同時に、だ。
ジュリが目を細める。右手に死ぬ気の炎が灯る。右手を横に振るうと
ナイフが勢いを落とし地面に落ちる。それを見てべリアは白旗を
あげる。

べリア「降参、俺別にボンゴレ潰しに来たわけじゃないし。挨拶しに
来ただけだから」
ジュリ「は、はぁ…?」
べリア「俺、ヴァリアーの新メンバー、べリア・グラトニー、
沢田には謝っといて」

Re: 家庭教師ヒットマンREBORN!大空≒天空 ( No.6 )
日時: 2018/11/08 21:16
名前: にゃあこ

ディーノ「それが天空のボンゴレリングか…噂程度には
聞いてたがホントにお目にかかれるとはな」
ジュリ「う、噂?」

ディーノの言葉に珠理は首を傾げる。

直哉「天空、竜巻、霧雨…それらは大空の七属性から派生したと
言われてるらしいぜ。そのリングは本当に特別なんだと。天空は
大空と、竜巻は嵐と、霧雨は雨と、霧雨は使用者によって時折
性質を変えるからなこの代なら霧と波長が合うんだ」
ディーノ「詳しいんだね。直哉は」
猛「まぁでもこの三つが揃ってんならまだあるんだろ?」

直哉の話によると雨は豪雨、雷は迅雷、晴れは快晴、雲は彩雲と
あるらしい。

直哉「そのうち快晴の守護者はここにいるぞ」
ジュリ「え…え!?」

並盛中学校の制服を着た少年、それは直哉が倒したヴァリアーの
一人だ。

???「透真は偽名でな。俺の本名は北橋京介、よろしく」

透真基、北橋京介の指には快晴のリングが嵌められていた。

京介「彩雲の守護者はもう会ってるはずだぜジュリ。ヴァリアー、
雲の守護者べリア・グラトニー」

迅雷の守護者はツナの家を訪ねていた。

ランボ「レイドだ!!」
レイド「ランボ!久しぶりだな、偉い子にしてたか?」
ランボ「ランボさん偉い子だもんね〜!」

レイドと呼ばれた青年にランボは抱き着いた。
ツナは彼に誰なのか尋ねた。

レイド「レイド・エフスリィー、ランボの保育係さ」
リボーン「そして迅雷の守護者、だな」
ツナ「迅雷?ってことは…」
リボーン「そうだぞ。コイツはボンゴレだ」

Re: 家庭教師ヒットマンREBORN!大空≒天空 ( No.7 )
日時: 2018/11/11 16:16
名前: にゃあこ

ジュリは眠っていた。そこで目を覚ます。

何処だ、ここ…ホテルのような病室のような。
???「あ、せんぱーい起きました」
白いベッドにジュリは寝かされていた。近くにカエルの帽子を
被った人物とべリアがいた。
他にも見覚えがある人物が何人か…。

べリア「なるほど、なんとなく察した。10年前のジュリか」
カエルの帽子を身に着けたフランは「なるほどー」と相槌を打つ。
べリア「数日前、ボンゴレはミルフィオーレに襲われた。その時
この時代のお前はここに来てヴァリアーの様子を見に来た時に
お前はミルフィオーレに襲われ重傷を負った」

その時はこの時代の赤彦直哉も一緒にいたが彼を庇い10年後のジュリは
この近くで重傷を負ったらしい。直哉は日本に戻りジュリは
ヴァリアーによって治療されていた。ベルフェゴールから投げ渡された
匣を受け取る。

べリア「そういえばこの時代のジュリは全属性の炎を灯していたな。
お前、死ぬ気の炎を灯してみろ」

ジュリは頷く。額に橙の炎が灯る。

べリア「その炎を指輪に…後はこの時代のお前が残した奴通りに
やってみろ」
ジュリ「うわーめっちゃメモってある…私、10年後はここまでの
メモ魔になるんだね…」

【守りたいモノ、人、やりたいことをとにかく思う!】
ざっくりした言葉だがそれを頼るしかなかった。

守りたいなんてカッコイイ理由はあまりない、でも大切な人なら
たくさんいる。やりたいことだってもっとある…。指輪から
七色の炎が現れる。

スクアーロ「七属性同時!?」
べリア「ジュリの指輪は特殊だからな。ほら炎が変わって来たぜ」

【炎の色で属性が決まる。その属性っぽい呪文をテキトーに唱えて
開匣!】

ザックリした言葉だ。語彙力がないのは今も未来もあまり変わらない
らしい。指輪に灯っているのは赤い嵐の死ぬ気の炎だ。

Re: 家庭教師ヒットマンREBORN!大空≒天空 ( No.8 )
日時: 2018/11/11 17:44
名前: にゃあこ

ジュリ「嵐の如く荒々しくなれ!」

開匣…赤い死ぬ気の炎を右目に灯した狼が現れた。
嵐狼(ルーパ・テンペスタ)の楓(かえで)という。因みに雄。

べリア「…今の感じ忘れるなよ」
ジュリ「はい!」

楓はジュリに相当懐いていた。匣に楓を戻しジュリはホッとする。

スクアーロ「沢田とかもここに来てるみたいだぜ」
ジュリ「そっか…ミルフィオーレと戦うことになるかも
知れないんだっけ…」
???「ここからは俺の仕事だな」

朱色のシャツに黒いスーツ、ネクタイを締めた男、彼はこの時代の
直哉だった。

直哉「この時代のジュリの戦闘技術は俺が教える」
フラン「貴方は直哉さんですかー。この時代のジュリさんに
救われた分を彼女で返すんですねー」
直哉「あぁ」

直哉は手を銃のような形にした。そこに透けた赤い炎が指に集まり
銃弾のように放たれた。

直哉「死ぬ気の指鉄砲、お前がわざわざ俺に教えてくれた技だ」
ジュリ「十年後の私が…?」
直哉「近接ばかりではもしものことがあったら大変だからとか
言って俺の有無を聞かずにごり押しで教えられたんだよ。
この技のポイントは指先に集中させることだ。炎を指先に集中させろ」

ジュリは言われた通り指先に集中する。そして…橙色の炎が
弾丸の如く窓の外へ消えていった。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。